※記事の無断コピーは1発で自動BAN処理されます。
(独自データの転載が多いのでご協力お願いします。)

過去10年

 

・ジャパンC/人気データ
1番人気 (3-2-2-2)
2番人気 (1-1-2-6)
3番人気 (1-1-0-8)
4番人気 (3-1-0-6)
5番人気 (1-1-0-8)
6番人気 (0-1-3-6)
7~9人 (1-2-1-26)
10人以下(0-0-2-82)

・ジャパンC/馬連・3連複(1着人気-2着人気-3着人気)
2007年/ 3660円・ 1450円(5-4-1)
2008年/ 7620円・ 6410円(9-1-2)
2009年/ 1020円・ 2460円(1-2-6)
2010年/ 710円・ 4940円(4-1-8)
2011年/ 2300円・80880円(2-6-14)
2012年/ 700円・ 1010円(3-1-2)
2013年/ 2500円・63800円(1-7-11)
2014年/ 4120円・19750円(4-3-6)
2015年/10160円・ 6350円(4-7-1)
2016年/ 2570円・ 8050円(1-5-6)

・ジャパンC/単勝オッズ
1.0~1.9倍 (0-1-1-0)
2.0~2.9倍 (1-1-1-0)
3.0~3.9倍 (3-1-1-3)
4.0~4.9台 (0-1-0-6)
5.0~6.9倍 (1-1-1-3)
7.0~9.9倍 (3-0-1-11)
10.0~14.9倍(1-3-2-10)
15.0~19.9倍(0-0-0-7)
20.0~29.9倍(0-2-1-7)
30.0~49.9倍(1-0-0-25)
50.0~99.9倍(0-0-0-28)
100倍以上  (0-0-2-44)

・ジャパンC/馬齢データ
3歳 (2-2-2-24) 6.7% 13.3% 20.0%
4歳 (6-3-3-41)11.3% 17.0% 22.6%
5歳 (2-4-3-35) 4.5% 13.6% 20.5%
6歳 (0-1-0-24) 0.0% 4.0% 4.0%
7歳上(0-0-2-20) 0.0% 0.0% 9.1%

・ジャパンC/性別データ
牝馬  (5-2-2-16)
牡・セン(5-8-8-128)

・ジャパンC/所属データ
美浦(1-0-2-31) 2.9% 2.9% 8.8%
栗東(9-10-8-68) 9.5% 20.0% 28.4%
地方(0-0-0-3)  0.0% 0.0% 0.0%
外国(0-0-0-42) 0.0% 0.0% 0.0%

・ジャパンC/枠データ
1枠(2-2-3-13)
2枠(2-0-1-17)
3枠(2-1-2-15)
4枠(1-0-0-19)
5枠(0-3-1-16)
6枠(0-1-0-18)
7枠(1-0-2-23)
8枠(2-3-1-23)

・ジャパンC/馬番データ
1番 (1-1-2-6)
2番 (1-1-1-7)
3番 (0-0-0-10)
4番 (2-0-1-7)
5番 (1-0-1-8)
6番 (1-1-1-7)
7番 (1-0-0-9)
8番 (0-0-0-10)
9番 (0-2-0-8)
10番(0-1-1-8)
11番(0-0-0-10)
12番(0-1-0-8)
13番(0-0-1-9)
14番(0-0-0-10)
15番(2-0-1-7)
16番(1-2-0-7)
17番(0-1-1-7)
18番(0-0-0-6)

・ジャパンC/脚質データ
逃げ(1-0-0-9)
先行(3-2-4-29)
差し(6-5-4-63)
追込(0-2-2-42)
マクリ(0-1-0-1)

・ジャパンC/前走データ
天皇賞秋(6-6-7-44)
京都大賞典(1-1-0-11)
菊花賞(1-0-0-9)
秋華賞(1-0-1-2)
アルゼンチン共和国杯(1-0-1-11)
エリザベス女王杯(0-1-0-4)
オールカマー(0-0-0-2)
神戸新聞杯(0-0-0-1)
海外(0-2-1-47)
OP特別(0-0-0-3)
条件戦(0-0-0-4)

