【高松宮記念】予想 過去20年分の蓄積データから本当に買える馬と買えない馬を紹介!今年は斤量データからアノ馬!

5月毎週無料予想+収支

G1含め選んだ無料公開

ちょーーいい感じでしたね!

━━━━━━━━━━━━━━

無料公開G1買い目
■日本ダービー →26,400円/489%

■NHKマイルC→10,620円/186%

■天皇賞春   →6,120円/128%

━━━━━━━━━━━━━━



━━━━━━━━━━━━━━

他無料公開買い目
■是政特別  →17,500円/350%

■京王杯SC→62,160円/1395%

■平安S  →7,450円/135%

■三方ヶ原S→9,600円/192%

━━━━━━━━━━━━━━



━━━━━━━━━━━━━━

そして重賞前12日無料公開は・・

【桑名ステークス】
無料開放を確認!


━━━━━━━━━━━━━━

気になる方はコチラ↓

桑名ステークス2021予想
↑からメール登録で即赤枠内チェックできます。
そのまま土曜夜エプソムカップも無料確認できるので
ここの無料予想は確実に覗いてみてください。

過去10年の好走馬

 

2020年 1着 モズスーパーフレア 9人気
2着 グランアレグリア 2人気
3着 ダイアトニック 4人気
2019年 1着 ミスターメロディ 3人気
2着 セイウンコウセイ 12人気
3着 ショウナンアンセム 17人気
2018年 1着 ファインニードル 2人気
2着 レッツゴードンキ 3人気
3着 ナックビーナス 10人気
2017年 1着 セイウンコウセイ 5人気
2着 レッツゴードンキ 2人気
3着 レッドファルクス 1人気
2016年 1着 ビッグアーサー 1人気
2着 ミッキーアイル 2人気
3着 アルビアーノ 3人気
2015年 1着 エアロヴェロシティ 4人気
2着 ハクサンムーン 6人気
3着 ミッキーアイル 3人気
2014年 1着 コパノリチャード 3人気
2着 スノードラゴン 8人気
3着 ストレイトガール 1人気
2013年 1着 ロードカナロア 1人気
2着 ドリームバレンチノ 2人気
3着 ハクサンムーン 10人気
2012年 1着 カレンチャン 2人気
2着 サンカルロ 3人気
3着 ロードカナロア 1人気
2011年 1着 キンシャサノキセキ 3人気
2着 サンカルロ 4人気
3着 アーバニティ 11人気

 

過去10年で上記30頭

好走した人気を見ればわかると思いますが、まず間違いなく荒れると考えた方が良さそうです。

本日も少し長くなりそうですが今年の高松宮記念をしっかりと占っていきたいと思います。

 

過去20年で高松宮記念を好走した牝馬一覧

 

2020年

モズスーパーフレア
グランアレグリア

2018年

レッツゴードンキ
ナックビーナス

2017年

レッツゴードンキ

2016年

アルビアーノ

2014年

ストレイトガール

2012年

カレンチャン

2009年

スリープレスナイト

2006年

ラインクラフト
シーイズトウショウ

2003年

ビリーヴ

2002年

スティンガー

 

過去20年で13頭の牝馬が好走しています。

 

高松宮記念を好走した牝馬その1

 

まずは13頭の前走の人気です。

 

グランアレグリア 阪神C 1人
モズスーパーフレア シルクロHG3 2人
レッツゴードンキ フェブラG1 10人

ナックビーナス オーシャG3 2人
レッツゴードンキ 京都牝馬G3 1人
アルビアーノ オーシャG3 1人
ストレイトガール シルクロHG3 2人
カレンチャン オーシャG3 1人
スリープレスナイト スプリンG1 1人
ラインクラフト 阪神牝馬G2 1人
シーイズトウショウ オーシャG3 5人
ビリーヴ 阪急杯G3 2人
スティンガー 東京新聞G3 6人

 

ほとんどの馬が『前走2番人気以内』なんですよね。

 

この青く塗った馬の前々走を調べてみました。

 

レッツゴードンキ スワンS1番人気(海外戦除く)
シーイズトウショウ CBC賞2番人気
スティンガー 阪神牝馬S4番人気

 

