※記事の無断コピーは1発で自動BAN処理されます。
(独自データの転載が多いのでご協力お願いします。)

———-PR———-


阪神JFの各馬指数値が当日北条ブログで赤枠内に入ります。
ファンタジーS、京王杯2歳S、アルテミスSのステップレース指数30以下で全的中。
阪神JF過去4年見ると馬券12頭中11頭が指数30以下の馬。
小倉記念~先週までの無料提供重賞18レースで54頭中45頭が指数値30以下。
先週の3重賞も指数30以下の馬で3レース9頭すべて的中。

指数上位馬である指数値30以下の好走予感馬は見ておきたいですね。
阪神JFは相性、調子ともにコラボ指数は見て損なしです。


阪神JFの各馬指数値を無料で見る!

————————

過去10年

 

・ジャパンC/人気データ
1番人気 (3-3-2-2)
2番人気 (1-2-2-5)
3番人気 (1-1-0-8)
4番人気 (3-0-0-7)
5番人気 (1-1-0-8)
6番人気 (0-1-3-6)
7~9人 (1-2-1-26)
10人以下(0-0-2-81)

・ジャパンC/馬連・3連複(1着人気-2着人気-3着人気)
2008年/ 7620円・ 6410円(9-1-2)
2009年/ 1020円・ 2460円(1-2-6)
2010年/ 710円・ 4940円(4-1-8)
2011年/ 2300円・80880円(2-6-14)
2012年/ 700円・ 1010円(3-1-2)
2013年/ 2500円・63800円(1-7-11)
2014年/ 4120円・19750円(4-3-6)
2015年/10160円・ 6350円(4-7-1)
2016年/ 2570円・ 8050円(1-5-6)
2017年/ 1770円・ 1330円(5-2-1)

・ジャパンC/単勝オッズ
1.0~1.9倍 (0-1-0-0)
2.0~2.9倍 (1-1-2-0)
3.0~3.9倍 (3-2-1-3)
4.0~4.9台 (0-1-0-6)
5.0~6.9倍 (1-1-1-3)
7.0~9.9倍 (3-0-1-11)
10.0~14.9倍(1-2-2-10)
15.0~19.9倍(0-0-0-7)
20.0~29.9倍(0-2-1-7)
30.0~49.9倍(1-0-0-24)
50.0~99.9倍(0-0-0-26)
100倍以上  (0-0-2-46)

・ジャパンC/馬齢データ
3歳 (2-3-2-21) 7.1% 17.9% 25.0%
4歳 (5-3-2-41) 9.8% 15.7% 19.6%
5歳 (3-4-4-36) 6.4% 14.9% 23.4%
6歳 (0-0-0-24) 0.0% 0.0% 0.0%
7歳上(0-0-2-21) 0.0% 0.0% 8.7%

・ジャパンC/性別データ
牝馬  (5-2-2-15)
牡・セン(5-8-8-128)

・ジャパンC/所属データ
美浦(1-1-2-33) 2.7% 5.4% 10.8%
栗東(9-9-8-66) 9.8% 19.6% 28.3%
地方(0-0-0-2) 0.0% 0.0% 0.0%
外国(0-0-0-42) 0.0% 0.0% 0.0%

・ジャパンC/枠データ
1枠(3-2-3-12)
2枠(1-0-2-17)
3枠(2-1-2-15)
4枠(1-0-0-19)
5枠(0-3-0-17)
6枠(0-1-0-18)
7枠(1-0-2-22)
8枠(2-3-1-23)

・ジャパンC/馬番データ
1番 (2-1-2-5)
2番 (1-1-1-7)
3番 (0-0-0-10)
4番 (1-0-2-7)
5番 (1-0-1-8)
6番 (1-1-1-7)
7番 (1-0-0-9)
8番 (0-0-0-10)
9番 (0-2-0-8)
10番(0-1-0-9)
11番(0-0-0-10)
12番(0-1-0-8)
13番(0-0-1-9)
14番(0-0-0-10)
15番(2-0-1-7)
16番(1-2-0-7)
17番(0-1-1-7)
18番(0-0-0-5)

