※記事の無断コピーは1発で自動BAN処理されます。
(独自データの転載が多いのでご協力お願いします。)

———-PR———-

突然ですが・・・
知る人ぞ知る凄い情報を公開しました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今まで競馬雑誌やスポーツ新聞、ネット上
でも一切広告を出していない特殊な会員サービスです。

おそらく、競馬ファンなら一度は

「こんなサービスがあったらいいのに・・・」

と思ったことがある『絶対に欲しい』
サービスであることは間違いありません。

裏話をすると、

競馬予想業界で良績をおさめている競馬予想サービスや
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
競馬予想家たちがコッソリ重宝している超レアなリソースなのです
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「こんなサービスを本当に欲しかったです!」

「絶対に参加します。安すぎます!」

高確率で絶賛されている特殊なサービスを
今だけ格安提供しています。

今すぐご確認くださいね。

⇒ http://moenh.com/XMinmJ

———————-

ローズSの結果

 

◎ サトノワルキューレ 6着

◯ トーセンブレス 11着

▲ サラキア 2着

 

自信度:B

 

サトノワルキューレが予告通り上がり最速の33.1で走りますが、勝ち馬が4角2番手から33.6を使われたら無理でしょう。

上がり1位2位は6着5着ですし1~3着が全馬33秒台なら4コーナーのまわった順番で決まるのは言うまでもありません。

まともなレースじゃないのでこの結果が全て実力通りだと鵜呑みにして本番を迎えると痛い目に合うでしょう。

 

 

セントライト記念の結果

 

◎ ギベオン 13着

◯ レイエンダ 2着

▲ ジェネラーレウーノ 1着

 

自信度:B

 

途中で追加購入したダブルフラットですが、メンバー中最上位とも言える非根幹距離実績に加えマイナス8キロとかなり良く見えました。

結果的に非根幹距離実績を重視して◎を打ったギベオンもダメでした。

この結果だけ見るのであれば、上位含め例年必須とされていた非根幹距離実績は必要ないという結果でした。

相手はしっかりと連対してくれているのにもったいなかったと感じます。

予想当初からも少し疑問でしたが3歳のキャリアの浅い中、このレース自体選択している厩舎も少ない中でこの実績が必要と言うのは少し無理があったなと感じます。

来年この距離実績に関しては無視していきます。こうして常にアップデートをしていかなければ今の競馬はデータじゃ勝てませんので。

 

 

オールカマーの結果

 

◎ レイデオロ 1着

◯ ダンビュライト 3着

▲ アルアイン 2着

 

自信度:B

 

宣言通り3連複1点勝負に全然人気の無いエアアンセムの穴指定馬券ですが、エアアンセムの4コーナーの手応えはすごかったですね、最後は垂れて交わされましたが予想は完璧だったと思います。

結局こういうレースは上位人気を信じるか疑って穴を掘るかの2択になるのですが今回は穴を狙った側が苦しい展開になりましたね。

流石に4歳世代にOP級の古馬は差がありすぎると考えるのが普通です。

レイデオロに関してはこの先も問題ないでしょう。

 

 

神戸新聞杯の結果

 

◎ ワグネリアン 1着

◯ エポカドーロ 4着

▲ エタリオウ 2着

 

自信度:A

こちらも宣言通り銀行レース複勝1点勝負

久しぶりの自信度Aの登場でしたね、結果的に単勝でも良かったかもしれませんが複勝で全然良かったと思います、競馬に絶対は無いので。

現にエタリオウの上がりタイムは33秒台、ワグネリアンは34秒台ですからあと100あったらどうだったでしょうか…

問題のエポカドーロですが、負けたこと以前にワグネリアンとこの馬が選べる状況でエポカドーロに◎を打つ理由は何なのでしょうか?

この舞台設定でどんなことがあってもワグネリアンがエポカドーロに先着されることは99%無いと思います。

求められる質が違いますので、

ですから上がり勝負のエタリオウが好走できたのです。この馬がこの舞台設定の全てを証明してくれています。

 

 

シリウスSの結果

 

◎ ウェスタールンド 2着

◯ ラインルーフ 14着

▲ ミキノトランペット 8着

 

自信度:B

ウェスタールンドの末脚に驚いた人が多いのではないでしょうか?

良馬場ならあれほど追走で遅れを取ることもないでしょうし一番外を回しても差し切っていたと思います。

早い流れに前が止まらない展開で相当強い競馬でした。

予想記事にも書きましたがほんとにこの天候でなければ複勝にガッツリいってたので今週は天候のおかげでかなりの迷いを生む展開で悔しいことが多いですね…

しかしデータも予想も間違ってはいませんので来年もしっかり活かして行きたいと思います。

 

 

スプリンターズSの結果

 

◎ ファインニードル 1着

◯ ナックビーナス 7着

▲ セイウンコウセイ 12着

 

自信度:B

大方予想通りの展開でした…   が、3着のラインスピリットを除いてです。

レース後に何故この馬が3着にこれたのかを探してみたのですがデータ上では、

前走1200m以下で3着以下の7歳以上日本馬 【0・0・0・31】
前走1400m以下で3人気以下の7歳以上日本馬 【0・0・0・33】
前3走内に連対のない5歳以上 【0・0・0・61】
前2走とも1200m戦で4着以下 【0・0・0・45】
前2走内に重賞連対のない同年の高松宮記念6着以下 【0・0・0・48】
前2走内に重賞連対のない同年の高松宮記念5人気以下 【0・0・0・45】
今年1戦以上して3着以内なし 【0・0・0・32】

長いスプリンターズSの歴史の中で上記全てに当てはまるラインスピリットが好走できたのは良以外のスプリンターズSは3回しか無かったことと枠順と騎手で間違いないと思います。

1枠1番と言う場所から完璧なロスの無い立ち回りに最後の一瞬だけ競馬をしたようなそれくらい完璧な騎乗を見せた武豊騎手のエスコートが一番大きかったと思います。

現にこの枠順、この馬場、この騎手でなければダイメイプリンセスが3着だったでしょう。

ダイメイプリンセスもラブカンプーも他のデータブログでは消しデータに該当し忘れられた存在でしたが、牝馬条件データで穴を開けるのはこの2頭(当日予想記事で書きました)と挙げただけに好走は全く不思議なことではありません。

それくらい牝馬は強力なデータです。

まずは秋初戦、本命も勝ちましたし収支もだいぶ浮きましたしこの勢いで有馬記念まで(実際はホープフル…もしくは東京大賞典…)しっかりと頑張って行きたいと思います。

今も急いで明日からの記事を一生懸命作っているところです。

ここまで沢山のメールありがとうございました。

また沢山の応援本当に心から励みになっています、本当にありがとうございました。

↓人気ブログランキングはコチラ↓

 

応援クリック感謝しますm(_ _)m

↓メルマガの案内は下にあります↓

気づいた点などあればお気軽にどうぞ
(返信をご希望の方はチェックボックスのマークをお願いします)

過去のオリジナルデータが見れます
(来年以降も使える独自データと馬券のヒントが満載です)

【左】無料メルマガ 【右】激走ランク新聞

 


↑詳細はバナーをクリック↑