スティンガーを除けば全馬が2走以内に2番人気以内に支持されていたことがわかります。

そのスティンガーですが、

前走の東京新聞杯では6番人気ですが、1番人気が4.2倍でスティンガーは7.7倍の6番人気と異常なほどに混戦レースでした。

更に2走前の阪神牝馬Sですが、こちらも単勝オッズは7.2倍と数字では6番人気、4番人気ですがオッズで見るとしっかり支持されていたことがわかります。

スティンガーは異例として、牝馬がこの高松宮記念で好走するには、

 

『前走か前々走のどちらかで2番人気以内に支持されている』

 

これが1つ大きなポイントになるかと思います。

 

高松宮記念を好走した牝馬その2

 

次に好走した牝馬の直近の成績を調べました。

するとある共通点があることが分かります。

 

レッツゴードンキ 2走前スワンS3着(海外除く)
ナックビーナス 前走オーシャンS2着
レッツゴードンキ 前走京都牝馬S1着
アルビアーノ 3走前スワンS1着
ストレイトガール 前走シルクロードS1着
カレンチャン 2走前スプリンターズS1着(海外除く)
スリープレスナイト 前走スプリンターズS1着
ラインクラフト 2走前マイルCS3着
シーイズトウショウ 2走前CBC賞3着
ビリーヴ 2走前スプリンターズS1着(海外除く)
スティンガー 2走前阪神牝馬S3着

 

『3走以内に馬券内に好走している』

 

これが絶対条件

もっと言うならば、

 

『3走内に重賞1着か2走内で重賞3着以内』

 

全馬この条件をクリアしています。

 

高松宮記念を好走した牝馬その3

 

最後にこれまでの好走12頭の実績をみていきたいと思います。

具体的には『G1実績』『牡馬混合重賞実績』この2つをチェックしていきたいと思います。

 

レッツゴードンキ G1勝ち 混合重賞2
ナックビーナス G1実績なし 混合重賞2着(タイム差なし)
レッツゴードンキ G1勝ち 混合重賞3着
アルビアーノ G1連対 混合重賞勝ち
ストレートガール G1初出走 混合重賞勝ち
カレンチャン G1勝ち 混合重賞勝ち
スリープレスナイト G1勝ち 混合重賞勝ち
ラインクラフト G1勝ち 混合重賞勝ち
シーイズトウショウ G1連対 混合重賞勝ち
ビリーヴ G1勝ち 混合重賞勝ち
スティンガー G1勝ち 混合重賞勝ち

 

ナックビーナスは前年の高松宮記念が初出走、それまでG1レースの出走もなく再挑戦(G12回目)で好走

 

ここまで見ると出走時点での牡馬混合重賞実績は必須と言えるでしょう。

もちろんG1実績があればなお良いですが、例外候補も含め今年の登録馬を調べてみましょう。

 

高松宮記念を好走した牝馬まとめ

 

その1

『前走か前々走のどちらかで2番人気以内に支持されている』

この項目からは下記の3頭が一致

 

モズスーパーフレア
ダノンファンタジー
レシステンシア

 

その2

『3走以内に馬券内に好走している』

この項目からは下記の4頭が一致

 

アウィルアウェイ
ダノンファンタジー
マルターズディオサ
レシステンシア

 

その3

『G1実績と牡馬混合実績が必要』

この項目からは下記2頭が一致

 

モズスーパーフレア
ダノンファンタジー

3項目全てを満たすのは上記2頭のみになりました。

この時点で条件未達の他5頭は全て消しとなります。

 

高松宮記念の前走レース傾向について

 

