【フェブラリーS】予想 過去20年データからみる買える馬、買えない馬、好走率90%以上の激アツの法則公開

キター!弥生賞情報!

ディ―――プ記念!

無料開放との事!!

────────────────────

今年旋風&無双の無料予想

馬単使いで賢者クラス!



────────────────────

【無料予想戦績】

2/27春麗JS 馬連48.1倍/馬単99.1倍→147,200円
2/20京都牝馬S  馬連28.7倍/馬単49.3倍→78,000円
2/06中京7R  馬連81.8倍/馬単122倍→203,800円

ジャンプも重賞も平場も特別戦も好調なんです!

────────────────────





────────────────────

(検証)無料予想1月2月

36鞍公開19鞍的中
券種:馬単・馬連

獲得:1962500円
収支:+882500円


────────────────────

そして今週無料公開は↓↓

3/6 阪神6R 阪神8R

3/7 中山6R 中山11R弥生賞

気になる方は↓↓

弥生賞他無料公開買い目

前夜18時頃から公開されてきます。
毎週楽しみすぎます!
土曜無料予想からチェックしてみてください。

過去10年の好走馬一覧

 

2020年 1着 モズアスコット 1人気
2着 ケイティブレイブ 16人気
3着 サンライズノヴァ 3人気
2019年 1着 インティ 1人気
2着 ゴールドドリーム 2人気
3着 ユラノト 8人気
2018年 1着 ノンコノユメ 4人気
2着 ゴールドドリーム 1人気
3着 インカンテーション 6人気
2017年 1着 ゴールドドリーム 2人気
2着 ベストウォーリア 5人気
3着 カフジテイク 1人気
2016年 1着 モーニン 2人気
2着 ノンコノユメ 1人気
3着 アスカノロマン 7人気
2015年 1着 コパノリッキー 1人気
2着 インカンテーション 5人気
3着 ベストウォーリア 3人気
2014年 1着 コパノリッキー 16人気
2着 ホッコータルマエ 2人気
3着 ベルシャザール 1人気
2013年 1着 グレープブランデー 3人気
2着 エスポワールシチー 9人気
3着 ワンダーアキュート 7人気
2012年 1着 テスタマッタ 7人気
2着 シルクフォーチュン 4人気
3着 ワンダーアキュート 2人気
2011年 1着 トランセンド 1人気
2着 フリオーソ 3人気
3着 バーディバーディ 4人気

 

過去10年での好走馬は上記30頭です。

今年は例年以上にオッズが割れているのでひと味違ったフェブラリーSになると思います。

 

過去20年データ

 

「前走3着以内馬が圧倒的に強い」

 

モズアスコット 根岸SG3 1着
ケイティブレイブ 川崎記念G1 6着
サンライズノヴァ 武蔵野SG3 5着
インティ 東海SG2 1着
ゴールドドリーム 東京大G1 2着
ユラノト 根岸SG3 2着
ノンコノユメ 根岸SG3 1着
ゴールドドリーム チャンピG1 1着
インカンテーション 東京大G1 7着
ゴールドドリーム チャンピG1 12着
ベストウォーリア 根岸SG3 2着
カフジテイク 根岸SG3 1着
モーニン 根岸SG3 1着
ノンコノユメ チャンピG1 2着
アスカノロマン 東海SG2 1着
コパノリッキー 東海SG2 1着
インカンテーション 東海SG2 3着
ベストウォーリア チャンピG1 11着
コパノリッキー フェアウH 9着
ホッコータルマエ 川崎記G1 1着
ベルシャザール JCDG1 1着
グレープブランデー 東海SG2 1着
エスポワールシチー 東京大G1 5着
ワンダーアキュート 川崎記G1 2着
テスタマッタ 根岸SG3 3着
シルクフォーチュン 根岸SG3 1着
ワンダーアキュート 東京大G1 2着
トランセンド JCDG1 1着
フリオーソ 川崎記G1 1着
バーディバーディ 東京大G1 3着

この続きは週中の記事で詳しく書いてあるのでそちらを参考にしてください。

【フェブラリーS】好走馬の約8割が前走3着以内!前走4着以下から好走したパターンを過去20年まで遡ってみた

2021年2月16日

 

もう一つは、

「前年ダートG1で3着以内経験」のキーワードです。

 

アルクトス 有り

インティ 有り

エアアルマス 無し

エアスピネル 無し

カフェファラオ 無し

サクセスエナジー 無し

サンライズノヴァ 有り

スマートダンディー 無し

タイサイ 無し

デュードヴァン 無し

ハイランドピーク 無し

ヘリオス 無し

ミューチャリー 無し

ヤマニンアンプリメ 無し

ロードグラディオ 無し

ワークアンドラブ 無し

ワイドファラオ 有り

 

こちらの項目も続きは記事後半に書いてあるので割愛します。

このデータから今年完全に消したいのが、

 

スマートダンディー

ヘリオス

ミューチャリー

ヤマニンアンプリメ

サクセスエナジー

 

以下は例外候補ですがマイナスです。

 

アルクトス

インティ

ミューチャリー

カフェファラオ

 

次のデータに行きます。

 

フェブラリーSは絶対に距離短縮馬を買え!

 

前走から距離短縮か同距離 6-8-8-50

前走から距離延長 4-2-2-55

 

まずは前走着順についてです。

これは前走馬券外からフェブラリーSを好走した馬の過去10年分です。

 

ケイティブレイブ 6着

サンライズノヴァ 7着

インカンテーション 7着

ゴールドドリーム 12着

ベストウォーリア 11着

コパノリッキー 9着

エスポワールシチー 5着

 

ではこの5頭の前走距離をみてみましょう。

 

ケイティブレイブ 2100m

サンライズノヴァ 1600m

インカンテーション 2000m

ゴールドドリーム 1800m

ベストウォーリア 1800m

コパノリッキー 1800m

エスポワールシチー 2000m

 

もうお分かりですよね?

