【レース回顧】きさらぎ賞と東京新聞杯のレース後分析

◎推奨重賞情報

中山GJ2021無料公開

─────────────────────

無料予想今年No1
馬券師レベル高!
無料公開買い目

3月18鞍/4鞍的中
収支+665600円
2月16鞍/6鞍的中
収支+115500円
1月20鞍/13鞍的中
収支+767300円

3か月計収支は
+1548100円


─────────────────────

先週も!4/11吹田特別
115300円獲得!

─────────────────────

重賞公開すると特に好調!

金鯱賞756200円
弥生賞186600円
京都牝馬S78000円



─────────────────────

ジャンプも得意!

2/27 春麗JS
147200円
回収率490%!



─────────────────────

全て無料で閲覧できた買い目!
今週末無料公開は・・・

17日中山GJ+阪神8R~18日阪神8R+9R
→中山GJ無料公開中
↑からメール登録のみ!ログイン後要チェックな無料予想なんです!

きさらぎ賞

 

1着 ラーゴム
2着 ヨーホーレイク
3着 ランドオブリバティ

レースLAP
13.1-11.6-12.7-12.0-11.8-11.9-12.3-11.9-11.5-12.2

 

若干外の各馬がごちゃつく、タガノカイがスムーズにハナを主張し逃げる。

ショウナンアレスも行きたがって番手追走も手綱を抑えて落ち着かせる、前はこの2頭が最初のコーナーまで引っ張る形になる。

馬場が荒れていることを考えるとラップ的にはスローだが、緩むところもなく前(特に内側)でレースを進めていた馬にとっては想像以上に厳しいレースになった。

直線に向いて内からジャンカルドが飛び込んでくるも勢いほど伸びずに内側で後退タガノカイがいっぱいになったところでラーゴムがぐんぐん加速して早め先頭に立つ。

大外の馬場が良いところをヨーホーレイクが伸びてくる、中からランドオブリバティもジリジリと流れ込む。

この3頭以外は直線に向いてからほぼ競馬に参加できていなかった。

結果的にラーゴムが勝ったが、ゴール後50mではヨーホーレイクが勝っているように見た目以上にラーゴムは一杯だった。

ヨーホーレイクとの差は武騎手が大事に乗った分、間に合わなかった。

最終コーナーを5番手以下で周ってきた馬は、11着、7着、10着、5着、8着

ランドオブリバティとヨーホーレイクだけが2着、3着なのだからこの2頭は非常に強い競馬だった。

しかし勝ったラーゴムも道中かかりっぱなしだった点を考慮すると、やはり今回の上位3頭は抜けた存在だった。

逆を言えば4着以下で評価できる馬がいない。

例年は京都で開催されているので、LAP等を過去と比較することができないが、本番でも注目したいのは上位3頭で間違いないと思います。

 

東京新聞杯

 

1着 カラテ
2着 カテドラル
3着 シャドウディーヴァ

レースLAP
12.3-11.2-11.4-11.7-11.5-11.2-11.6-11.5

 

サトノウィザードとエントシャイデンが立ち遅れる形になったが、そのほかは揃ったスタート

内から気合を付けてダイワキャグニーがハナを主張するも、トリプルエースが外から並びかける展開

馬場状態が良く、淡々とした流れで3コーナーに突入、早めに各馬が外から進出開始

過去5年でも動き出しはかなり速い方で4コーナー入り口ではエメラルファイトとトリプルエースとダイワキャグニーが横一線

それもあってかスタートから一度も息が入るラップがなく、11秒台がゴールまで続く先行馬にはかなり厳しい展開に。

内側に進路を取ったほぼ全馬が伸びずに後退、外からシャドウディーヴァ、中からカテドラル、その内からカラテと一気に前と後方が入れ替わったところでゴール

ルメール騎手は複数回馬券になっている得意コースで、例年なら前目でロスなく運び好走できていただけに、レースプランを描いていたように今年もかなり前目に付けていた。

しかしダイワキャグニーを終始突く形になり3コーナー4コーナーと一切息が入らず11秒で駆け抜け、4コーナーで1~3番手にいた馬は14着、7着、16着と全滅した。

レース傾向でも触れたように、今回の先行勢全滅はこの5年では一度も無かったことなので次回の東京新聞杯に活かせるように傾向としてしっかり記録しておきます。

勝ったカラテは直線で何度も前が壁になり非常に厳しいレースでした。

よく前が開いた一瞬で伸びてきたと思います、非常に強い内容でした。

一番外から追い込んだシャドウディーヴァもかなり良い競馬をしていますので評価したいです、このレースの牝馬の好走率は非常に高いので来年も注目してみたいと思います。

 

最後に次走注目馬を人気ブログランキングへ掲載しましたので興味のある方は御覧ください。

※ブログ更新のスケジュールなどはこちらを御覧ください→ブログルールの説明

下記バナークリックで「絶対的軸馬の法則」紹介文に記載してあります。↓
(注:ブログランキング紹介文の変更から反映までに30分程度時間差があります)

↓人気ブログランキングはコチラ↓


中央競馬ランキング

応援クリック感謝しますm(_ _)m

無料メルマガ&激走ランク新聞