・ジャパンC/前走着順別データ
1着  (3-2-6-28)
2着  (2-1-0-25)
3着  (1-1-1-7)
4着  (2-3-0-11)
5着  (0-1-0-13)
6~9着(2-1-2-33)
10以下(0-1-1-26)

・ジャパンC/間隔データ
連闘(0-0-0-0)
2週(0-1-0-7)
3週(1-0-1-20)
4週(6-6-7-49)
5週~9週(3-3-2-57)
10週~25週(0-0-0-7)
半年以上(0-0-0-4)

 

予想オッズ

 

人気 馬名 予想オッズ
1 キタサンブラック 2.2
2 レイデオロ 3.0
3 サトノクラウン 6.3
4 ソウルスターリング 10.9
5 シュヴァルグラン 11.0
6 マカヒキ 12.5
7 レインボーライン 32.7
8 シャケトラ 37.5
9 サウンズオブアース 46.5
10 アイダホ 59.5
11 ギニョール 94.9
12 ヤマカツエース 95.3
13 トーセンバジル 113.8
14 イキートス 136.8
15 タンタアレグリア 204.3
16 ワンアンドオンリー 358.3
17 ラストインパクト 417.5
18 ブームタイム 631.7
19 ディサイファ 889.1

 

 

データからの注目ポイント

 

2007年/ 3660円・ 1450円(5-4-1)
2008年/ 7620円・ 6410円(9-1-2)
2009年/ 1020円・ 2460円(1-2-6)
2010年/ 710円・ 4940円(4-1-8)
2011年/ 2300円・80880円(2-6-14)
2012年/ 700円・ 1010円(3-1-2)
2013年/ 2500円・63800円(1-7-11)
2014年/ 4120円・19750円(4-3-6)
2015年/10160円・ 6350円(4-7-1)
2016年/ 2570円・ 8050円(1-5-6)

 

10年中9年で5番人気以下から好走馬が出てきています。

堅く収まったのは2012年です。

このあたり含めて「過去10年で5番人気以下から好走した馬の共通点全て教えます」をどうにか週中に更新できたら良いかなと思っています。

この下位人気好走例から既に出走できないことが確定しているので書きますが、

◎トーセンバジルで行きたかったです。

前走も◎を打っただけあってこのメンバーなら十分複勝で利益を上げることができると判断していました。

残念です。

 

1.0~1.9倍 (0-1-1-0)
2.0~2.9倍 (1-1-1-0)
3.0~3.9倍 (3-1-1-3)
4.0~4.9台 (0-1-0-6)
5.0~6.9倍 (1-1-1-3)
7.0~9.9倍 (3-0-1-11)
10.0~14.9倍(1-3-2-10)
15.0~19.9倍(0-0-0-7)
20.0~29.9倍(0-2-1-7)
30.0~49.9倍(1-0-0-25)
50.0~99.9倍(0-0-0-28)
100倍以上  (0-0-2-44)

 

単勝オッズ的にも100倍以上から好走馬が出てきていますので全馬に気をつかわなければいけません、なかなか大変な作業です。

 

3歳 (2-2-2-24) 6.7% 13.3% 20.0%
4歳 (6-3-3-41)11.3% 17.0% 22.6%
5歳 (2-4-3-35) 4.5% 13.6% 20.5%
6歳 (0-1-0-24) 0.0% 4.0% 4.0%
7歳上(0-0-2-20) 0.0% 0.0% 9.1%

 

6歳以上は苦戦していますね、過去10年の勝ち馬は全て5歳以下

今年の6歳以上は、

 

サウンズオブアース

ディサイファ

ブームタイム(外国馬)

ラストインパクト

ワンアンドオンリー

 