モズスーパーフレア 4着2人
グランアレグリア 1着1人
ダイアトニック 1着2人
ミスターメロディ 7着 1人

セイウンコウセイ 15着 5人
ショウナンアンセム 5着 13人
ファインニードル 1着 4人
レッツゴードンキ 5着 10人
ナックビーナス 2着 2人
セイウンコウセイ 2着 4人
レッツゴードンキ 1着 1人
レッドファルクス 12着 海外
ビッグアーサー 5着 1人
ミッキーアイル 1着 1人
アルビアーノ 5着 1人
エアロヴェロシティ 2着 海外
ハクサンムーン 2着 1人
ミッキーアイル 2着 4人
コパノリチャード 1着 2人
スノードラゴン 2着 11人
ストレイトガール 1着 2人
ロードカナロア 1着 1人
ドリームバレンチノ 1着 2人
ハクサンムーン 9着 3人
カレンチャン 4着 1人
サンカルロ 3着 1人
ロードカナロア 1着 1人
キンシャサノキセキ 2着 2人
サンカルロ 1着 4人
アーバニティ 2着 14人
キンシャサノキセキ 1着 2人
ビービーガルダン 7着 1人
エーシンフォワード 1着 2人
ローレルゲレイロ 2着 3人
スリープレスナイト 1着 1人
ソルジャーズソング 4着 8人
ファイングレイン 1着 3人
キンシャサノキセキ 6着 2人
スズカフェニックス 2着 1人
スズカフェニックス 3着 2人
ペールギュント 13着 12人
プリサイスマシーン 1着 3人
オレハマッテルゼ 3着 1人
ラインクラフト 4着 1人
シーイズトウショウ 9着 5人
アドマイヤマックス 4着 2人
キーンランドスワン 1着 7人
プレシャスカフェ 1着 1人
サニングデール 1着 3人
デュランダル 1着 5人
キーンランドスワン 5着 4人
ビリーヴ 9着 2人
サニングデール 2着 3人
リキアイタイカン 5着 3人
ショウナンカンプ 1着 1人
アドマイヤコジーン 1着 2人
スティンガー 6着 6人
トロットスター 1着 1人
ブラックホーク 2着 1人
テネシーガール 9着 3人

 

これは過去20年の好走馬全部の前走人気と前走着順ですが、見ての通り。

 

『ほとんどが前走人気馬か好走馬しか馬券になってない』

 

この条件からズレるのは60頭中わずか8頭だけです。

 

セイウンコウセイ 15着 5人
ショウナンアンセム 5着 13人
レッツゴードンキ 5着 10人
ソルジャーズソング 4着 8人
ペールギュント 13着 12人
シーイズトウショウ 9着 5人
キーンランドスワン 5着 4人
スティンガー 6着 6人

 

逆を返せば20年の60頭中52頭が、

『前走3着以内か3番人気以内だった』

と言えます。

 

この8頭を見ると、

G1実績やコース実績に共通点が有りました。

 

セイウンコウセイ 左回りのG1を優勝
ショウナンアンセム 左回り4勝9連対

レッツゴードンキ 左回りG1連対 G1馬
ソルジャーズソング 左回り芝勝率100%
ペールギュント 左回り重賞連対 G13着
シーイズトウショウ 左回り重賞勝ち G12着
キーンランドスワン 左回り重賞上がり最速0.2差
スティンガー 左回り重賞2勝

 

今年の該当馬を見てみると、

 

アストラエンブレム 左回り5勝9連対
セイウンコウセイ 左回りG1優勝

この2頭くらいです。

元々好走し難い部類ですし今年もこのあたりはバッサリ切っていきたいところです。

 

好走馬前走斤量について

 

モズスーパーフレア 56
グランアレグリア 54
ダイアトニック 57
ミスターメロディ 56

セイウンコウセイ 58
ショウナンアンセム 56
ファインニードル 57
レッツゴードンキ 55
ナックビーナス 54
セイウンコウセイ 55
レッツゴードンキ 55
レッドファルクス 57
ビッグアーサー 57
ミッキーアイル 57
アルビアーノ 55
エアロヴェロシティ 57
ハクサンムーン 56
ミッキーアイル 58
コパノリチャード 57
スノードラゴン 56
ストレイトガール 55
ロードカナロア 58
ドリームバレンチノ 58
ハクサンムーン 56
カレンチャン 56
サンカルロ 57
ロードカナロア 57
キンシャサノキセキ 59
サンカルロ 57
アーバニティ 57
キンシャサノキセキ 58
ビービーガルダン 57
エーシンフォワード 56
ローレルゲレイロ 57
スリープレスナイト 55
ソルジャーズソング 56
ファイングレイン 56
キンシャサノキセキ 56
スズカフェニックス 59
スズカフェニックス 57
ペールギュント 57
プリサイスマシーン 58
オレハマッテルゼ 56
ラインクラフト 56
シーイズトウショウ 55
アドマイヤマックス 57
キーンランドスワン 56
プレシャスカフェ 58
サニングデール 57
デュランダル 57
キーンランドスワン 57
ビリーヴ 57
サニングデール 58
リキアイタイカン 57.5
ショウナンカンプ 56
アドマイヤコジーン 57
スティンガー 59
トロットスター 58
ブラックホーク 59
テネシーガール 55

 

