セントウルSを当てる旬なキーワードはこれだ!

※記事の無断コピーは1発で自動BAN処理されます。
(独自データの転載が多いのでご協力お願いします。)

———-PR———-

ふじおの追い切りから見る!!
最終狙い馬診断〜東海S〜編

どうも不死身のリーマン競馬魂
またの名を不死身の調教選馬眼ふじおです。笑
今週は中京で東海Sが開催されます。

東海Sの調教から見た狙い馬を少しご紹介。

【調教評価】

●ふじお評価1位  インティ 牡5 ふじお評価:MAX!!

馬自体はまだ幼い面も残しているのだが調教の内容は完璧。
映像でもわかるように、馬の一歩一歩がかなりしっかり前進している感じ。
元々ストライドは大きい方で、加速からのトップスピードに至る雰囲気や追った時の反応に他の馬にはない迫力を感じた!!
上がり馬で人気するのは間違いないがどうしても逆らえない1頭。

●ふじお評価2位 スマハマ 牡4 ふじお評価:95点(100点満点中)

主戦騎手の藤岡佑介騎手と共にここまで歩んできたスマハマ。その藤岡騎手がしっかり調教を念入りにつけている。これはここのレースにかけている思いが伝わって来るものであって、調教自体も素晴らしいものであった。休み明けはそれほど気にしなくて良さそう。

この2頭がかなり抜けているのでふじおは以下の買い目にしたい。

【買い目】
インティ、スマハマのワイド1点1万円! 計1万円

ここからがポイント!この調教評価にあのサイトを組み合わせます!
私はいつもそれで最終の判断をしています。
──────────────────────────
そのサイトが「うまとみらいと」さんです。
ここのコラボ指数というコンテンツがまあ当たる!
馬を様々なデータから指数かしてくれるものなんです。
■近4年の東海Sのコラボ指数の実績はこちら。

荒れた2017年は厳しい結果でしたがそれ以外は9頭中8頭が指数30以下の好走期待馬!これは信頼できますね!
■さらに去年の秋G1のコラボ指数の成績

秋G1シーズンでの入着率が86.7%!驚きの入着率!
コラボ指数上位にインティとスマハマは入っていれば入線濃厚!?
コラボ指数は下記リンクからメール送信。返信メールのURLクリックで登録完了。
無料で東海Sのコラボ指数を見る!

記事の前にアンケートです。

まずはこれまでのセントウルSを振り返って特徴を把握する必要があります。

 

・セントウルS過去データ

・セントウルS/人気データ
1番人気 (2-3-3-2)
2番人気 (2-3-1-4)
3番人気 (1-1-1-7)
4番人気 (1-0-1-8)
5番人気 (2-1-1-6)
6番人気 (1-0-0-9)
7~9人 (0-1-1-28)
10人以下(1-1-2-53)

・セントウルS/馬連・3連複(1着人気-2着人気-3着人気)
2004年/ 930円・ 1430円(1-3-2)
2005年/ 1970円・ 920円(5-2-1)
2006年/ 1320円・ 2520円(1-2-4)
2007年/13500円・19080円(11-7-1)
2008年/16600円・124330円(3-11-9)
2009年/ 1430円・20130円(5-1-11)
2010年/ 3700円・14010円(4-2-5)
2011年/ 4760円・ 3080円(2-5-1)
2012年/ 1670円・61870円(6-1-12)
2013年/ 240円・ 430円(2-1-3)

上位人気の信頼度はそれほど高くはありませんが、毎年の様に1~3人気の何れかが馬券になっています。
逆を返すとそれらを外した馬券構成では極めて的中することが困難であると言えます。

・セントウルS/性別データ
牝馬  (6-2-3-35)
牡・セン(4-8-7-82)

次に注目したいのが性別です。好走率で言うと圧倒的に牝馬に軍配が上がります。

突起して差別化できるのはこの2点です。

 

・セントウルSを左右するキーワード

まとめると、
上位人気の牝馬から軸馬を選別することが最良の選択である。

1 ハクサンムーン 3.3 
2 エピセアローム 4.8 
3 トーホウアマポーラ 5.0 
4 マヤノリュウジン 5.8 
5 リトルゲルダ 6.5 

選別上位は
エピセアローム
トーホーアマポーラ
リトルゲルダ

これら3頭の期待値は上位人気の牡馬に比べ高くなります。
競馬は期待値の高い馬を買い続ければ必ず勝てますので、この3頭をさらに選別していきたいと思います。

 

・ステップレースの比較

過去10年

エピセアローム 北九州記念 4-1-2-44

トーホーアマポーラ CBC賞 0-0-1-5

リトルゲルダ 北九州記念 4-1-2-44

一目瞭然ではありますが、頑張って稼いだお金を託すには、トーホーアマポーラのステップですとリスクが重過ぎます。
結果これで走られてもケンすることが利口な選択だと言えますので軸馬にするにはあと一歩足りず。
それとトーホーアマポーラには間隔10週以上で(0-6-5-32)と3つの座る椅子の1つを閉ざされてしまう嫌なデータに該当していますので、期待値も大幅にダウンしてしまいます。

 

・残る2頭の明暗を分ける極秘ファクターとは…

選別するにあたり、最終選考まで残ったのは

エピセアローム
リトルゲルダ

しかしここにある重要な要素が加わると

A【5-4-5-13】好走率52%

B【1-1-1-60】好走率5%

日曜日のメインレース、あなたが買う馬券はどちらが良いですか?

 

明日は最終決断!お楽しみに!

 

ブエナとクロフネをクリックしてくれた人にはブログ紹介文に重要ファクターが…

応援よろしくお願いします!

 

↓人気ブログランキングはコチラ↓

 

応援クリック感謝しますm(_ _)m

↓メルマガの案内は下にあります↓

気づいた点などあればお気軽にどうぞ
(返信をご希望の方はチェックボックスのマークをお願いします)

過去のオリジナルデータが見れます
(来年以降も使える独自データと馬券のヒントが満載です)

【左】無料メルマガ 【右】激走ランク新聞

 


↑詳細はバナーをクリック↑