・ジャパンC/脚質データ
逃げ(1-0-1-8)
先行(3-1-3-28)
差し(6-6-4-63)
追込(0-2-2-43)
マクリ(0-1-0-1)

・ジャパンC/前走データ
天皇賞秋(5-5-7-48)
京都大賞典(2-1-0-12)
菊花賞(1-0-0-7)
秋華賞(1-0-1-2)
アルゼンチン共和国杯(1-0-1-11)
エリザベス女王杯(0-1-0-2)
オールカマー(0-0-0-2)
神戸新聞杯(0-1-0-1)
海外(0-2-1-47)
OP特別(0-0-0-3)
条件戦(0-0-0-4)

・ジャパンC/前走着順別データ
1着  (3-3-6-26)
2着  (2-1-0-25)
3着  (2-1-1-7)
4着  (2-2-0-11)
5着  (0-1-0-13)
6~9着(1-1-2-34)
10以下(0-1-1-27)

・ジャパンC/前走着差データ
負け1.0秒以上(0-0-2-42)

・ジャパンC/前走人気別データ
1番人気 (7-2-3-16)
2番人気 (0-0-3-9)
3番人気 (1-4-0-8)
4番人気 (1-0-0-9)
5番人気 (1-0-1-7)
6~9人 (0-2-1-21)
10人以下(0-0-1-26)

・ジャパンC/間隔データ
連闘(0-0-0-0)
2週(0-1-0-5)
3週(1-0-1-23)
4週(5-5-7-53)
5週~9週(4-4-2-52)
10週~25週(0-0-0-7)
半年以上(0-0-0-3)

 

 

予想オッズ

 

人気 馬名 予想オッズ
1 アーモンドアイ 1.8
2 スワーヴリチャード 4.2
3 サトノダイヤモンド 5.2
4 キセキ 8.3
5 シュヴァルグラン 12.4
6 マカヒキ 20.8
7 カプリ 31.9
8 ミッキーロケット 51.3
9 ミッキースワロー 62.9
10 ノーブルマーズ 76.8
11 サトノクラウン 127.1
12 ウインテンダネス 140.7
13 サンダリングブルー 141.8
14 ガンコ 230.4
15 サウンズオブアース 256.0
16 ハッピーグリン 970.0

 

 

データからの注目ポイント

 

2008年/ 7620円・ 6410円(9-1-2)
2009年/ 1020円・ 2460円(1-2-6)
2010年/ 710円・ 4940円(4-1-8)
2011年/ 2300円・80880円(2-6-14)
2012年/ 700円・ 1010円(3-1-2)
2013年/ 2500円・63800円(1-7-11)
2014年/ 4120円・19750円(4-3-6)
2015年/10160円・ 6350円(4-7-1)
2016年/ 2570円・ 8050円(1-5-6)
2017年/ 1770円・ 1330円(5-2-1)

去年のことが昨日の事のように思い出せますね、それくらい本気出したレースでした。
ゼロをイチに変えてくれたレイデオロにはほんとに感謝しています。

毎年のことですが、5番人気以下から必ず好走馬出ていますのでもちろん今年も注意したいです。

 

1.0~1.9倍 (0-1-0-0)
2.0~2.9倍 (1-1-2-0)
3.0~3.9倍 (3-2-1-3)
4.0~4.9台 (0-1-0-6)
5.0~6.9倍 (1-1-1-3)
7.0~9.9倍 (3-0-1-11)
10.0~14.9倍(1-2-2-10)
15.0~19.9倍(0-0-0-7)
20.0~29.9倍(0-2-1-7)
30.0~49.9倍(1-0-0-24)
50.0~99.9倍(0-0-0-26)
100倍以上  (0-0-2-46)

オッズ別で見ても100倍以上からも馬券内に2頭

まさに全馬チャンスがあると思います。

 

 

3歳 (2-3-2-21) 7.1% 17.9% 25.0%
4歳 (5-3-2-41) 9.8% 15.7% 19.6%
5歳 (3-4-4-36) 6.4% 14.9% 23.4%
6歳 (0-0-0-24) 0.0% 0.0% 0.0%
7歳上(0-0-2-21) 0.0% 0.0% 8.7%

