※記事の無断コピーは1発で自動BAN処理されます。
(独自データの転載が多いのでご協力お願いします。)

———-PR———-

17年指数6位→2位→5位 16年指数4位→2位→13位
15年指数3位→3位→1位 14年指数4位→1位→13位
マイルCS過去4年間で12頭中10頭入線してるコラボ指数上位馬。

先週のエリザベス女王杯も指数値30以下の上位推奨馬で決着。

クロコスミアを2年連続指数値30以下の好走予感馬で予測。
天皇賞秋、スワンS、富士S、毎日王冠も
指数上位推奨馬で3連単。

マイルCSと相性いい指数上位馬が当日無料で見れます(メルマガ会員限定公開)
マイルCSの指数データを見る方はCLICK(無料)
確認メールきたらクリックしてログイン。当日北条ブログへ。

————————

2018年 札幌記念の予想

 

◎ ブログランキング

◯ ブログランキング

▲ スズカデヴィアス

 

自信度:B

ブログルールと推薦馬の説明についてはコチラ→初めての方は必ずお読みください。

~最強の法則補填馬~
(ブログ推薦馬とは別です)
注サクラアンプルール
△アストラエンブレム
△スティッフェリオ
△マイスタイル

 

 

毎年好走馬を出している上がり最速データ

 

札幌、とくに函館などの洋芝で直線の短いコースは上がりより位置取り、

とくに好位でレースを進めた馬が馬券になりますし狙っていくのがこれまでのG3でしたが、

札幌記念のこれまでの好走馬を見てふと目に止まったのが

 

「上がり最速馬」

 

2016年
2着 モーリス
3着 レインボーライン
(上がり最速同タイム)

2015年
2着 ヒットザターゲット

2014年
2着 ゴールドシップ

2013年
札幌非開催

2012年
1着 フミノイマージン

2011年
3着 レッドディザイア

2010年
アーネストリー(3位)

2009年
2着 ブエナビスタ

2008年
1着 タスカータソルテ

2007年
サクラメガワンダー(2位)

 

G1レベルの馬が集まる札幌記念は末脚もしっかりした馬が多くこのレースに関しては非常に好走率が高いです。

以下は好走馬(函館開催除く)の位置取りです。

 

1- 1- 1
9- 9- 7
11-12-11
3- 2- 2
12-12-12
10- 9- 8
13- 9- 4
14-12- 4
9- 9- 9
11-12- 7
2- 2- 1
5- 4- 4
4- 3- 2
2- 3- 4
11- 9- 6
3- 3- 2
2- 2- 2
6- 6- 4
4- 3- 3
12-12- 8
12-12- 8
8- 8- 7
4- 4- 1
6- 6- 4
1- 1- 1
6- 5- 5
11-11-10

 

見て分かるように結構後方でも上がりさえしっかり使えれば全然問題なさそうです。

データを見ると近年その傾向が明白になってきています。

本日はこの「上がり」について考えたいと思います。

 

過去の上がり最速馬に共通している点はあるのか?

 

まず私がこの手の馬を探すときに1番最初にきにするのは、

上がり最速で何回勝ってきたのか?

です。

もちろん多く勝ってきた馬は馬券になりやすいですし足りない馬はそれ相応の+αの理由があります。

今回も上からじっくり順番にみていったのですが私の中での線引を書きたいと思います。

 

■上がり性能
・上がり最速で3勝以上
・上がり最速で2勝以上かつ35秒以上の上がり最速で0.3秒以上の差を付けて勝利経験

 

まずはこの条件、

過去の好走馬と照らし合わせていきます。

 

2016年
2着 モーリス (最速3勝)
3着 レインボーライン(最速1勝 35秒◎)

2015年
2着 ヒットザターゲット(最速3勝 35秒◎)

2014年
2着 ゴールドシップ(最速9勝 35秒◎)

2012年
1着 フミノイマージン(最速4勝 35秒◎)

2011年
3着 レッドディザイア(最速2勝)

2010年
アーネストリー(最速2勝 35秒◎)

2009年
2着 ブエナビスタ(最速5勝)

2008年
1着 タスカータソルテ(最速2勝 35秒◎)

