【天皇賞・春】予想 過去20年の独自データ3つの重要パターンと枠順に関する好走ポイントを大公開

PR:地方も騏驎(きりん)がくる

かきつばた記念・無料予想

中央好調な無料予想が・・・

GW地方重賞に進出です!!

━━━━━━━━━━━━━━

好調!4月の集計です↓↓

対象:16レース・的中:10レース

獲得:924,600円・収支:+284,600円

━━━━━━━━━━━━━━



━━━━━━━━━━━━━━

重賞もきっちり的中

【無料予想】青葉賞

馬単22.3倍/3連複52.7倍

獲得:75,000円

[無料予想]ダービー卿CT

馬単38.6倍/3連複52.1倍

獲得:90,700円

※1点1,000円投資/買い目画像

━━━━━━━━━━━━━━



━━━━━━━━━━━━━━

馬単に入れなかった中穴が3連複にくるなど

中穴の見極めがバツグンに優れています!

→かきつばた記念の無料予想

↑レース当日買い目チェック◎夕方に祝杯あげましょう!

過去20年の好走馬

 

フィエールマン
スティッフェリオ
ミッキースワロー
フィエールマン

グローリーヴェイズ
パフォーマプロミス
レインボーライン
シュヴァルグラン
クリンチャー
キタサンブラック
シュヴァルグラン
サトノダイヤモンド
キタサンブラック
カレンミロティック
シュヴァルグラン
ゴールドシップ
フェイムゲーム
カレンミロティック
フェノーメノ
ウインバリアシオン
ホッコーブレーヴ
フェノーメノ
トーセンラー
レッドカドー
ビートブラック
トーセンジョーダン
ウインバリアシオン
ヒルノダムール
エイシンフラッシュ
ナムラクレセント
ジャガーメイル
マイネルキッツ
メイショウドンタク
マイネルキッツ
アルナスライン
ドリームジャーニー
アドマイヤジュピタ
メイショウサムソン
アサクサキングス
メイショウサムソン
エリモエクスパイア
トウカイトリック
ディープインパクト
リンカーン
ストラタジェム
スズカマンボ
ビッグゴールド
アイポッパー
イングランディーレ
ゼンノロブロイ
シルクフェイマス
ヒシミラクル
サンライズジェガー
ダイタクバートラム
マンハッタンカフェ
ジャングルポケット
ナリタトップロード
テイエムオペラオー
メイショウドトウ
ナリタトップロード

 

20年で60頭

この天皇賞は58キロを背負って出走することになります。

そこで過去の好走馬の斤量データを元に調べてみました。

どこのブログにも載っていない独自データですのでこの記事が役に立てれば幸いです。

 

 

過去好走馬独自斤量データ

 

フィエールマン 58キロG1勝利
ステッフェリオ 無し(前走日経賞0.2秒差連対)
ミッキースワロー 無し(前走日経賞1着)
フィエールマン 57キロG1勝利 4歳

グローリーヴェイズ 無し(菊花賞0.5秒差上がり最速)4歳
パフォーマプロミス 無し
レインボーライン 58キロG13着
シュヴァルグラン 58キロG12着
クリンチャー 57キロG12着 4歳
キタサンブラック 58キロG11着
シュヴァルグラン 58キロG13着
サトノダイヤモンド 57キロG11着 4歳
キタサンブラック 57キロG1勝利 4歳
カレンミロティック 58キロG13着
シュヴァルグラン 無し(前走阪神大賞典上がり最速1着)
ゴールドシップ 58キロG1勝利
フェイムゲーム 58キロG3勝利
カレンミロティック 58キロG12着
フェノーメノ 58キロG1勝利
ウインバリアシオン 58キロG13着
ホッコーブレーヴ 無し(前走日経賞上がり2位2着)
フェノーメノ 57キロG12着 4歳
トーセンラー 無し(過去に菊花賞で3着)
レッドカドー 60キロ条件戦勝利
ビートブラック 無し(菊花賞0.2秒差3着)
トーセンジョーダン 58キロG1勝利
ウインバリアシオン 57キロG12着 4歳
ヒルノダムール 無し(菊花賞0.4秒差上がり3位)
エイシンフラッシュ 57キロG1勝利 4歳
ナムラクレセント 58.5キロ条件戦勝利
ジャガーメイル 58キロ条件戦勝利
マイネルキッツ 58キロG1勝利
メイショウドンタク 無し
マイネルキッツ 無し(前走日経賞上がり2位連対)
アルナスライン 58キロG22着
ドリームジャーニー 無し(菊花賞0.5秒上がり3位)
アドマイヤジュピタ 58キロG2勝利
メイショウサムソン 58キロG1勝利
アサクサキングス 59キロG23着
メイショウサムソン 59キロG21着
エリモエクスパイア 無し
トウカイトリック 無し(前走阪神大賞典上がり最速3着)
ディープインパクト 58キロG2勝利
リンカーン 58キロG2勝利
ストラタジェム 58キロ条件戦勝利
スズカマンボ 無し(前走OP戦上がり2位3着)
ビッグゴールド 無し(前走OP戦勝利)
アイポッパー 58キロ条件戦勝利
イングランディーレ 58キロG2勝利
ゼンノロブロイ 無し(菊花賞0.5秒上がり2位)
シルクフェイマス 58キロ条件戦勝利
ヒシミラクル 57キロG1勝利 4歳
サンライズジェガー 57.5キロ条件戦勝利
ダイタクバートラム 無し(前走阪神大賞典上がり最速勝利)
マンハッタンカフェ 57キロG1勝利 4歳
ジャングルポケット 57キロG1勝利 4歳
ナリタトップロード 60キロG2勝利
テイエムオペラオー 59キロG2勝利
メイショウドトウ 58キロG2勝利
ナリタトップロード 59キロG2勝利

