※記事の無断コピーは1発で自動BAN処理されます。
(独自データの転載が多いのでご協力お願いします。)

———-PR———-

ー高松宮記念指数上位馬は見ておきましょうー


””コラボ指数は上位6頭にあの馬を選んだんですね””

当日会員内北条のブログというコンテンツで指数上位馬が配信されます。
人気薄が指数上位にきてたら要チェックですよね?!
先週もコラボ指数は人気薄をとらえて高配当を上位馬で的中させてきてます。
━━━━━━━━━━━
先週の高配当実績

16日阪神9R須磨特別

→指数2位⇒3位⇒5位→3連単153,360円

16日中山4R3歳新馬

→指数4位⇒4位⇒3位→3連単354,930円

16日中京12R恵那特別

→指数4位⇒3位⇒4位 →3連単203,150円

━━━━━━━━━━━
・各会場1~6レース全指数配信あり
※前半戦が指数上位ベタ買いで軍資金稼ぎになってます。
・日経賞,毎日杯,マーチS→指数1位馬無料配信あり

・高松宮記念全指数無料配信。※当日会員内北条のブログへ

━━━━━━━━━━━
毎週自動的に人気薄好走馬を見つけてくれてるので助かります。
日経賞&毎日杯指数一位→無料
高松宮記念の全指数→→→無料
無料メルマガ登録のみ。確認メールきたらクリックしてログイン。

———————-

絶対的軸馬の法則「無料メルマガ&記事課金コンテンツ」

 

【左】無料メルマガ 【右】激走ランク新聞

 


↑詳細はバナーをクリック↑

 

藤田菜七子は初G1で好走できるのか?

 

結論から書きます。

「かなり厳しいと思います。」

 

その理由はいくつかあり、ポジティブな要素も多いので一概には言い切れませんが

人気しているので、同じ人気ならその周辺の馬の方が圧倒的に好走する確率が高いと感じます。

まずはネガティブ要素を確認していきましょう。

 

一番の原因は「距離適性」

これで間違いないでしょう。

 

1600以上に勝ちなし【0・0・1・28】 

ワンダーリーデル

サクセスエナジー

コパノキッキング

 

1800m以上で3着以内なし 【0・0・1・49】

ワンダーリーデル

サクセスエナジー

コパノキッキング

ノボバカラ

 

これまでのフェブラリーSの歴史だと、この距離の壁と言うのは意外と高いです。

1000~1400をずっと使われてきたコパノキッキング

やはり前が忙しい方が切れる傾向にあり

今回はそこまで流れないと思うのでそのあたり対応できるかどうか

 

藤田菜七子が騎乗することになんのメリットが?

 

経済効果や話題性を除けば「メリットはゼロ」

むしろ経験が無いのでマイナスでしかありません。

G1の大舞台で初めてこの馬に跨ってレースをするのですから…

データ的にも

 

前走1400m以下で日本人騎手に乗り替わり 【0・0・1・42】

ユラノト

メイショウウタゲ

コパノキッキング

 

ここでも高い壁が…

 

しかしそんなコパノキッキングですが、ポジティブな要素として

 

「外枠」、「4歳馬」、「前走根岸S」

 

この3つはかなり偉大です。

 

1枠(1-0-1-18)
2枠(3-2-1-14)
3枠(0-1-3-16)
4枠(0-1-0-19)
5枠(0-1-4-14)
6枠(2-0-1-17)
7枠(2-4-0-14)
8枠(2-1-0-17)

もちろん芝スタートの東京1600ダートですから外枠有利なのは有名な話です。

フェブラリーステークスに限らずこの条件はすべてのレースで7~8枠がダントツの数字を叩き出しています。

 

4歳 (4-3-1-25)12.1% 21.2% 24.2%
5歳 (4-3-4-19)13.3% 23.3% 36.7%
6歳 (2-1-2-32) 5.4% 8.1% 13.5%
7歳上(0-3-3-53) 0.0% 5.1% 10.2%

これだけ見ても強いのですが、人気になった4歳馬は特に走るんです。

 

ゴールドドリーム
モーニン
ノンコノユメ
コパノリッキー
バーディバーディ
テスタマッタ
サクセスブロッケン
カジノドライヴ

 

今年はこのコパノキッキングとオメガパフュームの2頭しかいないんです。

それだけでも狙い目です。

 

前走根岸S【3-2-1-50】

3着以内【3-2-1-17】

今年はユノライトとコパノキッキング

全体の3分の1で好走します。

これまでの王道ステップだったので距離の壁を無視するならばこのステップは非常に好感が持てます。

 

結論

例えばこれが5番人気以下の単勝オッズ10倍以上であればネガティブ要素より期待値が上回るのですが、

現在3番人気の6.5倍…(朝9時現在)

これだと流石にリスクの方が上回ります。

同じ人気の周辺だとより魅力的な馬が多いので好走できたら素直に拍手ですが、その道は険しいと言えるでしょう。

 

 

2019年 フェブラリーステークスの予想

 

◎ ブログランキング

◯ ブログランキング

▲ インティ

 

軸馬レベル:B

ブログルールと推薦馬の説明についてはコチラ→初めての方は必ずお読みください。

~最強の法則補填馬~
(ブログ推薦馬とは別です)
注ゴールドドリーム
△コパノキッキング
△サンライズノヴァ
△モーニン

 

タイトル通りです、この条件は非常に走る。

対抗についても先に話したように推薦します。正直どちらに◎を打っても楽しめそうな今年のフェブラリーステークス

注のゴールドドリームまでの5頭で決まると踏んでいます。最初のG1ですしここはガッツリ勝負したいところです。

※小倉大賞典は見送り

左に1頭右に1頭ですのでどちらのブログランキングもクリックで応援お願いします。

下記バナークリックで「絶対的軸馬の法則」紹介文に記載してあります。↓
(注:ブログランキング紹介文の変更から反映までに30分程度時間差があります)

↓人気ブログランキングはコチラ↓

 

応援クリック感謝しますm(_ _)m

↓メルマガの案内は下にあります↓

気づいた点などあればお気軽にどうぞ
(返信をご希望の方はチェックボックスのマークをお願いします)

過去のオリジナルデータが見れます
(来年以降も使える独自データと馬券のヒントが満載です)

【左】無料メルマガ 【右】激走ランク新聞

 


↑詳細はバナーをクリック↑