※記事の無断コピーは1発で自動BAN処理されます。
(独自データの転載が多いのでご協力お願いします。)

———-PR———-

ー高松宮記念指数上位馬は見ておきましょうー


””コラボ指数は上位6頭にあの馬を選んだんですね””

当日会員内北条のブログというコンテンツで指数上位馬が配信されます。
人気薄が指数上位にきてたら要チェックですよね?!
先週もコラボ指数は人気薄をとらえて高配当を上位馬で的中させてきてます。
━━━━━━━━━━━
先週の高配当実績

16日阪神9R須磨特別

→指数2位⇒3位⇒5位→3連単153,360円

16日中山4R3歳新馬

→指数4位⇒4位⇒3位→3連単354,930円

16日中京12R恵那特別

→指数4位⇒3位⇒4位 →3連単203,150円

━━━━━━━━━━━
・各会場1~6レース全指数配信あり
※前半戦が指数上位ベタ買いで軍資金稼ぎになってます。
・日経賞,毎日杯,マーチS→指数1位馬無料配信あり

・高松宮記念全指数無料配信。※当日会員内北条のブログへ

━━━━━━━━━━━
毎週自動的に人気薄好走馬を見つけてくれてるので助かります。
日経賞&毎日杯指数一位→無料
高松宮記念の全指数→→→無料
無料メルマガ登録のみ。確認メールきたらクリックしてログイン。

———————-

絶対的軸馬の法則「無料メルマガ&記事課金コンテンツ」

 

【左】無料メルマガ 【右】激走ランク新聞

 


↑詳細はバナーをクリック↑

 

過去10年

 

・有馬記念/人気データ
1番人気 (6-2-1-1)
2番人気 (2-1-2-5)
3番人気 (0-0-2-8)
4番人気 (1-1-1-7)
5番人気 (0-1-0-9)
6番人気 (0-0-0-10)
7~9人 (1-3-1-25)
10人以下(0-2-3-59)

・有馬記念/馬連・3連複(1着人気-2着人気-3着人気)
2008年/29490円・192500円(1-14-10)
2009年/ 740円・ 5460円(2-1-11)
2010年/ 550円・11610円(2-1-14)
2011年/ 3170円・24290円(1-7-9)
2012年/ 3730円・ 4020円(1-10-2)
2013年/ 860円・ 1420円(1-4-2)
2014年/12350円・15250円(4-9-1)
2015年/ 6840円・20360円(8-5-4)
2016年/ 440円・ 1050円(1-2-3)
2017年/ 3170円・ 5420円(1-8-3)

・有馬記念/単勝オッズデータ
1.0~1.9倍 (2-1-0-0)
2.0~2.9倍 (4-1-0-0)
3.0~3.9倍 (0-1-2-1)
4.0~4.9台 (1-0-1-6)
5.0~6.9倍 (0-0-1-2)
7.0~9.9倍 (2-1-2-7)
10.0~14.9倍(0-0-0-14)
15.0~19.9倍(1-1-0-13)
20.0~29.9倍(0-2-0-16)
30.0~49.9倍(0-2-3-17)
50.0~99.9倍(0-1-1-32)
100倍以上  (0-0-0-16)

・有馬記念/馬齢データ
3歳 (4-2-2-23)12.9% 19.4% 25.8%
4歳 (2-5-2-31) 5.0% 17.5% 22.5%
5歳 (4-2-4-37) 8.5% 12.8% 21.3%
6歳 (0-0-0-17) 0.0% 0.0% 0.0%
7歳上(0-1-2-16) 0.0% 5.3% 15.8%

・有馬記念/性別データ
牝馬  (2-3-0-17)
牡・セン(8-7-10-107)

・有馬記念/所属データ
美浦(1-0-3-30) 2.9% 2.9% 11.8%
栗東(9-10-7-92) 7.6% 16.1% 22.0%
地方(0-0-0-2)  0.0% 0.0% 0.0%

・有馬記念/枠データ
1枠(2-2-1-13)
2枠(1-2-0-15)
3枠(1-2-1-14)
4枠(1-2-1-16)
5枠(1-1-3-15)
6枠(2-0-2-16)
7枠(1-0-2-17)
8枠(1-1-0-18)