 

ちょっと過去の60頭全馬なので見辛いですが、

1つ1つ整理して行きたいと思います。

 

まず赤く塗った馬ですが、

こちらは基本的に

 

『過去に58キロ以上の斤量でG1を好走したことのある馬』

 

を中心に書いています。

条件戦やG3で58キロ以上を背負って勝利や、

G2で59キロを背負って3着だったアサクサキングスも実績としてクリアにしています。

重い斤量を背負って好走したことのある馬を赤で分類しています。

 

次に緑色に塗った馬ですが、

こちらは4歳馬です。

このグループは3〜4歳で58キロ以上を背負う機会がほぼないので、

 

『57キロ以上を背負ってG1で連対』

 

こちらを1つのボーダーとしてピックアップしています。

 

ここまでで過去の好走馬60頭中42頭がどちらかに該当して好走しています。

3つある席の内、2つ以上ですので非常に重要な要素です。

過去の斤量実績を見るだけでこれだけ好走馬が限定されるのです。

 

残った17頭ですが、例外候補として2パターンに分類されます。

 

1.過去の菊花賞で好走していた

2.前走好走していた

 

過去に菊花賞で僅差で好走していた馬は7頭

グローリーヴェイズ 無し(菊花賞0.5秒差上がり最速)4歳
トーセンラー 無し(過去に菊花賞で3着)
ビートブラック 無し(菊花賞0.2秒差3着)
ヒルノダムール 無し(菊花賞0.4秒差上がり3位)
ドリームジャーニー 無し(菊花賞0.5秒上がり3位)
ゼンノロブロイ 無し(菊花賞0.5秒上がり2位)
ラスカルスズカ 無し(菊花賞0.1秒差上がり2位)

 

前走好走馬は7頭

スティッフィリオ 無し(前走日経賞3着 0.2秒差4角2番手)
ミッキースワロー 無し(前走日経賞1着 過去に58.5キロでG33着)
シュヴァルグラン 無し(前走阪神大賞典上がり最速1着

ホッコーブレーヴ 無し(前走日経賞上がり2位2着
マイネルキッツ 無し(前走日経賞上がり2位2着
トウカイトリック 無し(前走阪神大賞典上がり最速3着
スズカマンボ 無し(前走OP戦上がり2位3着
ビッグゴールド 無し(前走OP戦勝利
ダイタクバートラム 無し(前走阪神大賞典上がり最速1着

この組は前走勝利か上がり最速、上がり2位以内で連対が望ましいです。

 

今年の出走予定馬をみて行きましょう。

 

ワールドプレミア 菊花賞優勝
アリストテレス 菊花賞2着 4歳馬
カレンブーケドール なし(前走日経賞2着)
シロニイ なし
ディアスティマ なし(条件戦2連勝)
マカヒキ なし
ユーキャンスマイル 菊花賞3着
ディバインフォース なし
ジャコマル なし
ゴースト なし
メイショウテンゲン なし
ディープボンド なし(前走阪神大賞典1着)
ナムラドノヴァン なし(前走上がり最速3着)
ウインマリリン なし(前走日経賞1着)
オセアグレイト なし
メロディーレーン なし
オーソリティ なし(前走ダイヤモンドS2着)

 

