【ダービー】過去20年データから前走別で買える馬、乗り替わりで買える条件、推薦穴馬を一挙公開

5月毎週無料予想+収支

G1含め選んだ無料公開

ちょーーいい感じでしたね!

━━━━━━━━━━━━━━

無料公開G1買い目
■日本ダービー →26,400円/489%

■NHKマイルC→10,620円/186%

■天皇賞春   →6,120円/128%

━━━━━━━━━━━━━━



━━━━━━━━━━━━━━

他無料公開買い目
■是政特別  →17,500円/350%

■京王杯SC→62,160円/1395%

■平安S  →7,450円/135%

■三方ヶ原S→9,600円/192%

━━━━━━━━━━━━━━



━━━━━━━━━━━━━━

そして重賞前12日無料公開は・・

【桑名ステークス】
無料開放を確認!


━━━━━━━━━━━━━━

気になる方はコチラ↓

桑名ステークス2021予想
↑からメール登録で即赤枠内チェックできます。
そのまま土曜夜エプソムカップも無料確認できるので
ここの無料予想は確実に覗いてみてください。

過去20年の好走馬前走一覧

 

2020年

コントレイル 皐月賞G1
サリオス 皐月賞G1
ヴェルドライゼンテ 皐月賞G1

2019年

ロジャーバローズ 京都新聞G2
ダノンキングリー 皐月賞G1
ヴェロックス 皐月賞G1

2018年

ワグネリアン 皐月賞G1
エポカドーロ 皐月賞G1
コズミックフォース プリンシ

2017年

レイデオロ 皐月賞G1
スワーヴリチャード 皐月賞G1
アドミラブル 青葉賞G2

2016年

マカヒキ 皐月賞G1
サトノダイヤモンド 皐月賞G1
ディーマジェスティ 皐月賞G1

2015年

ドゥラメンテ 皐月賞G1
サトノラーゼン 京都新聞G2
サトノクラウン 皐月賞G1

2014年

ワンアンドオンリー 皐月賞G1
イスラボニータ 皐月賞G1
マイネルフロスト 青葉賞G2

2013年

キズナ 京都新聞G2
エピファネイア 皐月賞G1
アポロソニック 青葉賞G2

2012年

ディープブリランテ 皐月賞G1
フェノーメノ 青葉賞G2
トーセンホマレボシ 京都新聞G2

2011年

オルフェーヴル 皐月賞G1
ウインバリアシオン 青葉賞G2
ベルシャザール 皐月賞G1

2010年

エイシンフラッシュ 皐月賞G1
ローズキングダム 皐月賞G1
ヴィクトワールピサ 皐月賞G1

2009年

ロジユニヴァース 皐月賞G1
リーチザクラウン 皐月賞G1
アントニオバローズ プリンシ

2008年

ディープスカイ NHKマG1
スマイルジャック 皐月賞G1
ブラックシェル NHKマG1

2007年

ウオッカ 桜花賞G1
アサクサキングス NHKマG1
アドマイヤオーラ 皐月賞G1

2006年

メイショウサムソン 皐月賞G1
アドマイヤメイン 青葉賞G2
ドリームパスポート 皐月賞G1

2005年

ディープインパクト 皐月賞G1
インティライミ 京都新聞G2
シックスセンス 皐月賞G1

2004年

キングカメハメハ NHKマG1
ハーツクライ 京都新聞G2
ハイアーゲーム 青葉賞G2

2003年

ネオユニヴァース 皐月賞G1
ゼンノロブロイ 青葉賞G2
ザッツザプレンティ 皐月賞G1

2002年

タニノギムレット NHKマG1
シンボリクリスエス 青葉賞G2
マチカネアカツキ プリンシ

2001年

ジャングルポケット 皐月賞G1
ダンツフレーム 皐月賞G1
ダンシングカラー ベンジャ

 

好走馬60頭のうち前走皐月賞だった馬は全部で35頭

半数以上がこの皐月賞をステップにダービーで好走しています。

 

 

好走馬35頭の前走の内容

 