・有馬記念/馬番データ
1番 (1-1-0-8)
2番 (1-1-1-7)
3番 (0-1-0-9)
4番 (1-1-0-7)
5番 (0-1-0-9)
6番 (1-2-2-4)
7番 (1-1-1-7)
8番 (0-0-0-10)
9番 (2-1-1-6)
10番(0-0-1-9)
11番(1-0-2-7)
12番(0-0-0-10)
13番(2-0-0-8)
14番(0-1-2-7)
15番(0-0-0-8)
16番(0-0-0-8)

・有馬記念/脚質データ
逃げ(2-0-1-8)
先行(4-3-2-28)
差し(3-5-4-46)
追込(0-1-2-40)
マクリ(1-1-1-2)

・有馬記念/前走データ
重賞(10-10-10-123)

G1(9-8-9-80)
├ジャパンC(3-5-6-48)
├天皇賞秋(2-0-1-8)
├菊花賞(3-1-1-5)
├凱旋門賞(1-0-1-1)
├マイルCS(0-0-0-1)
└エリザベス女王杯(0-2-0-12)

G2(1-2-0-30)
├アルゼンチン共和国杯(1-0-0-6)
└ステイヤーズS(0-0-0-12)

G3(0-0-1-11)
OP特別(0-0-0-1)
条件戦(0-0-0-0)

・有馬記念/前走着順別データ
1着  (4-2-3-24)
2着  (2-1-0-12)
3着  (2-2-1-13)
4着  (1-0-1-10)
5着  (0-1-2-5)
6~9着(1-2-0-28)
10以下(0-2-3-31)

・有馬記念/前走人気別データ
1番人気 (6-3-1-17)
2番人気 (1-1-2-12)
3番人気 (0-0-1-14)
4番人気 (1-0-0-9)
5番人気 (0-2-2-8)
6~9人 (1-3-2-36)
10人以下(0-1-1-24)

・有馬記念/間隔データ
連闘(0-0-0-1)
2週(0-0-1-2)
3週(0-2-0-31)
4週(3-5-6-48)
5週~9週(6-3-2-38)
10週~25週(1-0-1-2)
半年以上(0-0-0-2)

 

前日オッズ

 

単勝・複勝

単勝
人気


馬名 単勝
オッズ
複勝
オッズ
1 6 12 レイデオロ 2.4 1.31.5
2 1 1 オジュウチョウサン 6.5 2.33.4
3 7 14 キセキ 6.7 1.82.4
4 4 8 ブラストワンピース 9.5 2.64.0
5 2 3 モズカッチャン 10.1 2.43.5
6 3 6 サトノダイヤモンド 15.4 4.36.6
7 6 11 ミッキーロケット 20.4 4.16.3
8 3 5 パフォーマプロミス 21.0 3.65.5
9 1 2 クリンチャー 24.8 3.75.7
10 8 15 シュヴァルグラン 25.7 3.75.6
11 5 10 ミッキースワロー 26.3 4.26.6
12 2 4 マカヒキ 35.9 6.39.8
13 5 9 リッジマン 77.2 11.718.6
14 4 7 サウンズオブアース 111.5 15.424.5
15 8 16 サクラアンプルール 122.3 12.720.2
16 7 13 スマートレイアー 137.9 28.545.4

 

 

ここからは当ブログ史上、最長の文字数となっています。

すべて読みきるのに相当な時間を要しますので予めご了承ください。

 

有馬記念を6歳以上で好走した馬一覧

 

2009年
エアシェイディ

2008年
アドマイヤモナーク
エアシェイディ

2007年
ダイワメジャー

2004年
タップダンスシチー

2001年
アメリカンボス

2000年
ダイワテキサス

 

過去20年で上記の7頭

 

過去の好走馬の共通点を探る

 

 

過去の好走馬を見てみると、

 

 

エアシェイディ  前走上がり2位
アドマイヤモナーク  前走上がり1位
エアシェイディ  前走上がり3位
ダイワメジャー  前走上がり3位
タップダンスシチー  前走4角1番手
アメリカンボス  前走4角2番手
ダイワテキサス  前走4角2番手

 

 

これら7頭は、

先行する力があった馬が約半数、

上がり3位以内で末脚が使える力があった馬が約半数となっています。

 

 

このことから考察するのは過去の戦績に4角位置取りor上がりに共通点があるのでは無いか?