直近10年の勝ち馬どころか連対馬は全て5歳以下

そんなハンディキャップを抱える今年の6歳以上は

 

サウンズオブアース

サトノクラウン

シュヴァルグラン

 

 

美浦(1-1-2-33) 2.7% 5.4% 10.8%
栗東(9-9-8-66) 9.8% 19.6% 28.3%
地方(0-0-0-2) 0.0% 0.0% 0.0%
外国(0-0-0-42) 0.0% 0.0% 0.0%

これはどう考えても関西馬有利です。

去年はここを無視しても関東馬に◎を打ちたかったですが、今年はどうでしょう

今年の関東馬(地方馬)(外国馬)

アーモンドアイ

サトノクラウン

ミッキースワロー

 

ハッピーグリン(地方馬)

 

サンダリングブルー(外国馬)

カプリ(外国馬)

 

アーモンドアイが関東馬である以上、

上に名前が挙がった馬は相当厳しい現実だと思います。

なぜなら、

過去10年ジャパンカップでは、関西馬の占有率が高すぎる故に

関東馬及び外国馬、地方馬が2席以上埋めた例が1度も無いからです。

簡単な話、アーモンドアイが馬券内であれば相手2席はいずれも関西馬である可能性が大(今までは全てそうだった)

アーモンドアイが飛ぶと思いますか?

競馬なのでわかりませんが、どちらにせよ確率の低いこちら側に立つのはあまり得策ではありませんね。

 

 

天皇賞秋(5-5-7-48)
京都大賞典(2-1-0-12)
菊花賞(1-0-0-7)
秋華賞(1-0-1-2)
アルゼンチン共和国杯(1-0-1-11)
エリザベス女王杯(0-1-0-2)
オールカマー(0-0-0-2)
神戸新聞杯(0-1-0-1)
海外(0-2-1-47)
OP特別(0-0-0-3)
条件戦(0-0-0-4)

なんといっても前走天皇賞秋ステップでしょう

次に京都大賞典組ですね。

単純に過去10年の好走馬30頭の内、ざっくり分けます

 

天皇賞秋 17/30

京都大賞典 3/30

3歳戦(G1、G2) 4/30

海外G1 3/30

それ以外 3/30

 

ちなみに天皇賞秋or京都大賞典組がともに凡走した年はありません。

よって必ずこのどちらかから好走馬がでてきます。

しかも過去2年を除き2頭以上

 

アーモンドアイが前走、天皇賞でもなければ京都大賞典でもないのでますます調べる価値があると思いませんか?

 

上記のことを踏まえて

・過去の3歳馬好走の共通点とアーモンドアイに凡走の可能性はあるのか

・過去の5番人気以下から好走した馬の共通点

・過去主要ステップ別好走条件

 

最低でもこの3本は自分自身も予想する上で必要になってくると思うので更新していきたいと思います。

今年のジャパンカップも必ず当てて行きましょう、ここは負けられない戦いです。

現時点で絶対に買うであろう1頭を紹介します。

その理由についても書きました。

ブログランキング紹介文にてご確認ください。

これまでの振り返りはジャパンカップで燃え尽きたあとまとめます。

明日もお楽しみに。

左に理由右に1頭ですのでどちらのブログランキングもクリックで応援お願いします。

下記バナークリックで「絶対的軸馬の法則」紹介文に記載してあります。↓
(注:ブログランキング紹介文の変更から反映までに30分程度時間差があります)

↓人気ブログランキングはコチラ↓

 

応援クリック感謝しますm(_ _)m

↓メルマガの案内は下にあります↓

気づいた点などあればお気軽にどうぞ
(返信をご希望の方はチェックボックスのマークをお願いします)

過去のオリジナルデータが見れます
(来年以降も使える独自データと馬券のヒントが満載です)

【左】無料メルマガ 【右】激走ランク新聞

 


↑詳細はバナーをクリック↑