2007年
サクラメガワンダー(最速3勝)

 

一応上がり最速ではないですがアーネストリーとサクラメガワンダーも含んで検証します。

上記でのレインボーラインはモーリスが走っているのであまり気にする必要はないかなとも思います。

しかし上がり35秒以上の最速を記録した3レースでは全て馬券内と洋芝の適正はかなりあったと思います。

レッドディザイアは3歳になってから国内戦2戦と4歳で好走するまで海外専念だったのでサンプルレースが少なくなんとも例外らしい馬でした。

この時点でG1馬ですしG1でも上がり2位以内で2連対と上がり2位以内率は7割超えでした。

 

次に重賞での上がり実績です。

 

■重賞での上がり実績
・上がり最速でG3以上勝利
・上がり2位以内でG2勝利
・上がり2位以内でG1連対

 

2016年
2着 モーリス (◎)
3着 レインボーライン (×)

2015年
2着 ヒットザターゲット(◎)

2014年
2着 ゴールドシップ(◎)

2012年
1着 フミノイマージン(◎)

2011年
3着 レッドディザイア(◎)

2010年
アーネストリー(◎)

2009年
2着 ブエナビスタ(◎)

2008年
1着 タスカータソルテ(◎)

2007年
サクラメガワンダー(◎)

 

レインボーライン以外はキレイにクリア

しかしここまでレインボーラインについてなのですが、好走時は3歳でのもので他の馬に比べて圧倒的に出走レースが少ないのです。

その分もちろんサンプルは減りますしブエナビスタのような完璧な成績でもないとここから漏れる可能性も高いです、レッドディザイアも同様です。

幸い、同年のモーリスが上がり最速で好走しているのと今年3歳馬の登録がなく、

全馬それなりに走ってますので完全な例外として扱いたいと思います。

 

昨年の記事でこのデータに該当したヤマカツエースが3着に好走

上がり最速で好走でなかったのですがデータ該当馬は今の所パーフェクトで好走馬が出てきているので今年もここに注目していきたいと思います。

 

今年はここに該当した◎を選択しました。

◯に関しては、

 

3歳 (1-1-1-8) 9.1% 18.2% 27.3%
4歳 (3-1-1-23)10.7% 14.3% 17.9%
5歳 (3-4-5-28) 7.5% 17.5% 30.0%
6歳 (3-1-1-25)10.0% 13.3% 16.7%
7歳上(0-3-2-30) 0.0% 8.6% 14.3%

 

アストラエンブレム

クロコスミア

ナイトオブナイツ

マカヒキ

 

ここから選択しました。

残りの印は、

 

2008年/ 1520円・ 2110円(5-1-3)
2009年/ 1600円・ 4050円(7-1-4)
2010年/ 1610円・ 9560円(1-5-7)
2011年/ 1580円・ 3590円(1-5-2)
2012年/ 960円・ 1250円(4-1-2)
2013年/ 4230円・20460円(2-8-14)
2014年/ 400円・ 5310円(2-1-7)
2015年/14080円・33670円(5-8-4)
2016年/ 1330円・ 3380円(5-1-4)
2016年/37670円・26730円(6-12-1)

5番人気以下から必ず好走馬が出てきているので下位人気のカバーは必要です。

 

5番人気以下から全て選びました。

 

今年は結構波乱な年だと思っています。

馬券は十分プラス領域なので◎と◯から印の馬へワイド流しを予定しています。

左に◯右に◎ですのでどちらのブログランキングもクリックで応援お願いします。

下記バナークリックで「絶対的軸馬の法則」紹介文に記載してあります。↓
(注:ブログランキング紹介文の変更から反映までに30分程度時間差があります)

 

↓人気ブログランキングはコチラ↓

 

応援クリック感謝しますm(_ _)m

↓メルマガの案内は下にあります↓

気づいた点などあればお気軽にどうぞ
(返信をご希望の方はチェックボックスのマークをお願いします)

過去のオリジナルデータが見れます
(来年以降も使える独自データと馬券のヒントが満載です)

【左】無料メルマガ 【右】激走ランク新聞

 


↑詳細はバナーをクリック↑