中山コースは非常に適正が問われるコースですのでこのあたり中心に見ていきましょう。

 

 

好走馬の中山実績

エアシェイディ  2-5-3-5
アドマイヤモナーク  1-3-3-1
エアシェイディ  2-5-3-5
ダイワメジャー  3-2-3-2
タップダンスシチー  0-3-1-2
アメリカンボス  4-3-4-9
ダイワテキサス  3-4-3-10

低く見積もっても全馬複勝率50%以上

 

グレードに関わらず2回に1回は馬券になっていますね。

1つボーダーラインを引きましょう。

 

 

「中山コースでの複勝率が50%以上」

 

 

高齢馬なのでキャリアは豊富、このラインは最低クリアしないと推薦するに値しません。

 

 

次に位置取りと上がりの関係です。

上記でも触れたように、有馬記念での好走パターンが

 

 

前で残るor後ろから上がり3位以内

 

 

と偏りが見られます。

要は前に行かないなら末脚を使えと言うこと。

あまりにも中山コースでの実績に偏りが見られるのでここに的を絞って見ていきます。

 

 

まず目を付けたのが中山重賞で速い上がりを使って好走しているか?

または、4角好位から粘った経験があるか?

このあたり1頭ずつ見ていきたいと思います。

 

 

エアシェイディ

中山記念 上がり2位 2着
AJCC 上がり1位 1着

 

アドマイヤモナーク

ステイヤーズS 上がり2位 4角2番手 3着
日経賞 上がり1位 3着

 

エアシェイディ(リピーター)

上記同様

 

ダイワメジャー

スプリングS 4角2番手 3着
皐月賞 上がり2位 4角2番手 1着
ダービー卿CT 4角2番手 1着
中山記念 4角2番手 1着

 

タップダンスシチー

日経賞 4角2番手 2着
AJCC 4角3番手 3着
(+4歳時に有馬記念で4角先頭で2着)

 

アメリカンボス

中山記念 上がり2位 2着
AJCC 上がり1位 1着
中山記念 上がり2位 1着

 

ダイワテキサス

オールカマー 上がり1位 4角3番手 1着
中山記念 上がり1位 2着
オールカマー 4角2番手 3着
中山記念 上がり1位 2着

 

 

んー、どうですか?

あまりにも共通点が有りすぎてびっくりしています。

 

とにかく中山重賞での上がり、好位からの好走は必須と断言できるレベルですよね。

そして恐らく、「中山記念or日経賞」のどちらかで好走は全馬共通の重要キーワードになる予感がしています。

 

 

「中山記念or日経賞で4角3番手以内か上がり2位以内で好走」

 

 

これは最低ラインと決めて良いと思います。

それとレースで絞らず全体で見るなら上記の部分が、

 

 

「中山重賞で2回以上4角3番手以内か上がり2位以内で好走」

 

 

ここが最低ライン

 

一応全馬共通して私が過去の好走した人気薄の高齢馬が好走した理由を探るとしたらこのあたりかと思います。

 

 

 

さて、ここからです問題は

 

今年の出走馬の6歳以上は今年好走する資格があるのかないのか?

 

 

オジュウチョウサン

パフォーマプロミス

サウンズオブアース

スマートレイアー

シュヴァルグラン

サクラアンプルール

 

 

ポイント1

「中山コースでの複勝率が50%以上」

 

オジュウチョウサン(障害なのでデータ無し、未出走扱い)

パフォーマプロミス(1-0-0-0)

サウンズオブアース(0-2-0-3)

スマートレイアー(未出走)

シュヴァルグラン(0-0-1-1)

サクラアンプルール(3-1-1-2)

 

 

ポイント2

「中山記念or日経賞で4角3番手以内か上がり2位以内で好走」

 

 

オジュウチョウサン(なし)

パフォーマプロミス(なし)

サウンズオブアース(あり)

スマートレイアー(なし)

シュヴァルグラン(なし)

サクラアンプルール(あり)

 

 

ポイント3

「中山重賞で2回以上4角3番手以内か上がり2位以内で好走」

 

オジュウチョウサン(なし)

パフォーマプロミス(なし)

サウンズオブアース(ほぼあり)

スマートレイアー(なし)

シュヴァルグラン(なし)

サクラアンプルール(あり)

 

 

6歳馬の推薦

 

オジュウチョウサンは言うまでもありませんがデータ不足です。

シュヴァルグランとスマートレイアーも年の割には中山経験が非常に浅く、過去の好走馬には類似しません。

ここは大外でも「サクラアンプルール」を推薦したいです。

 

