※記事の無断コピーは1発で自動BAN処理されます。
(独自データの転載が多いのでご協力お願いします。)

———-PR———-

ー高松宮記念指数上位馬は見ておきましょうー


””コラボ指数は上位6頭にあの馬を選んだんですね””

当日会員内北条のブログというコンテンツで指数上位馬が配信されます。
人気薄が指数上位にきてたら要チェックですよね?!
先週もコラボ指数は人気薄をとらえて高配当を上位馬で的中させてきてます。
━━━━━━━━━━━
先週の高配当実績

16日阪神9R須磨特別

→指数2位⇒3位⇒5位→3連単153,360円

16日中山4R3歳新馬

→指数4位⇒4位⇒3位→3連単354,930円

16日中京12R恵那特別

→指数4位⇒3位⇒4位 →3連単203,150円

━━━━━━━━━━━
・各会場1~6レース全指数配信あり
※前半戦が指数上位ベタ買いで軍資金稼ぎになってます。
・日経賞,毎日杯,マーチS→指数1位馬無料配信あり

・高松宮記念全指数無料配信。※当日会員内北条のブログへ

━━━━━━━━━━━
毎週自動的に人気薄好走馬を見つけてくれてるので助かります。
日経賞&毎日杯指数一位→無料
高松宮記念の全指数→→→無料
無料メルマガ登録のみ。確認メールきたらクリックしてログイン。

———————-

絶対的軸馬の法則「無料メルマガ&記事課金コンテンツ」

 

【左】無料メルマガ 【右】激走ランク新聞

 


↑詳細はバナーをクリック↑

 

過去10年

 

・フェブラリーS/人気データ
1番人気 (4-1-3-2)
2番人気 (2-1-2-5)
3番人気 (1-2-2-5)
4番人気 (0-1-1-8)
5番人気 (0-3-0-7)
6番人気 (1-0-0-9)
7~9人 (1-2-2-25)
10人以下(1-0-0-68)

・フェブラリーS/馬連・3連複(1着人気-2着人気-3着人気)
2008年/ 2820円・ 3820円(1-7-3)
2009年/ 4710円・ 5730円(6-3-1)
2010年/ 890円・ 1160円(1-5-2)
2011年/ 1100円・ 3200円(1-3-4)
2012年/10510円・15530円(7-4-2)
2013年/10330円・16150円(3-9-7)
2014年/84380円・55360円(16-2-1)
2015年/ 1570円・ 3060円(1-5-3)
2016年/ 680円・ 3820円(2-1-7)
2017年/ 1470円・ 2140円(2-5-1)

・フェブラリーS/単勝オッズ
1.0~1.9倍 (1-0-0-1)
2.0~2.9倍 (2-1-2-0)
3.0~3.9倍 (1-1-0-1)
4.0~4.9台 (0-0-1-1)
5.0~6.9倍 (3-2-4-6)
7.0~9.9倍 (0-1-2-17)
10.0~14.9倍(0-3-0-9)
15.0~19.9倍(0-1-1-6)
20.0~29.9倍(2-1-0-9)
30.0~49.9倍(0-0-0-19)
50.0~99.9倍(0-0-0-26)
100倍以上  (1-0-0-35)

・フェブラリーS/馬齢データ
4歳 (4-3-1-28) 11.1% 19.4% 22.2%
5歳 (4-2-4-17) 14.8% 22.2% 37.0%
6歳 (2-1-3-32) 5.3% 7.9% 15.8%
7歳上(0-4-2-52) 0.0% 6.9% 10.3%

・フェブラリーS/性別データ
牝馬  (0-0-0-9)
牡・セン(10-10-10-120)

・フェブラリーS/所属データ
美浦(0-2-1-23)  0.0% 7.7% 11.5%
栗東(10-7-9-100) 7.9% 13.5% 20.6%
地方(0-1-0-6)  0.0% 14.3% 14.3%

・フェブラリーS/枠データ
1枠(1-0-1-18)
2枠(3-2-1-14)
3枠(0-1-2-17)
4枠(0-1-0-19)
5枠(0-2-4-13)
6枠(1-0-1-18)
7枠(2-3-0-15)
8枠(3-1-1-15)

