※記事の無断コピーは1発で自動BAN処理されます。
(独自データの転載が多いのでご協力お願いします。)

———-PR———-

ふじおの追い切りから見る!!
最終狙い馬診断〜東海S〜編

どうも不死身のリーマン競馬魂
またの名を不死身の調教選馬眼ふじおです。笑
今週は中京で東海Sが開催されます。

東海Sの調教から見た狙い馬を少しご紹介。

【調教評価】

●ふじお評価1位  インティ 牡5 ふじお評価:MAX!!

馬自体はまだ幼い面も残しているのだが調教の内容は完璧。
映像でもわかるように、馬の一歩一歩がかなりしっかり前進している感じ。
元々ストライドは大きい方で、加速からのトップスピードに至る雰囲気や追った時の反応に他の馬にはない迫力を感じた!!
上がり馬で人気するのは間違いないがどうしても逆らえない1頭。

●ふじお評価2位 スマハマ 牡4 ふじお評価:95点(100点満点中)

主戦騎手の藤岡佑介騎手と共にここまで歩んできたスマハマ。その藤岡騎手がしっかり調教を念入りにつけている。これはここのレースにかけている思いが伝わって来るものであって、調教自体も素晴らしいものであった。休み明けはそれほど気にしなくて良さそう。

この2頭がかなり抜けているのでふじおは以下の買い目にしたい。

【買い目】
インティ、スマハマのワイド1点1万円! 計1万円

ここからがポイント!この調教評価にあのサイトを組み合わせます!
私はいつもそれで最終の判断をしています。
──────────────────────────
そのサイトが「うまとみらいと」さんです。
ここのコラボ指数というコンテンツがまあ当たる!
馬を様々なデータから指数かしてくれるものなんです。
■近4年の東海Sのコラボ指数の実績はこちら。

荒れた2017年は厳しい結果でしたがそれ以外は9頭中8頭が指数30以下の好走期待馬!これは信頼できますね!
■さらに去年の秋G1のコラボ指数の成績

秋G1シーズンでの入着率が86.7%!驚きの入着率!
コラボ指数上位にインティとスマハマは入っていれば入線濃厚!?
コラボ指数は下記リンクからメール送信。返信メールのURLクリックで登録完了。
無料で東海Sのコラボ指数を見る!

2018年 小倉記念の結果

 

◎ トリオンフ 1着

◯ ストロングタイタン 12着

▲ サトノクロニクル 2着

自信度:A

 

 

予想記事で触れた通り、土曜日の小倉の時計があまりにも早かった点、前が止まらなかった点を加味して持ちタイム上位かつ先行馬のトリオンフを鉄板指名しました。

予想通りレースはレコード決着かつ4コーナー曲がった先頭、2番手、3番手でワン・ツー・スリーでした。

毎回このように読んだ通りにレースが進んでくれると良いのですが…

 

 

 

2018年 レパードSの結果

 

◎ ドンフォルティス 4着

◯ グレートタイム 6着

▲ イダペガサス 13着

 

自信度:B

 

これは完全に私のミスで前走JDD組がほぼ全ての年で馬券になっているので上位人気を過信しすぎました。

データはほぼ完璧で、転載すると

2017年
ローズプリンスダム 11人気1着
サルサディオーネ 12人気2着

2016年
ケイティブレイブ 1人気2着
レガーロ 6人気3着

2015年
クロスクリーガー 1人気1着
タマノブリュネット 11人気3着

2014年
クライスマイル 7人気2着
ランウェイワルツ 9人気3着

2013年
インカンテーション 1人気1着
サトノプリンシパル 4人気2着
ケイアイレオーネ 2人気3着

2012年
ナムラビクター 3人気2着

2011年
ボレアス 1人気1着
タカオノボル 2人気2着
タナトス 12人気3着

 

 

これかなり凄くないですか?

