【ダービー】今年は10頭が該当する前走から乗り替わりでダービーを好走した馬の共通点とは

5月毎週無料予想+収支

G1含め選んだ無料公開

ちょーーいい感じでしたね!

━━━━━━━━━━━━━━

無料公開G1買い目
■日本ダービー →26,400円/489%

■NHKマイルC→10,620円/186%

■天皇賞春   →6,120円/128%

━━━━━━━━━━━━━━



━━━━━━━━━━━━━━

他無料公開買い目
■是政特別  →17,500円/350%

■京王杯SC→62,160円/1395%

■平安S  →7,450円/135%

■三方ヶ原S→9,600円/192%

━━━━━━━━━━━━━━



━━━━━━━━━━━━━━

そして重賞前12日無料公開は・・

【桑名ステークス】
無料開放を確認!


━━━━━━━━━━━━━━

気になる方はコチラ↓

桑名ステークス2021予想
↑からメール登録で即赤枠内チェックできます。
そのまま土曜夜エプソムカップも無料確認できるので
ここの無料予想は確実に覗いてみてください。

前走から乗り替わりでダービーを好走した馬

 

2018年 3着 コズミックフォース
2015年 2着 サトノラーゼン
2014年 3着 マイネルフロスト
2011年 3着 ベルシャザール
2010年 2着 ローズキングダム
2008年 3着 ブラックシェル
2007年 2着 アサクサキングス
2007年 3着 アドマイヤオーラ
2006年 2着 アドマイヤメイン
2006年 3着 ドリームパスポート
2004年 2着 ハーツクライ
2002年 2着 シンボリクリスエス
2002年 3着 マチカネアカツキ
2001年 2着 ダンツフレーム
1991年 3着 イイデセゾン
1990年 3着 ホワイトストーン

 

過去30年まで遡って上記の16頭

タイトルでお伝えした通り、全部で164頭いました。

その成績は、

 

【0−8−8−148】

勝率0% 連対率5.4% 複勝率9.8%

 

かなり険しい道のりです。

今年は出走17頭に対して10頭とほぼ乗り替わりのダービーです。

 

 

好走した馬の前走

 

コズミックフォース プリンシパル 1番人気 1着
サトノラーゼン 京都新聞杯 2番人気 1着
マイネルフロスト 青葉賞 3番人気 6着
ベルシャザール 皐月賞 3番人気 11着
ローズキングダム 皐月賞 2番人気 4着
ブラックシェル NHKマイル 3番人気 2着
アサクサキングス NHKマイルマイル 3番人気 11着
アドマイヤオーラ 皐月賞 1番人気 4着
アドマイヤメイン 青葉賞 1番人気 1着
ドリームパスポート 皐月賞 10番人気 2着
ハーツクライ 京都新聞杯 2番人気 1着
シンボリクリスエス 青葉賞 1番人気 1着
マチカネアカツキ プリンシパル 4人気 2着
ダンツフレーム 皐月賞 3番人気 2着
イイデセゾン 京都4歳特別 1番人気 7着
ホワイトストーン NHKマイル 2番人気 3着

 

赤で表記
前走G1で3番人気以内か連対→8頭

オレンジで表記
ダービートライアルを3番人気以内で1着→5頭

 

16頭のうち13頭がこのパターンで激走

問題は青く塗った残りの3頭です。

 

1991年3着 イイデセゾン 京都4歳特別1番人気7着

この馬は東京コースに出走があり、その重賞を勝っています。

これにより東京コースは1戦1勝、そして何よりも皐月賞3着の馬なんですよね、

ここまで古いと今とローテーションがだいぶ違うので例外で間違い無いでしょう。

走った理由もしっかりしています。

 

2002年3着 マチカネアカツキ プリンシパル4番人気2着

この馬はなんと言ってもダービーまでの戦績が1度も馬券外に飛んだことが無い上に、

全て連対、もちろん東京コースも複数走って連対率100%になります。

プリンシパルSは2着と言えど0.2秒差だったこともあり、東京コース実績共に走る理由はあったと思います。

 