高松宮記念はシンプルに、

 

『前走重い斤量を背負った馬の好走が非常に目立つ』

 

試しに前走57キロ以上の馬を赤く塗ってみました。
(牝馬は56キロ)

 

この20年間の好走馬60頭のうち、

赤く塗った馬は実に38頭です。

好走馬の全体の約3分の2がこの前走57キロ以上の馬(牝馬56キロ以上)

 

出走馬の多くは前走56キロ以下にも関わらずこの好走率となればここにフォーカスしない手はないでしょう。

 

前走57キロ以上の馬の前走成績

 

前走57キロ以上(牝馬56キロ以上)の馬の前走にも非常に偏りがあったので紹介します。

まずは前走57キロ以上(牝馬56キロ以上)の馬前走成績をご覧ください。

 

モズスーパーフレア 56キロ シルクロHG3 4着
グランアレグリア 54キロ 阪神CG2 1着
ダイアトニック 57キロ 阪急杯G3 2着(降着3着)
セイウンコウセイ 58キロ シルクロHG3 15着

ファインニードル 57キロ シルクロHG3 1着
レッドファルクス 57キロ 香港SG1 12着
ビッグアーサー 57キロ シルクロHG3 5着
ミッキーアイル 57キロ 阪急杯G3 1着
エアロヴェロシティ 57キロ チェアG1 2着
ミッキーアイル 58キロ 阪急杯G3 2着
コパノリチャード 57キロ 阪急杯G3 1着
ロードカナロア 58キロ 阪急杯G3 1着
ドリームバレンチノ 58キロ シルクロHG3 1着
カレンチャン 56キロ オーシャG3 4着
サンカルロ 57キロ 阪急杯G3 3着
ロードカナロア 57キロ シルクロHG3 1着
キンシャサノキセキ 59キロ オーシャG3 2着
サンカルロ 57キロ 阪急杯G3 1着
アーバニティ 57キロ シルクロHG3 2着
キンシャサノキセキ 58キロ オーシャG3 1着
ビービーガルダン 57キロ 阪急杯G3 7着
ローレルゲレイロ 57キロ 阪急杯G3 2着
スズカフェニックス 59キロ 阪急杯G3 2着
スズカフェニックス 57キロ 阪急杯G3 3着
ペールギュント 57キロ 中山記念G2 13着
プリサイスマシーン 58キロ 阪急杯G3 1着
ラインクラフト 56キロ 阪神牝馬G2 4着
アドマイヤマックス 57キロ 阪急杯G3 4着
プレシャスカフェ 58キロ シルクロHG3 1着
サニングデール 57キロ 阪急杯G3 1着
デュランダル 57キロ マイルチG1 1着
キーンランドスワン 57キロ 阪急杯G3 5着
ビリーヴ 57キロ 阪急杯G3 9着
サニングデール 58キロ 阪急杯G3 2着
リキアイタイカン 58キロ シルクロHG3 5着
アドマイヤコジーン 57キロ 阪急杯G3 1着
スティンガー 59キロ 東京新聞G3 6着
トロットスター 58キロ シルクロG3 1着
ブラックホーク 59キロ 阪急杯G3 2着

 

赤く塗った23頭が前走57キロ以上(牝馬56キロ以上)を背負って重賞を連対しています。

 

逆に前走3着以下からこの高松宮記念を好走した馬をみてみましょう。

 

モズスーパーフレア スプリンターズS2着
セイウンコウセイ 高松宮記念1着

レッドファルクス スプリンターズS1着
ビッグアーサー G1初挑戦
カレンチャン スプリンターズS1着
サンカルロ 高松宮記念2着 スプリンターズS3着
ビービーガルダン スプリンターズS2着
スズカフェニックス G1初挑戦
ペールギュント 朝日杯FS3着
ラインクラフト NHKマイル1着
アドマイヤマックス 安田記念2着 スプリンターズS3着
キーンランドスワン G1実績なし
ビリーヴ 57キロ スプリンターズS1着
リキアイタイカン マイルCS3着
スティンガー G11着 1200m戦初
キングヘイロー マイルCS2着 スプリンターズS3着

 

16頭中13頭にG1での好走実績が有りました。

そのほとんどは同距離G1であるスプリンターズSか高松宮記念でのもの。

実績のなかった3頭は、

ビッグアーサーは前々走重賞3着でデビュー戦以外は全て1番人気でした(当日も1番人気)