2000年
エアシャカール 2番人気 1着 8番手 上がり1位
アタラクシア 4番人気 9着 3番手

2001年
ジャングルポケット 2番人気 3着 7番手 上がり2位
ダンツフレーム 3番人気 2着 7番手 上がり1位

2003年
ネオユニヴァース 1番人気 1着 8番手 上がり1位
ザッツザプレンティ 5番人気 8着 2番手

2005年
ディープインパクト 1番人気 1着 9番手 上がり1位
シックスセンス 12番人気 2着 13番手 上がり2位

2006年
メイショウサムソン 6番人気 1着 3番手
ドリームパスポート 10番人気 2着 9番手 上がり2位

2007年
アドマイヤオーラ 1番人気 4着 12番手 上がり1位

2008年
ブラックシェル 2番人気 5着 8番手 上がり3位
スマイルジャック 4番人気 9着 3番手

2009年
リーチザクラウン 2番人気 13着 3番手
ロジユニヴァース 1番人気 14着 5番手

2010年
エイシンフラッシュ 11番人気 3着 12番手 上がり3位
ローズキングダム 2番人気 4着 8番手
ヴィクトワールピサ 1番人気 1着 8番手 上がり3位

2011年
オルフェーヴル 4番人気 1着 11番手 上がり1位
ベルシャザール 3番人気 11着 2番手

2012年
ディープブリランテ 3番人気 3着 3番手

2013年
エピファネイア 2番人気 2着 3番手

2014年
イスラボニータ 2番人気 1着 4番手 上がり3位
ワンアンドオンリー 4番人気 4着 12番手 上がり1位

2015年
ドゥラメンテ 3番人気 1着 7番手 上がり1位
サトノクラウン 1番人気 6着 9番手 上がり2位

2016年
マカヒキ 3番人気 2着 13番手 上がり1位
サトノダイヤモンド 1番人気 3着 5番手 上がり3位
ディーマジェスティ 8番人気 1着 10番手 上がり2位

2017年
レイデオロ 5番人気 5着 14番手 上がり2位
スワーヴリチャード 2番人気 6着 10番手

2018年
ワグネリアン 1番人気 7着 12番手
エポカドーロ 7番人気 1着 4番手

2019年
ダノンキングリー 3番人気 3着 5番手
ヴェロックス 4番人気 2着 4番手 上がり2位

2000年
コントレイル 1番人気 1着 7番手 上がり1位
サリオス 3番人気 2着 4番手 上がり2位
ヴェルトライゼンデ 4番人気 8着 9番手 上がり4位以下

 

一番の好走パターンは、

『3着以内か3番人気以内』

35頭の好走馬のうち30頭がこの部類です。

 

例外の5頭を見てみましょう。

 

2003年
ザッツザプレンティ 5番人気 8着 2番手

2008年
スマイルジャック 4番人気 9着 3番手

2014年
ワンアンドオンリー 4番人気 4着 12番手 上がり1位

2017年
レイデオロ 5番人気 5着 14番手 上がり2位

2020年
ヴェルトライゼンデ 4番人気 8着 9番手 上がり4位以下

 

『上がり2位以内か4角3番手以内』

 

が、基本的な例外条件だったのですが

昨年のヴェルドライゼンテが20年以上で全馬が馬券外に飛んでいたデータを破って好走しました。

この馬は前走の皐月賞まで連対率100%、すでにホープフルS(G1)での連対経験と上がりも皐月賞を除けば全て3位以内と例外の資格はあったかもしれません。

一応このヴェルドライゼンテの類似パターンには注意して今年の皐月賞ステップをみていきたいと思います。

 

アドマイヤハダル 3番人気 4着 7番手 上がり4位以下

ヴィクティファルス 4番人気 9着 12番手 上がり4位以下

エフフォーリア 2番人気 1着 4番手 上がり2位

グラティアス 7番人気 6着 8番手上がり4位以下

ステラヴェローチェ 6人気 3着 8番手 上がり2位

タイトルホルダー 8人気 2着 1番手

ディープモンスター 10人気 7着 14番手上がり4位以下

ヨーホーレイク 11人気 5着 8番手 上がり1位

ラーゴム 5人気 13着 8番手上がり4位以下

 

昨年のヴェルドライゼンテは今見ると本当に前走の皐月賞1つを除けばオール連対のオール上がり3位以内でホープフルSの連対→スプリングS連対と素晴らしい実績でした。

今年はこちらと比較すると足りる馬はおらず、例外的に枠を広げることはしません。

 

まず最も占有率の高い『3着以内か3番人気以内』

 

アドマイヤハダル

エフフォーリア

ステラヴェローチェ

タイトルホルダー

 

次に『上がり2位以内か4角3番手以内』

 

ヨーホーレイク

 

上記5頭が今年の皐月賞組から買える馬となります。

 

 

