【皐月賞】今年も注目の関東馬を過去20年データで完全解析!当日人気確実のアノ馬に危険データあり

PR:地方も騏驎(きりん)がくる

かきつばた記念・無料予想

中央好調な無料予想が・・・

GW地方重賞に進出です!!

━━━━━━━━━━━━━━

好調!4月の集計です↓↓

対象:16レース・的中:10レース

獲得:924,600円・収支:+284,600円

━━━━━━━━━━━━━━



━━━━━━━━━━━━━━

重賞もきっちり的中

【無料予想】青葉賞

馬単22.3倍/3連複52.7倍

獲得:75,000円

[無料予想]ダービー卿CT

馬単38.6倍/3連複52.1倍

獲得:90,700円

※1点1,000円投資/買い目画像

━━━━━━━━━━━━━━



━━━━━━━━━━━━━━

馬単に入れなかった中穴が3連複にくるなど

中穴の見極めがバツグンに優れています!

→かきつばた記念の無料予想

↑レース当日買い目チェック◎夕方に祝杯あげましょう!

皐月賞を好走した関東馬

 

2020年 サリオス
2020年 ガロアクリーク
2019年 ダノンキングリー

2018年 エポカドーロ
2018年 ジェネラーレウーノ
2016年 ディーマジェスティ
2014年 イスラボニータ
2014年 ウインフルブルーム
2013年 コディーノ
2012年 ゴールドシップ
2010年 エイシンフラッシュ
2009年 セイウンワンダー
2008年 タケミカヅチ
2008年 マイネルチャールズ
2007年 ヴィクトリー
2007年 サンツェッペリン
2005年 アドマイヤジャパン
2003年 サクラプレジデント

 

過去20年で18頭います。

逆を返すと、過去20年で60頭好走馬がいますが、

そのうちの42頭は関西馬だったと言うこと。

見ての通り関東馬にとっては狭き門なのです。

この18頭の関東馬には面白いほど共通点があったので、

本日はそれを書いて行こうと思います。

 

 

関東馬と中山コースの深い関係性

 

同じ関東圏と言うことで関東馬なら中山コースへの出走歴が非常に多く目立ちます。

1頭1頭見ていきましょう。

 

サリオス 朝日杯FS優勝
エポカドーロ スプリングS優勝
ダノンキングリー 中山重賞出走なし

エポカドーロ スプリングS連対
ジェネラーレウーノ 京成杯優勝
ディーマジェスティ 中山重賞出走なし
イスラボニータ 中山重賞出走なし
ウインフルブルーム 朝日杯FS3着
コディーノ 朝日杯FS連対
ゴールドシップ 中山重賞出走なし
エイシンフラッシュ 京成杯優勝
セイウンワンダー 朝日杯FS優勝
タケミカヅチ 弥生賞3着
マイネルチャールズ 弥生賞優勝
ヴィクトリー 中山重賞出走なし
サンツェッペリン 京成杯優勝
アドマイヤジャパン 京成杯優勝
サクラプレジデント 朝日杯FS連対

 

中山の重賞に出走があった場合は全馬に好走歴がありました。

馬名を青く塗った中山重賞に出走がなかった馬も非常に面白いことになっています。

 

ダノンキングリー 連対率100%東京重賞勝ち
ディーマジェスティ 連対率100%東京重賞勝ち
イスラボニータ 連対率100%東京重賞勝ち
ゴールドシップ 連対率100%東京重賞勝ち
ヴィクトリー 連対率100%阪神重賞勝連対

 

なんと中山重賞に出走していなかった馬は全馬3着以下になったことが無いのです。

しかもそれぞれに重賞実績も併せ持っています。

 

今年の関東馬はなかなか穴っぽいところが揃っているのでしっかり見ていきたいと思います。

今年の関東馬を査定していきます。

 

アサマノイタズラ スプリングS連対

イルーシヴパンサー 中山重賞実績なし 3着以下経験

エフフォーリア 連対率100% 東京重賞勝ち

オーソクレース ホープフルS連対

グラティアス 京成杯優勝

タイトルホルダー 弥生賞優勝

ボーデン スプリングS3着

ルーパステソーロ 中山重賞実績なし 3着以下経験

 

今年の関東馬はめちゃくちゃレベルが高いです。

毎年この項目を見ていますが、これだけ実績馬が揃ったのも初めてなくらい素晴らしいメンバーだと思います。

ボーデンの3着が寂しく映るくらいです。

青く塗った馬は問答無用で消し。

 

昨年も勝ったコントレイルは関西馬でしたが、2着3着は関東馬

今年も2頭以上走る可能性は十分に考えられます。

 

しかし人気馬でも非常に心配している馬がこの中に1頭います。

このパターンは10年で過去に14頭走りましたが0-0-2-11

結果的に連対馬はゼロ、3着が2回という鬼門になっています。

恐らく多くの方が前走の走りを見て◎に考えていると思いますが、私は別の馬から入ろうと思います。

その理由と馬名を本日限定で人気ブログランキングへ掲載中です。

下記バナークリックで「絶対的軸馬の法則」紹介文に記載してあります。↓
(注:ブログランキング紹介文の変更から反映までに30分程度時間差があります)

↓人気ブログランキングはコチラ↓


中央競馬ランキング

応援クリック感謝しますm(_ _)m

無料メルマガ&激走ランク新聞