スズカフェニックスキーンランドスワンは共に前々走重賞1着でした。

 

ここまでをまとめて、好走馬の全てに直近成績が充実していたことを踏まえると、

 

『前走57キロ(牝馬は56キロ)以上を背負って重賞連対』

『前走57キロ(牝馬は56キロ)以上を背負った馬で3走内に重賞3着以内+G1好走実績』

 

試しにこの条件で過去20年の高松宮記念の結果を見てみましょう。

 

2020年 モズスーパーフレア
2020年 ダイアトニック
2019年 セイウンコウセイ

2018年 ファインニードル
2017年 レッドファルクス
2016年 ビッグアーサー
2016年 ミッキーアイル
2015年 エアロヴェロシティ
2015年 ミッキーアイル
2014年 コパノリチャード
2013年 ロードカナロア
2013年 ドリームバレンチノ
2012年 カレンチャン
2012年 サンカルロ
2012年 ロードカナロア
2011年 キンシャサノキセキ
2011年 サンカルロ
2011年 アーバニティ
2010年 キンシャサノキセキ
2010年 ビービーガルダン
2009年 ローレルゲレイロ
2008年 スズカフェニックス
2007年 スズカフェニックス
2007年 ペールギュント
2007年 プリサイスマシーン
2006年 ラインクラフト
2005年 アドマイヤマックス
2005年 プレシャスカフェ
2004年 サニングデール
2004年 デュランダル
2004年 キーンランドスワン
2003年 ビリーヴ
2003年 サニングデール
2003年 リキアイタイカン
2002年 アドマイヤコジーン
2002年 スティンガー
2001年 トロットスター
2001年 ブラックホーク

 

もう何が言いたいかわかりますよね、

20年間1度も途切れずに毎年好走馬が出ているのです。

今年の該当馬をチェックしてみましょう。

 

ライトオンキュー 前走シルクロードSを57.5キロで連対
ダノンスマッシュ 前走香港スプリントを57キロで勝利(2走前も57キロでG1連対)
インディチャンプ 前走阪急杯を57キロで4着も3走前にマイルCSで連対
ラウダシオン 前走シルクロードSを57キロで3着もNHKマイル優勝実績

この4頭です。

1番人気確実のレシステンシアがここに居ないのは馬券的には非常にプラスになります。

 

これらを踏まえて今年の高松宮記念を決めていきます。

 

2021年 高松宮記念の予想

 

◎人気ブログランキングへ公開中

○ライトオンキュー

▲レシステンシア

△インディチャンプ

△ダノンスマッシュ

△ダノンファンタジー

△ミッキーブリランテ

 

◎と迷いましたが乗り替わりと実績を見ても少し人気しすぎているかなと思い1つ下げました。

それでも斤量データで書いたように好走する可能性は高いと思います。

中京競馬場の天気だけが気になりますが、今現在だと15時頃から弱雨となっており、そこまで下が重くなることはないのではと思います。

しかし土曜日のレースを見ると外差しが目立ちますね、前走は内側をすくった形になるので同じ競馬では外から最後差されるイメージです。

横山騎手の奇策があるのかはわかりませんが、内枠有利、馬場有利というのは皆さんが言うほど追い風にはならないかなと思っています。

レシステンシアは牝馬データをあっさりクリアした1番人気も納得の馬です。

2012年以降では前走G2~G3優勝のG1馬は1-3-0-0と連対率100%に該当します。

本来は強く推したい馬なんですがどうしても中京の馬場状態が気になってここまで下がりました。

今回の残りは△で抑えになるのですが、インディチャンプはやはりマイルがベストかなという印象

ダノンスマッシュは枠が外すぎるのと中山競馬場がベスト、あとはデータ残りで2頭を残した形になります。

注目の◎ですが、これだけ有力どころが乗り替わりになっている点から継続騎乗は強みになりますし前走をみても逆転はできると見てます。

今の所馬券はこの馬の複勝1点勝負をしたいくらい今回は◎を強く推薦したいと思います。

下記バナークリックで「絶対的軸馬の法則」紹介文に記載してあります。↓
(注:ブログランキング紹介文の変更から反映までに30分程度時間差があります)

↓人気ブログランキングはコチラ↓


中央競馬ランキング

応援クリック感謝しますm(_ _)m

無料メルマガ&激走ランク新聞