なんと4人気以下からの好走は全て前走先行していた馬なんです。

これかなりの盲点だと思うんです。

 

わかりやすく説明しましょう。

「前走4角4番手以内の馬」

 

とてつもなくシンプルな上に全ての穴馬はここから出ている事実、

狙わない手はありません。

 

今年のメンバーは、

 

アルクトス

イダペガサス

グリム 5番人気1着

フロリアヌス

ビッグスモーキー 10番人気3着

ヒラボクラターシュ 9番人気2着

 

今年も崩れていません…

事前に書いていただけにこれだけで3連複10万円オーバーです…

来年に活かしたいと思います。

 

 

2018年 関屋記念の結果

 

◎ プリモシーン 1着

◯ エイシンティンクル 3着

▲ ショウナンアンセム 10着

 

自信度:B

 

印を打った馬で全部決まってくれましたが、欲を言うと4着のヤングマンパワー11番人気まで印があったので最後力が入りました。

まずは重視したのは外枠の上がりが使える馬、ここは自信の◎でプリモシーンとお伝えしました。

あとは2桁馬番を中心に4角3番手以内で競馬する馬でエイシンティンクルを指名

予想記事で触れた2ポイント

「4角3番手以内の馬が必ず馬券になる」

「2桁馬番が必ず馬券になる」

これは今年も例外なく継続でした。

 

 

2018年 北九州記念の結果

 

◎ ダイメイプリンセス 2着

◯ ナガラフラワー 9着

▲ アンヴァル 10着

自信度:B

 

こちらも唯一好走データに該当のダイメイプリンセスを◎指名

占有率トップの4歳馬不在から今年は5歳牝馬がキーワードになると週中お伝えしたように4番人気ながら頑張ってくれました。

しかし相手に選んだ2頭(どちらも人気は全然ありませんでしたので少々攻めた結果にはなりましたが)

噛み合いませんでした…

1番人気のダイアナヘイローを軽視したのが見事に複勝オッズに反映されました。

 

 

2018年 札幌記念の結果

 

◎ サングレーザー 1着

◯ マカヒキ 2着

▲ スズカデヴィアス 12着

自信度:B

 

過去10年で必ず5番人気以下からの好走が出てきていると書きました。

その5番人気以下が好走する前提で馬券購入しているので、今年始めて4番人気以内の決着になった為かすりませんでした…

過去の傾向からより勝ちやすい方にBETした結果ですから仕方ないとは思います、しかし結構自信があっただけにショックな結果でした。

 

 

2018年 新潟2歳ステークスの結果

 

◎ エルモンストロ 6着

◯ ジョディー 4着

▲ ケイデンスコール 1着

自信度:C

 

予想記事に書いた通り天候の関係で前日まで◎だったスティルネス(8番人気)から印の馬に100円だけ3連複流しを買いますと書きました。

まさか当たるとは思っていませんでしたが、各競馬予想記者がほぼ全員このスティルネスをスルーしていたことに驚きました。

週中にも書きましたが雨が降ったらスティルネスやエルモンストロ向きの展開になる(まさか逃げるとは思ってませんでしたが)と書いた通り、結局やや重開催になったことがこの馬の好走要因だったとは思います。

 

 

2018年 キーランドCの結果

 

◎ ナックビーナス 1着

◯ ダノンスマッシュ 2着

▲ トゥラヴェスーラ 7着

自信度:B

 

予想記事の通り、

「出走間隔8週以上の牝馬」

このキーワードでナックビーナスを◎指名

「関西馬の占有率」

このキーワードから相手は関西馬

そして先行できるダノンスマッシュに◯を打った訳ですが結果的にワイドは買い損でしたね…

ここで馬連の発想はできませんでした…

それよりもナックビーナスが1番人気ながら3.7倍と言うオッズにビックリしました。

今思えば複勝1点でも十分だったかなと思います。

 

 

8月の◎成績

[4-1-0-2]

同期間の重賞レースの1番人気成績が

[3-1-0-3]

そのうちの当ブログで◎指名ではなかった1番人気の成績が

[0-1-0-3]

好走したのはマカヒキのみ、このとき◯指名でした。

振り返るとやはり時期的に例外が連発する消去法を使わず、

好走ポイントや上がり3F、4角の位置取りなどレース展開を加味してからは良い方向に進んでいると思います。

秋のG1連戦までもう少しありますが、この調子で頑張っていきたいと思います。

応援ありがとうございました。

 

↓人気ブログランキングはコチラ↓

 

応援クリック感謝しますm(_ _)m

↓メルマガの案内は下にあります↓

気づいた点などあればお気軽にどうぞ
(返信をご希望の方はチェックボックスのマークをお願いします)

過去のオリジナルデータが見れます
(来年以降も使える独自データと馬券のヒントが満載です)

【左】無料メルマガ 【右】激走ランク新聞

 


↑詳細はバナーをクリック↑