2014年3着 マイネルフロスト 青葉賞3番人気6着

正直なところ走った理由が一番わからないのがこの馬です。

青葉賞6着と言えど0.2秒差だった点が唯一の救いどころ、もう一つは東京コースに実績のある馬がこのグループはよく走ります。

この馬は新馬戦で東京コースを使って2馬身の圧勝だった経歴がありました。

 

ここまで整理すると、

・前走G1で3番人気以内か連対

・ダービートライアルを3番人気以内で1着

 

この条件を持ち合わせていない乗り替わりは連対はできません。

さらに緩和するならば例外候補である、

 

・前走ダービートライアルを0.2秒差以内

・皐月賞で3着以内

 

今年の乗り替わりを見ていきましょう。

 

タイムトゥヘヴン

レッドジェネシス

ディープモンスター

バジオウ

グラティアス

ヨーホーレイク

ラーゴム

シャフリヤール

グレートマジシャン

アドマイヤハダル

 

・前走G1で3番人気以内か連対

アドマイヤハダル

 

・ダービートライアルを3番人気以内で1着

レッドジェネシス

バジオウ

 

・前走ダービートライアルを0.2秒差以内

なし

 

・皐月賞で3着以内

なし

 

一つも条件を満たさなかった8頭

タイムトゥヘヴン

ディープモンスター

グラティアス

ヨーホーレイク

ラーゴム

シャフリヤール

グレートマジシャン

 

流石にこれを見ると手が出ません。

 

今日は最後にもう少し踏み込んだお話をしようと思います。

 

2018年 3着 コズミックフォース プリンシパル 1番人気 1着 東京2-0-1-0
2015年 2着 サトノラーゼン 京都新聞杯 2番人気 1着 複勝率100%
2014年 3着 マイネルフロスト 青葉賞 3番人気 6着 青葉賞0.2秒差
2011年 3着 ベルシャザール 皐月賞 3番人気 11着 4角2番手
2010年 2着 ローズキングダム 皐月賞 2番人気 4着 皐月賞0.2秒差 東京重賞勝ち
2008年 3着 ブラックシェル NHKマイル 3番人気 2着 東京G1連対
2007年 2着 アサクサキングス NHKマイルマイル 3番人気 11着 東京2-0-0-1
2007年 3着 アドマイヤオーラ 皐月賞 1番人気 4着 皐月賞0.2秒差上がり最速
2006年 2着 アドマイヤメイン 青葉賞 1番人気 1着 東京1-0-0-0
2006年 3着 ドリームパスポート 皐月賞 10番人気 2着 皐月賞上がり2位
2004年 2着 ハーツクライ 京都新聞杯 2番人気 1着 上がり最速
2002年 2着 シンボリクリスエス 青葉賞 1番人気 1着 東京2-1-1-0
2002年 3着 マチカネアカツキ プリンシパル 4人気 2着 東京0-2-0-0重賞連対 0.2秒差連対率100%
2001年 2着 ダンツフレーム 皐月賞 3番人気 2着 上がり最速
1991年 3着 イイデセゾン 京都4歳特別 1番人気 7着 東京1-0-0-0重賞勝ち皐月賞3着
1990年 3着 ホワイトストーン NHKマイル 2番人気 3着 東京1-0-1-0G13着

 

半数が東京コースで実績がありました、

具体的には、

 

・東京コースで2勝以上

・東京コース複勝率100%

・東京コース重賞勝ちかG13着以内

 

ここら辺です。

オレンジに塗った2007年と2006年に注目してみてください。

東京コース実績のなかった乗り替わりの馬がこの30年間で2頭以上揃って好走したことはありません。

必ず東京コース実績のある馬が上位にきています。

 

上記を含めると今年買えそうな乗り替わりは推定10~17番人気のアノ馬1頭だけ

アドマイヤハダルは結構厳しいのでは…

本日限定でブログランキングへ掲載中です。

下記バナークリックで「絶対的軸馬の法則」紹介文に記載してあります。↓
(注:ブログランキング紹介文の変更から反映までに30分程度時間差があります)

↓人気ブログランキングはコチラ↓


中央競馬ランキング

応援クリック感謝しますm(_ _)m

無料メルマガ&激走ランク新聞