なんと今年はこれまでの天皇賞春では最も占有率が高い「58キロ以上を背負ってG1を3着以内」だった馬が1頭もいません。

58キロを背負った馬はこの中でマカヒキ、ユーキャンスマイル、メイショウテンゲンの3頭だけ

この3頭はこの斤量でG1を好走した実績は1度もなく、複数該当していますが全て敗退と、この20年で最もレベルの低い天皇賞春であることが過去実績からも証明されていると思います。

そこで重要視したいのは、4歳馬の57キロ以上を背負ってG1好走の項目です。

これに該当するのがアリストテレス1頭のみなので要注目です。

あとはもう過去の菊花賞好走馬を指標にするしかありませんので、ワールドプレミアユーキャンスマイルは必然的に注目です。

 

斤量以外で薄いパターン

 

『2走内に重賞以外を使っていた馬』

 

ストラタジェム
スズカマンボ
ビッグゴールド
アイポッパー
ラスカルスズカ

 

過去20年の好走馬60頭のうち、

わずか5頭になります。

逆を返せば55頭が重賞→重賞→天皇賞春の流れで好走していることがわかります。

 

シロニイ

ディアステマ

ディバインフォース

ゴースト

メロディーレーン

 

毎年2~3頭がこの項目に引っかかるのですが、今年5頭とそのレベルの低さが証明されています。

ここまで好走した馬の共通点は明確です。

 

・2走とも馬券内

・2走とも勝利or2走内で重賞連対

 

この2ポイントどちらもクリアしている必要があります。

ここまでの好走馬は1頭の例外もなく該当して好走してきました。

 

ディアステマは問題なさそうですが、それ以外はNG

ディバインフォースは惜しいですが、過去にビッグゴールドがこのパターンで好走

OP2連勝だったことを考えるとこの馬は厳しいと判断します。

 

 

『3戦連続馬券外の馬』

 

カレンミロティック
ビートブラック
メイショウドンタク
ヒシミラクル

 

過去20年の好走馬60頭のうち上記4頭

こちらも大変厳しいパターンになっています。

 

連続馬券外の記録としましては、

 

カレンミロティック→4戦馬券外天皇賞春好走

ビートブラック→5戦連続馬券外天皇賞春好走

メイショウドンタク→3戦連続馬券外天皇賞春好走

ヒシミラクル→3戦連続馬券外天皇賞春好走

 

シンプルに過去の好走馬を仕分けするならば、

重要な項目は2つ

 

・その年の3000m以上のレースで3着以内

・過去に3000m以上の京都G1で3着以内

 

このどちらかに該当しています。

 

シロニイ

マカヒキ

ジャコマル

メイショウテンゲン 同年ダイヤモンドS2着

 

今年はこの4頭ですが、メイショウテンゲンは6戦連続馬券外なのでもし走れば、

過去20年の歴史を塗り替えるほどの凡走記録です。

 

2021年 天皇賞春の予想

 

◎人気ブログランキングへ公開中

○ワールドプレミア

▲ディアステマ

☆アリストテレス

△ディープボンド

△カレンブーケドール

△オーソリティ

△ウインマリリン

 

これだけ低調なメンバー構成で通用するか分かりませんが、過去20年の枠順データを元に最終調整します。

まず毎年気にしているのは今回で2桁馬番を引いた馬です。

この20年で日本馬で2桁馬番から馬券になった馬は以下で、それ以外は全て1桁馬番です。

 