・フェブラリーS/馬番データ
1番 (0-0-0-10)
2番 (1-0-1-8)
3番 (1-2-0-7)
4番 (2-0-1-7)
5番 (0-0-1-9)
6番 (0-1-1-8)
7番 (0-1-0-9)
8番 (0-0-0-10)
9番 (0-1-0-9)
10番(0-1-4-4)
11番(0-0-1-9)
12番(1-0-0-9)
13番(1-1-0-8)
14番(1-2-0-7)
15番(2-1-0-7)
16番(1-0-1-8)

・フェブラリーS/脚質データ
逃げ(1-0-0-9)
先行(6-4-2-28)
差し(2-3-6-49)
追込(1-3-2-42)

・フェブラリーS/前走データ
チャンピオンズC(3-1-2-6)※2014年までのJCダート含む
川崎記念 (2-3-2-8)
東京大賞典(0-2-3-9)
根岸S   (2-2-2-51)
東海S   (2-1-1-9)
OP特別  (1-0-0-10)
1600万下 (0-1-0-1)

・フェブラリーS/前走着順別データ
1着  (5-4-6-23)
2着  (0-2-2-21)
3着  (2-2-1-11)
4着  (0-0-0-12)
5着  (0-2-0-12)
6~9着(1-0-0-29)
10以下(1-0-1-21)

・フェブラリーS/前走着差データ
負け2.0秒以上(0-0-0-11)

・フェブラリーS/前走人気別データ
1番人気 (4-3-4-24)
2番人気 (2-0-1-24)
3番人気 (1-4-2-17)
4番人気 (1-3-1-16)
5番人気 (1-0-1-8)
6~9人 (0-0-1-19)
10人以下(0-0-0-20)

・フェブラリーS/前走距離データ
1200m以下(0-0-0-6) 0.0% 0.0% 0.0%
1400m  (2-2-2-58) 3.1% 6.3% 9.4%
1600m  (0-0-0-8) 0.0% 0.0% 0.0%
1800m  (6-3-3-32)13.6% 20.5% 27.3%
2000m  (0-2-3-12) 0.0% 11.8% 29.4%
2100m  (2-3-2-8) 13.3% 33.3% 46.7%
2200m以上(0-0-0-4) 0.0% 0.0% 0.0%

・フェブラリーS/前走馬場データ
前走芝(0-0-0-14)
前走ダート(10-10-10-115)

・フェブラリーS/間隔データ
連闘(0-0-0-2)
2週(0-0-1-8)
3週(4-5-3-60)
4週(2-2-1-22)
5週~9週(1-2-3-22)
10週~25週(3-1-2-14)
半年以上(0-0-0-1)

 

過去10年の好走馬

 

2017年
ゴールドドリーム
ベストウォーリア
カフジテイク

2016年
モーニン
ノンコノユメ
アスカノロマン

2015年
コパノリッキー
インカンテーション
ベストウォーリア

2014年
コパノリッキー
ホッコータルマエ
ベルシャザール

2013年
グレープブランデー
エスポワールシチー
ワンダーアキュート

2012年
テスタマッタ
シルクフォーチュン
ワンダーアキュート

2011年
トランセンド
フリオーソ
バーディバーディ

2010年
エスポワールシチー
テスタマッタ
サクセスブロッケン

2009年
サクセスブロッケン
カジノドライヴ
カネヒキリ

2008年
ヴァーミリアン
ブルーコンコルド
ワイルドワンダー

 

 

 

気になるポイントその1

 

一覧をザッとみていて感じたのは非常に大型馬が多いなぁと言う印象

ほとんどの馬が500キロを超える馬なので線引をしてみました。

 

 

上記好走馬の中で馬体重500キロ以上=22頭該当

上記好走馬の中で馬体重480キロ以上=27頭該当

上記好走馬の中で馬体重480キロ未満=3頭

 

 

最低でも480キロは欲しいところ…

ちなみに500キロ以上の馬は過去10年全ての年で好走していました。

 

 

今年は直前まで分かりませんが、一応前走でみて馬体重500キロ以上の馬は、

 

