※記事の無断コピーは1発で自動BAN処理されます。
(独自データの転載が多いのでご協力お願いします。)

———-PR———-

宝塚記念*2年連続で指数上位馬が馬券に絡む!

今年で第59回目を迎える「宝塚記念」。

不思議なことに、5年連続で8枠が優勝しています。
ってことは今年も・・・? と少し期待していたり。
8枠に絡むのはどの馬なのでしょうか。
人気馬?それとも人気薄?
どちらにせよ楽しみな一戦です。

最近、巷で噂の指数サイトがあって週末によく利用しています。
ここの指数サイトは、他と違って4つのデータから算出されているので高精度の数値です。
宝塚記念の人気馬の指数気になりませんか?

メールアドレスを登録するだけで無料で全会場の1R~6Rが見放題!
更に今週は「宝塚記念」の指数も無料登録で見れます。
リターンメールをクリックすれば登録完了ですので、簡単ですよ!

ー指数サイトを今すぐ見に行くー
https://www.collabo-n.com/lp/cheer/?ad_id=3548

昨年の宝塚記念の指数及び結果です。

1着 サトノクラウン 指数順位:6位 指数値:21
2着 ゴールドアクター 指数順位:4位 指数値:19
3着 ミッキークイーン 指数順位:7位 指数値:24

指数値に注目!
指数順位が7位の馬でも指数値が低い事もあるので数値に注目して下さい。
昨年の宝塚記念では、指数30以下の馬で決着しました。
あなたは指数順位7位のミッキークイーンを馬券に絡める事は出来ますか?
もう一度言います。注目すべきは数値です。

無料登録で1R~6Rの指数予想と過去の指数結果のデータも見れます。
ここのサイトでしか出せない指数予想をチェックしてみては如何ですか?

2年連続で指数上位馬が絡んでいる「宝塚記念」。
指数を使って予想精度を上げて馬券的中の道を目指しませんか?

メールアドレスを登録するだけで無料で全会場の1R~6Rが見放題!
リターンメールをクリックすれば登録完了ですので、簡単ですよ!

ー宝塚記念の指数を見に行くー
https://www.collabo-n.com/lp/cheer/?ad_id=3548

————————

2017年 アルゼンチン共和国杯の予想

 

◎ スワーヴリチャード

◯ ブログランキング

▲ ブログランキング

 

自信度:B

ブログルールと推薦馬の説明についてはコチラ→初めての方は必ずお読みください。

~最強の法則補填馬~
(ブログ推薦馬とは別です)
注セダブリランテス
△アルバート
△レコンダイト
△デニムアンドルビー

 

ここは週中でも書いた通り、関西馬かつ4歳以下のスワーヴリチャードが予定通り◎

しかし自分自身半信半疑の部分もあって更にこの人気となると、相手にはそれなりの下位人気を指名したいと思いました。

算出方法は公開できませんが、手元で上位2頭を相手候補に、

買い方は変則的になりますが、相手2頭の合算が現時点のオッズで最低計算で3倍を超えているので馬券は、

◯▲の複勝2点と◎から◯▲へワイド2点となります。

 

左に1頭右に1頭ですのでどちらのブログランキングもクリックで応援お願いします。

そしてもうひとつ

 

2017年 みやこSの予想

 

◎ ブログランキング

◯ ブログランキング

▲ テイエムジンソク

 

自信度:C

ブログルールと推薦馬の説明についてはコチラ→初めての方は必ずお読みください。

~最強の法則補填馬~
(ブログ推薦馬とは別です)
注モルトベーネ
△キングズガード
△トップディーヴォ
△アスカノロマン

 

こちらは最強の法則ランキング用に印を打たないといけないのでおまけです。

データにも偏りは無いレースですし、人気馬2頭が共に外枠と少し期待していた馬の状態が良さそうなので◎に、

もともとこの舞台は鬼ですし、陣営も斤量にかなりの苦言をしていますが流石にこれは重すぎる(横と比例して)と思います。

もう決まったことは仕方ないので人気が下がるとプラスに考えて複勝1点で勝負です。

 

ブログランキングに書いて置いたのでクリックで応援お願いします。

下記バナークリックで「絶対的軸馬の法則」紹介文に記載してあります。↓
(注:ブログランキング紹介文の変更から反映までに30分程度時間差があります)

↓人気ブログランキングはコチラ↓

 

応援クリック感謝しますm(_ _)m

↓メルマガの案内は下にあります↓

気づいた点などあればお気軽にどうぞ
(返信をご希望の方はチェックボックスのマークをお願いします)

過去のオリジナルデータが見れます
(来年以降も使える独自データと馬券のヒントが満載です)

【左】無料メルマガ 【右】激走ランク新聞

 


↑詳細はバナーをクリック↑