※記事の無断コピーは1発で自動BAN処理されます。
(独自データの転載が多いのでご協力お願いします。)

意外と知られていないイメージとは逆の要素

 

2016年
3着 ツクバアズマオー

2015年
1着 ダービーフィズ
2着 ハギノハイブリッド
3着 ヤマカツエース

2014年
1着 ラブイズブーシェ
2着 ダークシャドウ
3着 ステラウインド

2013年
2着 アンコイルド

2012年
1着 トランスワープ
2着 イケトップガン

2011年
3着 アクシオン

2010年
2着 ジャミール

2009年
※札幌開催除く

2008年
1着 トーセンキャプテン

2007年
1着 エリモハリアー
2着 ロフティーエイム
3着 サクラメガワンダー

 

これなんだかわかりますか?

函館は直線が短く小回りですので先行馬に目がいきますよね、

それに比例して今まで先行して好位からレースを進めてきた人気馬も多く出走してきます。

しかし今回はその逆、

 

「前走4角5番手以下だった馬」

 

毎年好走し、占有率の半数以上16頭が好走しています。

 

なぜ私がここに目を付けたか、

そう、

それは…

 

1番人気 サトノアレス 前走4角3番手

2番人気 ステイインシアトル 前走4角先頭

3番人気 マイネルミラノ 前走4角2番手

 

今年の人気馬が揃って前走4角4番手以内とこのデータの逆なんです。

この上位人気になんとか泥を付けたいと思いこのデータを今回用意しました。

 

前走4角5番手以下からワンツースリーで決まった年はありますが、

前走4角4番手以内からワンツースリーで決まった年はありません。

という事は、

 

1番人気 サトノアレス 前走4角3番手

2番人気 ステイインシアトル 前走4角先頭

3番人気 マイネルミラノ 前走4角2番手

 

過去10年が占う今年の函館記念はここから1頭は飛ぶ予定

 

前走4角5番手以下の馬を更に解析してみる

 

2016年
ツクバアズマオー A

2015年
ダービーフィズ B
ハギノハイブリッド B

2014年
ステラウインド B

2013年
アンコイルド A

2012年
イケトップガン A

2011年
アクシオン C

2010年
ジャミール C

2008年
トーセンキャプテン A

2007年
エリモハリアー A
ロフティーエイム B
サクラメガワンダー A

 

16頭→12頭まで減りますが、

とにかく絞りたい、その一心で条件を厳しくした好走馬が上記

この混戦の中で下位人気に軸を絞れたら馬券的な回収率はかなり付いてくると思うんです。

 

その条件が以下、

A 前走巴賞かつ上がり34.5以上で2勝以上
B 洋芝初出走かつ上がり34.5秒以上で2勝以上かつ35秒以上で勝利経験
C 上がり34.5秒以上で3勝かつ洋芝複勝率100%or洋芝2勝以上

 

【函館記念】過去10年全ての年で上がり35秒以上の決着から見るデータ

2017.07.13

この記事で書いたように上がりタイムにリンクする部分が沢山ありました。

 

問題はここから、

皆さんが一番気になるであろう今年の該当馬、

見ていきましょう。

 

今年の前走4角5番手以下馬一覧

 

ナリタハリケーン
ケーティープライド
レッドソロモン
アングライフェン
カムフィー
ツクバアズマオー
ルミナスウォリアー
パリカラノテガミ
タマモベストプレイ
サクラアンプルール

 

上記10頭

 

いつも通りマーキングしていきます。

 

ナリタハリケーン 【A】
ケーティープライド 【-】 
レッドソロモン 【-】
アングライフェン 【A】
カムフィー 【-】
ツクバアズマオー 【C】
ルミナスウォリアー 【B】
パリカラノテガミ 【-】 
タマモベストプレイ 【-】 
サクラアンプルール 【-】

 

5頭が脱落、

しかし勘違いしないで欲しいのはあくまで消し条件ではなく、

毎年好走している馬に共通する部分をマーキングしているだけで、

過去好走馬16頭→12頭の残りの4頭のようにこの条件に一致しなくとも走る可能性はあります。

消去データではないので要注意

 

ナリタハリケーン 【A】
アングライフェン 【A】
ツクバアズマオー 【C】
ルミナスウォリアー 【B】

 

上記4頭が浮上しました。

さて更に行きましょう。

前日の記事も結構な勝負記事だったのを覚えていますか?

 

【函館記念】内枠有利は有名な話だが詳しく解析して分かったこと全て教えます

2017.07.14

【函館記念】好走馬の半数以上が4番人気以下、その好走馬の特徴全て教えます

2017.07.15

↑これですね

 

この2つの記事を熟読すれば自然にこの4頭が→2頭にまで絞れるのは分かると思います。

この2頭は揃って共通している点が3つありますね、

前走◯賞、◯枠、斤量◯

◯の中に漢字が1文字づつ入ります。

さて、ブログ推薦馬に移りたいと思います。

 

2017年 函館記念の予想

 

◎ ブログランキング紹介文記載

◯ ブログランキング紹介文記載

ブログ推薦は2頭

 

推薦馬とは別ですが補足の最強の法則(ルール上7頭固定)は下記

▲ レッドソロモン
注 ダンツプリウス
△ マイネルミラノ
△ サトノアレス
△ ステイインシアトル

 

今回はこの1重賞しか無いのでG1並に探りに探ってきました。

上限をまたオーバーしますが、1万円で買いたいと思います。

前日オッズですが◎◯の複勝2点でも回収率180%近くあるのでここが本線になります。

もう書きたいことは全部書いたつもりです。どう転んでも自分なりに納得して予想できたので後は結果がついてくれば最高ですね。

左に◯1頭右に◎1頭ですのでどちらのブログランキングもクリックで応援お願いします。

下記バナークリックで「絶対的軸馬の法則」紹介文に記載してあります。↓

↓人気ブログランキングはコチラ↓

 

応援クリック感謝しますm(_ _)m

↓メルマガの案内は下にあります↓

気づいた点などあればお気軽にどうぞ
(返信をご希望の方はチェックボックスのマークをお願いします)

過去のオリジナルデータが見れます
(来年以降も使える独自データと馬券のヒントが満載です)

メルマガ登録者数3000人突破


 

↑メルマガ詳細はバナーをクリック↑