「前走馬券外から好走した馬の全ては距離短縮or同距離だった」

 

この続きは週中の記事で詳しく書いたのでそちらを御覧ください。

【フェブラリーS】今年も絶対に距離短縮馬は買い!距離延長馬で買えるパターンと激アツの1頭とその条件とは

2021年2月17日

 

最後に今年重要な項目になってくる、

「前走5番人気以内だった馬」

 

逆を返すと前走6番人気以上だった馬は20年で7頭しか好走できていないのです。

 

ノンコノユメ
ゴールドドリーム
ベストウォーリア
ビッググラス
ユートピア
イーグルカフェ
ノボトゥルー

 

先に答えを書きます。

 

・前走ダート重賞を上がり3位以内で1着

・前年のダートG1優勝

 

上記7頭はこのどちらかに必ず当てはまります。

非常にシンプルな条件なので紛れも少ないと思います。

この続きは週中の記事で詳しく書いてあるのでそちらを御覧ください。

【フェブラリーS】過去20年の好走馬60頭中53頭は前走◯◯!徹底解析から今年好走できる馬はコレ!

2021年2月18日

 

ここから新たに、

 

エアアルマス

エアスピネル

 

この2頭が完全に消えます。

 

サンライズノヴァ 前走12着 前年ダG13着2回

ワンダーリーデル 前走2着上がり最速 前年ダG1無し

 

そしてこの2頭も例外候補ではありますが一応マイナスデータです。

 

実は今年フェブラリーSの20年の歴史の中で、この条件に当てはまった場合に全ての馬が馬券内に好走している、いわゆる鉄板パターン該当馬が実に5頭もいます。

しかし面白いことにその5頭全てが過去20年で連対すらしたことのないパターンに当てはまります。

その理由は距離実績であったり前走着順であったりG1実績であったりと様々ですが、単純に言えばこれまで好走してきた馬が持ち合わせていた実績がほぼゼロなんです。

非常にレベルが低いフェブラリーSであることが20年の歴史をみて良くわかります。

 

東京ダートコース

 

JRAは今週からダートコースの砂厚調整をしています。

土曜日の東京ダートをみるとパサパサで砂が舞って非常に前が有利な印象を受けました。

調べてみると、

 

4コーナー位置

5番手以内 7-5-6-18
6番手以降 0-2-1-70

 

圧倒的をも言える前有利でした。

しかしこれがG1になるとその傾向が強くなるかというと逆なんですよね、

そこまで気にする必要は無いかもしれませんが差し、追い込み馬にとって良い知らせでないことは間違い有りません。

それに習ってか不明ですがインティとアルクトスの前に行くことが確定している馬の複勝が昨日の夕方からずっと売れているんですよね。

このあたりを加味して今年最初のG1を予想していきたいと思います。

 

2021年 フェブラリーSの予想

 

◎人気ブログランキングへ公開中

○レッドルゼル

▲ソリストサンダー

△カフェファラオ

△アルクトス

△インティ

△サンライズノヴァ

△ワンダーリーデル

 

少し変則的になりましたが、今年のフェブラリーSは3頭が中心だと予想しました。

まずはレッドルゼル、この馬は100%データ該当馬ですが同時にマイル実績なし、1800m実績なしと連対率0%データにも該当

この馬は前走上がりを使って重賞勝ちと、ほぼ鉄板的な要素があったので内枠に入れば◎も考えていましたが大外でした。

普通は有利なんでしょうけど脚質的にロスが多く最後は垂れてしまいそうな気もします。

それでも圧倒的な安定感とメンバーの手薄さから期待は持っています。

ソリストサンダーですが、武蔵野Sで11番人気ながらもこの馬を推薦しましたがまさかフェブラリーSで買うことになるとは思ってもいませんでした。

それくらい前走は強かったですし、この実績でも通用すると思ってしまうほど今年のメンバーは弱すぎます。

あとはカフェファラオも100%該当馬も同時に関東馬のデータから20年以上馬券になっていないデータの該当馬です。

同じ関東馬としてアルクトスもそうですのでここまで評価を下げました。

とくにカフェファラオの内枠は思わずレッドルゼルと逆だったらな…とも考えたくらいです。

サンライズノヴァとワンダーリーデルは脚質的に土曜日の感じだとかなり厳しいと思いました、逆にインティにとっては最高の舞台だと思います。

◎は前走が馬主の影響もあって本命だったことは間違い有りません、それが中間の調教、直前までドタバタの内部事情がそれです。

それでもレースを何度見返しても強いですし、最後のひと押しをくれたのは以下のデータです。

 

過去20年

・5歳以下
・前走から3週以上の間隔
・前走◯◯かつ◯◯

【7-2-2-1】

 

様々な鉄板データがありますが、今年はこれを一番に考えました。

該当馬がいた年は必ず馬券になっていますし、馬券外の1頭も片方は優勝しています。

展開的にも向くと思いますし、距離実績もレッドルゼルに比べればこちらを上に取ろうと思いました。

今年は3頭軸のような感覚で3連複で勝負します。

※ブログ更新のスケジュールなどはこちらを御覧ください→ブログルールの説明

下記バナークリックで「絶対的軸馬の法則」紹介文に記載してあります。↓
(注:ブログランキング紹介文の変更から反映までに30分程度時間差があります)

↓人気ブログランキングはコチラ↓


中央競馬ランキング

応援クリック感謝しますm(_ _)m

無料メルマガ&激走ランク新聞