しかし個人的に気になるポイントが

この20年間の前走皐月賞組を見ていると、

 

・皐月賞で逃げた馬or4角先頭の馬はダービーで一頭も馬券になっていない

 

タイトルホルダー

 

上記に該当します。

 

過去20年の好走馬前走一覧

 

2020年

コントレイル 皐月賞G1
サリオス 皐月賞G1
ヴェルドライゼンテ 皐月賞G1

2019年

ロジャーバローズ 京都新聞G2
ダノンキングリー 皐月賞G1
ヴェロックス 皐月賞G1

2018年

ワグネリアン 皐月賞G1
エポカドーロ 皐月賞G1
コズミックフォース プリンシ

2017年

レイデオロ 皐月賞G1
スワーヴリチャード 皐月賞G1
アドミラブル 青葉賞G2

2016年

マカヒキ 皐月賞G1
サトノダイヤモンド 皐月賞G1
ディーマジェスティ 皐月賞G1

2015年

ドゥラメンテ 皐月賞G1
サトノラーゼン 京都新聞G2
サトノクラウン 皐月賞G1

2014年

ワンアンドオンリー 皐月賞G1
イスラボニータ 皐月賞G1
マイネルフロスト 青葉賞G2

2013年

キズナ 京都新聞G2
エピファネイア 皐月賞G1
アポロソニック 青葉賞G2

2012年

ディープブリランテ 皐月賞G1
フェノーメノ 青葉賞G2
トーセンホマレボシ 京都新聞G2

2011年

オルフェーヴル 皐月賞G1
ウインバリアシオン 青葉賞G2
ベルシャザール 皐月賞G1

2010年

エイシンフラッシュ 皐月賞G1
ローズキングダム 皐月賞G1
ヴィクトワールピサ 皐月賞G1

2009年

ロジユニヴァース 皐月賞G1
リーチザクラウン 皐月賞G1
アントニオバローズ プリンシ

2008年

ディープスカイ NHKマG1
スマイルジャック 皐月賞G1
ブラックシェル NHKマG1

2007年

ウオッカ 桜花賞G1
アサクサキングス NHKマG1
アドマイヤオーラ 皐月賞G1

2006年

メイショウサムソン 皐月賞G1
アドマイヤメイン 青葉賞G2
ドリームパスポート 皐月賞G1

2005年

ディープインパクト 皐月賞G1
インティライミ 京都新聞G2
シックスセンス 皐月賞G1

2004年

キングカメハメハ NHKマG1
ハーツクライ 京都新聞G2
ハイアーゲーム 青葉賞G2

2003年

ネオユニヴァース 皐月賞G1
ゼンノロブロイ 青葉賞G2
ザッツザプレンティ 皐月賞G1

2002年

タニノギムレット NHKマG1
シンボリクリスエス 青葉賞G2
マチカネアカツキ プリンシ

2001年

ジャングルポケット 皐月賞G1
ダンツフレーム 皐月賞G1
ダンシングカラー ベンジャ

 

20年の好走馬60頭のうち25頭です。

 

 

25頭の好走内容

 

ロジャーバローズ 京都新聞G2 2人気 2着
コズミックフォース プリンシ 1人気 1着
アドミラブル 青葉賞G2 1人気 1着
サトノラーゼン 京都新聞G2 2人気 1着
マイネルフロスト 青葉賞G2 3人気 6着
キズナ 京都新聞G2 1人気 1着
アポロソニック 青葉賞G2 9人気 2着
フェノーメノ 青葉賞G2 1人気 1着
トーセンホマレボシ 京都新聞G2 5人気 1着
ウインバリアシオン 青葉賞G2 6人気 1着
アントニオバローズ プリンシ 1人気 2着
ディープスカイ NHKマG1 1人気 1着
ブラックシェル NHKマG1 3人気 2着
ウオッカ 桜花賞G1 1人気 2着
アサクサキングス NHKマG1 3人気 11着
アドマイヤメイン 青葉賞G2 1人気 1着
インティライミ 京都新聞G2 1人気 1着
キングカメハメハ NHKマG1 1人気 1着
ハーツクライ 京都新聞G2 2人気 1着
ハイアーゲーム 青葉賞G2 2人気 1着
ゼンノロブロイ 青葉賞G2 1人気 1着
タニノギムレット NHKマG1 1人気 3着
シンボリクリスエス 青葉賞G2 1人気 1着
マチカネアカツキ プリンシ 4人気 2着
ダンシングカラー ベンジャ 1人気 1着

