【皐月賞】出走馬と枠順確定!今年の人気馬が抱える深刻な問題と逆張りで急浮上する穴馬の存在とは

PR:地方も騏驎(きりん)がくる

かきつばた記念・無料予想

中央好調な無料予想が・・・

GW地方重賞に進出です!!

━━━━━━━━━━━━━━

好調!4月の集計です↓↓

対象:16レース・的中:10レース

獲得:924,600円・収支:+284,600円

━━━━━━━━━━━━━━



━━━━━━━━━━━━━━

重賞もきっちり的中

【無料予想】青葉賞

馬単22.3倍/3連複52.7倍

獲得:75,000円

[無料予想]ダービー卿CT

馬単38.6倍/3連複52.1倍

獲得:90,700円

※1点1,000円投資/買い目画像

━━━━━━━━━━━━━━



━━━━━━━━━━━━━━

馬単に入れなかった中穴が3連複にくるなど

中穴の見極めがバツグンに優れています!

→かきつばた記念の無料予想

↑レース当日買い目チェック◎夕方に祝杯あげましょう!

過去10年の好走馬

 

2020年 1着 コントレイル 1人気
2着 サリオス 3人気
3着 ガロアクリーク 8人気
2019年 1着 サートゥルナーリア 1人気
2着 ヴェロックス 4人気
3着 ダノンキングリー 3人気
2018年 1着 エポカドーロ 7人気
2着 サンリヴァル 9人気
3着 ジェネラーレウーノ 8人気
2017年 1着 アルアイン 9人気
2着 ペルシアンナイト 4人気
3着 ダンビュライト 12人気
2016年 1着 ディーマジェスティ 8人気
2着 マカヒキ 3人気
3着 サトノダイヤモンド 1人気
2015年 1着 ドゥラメンテ 3人気
2着 リアルスティール 2人気
3着 キタサンブラック 4人気
2014年 1着 イスラボニータ 2人気
2着 トゥザワールド 1人気
3着 ウインフルブルーム 8人気
2013年 1着 ロゴタイプ 1人気
2着 エピファネイア 2人気
3着 コディーノ 3人気
2012年 1着 ゴールドシップ 4人気
2着 ワールドエース 2人気
3着 ディープブリランテ 3人気
2011年 1着 オルフェーヴル 4人気
2着 サダムパテック 1人気
3着 ダノンバラード 8人気

 

上記好走馬30頭の内、赤く塗った20頭が

 

「前走2番人気以内で連対」

 

していた馬です。

 

今年このデータに注目しているのは、

 

1番人気 エフフォーリア

2番人気 ダノンザキッド

 

どちらも対象外だからです。

 

2018年は稍重の馬場で初のワンツーでしたが基本的には過去10年の勝ち馬10頭中8頭は前走2番人気以内での連対馬です。

マイナス要素でしかないので嫌っていきたいところです。

 

今年これの反対で、買いたい馬は

 

アドマイヤハダル OP2番人気1着 推定7番人気

ヨーホーレイク きさらぎ賞2番人気2着 推定11番人気

シュヴァリエローズ OP1番人気2着 推定13番人気

ディープモンスター OP1番人気1着 推定3番人気

グラティアス 京成杯1番人気1着 推定8番人気

 

※netkeibaの予想オッズ参考

 

本日はこの5頭に注目して考察したいと思います。

 

注目穴馬全頭短評

 

アドマイヤハダル

前走は阪神の良馬場、ラスト4Fが11-11-11-11とかなりのスローペースで完全な瞬発力勝負でした。

3走前は最後1Fが12秒以上になったレース、上がり2位で4着に負けたアイビーSですが、これを見る限り前走のような33秒のスピード勝負が得意のようです。

週末の雨予報、阪神の良馬場よりも間違いなくパワーと器用さを求められますから評価はできない1頭です。

 

ヨーホーレイク

前走の2着は完全に外に進路を求めた分で、勝ち馬との差はほぼ無いかむしろ負けて強しの内容です。

ホープフルSのタフな馬場で上がり36秒台にも対応しているあたりは非常にプラス材料です。

前走きさらぎ賞は2016年のサトノダイヤモンドを最後に好走馬が出てきていませんが、ここで好走馬が出てきても不思議ではありません。

 

シュヴァリエローズ

前走はアドマイヤハダルに完全なキレ負けで、こちらも上がりが掛かった方が良いタイプです。

2走前のホープフルSでの走りを見ていてもまだこのメンバーでは力不足かなと感じる走りです。

週末の雨はプラスですが着外2回もマイナスデータですし印が届きそうにありません。

 

ディープモンスター

前走はOPクラスからの参戦ですが、この10年で若葉S以外からは馬券になっておらずかなり不安なステップです。

3走前には上で書いたアドマイヤハダルに完敗、当日はここまで人気しないでしょうがなぜここまで予想オッズで人気なのか不明です。

2200m戦を連続して使われていますが、距離短縮ローテも過去10年では1頭もおらず個人的には走ってしまったらしょがないレベルです。

 

グラティアス

新馬戦はスローをインベタで追走し直線も二枚腰を使って素晴らしい勝負根性を見せました。

前走の京成杯も超スローを逃げ馬後ろインで我慢して直線はラチ沿いをピッタリと伸びてきました。

キャリアは2戦と能力を見極めるのには難しい部分もありますが、2戦とも共通していることがあります。

1つはどちらもかなりのスローペースだったこと、2つ目はどちらもラチを頼って追い出していることです。

週末の雨で気分良く道中ゆったりとしたペースでは流れないでしょうし、G1のペースも未経験です。

さらに今回は8枠スタートとラチを頼るにも厳しそうなイメージです。

それに比例して当日も人気はしないでしょうから無理に嫌う必要もないですが、普通に考えるなら厳しい戦いになると思います。

 

 

当日データ等を加味して再考察しますが、今の所様々な理由から確実に買いたい馬は2頭です。

中でも2頭を比較し最も注目している1頭と、比較対象のマイナスデータを本日限定でブログランキングへ公開中です。

下記バナークリックで「絶対的軸馬の法則」紹介文に記載してあります。↓
(注:ブログランキング紹介文の変更から反映までに30分程度時間差があります)

↓人気ブログランキングはコチラ↓


中央競馬ランキング

応援クリック感謝しますm(_ _)m

無料メルマガ&激走ランク新聞