※記事の無断コピーは1発で自動BAN処理されます。
(独自データの転載が多いのでご協力お願いします。)

———-PR———-

17年指数6位→2位→5位 16年指数4位→2位→13位
15年指数3位→3位→1位 14年指数4位→1位→13位
マイルCS過去4年間で12頭中10頭入線してるコラボ指数上位馬。

先週のエリザベス女王杯も指数値30以下の上位推奨馬で決着。

クロコスミアを2年連続指数値30以下の好走予感馬で予測。
天皇賞秋、スワンS、富士S、毎日王冠も
指数上位推奨馬で3連単。

マイルCSと相性いい指数上位馬が当日無料で見れます(メルマガ会員限定公開)
マイルCSの指数データを見る方はCLICK(無料)
確認メールきたらクリックしてログイン。当日北条ブログへ。

————————

前走毎日王冠から天皇賞・秋で好走した馬一覧

 

2016年
ステファノス 

2015年
ステファノス
イスラボニータ

2014年
スピルバーグ

2013年
ジャスタウェイ
エイシンフラッシュ

2012年
エイシンフラッシュ

2011年
ダークシャドウ

2010年
ペルーサ

2009年
カンパニー
ウオッカ

2008年
ウオッカ

2007年
アグネスアーク

 

過去11年ですが、これまで続いていた連続好走が去年途切れました。

その毎日王冠組に変わってワン・ツー・スリーを決めたのが「前走宝塚記念組」

今年の前走毎日王冠組が少ないですが、元々は最重要ステップですし私は積極的に狙う価値はあると思います。

そしてその最新の重要ステップになりつつある宝塚記念組も出走馬が少ないです。

「毎日王冠」「宝塚記念」この前走ステップから必ず好走馬はでてくるハズですので注目して見ていきましょう。

 

 

今回は、昨年同様例外が無かったため「東京芝実績」をポイントとして探っていきたいと思います。

 

 

まずはプロフィールの作成です。

 

2016年
ステファノス 東京1600G3勝ち 57キロG1連対 4戦1勝重賞2連対

2015年
ステファノス 東京1600G3勝ち 57キロG1連対 2戦1勝重賞1連対
イスラボニータ 東京1800G3勝ち 57キロG1勝ち 8戦4勝重賞3連対

2014年
スピルバーグ 東京5勝 57キロ条件戦0.3秒差勝ち 9戦5勝

2013年
ジャスタウェイ 東京重賞3連対 全て上がり最速 7戦0勝重賞3連対 7戦4上がり最速
エイシンフラッシュ 東京G1勝ち 58キロG1連対 8戦3勝 G12勝重賞1勝

2012年
エイシンフラッシュ 東京G1勝ち 58キロG1連対 5戦1勝 G1勝ち

2011年
ダークシャドウ 東京重賞勝ち 57キロ重賞勝ち 5戦5勝重賞2勝

2010年
ペルーサ 東京重賞勝ち 東京3勝上がり最速 5戦3勝重賞1勝

2009年
カンパニー 東京重賞勝ち 58キロ重賞勝ち 11戦1勝重賞勝ち G10.0秒差4着
ウオッカ 東京G1勝ち 57キロ重賞連対 10戦5勝 G1勝ち

2008年
ウオッカ 東京G1勝ち 57キロ重賞連対 5戦2勝G1勝ち

2007年
アグネスアーク 東京重賞連対 57キロ重賞連対 2戦1勝重賞連対率100

 

1番右は東京でのものです。

 

上を見て思うことはかなりの東京実績のある馬しか天皇賞・秋を好走できていないと思います。

今年のメンバーを見てみましょう。

 

アクションスター

キセキ

ステファノス

 

アクションスター 東京未勝利 57キロ条件戦勝ち0.1 1戦0勝

キセキ 東京未勝利 57キロG1勝ち 2戦0勝

ステファノス 東京重賞勝ち 58キロG1連対 8戦1勝 東京G1連対

 

上記と比べると、

 

「東京未勝利or重賞連対の無い馬は好走例が無い」

 

ので実績面から見るとステファノス以外はアウトになります。

 

 

しかし、

前走毎日王冠組だった好走馬には

 

・前走人気

・前走上がり

 

この2ポイントに明確なボーダーが存在しています。

 

毎日王冠で3着以下だった、

 

2016年 ステファノス 前走2番人気

2015年 ステファノス 前走上がり2位

2012年 エイシンフラッシュ 前走2番人気

2010年 ペルーサ 前走1番人気 上がり1位

 

上記馬は4着以下から好走した例

 

「2番人気以内or上がり2位以内」

 

この条件がボーダーです。

 

こうなるとこの前走ボーダーでクリア馬は

 

キセキ

 

上記1頭のみ

 

まとめると、

 

アクションスター 実績 前走 共に未クリア

キセキ 実績未クリア 前走クリア

ステファノス 実績クリア 前走未クリア

 

過去の好走馬にカチっとハマる馬が存在しません。

しかし、過去の例外含めこの3頭のうち1頭はかなり面白い存在になるのではと思っています。

 

例外と好走するポイントが3つあります。

その理由と馬名をブログランキングへ書いておきます。

これでまずは毎日王冠組から1頭推薦

明日またステップ別の記事をお楽しみください。

左にポイント右に馬名ですのでどちらのブログランキングもクリックで応援お願いします。

下記バナークリックで「絶対的軸馬の法則」紹介文に記載してあります。↓
(注:ブログランキング紹介文の変更から反映までに30分程度時間差があります)

↓人気ブログランキングはコチラ↓

 

応援クリック感謝しますm(_ _)m

↓メルマガの案内は下にあります↓

気づいた点などあればお気軽にどうぞ
(返信をご希望の方はチェックボックスのマークをお願いします)

過去のオリジナルデータが見れます
(来年以降も使える独自データと馬券のヒントが満載です)

【左】無料メルマガ 【右】激走ランク新聞

 


↑詳細はバナーをクリック↑