2020年 フィエールマン 前走有馬記念4着(前年優勝馬)当日1番人気

2019年 フィエールマン 前走AJCC2着 当日1番人気

2018年 レインボーライン 前走阪神大賞典1着 当日2番人気

2018年 シュヴァルグラン 前走大阪杯13着(前年連対馬) 当日1番人気

2017年 サトノダイヤモンド 前走阪神大賞典1着 当日2番人気

2015年 フェイムゲーム 前走ダイヤモンドS1着 当日7番人気

2014年 ウインヴァリアシオン 前走日経賞1着 当日3番人気

2012年 トーセンジョーダン 前走大阪杯3着 当日3番人気

2012年 ウインヴァリアシオン 前走日経賞2着 当日2番人気

2011年 エイシンフラッシュ 前走大阪杯3着 当日3番人気

2010年 ジャガーメイル 前走京都記念2着 当日2番人気以内

2010年 マイネルキッツ 前走日経賞1着 当日4番人気

2009年 ドリームジャーニー 前走大阪杯1着 当日5番人気

2009年 アサクサキングス 前走大阪杯3着 当日1番人気

2007年 エリモエクスパイヤ 前走日経賞10着(2走前ダイヤモンドS2着)当日11番人気

2007年 トウカイトリック 前走阪神大賞典3着 当日4番人気

2006年 リンカーン 前走日経賞1着 当日2番人気

2005年 スズカマンボ 前走大阪HC3着(2走前鳴尾記念2着)当日13番人気

2005年 ビッグゴールド 前走大阪HC1着(2走前OP1着)当日14番人気

2005年 アイポッパー 前走阪神大賞典2着 当日4番人気

2004年 ゼンノロブロイ 前走日経賞2着 当日4番人気

2003年 ヒシミラクル 前走大阪杯7着(前年菊花賞1着)当日7番人気

2003年 サンライズジャガー 前走阪神大賞典10着 当日8番人気

2003年 ダイタクバートラム 前走阪神大賞典1着 当日1番人気

2001年 ナリタトップロード 前走阪神大賞典1着 当日2番人気

 

全部で25頭

前走3着以内、もしくは当日3番人気以内だった馬は赤く塗っていますが、実に22頭がこのパターンです。

青く塗った3頭、エリモエクスパイヤは2走前のダイヤモンドSを好走、大波乱だった2005年を見てもわかるように2走前も好走しているパターンは評価できます。

ヒシミラクルは菊花賞優勝の4歳馬でした。

唯一なんの理由も見つからないのが今から17年前のサンライズジャガーです。

同年は阪神大賞典、京都記念と2走だけでどちらも2桁着順、その前年は9走走って全て3着以内という奇妙な戦績でした。

基本はこの20年で2桁馬番だった馬は上記のサンライズジャガーを除けば、基本は当日3番人気以内か前走3着以内、例外で2走前の戦績か前年の菊花賞が重要になってくるというパターンですね。

 

この時点で前走馬券外(2走続けて)+菊花賞実績のない4頭は完全に消しです。

もうこれで走られたら仕方ないと思います、例外を狙ってもトータルで見ればマイナスに傾きますから割り切って買った方が良いので。

 

ゴースト

メイショウテンゲン

オセアグレイト

メロディーレーン

 

そして上で説明したように斤量データを加味すると

 

ワールドプレミア 菊花賞優勝
アリストテレス 菊花賞2着 4歳馬
カレンブーケドール なし(前走日経賞2着)
シロニイ なし
ディアスティマ なし(条件戦2連勝)
マカヒキ なし
ユーキャンスマイル 菊花賞3着
ディバインフォース なし
ジャコマル なし
ゴースト なし
メイショウテンゲン なし
ディープボンド なし(前走阪神大賞典1着)
ナムラドノヴァン なし(前走上がり最速3着)
ウインマリリン なし(前走日経賞1着)
オセアグレイト なし
メロディーレーン なし
オーソリティ なし(前走ダイヤモンドS2着)

 

青く塗った馬は消し、9頭がこの20年で走る資格のある馬と言えます。

 

ワールドプレミアは前走のリプレイを見る限り1番強い競馬をしていました。

上位2頭は内々をロス無く立ち回ったのに対してかなり外を通りましたし、ゴール板を過ぎてからは差し切っているように完全に地力上位

更には前走8割程度のデキだったとのことで、◎にも迷ったくらい今回は中心視しても良いと思います。

ディアステマは前走の時計は過去3年間の天皇賞春と比べても最も速く、2走前の時計は前年の有馬記念に出走したワールドプレミア、カレンブーケドールの走破時計とほぼ同じです。

つまり普段通りやればここでも通用するレベルにあることは間違いないです。

しかし前走条件戦からのステップはあまりにも相性が悪いレースです、走ればデータ破りになりますが、今年ほど低調なメンバー構成も中々ないと思いますのでアッと言わせる瞬間はあるかもしれません。

アリストテレスは前走で大敗しましたが、今回最も取捨に迷った馬で、本来なら消していたかもしれませんが、あまりにも斤量データで該当馬がいなかったために推薦するしかない状況です。

基本的にはこの4頭が上位で、あとはデータ残りになります。

ディープボンドはやはりキズナ産駒ということで、前走の馬場は相当味方したでしょうし中山コースだったこともポイントだと思います。

今回阪神コースに変わって良くないのはウインマリリン、中山巧者だった点など。

カレンブーケドールは牝馬であまり強く推薦できない点、オーソリティは枠が最悪と個々に難点があります。

その中でもあまりに人気が無く、この阪神内回りで無類の強さを発揮する◎が今年買いたい1頭です。

下記バナークリックで「絶対的軸馬の法則」紹介文に記載してあります。↓
(注:ブログランキング紹介文の変更から反映までに30分程度時間差があります)

↓人気ブログランキングはコチラ↓


中央競馬ランキング

応援クリック感謝しますm(_ _)m

無料メルマガ&激走ランク新聞