 

 

有馬記念を5歳で好走した馬一覧

 

2017年
キタサンブラック
クイーンズリング
シュヴァルグラン

2016年
ゴールドアクター

2014年
ジェンティルドンナ
ゴールドシップ

2013年
オルフェーヴル
ウインバリアシオン

2012年
ルーラーシップ

2009年
ドリームジャーニー

2006年
ポップロック
ダイワメジャー

2005年
リンカーン

2004年
シルクフェイマス

2002年
タップダンスシチー

2001年
トゥザヴィクトリー

 

 

過去20年で上記16頭

 

今年の出走馬は

マカヒキ

サトノダイヤモンド

リッジマン

ミッキーロケット

 

 

過去の好走5歳馬は全馬中山芝コースをグレード関係なく最低でも連対していました。

このデータを昨年のシュヴァルグランが初めて、僅差ではありましたが打ち破りました。

中山実績がなければ、最低でも

2000m以上の重賞3勝以上(当年のG1馬であると更に良い)

G1で2連対以上か3回以上馬券内

 

 

マカヒキ(あり)

サトノダイヤモンド(あり)

リッジマン(あり)

ミッキーロケット(なし)

 

 

5歳馬の推薦

 

ミッキーロケットは中山実績が無く推薦し辛く、リッジマンは前走ステイヤーズSのステップとほぼ好走例無し

となると自動的に推薦馬は「サトノダイヤモンド」「マカヒキ」の2頭になります。

 

 

有馬記念を4歳で好走した馬一覧

 

2016年
キタサンブラック

2015年
ゴールドアクター
サウンズオブアース

2013年
ゴールドシップ

2012年
オーシャンブルー

2011年
エイシンフラッシュ
トゥザグローリー

2010年
ブエナビスタ

2008年
ダイワスカーレット

2007年
マツリダゴッホ

2006年
ディープインパクト

2005年
ハーツクライ

2004年
ゼンノロブロイ

2003年
シンボリクリスエス

2002年
コイントス

2000年
テイエムオペラオー
メイショウドトウ

1999年
グラスワンダー
スペシャルウィーク

1998年
メジロブライト
ステイゴールド

 

 

上記21頭

数で言えば最多の部類になります。

 

今年の出走は、

クリンチャー

モズカッチャン

ミッキースワロー

レイデオロ

キセキ

 

 

最多の占有率ですので厳しいデータは適用しません。

一応全馬残して明日別な角度から選別します。

 

 

3歳で有馬記念を好走した馬一覧

 

2016年
サトノダイヤモンド

2015年
キタサンブラック

2014年
トゥザワールド

2012年
ゴールドシップ

2011年
オルフェーヴル

2010年
ヴィクトワールピサ
トゥザグローリー

2009年
ブエナビスタ

2007年
ダイワスカーレット

2005年
ディープインパクト

2003年
リンカーン
ゼンノロブロイ

2002年
シンボリクリスエス

2001年
マンハッタンカフェ

1999年
テイエムオペラオー

1998年
グラスワンダー

 

 

上記16頭

 

好走馬の共通点を探る

 

ここは実績をしっかりと見ていく必要性がありそうです。

 

 

・G1成績

・G2成績

・全体の成績

・中山成績

 

 

この4項目を見ていきたいと思います。

 

 

サトノダイヤモンド

皐月賞1人気3着、ダービー2人気2着、菊花賞1人気1着
神戸新聞杯1人気1着
(5-1-1-0)(0-0-1-0)

 

キタサンブラック

皐月賞4人気3着、菊花賞5人気1着
スプリングS5人気1着、セントライト6人気1着
(5-0-1-1)(3-0-0-0)

 

トゥザワールド

皐月賞1人気2着、ダービー2人気5着
弥生賞1人気1着、セントライト2人気2着
(4-3-0-2)(1-1-0-0)

 

ゴールドシップ

皐月賞4人気1着、菊花賞1人気1着
神戸新聞杯1人気1着
(6-2-0-1)(1-0-0-0)

 

オルフェーヴル

皐月賞4人気1着、ダービー1人気1着、菊花賞1人気1着
スプリングS1人気1着、神戸新聞杯1人気1着
(6-2-1-1)(0-1-0-0)

 

ヴィクトワールピサ

皐月賞1人気1着、ダービー1人気3着、JC8人気3着
弥生賞1人気1着
(5-1-1-0)(2-0-0-0)