上記になります。

しかし6歳以上からも好走馬が出ていますので安易に判断することは避けたいです。

単純に高齢馬は人気になることが少なく、好走率=人気と比例していますのでこれは必然の数値なのです。

6歳以上は勝っていない、凡走傾向とすぐに判断してしまうのは普通のデータブログです。

先週のペルシアンナイトが3歳馬で勝利したようにデータだけに頼っていると間違いなく養分となるでしょう。

 

美浦(1-0-2-31) 2.9% 2.9% 8.8%
栗東(9-10-8-68) 9.5% 20.0% 28.4%
地方(0-0-0-3)  0.0% 0.0% 0.0%
外国(0-0-0-42) 0.0% 0.0% 0.0%

 

関東馬の成績が特に悪いです。

この問題に直面しているのはキタサンブラックと人気を分け合っている、

 

レイデオロ 関東馬

 

しかし当ブログを見てくださっている方、何か思い出しませんか?

そう、「神戸新聞杯」です。

このとき神戸新聞杯の関東馬の成績は(0-0-0-6)

多くのデータブログが飛ぶ、消し、と軽視するなか◎鉄板軸馬として関東馬のレイデオロに◎を打ちました。

その予想通り、終始楽勝で関東馬のレイデオロが0の数字を1に変えてくれました。

 

だからといって今回のジャパンカップの関東馬成績

 

美浦(1-0-2-31) 2.9% 2.9% 8.8%

 

これでもレイデオロが来ます、と言う話ではないですが

凡走した31頭をしっかりと見極める必要はあります。

そこからレイデオロを判断したいと思います。

人気なので到底この作業は無視できません、その細かい作業が払い戻しをしっかり受けるか鼻もかめない紙くずになるのか明暗を分けるのです。

 

牝馬  (5-2-2-16)
牡・セン(5-8-8-128)

 

上記を見てわかるように牝馬の好走率が非常に高いレースです。

まあこの好走した9頭を見るととてつもないメンバーなのですが、

勝利数も50%と牡馬と分け合っていますのでこちらも安易に取り扱えません。

 

今年は、

 

ソウルスターリング

 

唯一の牝馬です。

もう終わったのでしょうか?前回の天皇賞でもこの馬について書きましたが、

圧倒的に他の牝馬と違う点がありますよね。

今回もその問題になると思うのですがしっかりと判断していきたいと思います。

 

本日はここまで、

メンバーの確定が出てから詳細を詰めて検証していきたいと思います。

 

そして今年のジャパンカップ、

 

「予告ホームラン」です。

 

現時点でAランクを恐らく打つだろうと思っています。

 

このAランク、または予告ホームランは

今のところ勝率100%

これまでの回収金額も結構な金額になります。

今年もやってやりましょう、

日本ダービー、宝塚記念、ジャパンカップ、有馬記念と絶対に負けられない戦いがそこにあります。

今のところ前半2つは快勝ですのでジャパンカップ、是非応援してください。

 

注目馬を2頭ブログランキングに書いておきますので応援&確認クリックお願いします。

この2頭を推薦すると言うことは察して頂ければと思います。

今年のジャパンカップがどういうレースになるのか、

ズバリ、◯◯レースです。

左に1頭右に1頭ですのでどちらのブログランキングもクリックで応援お願いします。

下記バナークリックで「絶対的軸馬の法則」紹介文に記載してあります。↓
(注:ブログランキング紹介文の変更から反映までに30分程度時間差があります)

↓人気ブログランキングはコチラ↓

 

応援クリック感謝しますm(_ _)m

↓メルマガの案内は下にあります↓

気づいた点などあればお気軽にどうぞ
(返信をご希望の方はチェックボックスのマークをお願いします)

過去のオリジナルデータが見れます
(来年以降も使える独自データと馬券のヒントが満載です)

メルマガ登録者数5200人突破


 

↑メルマガ詳細はバナーをクリック↑