ニシケンモノノフ

ケイティブレイブ

ノボバカラ

アウォーディー

インカンテーション

ララベル

ロンドンタウン

ゴールドドリーム

ベストウォーリア

サンライズノヴァ

 

多いですが軸は占有率の1番高い部分になりますからこの中からと言うことになります。

 

 

480キロ未満の危険馬

 

サウンドトゥルー(微妙なラインです)

メイショウスミトモ(微妙なラインです)

キングズガード

ノンコノユメ

 

 

逆に今回10年で3頭しかいない「馬体重480キロ未満」の条件で好走した馬

 

ノンコノユメ

シルクフォーチュン

ワイルドワンダー

 

この3頭の共通点は、

前走左回りのダート重賞で上がり2位以内かつ連対をしていた

 

と言った共通点があります。

 

この点から唯一の例外クリアかつリピーターでもある

 

ノンコノユメ

 

馬体重だけで消すのはやめたいと思います。

 

 

気になるポイントその2

 

前走人気馬がかなり多いと思いました。

パット見でほとんどの馬が5番人気以内くらい、少し調べてみました。

 

上記好走馬29頭中(ヴァーミリアン除く)

 

前走3番人気以内=21頭

前走4番人気以内=27頭

前走5番人気以内=29頭

前走6番人気以下=1頭

 

最低でも5番人気以内、

ちなみに前走3番人気以内は毎年好走しています。

 

今年のメンバーを見てみると、

 

ケイティブレイブ

アウォーディー

サウンドトゥルー

ララベル

キングズガード

テイエムジンソク

サンライズノヴァ

 

上記が前走3番人気以内

 

逆に6番人気以下は

 

ニシケンモノノフ

ノボバカラ

ロンドンタウン

ノンコノユメ

ゴールドドリーム

 

 

気になるポイントその3

 

ゴールドドリームの可能性です。

 

これまで色々調べてきた中で、

 

5歳馬で前走G1を勝利→[2-1-1ー0]

単勝20倍未満かつ前走1800以上のG2以上で上がり3位以内のキャリア20戦未満→[5-2-2-0]

5歳以下で前走GⅡ以上勝ちの中央所属の牡馬→[6-1-3-0]

 

と、他のデータ派から見てもかなりの確率で馬券になりそうです。

しかし、私が気になるのは先にあげた前走人気

 

前走3番人気以内=21頭

前走4番人気以内=27頭

前走5番人気以内=29頭

前走6番人気以下=1頭

 

これです。

この6番人気以下に該当している同馬、しかもノンコノユメも該当していますから不安は拡大します。

手元の期待値も抜けて高いので今回この馬の◎は展開有利も含め多少仕方ない部分かなと思いました。

 

そうなると必然的に相手は前走5番人気以内、できれば王道路線の3番人気以内から選びたいと思います。

 

 

2018年 フェブラリーSの予想

 

◎ ゴールドドリーム

◯ ブログランキング

▲ ブログランキング

 

自信度:A

ブログルールと推薦馬の説明についてはコチラ→初めての方は必ずお読みください。

~最強の法則補填馬~
(ブログ推薦馬とは別です)
注テイエムジンソク
△アウォーディー
△ノンコノユメ
△ベストウォーリア

 

印的にはこの7頭で大丈夫かと思っています。

馬券的には上位4頭で堅いと見ています。

馬券の買い方が非常に悩ましいですが、軸馬の信頼度だけでみたらA以上の信頼度はあると思います。

 

馬券は普段とは変えて

馬連&三連複で頑張って見たいと思います。

◎-◯▲注 合計各3点

左に1頭右に1頭ですのでどちらのブログランキングもクリックで応援お願いします。

下記バナークリックで「絶対的軸馬の法則」紹介文に記載してあります。↓
(注:ブログランキング紹介文の変更から反映までに30分程度時間差があります)

↓人気ブログランキングはコチラ↓

 

応援クリック感謝しますm(_ _)m

↓メルマガの案内は下にあります↓

気づいた点などあればお気軽にどうぞ
(返信をご希望の方はチェックボックスのマークをお願いします)

過去のオリジナルデータが見れます
(来年以降も使える独自データと馬券のヒントが満載です)

【左】無料メルマガ 【右】激走ランク新聞

 


↑詳細はバナーをクリック↑