 

トゥザグローリー

G1好走歴無し
青葉賞2人気2着
(4-2-0-3)(初出走)

 

ブエナビスタ

阪神JF1人気1着、桜花賞1人気1着、オークス1人気1着、秋華賞1人気3着、エリ女1人気3着
札幌記念1人気2着
(5ー1ー3ー0)(初出走)

 

ダイワスカーレット

桜花賞3人気1着、秋華賞2人気1着、エリ女1人気1着
ローズS1人気1着
(6ー2ー0-0)(初出走)

 

ディープインパクト

皐月賞1人気1着、ダービー1人気1着、菊花賞1人気1着
弥生賞1人気1着、神戸新聞杯1人気1着
(7-0-0-0)(2-0-0-0)

 

リンカーン

菊花賞4人気2着
G2好走歴無し
(3ー3ー0-2)(初出走)

 

ゼンノロブロイ

ダービー3人気2着
青葉賞1人気1着、神戸新聞杯3人気1着
(4-1-1-1)(1-0-0-0)

 

シンボリクリスエス

ダービー3人気2着、天皇賞秋3人気1着、JC1人気3着
青葉賞1人気1着、神戸新聞杯1人気1着
(5-2-3ー0)(2ー0-2ー0)

 

マンハッタンカフェ

菊花賞6人気1着
G2好走歴無し
(4-0-1-3)(0-0-0-2)

 

テイエムオペラオー

皐月賞5人気1着、ダービー3人気3着、菊花賞2人気2着
京都大賞典3人気3着、ステイヤS1人気2着
(4-3-2-1)(1-1-0-0)

 

グラスワンダー

朝日杯1人気1着
京成杯1人気1着
(4-0-0-2)(2-0-0-0)

 

シルクジャスティス

ダービー3人気2着
京都大賞典2人気1着
(4ー2-2ー7)(初出走)

 

 

 

全17頭

 

A G1好走歴有り 17頭中16頭 (トゥザグローリー)

B G2好走歴有り 17頭中15頭 (リンカーン、マンハッタンカフェ)

C 通算4勝以上 17頭中16頭 (リンカーン)

D 中山初出走or出走歴有りで着外未経験 17頭中16頭 (マンハッタンカフェ)

 

右の馬がデータ破りの例外馬

 

トゥザグローリー

リンカーン

マンハッタンカフェ

 

この3頭ですが、まずは今年の唯一出走する

 

ブラストワンピース

 

見ていきましょう。

 

ブラストワンピース

日本ダービー2人気5着、菊花賞1人気4着
G2出走無し
通算4勝
中山未出走

 

1番目と2番目の実績の項目で大幅にマイナスなのですが、なぜかと言うと

有馬記念の歴史で過去20年さかのぼってもG2、G1で好走歴の無かった馬が馬券内に突入したことは1度もありません。

昨年もこのパターンでブレスジャーニーが撃沈

通算4勝と未出走の部分はかんりいい感じなだけに…

 

3歳馬の推薦

 

単純にずっと言い続けていることですが、人気なら引き、人気薄なら推しなのでブラストワンピースのオッズが10倍を切る人気なので(前日オッズ)ここは推薦馬無しとします。

 

 

さあ、ここまでかなり長いことかかりましたが、みなさんの買う馬は決まりましたでしょうか?

あしたは更に別の角度からデータを入れていきたいと思います。

まだ確信は持てませんが、ある程度イメージはできています。

あとは今日の阪神のように圧倒的内枠の完全前有利、後ろからの馬は名前も呼ばれないような馬場になっていないことを願うばかりです。

最後に例外候補1頭とその理由をブログランキングに書いておきました。

左に理由右に馬名ですのでどちらのブログランキングもクリックで応援お願いします。

下記バナークリックで「絶対的軸馬の法則」紹介文に記載してあります。↓
(注:ブログランキング紹介文の変更から反映までに30分程度時間差があります)

↓人気ブログランキングはコチラ↓

 

応援クリック感謝しますm(_ _)m

↓メルマガの案内は下にあります↓

気づいた点などあればお気軽にどうぞ
(返信をご希望の方はチェックボックスのマークをお願いします)

過去のオリジナルデータが見れます
(来年以降も使える独自データと馬券のヒントが満載です)

【左】無料メルマガ 【右】激走ランク新聞

 


↑詳細はバナーをクリック↑