 

『全馬例外なく3番人気以内か連対』

 

そして25頭中18頭の大半がその両方を満たす馬でした。

例外的なその7頭を見ていきましょう。

 

マイネルフロスト 青葉賞G2 3人気 6着

3勝 東京コース0.3秒以上勝ち 

 

アポロソニック 青葉賞G2 9人気 2着

2勝 東京芝コース連対率100% 

 

トーセンホマレボシ 京都新聞G2 5人気 1着

3勝 東京コース初出走 左回り勝率100%

 

ウインバリアシオン 青葉賞G2 6人気 1着

3勝 東京コース勝率100%

 

アサクサキングス NHKマG1 3人気 11着

3勝 東京芝3戦2勝 0.3秒以上圧勝ち

 

タニノギムレット NHKマG1 1人気 3着

4勝 東京コース複勝率100%

 

マチカネアカツキ プリンシ 4人気 2着

2勝 連対率100% 東京コース連対率100%

 

少し例外的なのはアポロソニックですかね、

デビューからダート戦を使われていて芝は3戦しか走っていないためデータ不足です。

そして内枠に入れたのも好走した要因だったと思います。

 

・3勝以上かつ東京コース実績

 

このあたりは欲しいところです。

 

今年の前走別路線組を見ていきましょう。

 

タイムトゥヘヴン NHKマイル 8人気 6着

レッドジェネシス 京都新聞杯 3人気 1着

バジオウ プリンシパル 2人気 1着

シャフリヤール 毎日杯 2人気 1着

ワンダフルタウン 青葉賞 3人気 1着

グレートマジシャン 毎日杯 1人気 2着

サトノレイナス 桜花賞 1人気2着

バスラットレオン NHKマイル 3人気 中止

 

純粋な通過は

 

レッドジェネシス 京都新聞杯 3人気 1着

バジオウ プリンシパル 2人気 1着

シャフリヤール 毎日杯 2人気 1着

ワンダフルタウン 青葉賞 3人気 1着

グレートマジシャン 毎日杯 1人気 2着

サトノレイナス 桜花賞 1人気2着

 

 

再審査の青2頭は、

 

タイムトゥヘヴン

1勝 東京未勝利

 

バスラットレオン

3勝 東京、左回り未出走

 

上記2頭は東京コース実績がなく消し対象

 

ここから更に気になるポイントとしては、前走2000m未満の馬です。

過去10年データでみると、これまで29頭が走って0-0-0-29と絶望的です。

 

この残った6頭から

 

シャフリヤール

グレートマジシャン

サトノレイナス

 

上記3頭がもし走れば十年以上のデータを破る快挙になります。

更に上記以外でも距離的な裏付けは非常に多く、これまでの好走馬は必ず◯◯で連対の経験があった馬でした。

上記以外からも該当が出てきてしまうこのNGデータは過去に数十頭が走って3着以内に好走した馬は1頭もいません。

 

前走から乗り替わりでダービーを好走した馬

 

2018年 3着 コズミックフォース
2015年 2着 サトノラーゼン
2014年 3着 マイネルフロスト
2011年 3着 ベルシャザール
2010年 2着 ローズキングダム
2008年 3着 ブラックシェル
2007年 2着 アサクサキングス
2007年 3着 アドマイヤオーラ
2006年 2着 アドマイヤメイン
2006年 3着 ドリームパスポート
2004年 2着 ハーツクライ
2002年 2着 シンボリクリスエス
2002年 3着 マチカネアカツキ
2001年 2着 ダンツフレーム
1991年 3着 イイデセゾン
1990年 3着 ホワイトストーン

 

過去30年まで遡って上記の16頭

その成績は、

 

【0−8−8−148】

勝率0% 連対率5.4% 複勝率9.8%

 

かなり険しい道のりです。

今年は出走17頭に対して10頭とほぼ乗り替わりのダービーです。

 

 

好走した馬の前走

 

コズミックフォース プリンシパル 1番人気 1着
サトノラーゼン 京都新聞杯 2番人気 1着
マイネルフロスト 青葉賞 3番人気 6着
ベルシャザール 皐月賞 3番人気 11着
ローズキングダム 皐月賞 2番人気 4着
ブラックシェル NHKマイル 3番人気 2着
アサクサキングス NHKマイルマイル 3番人気 11着
アドマイヤオーラ 皐月賞 1番人気 4着
アドマイヤメイン 青葉賞 1番人気 1着
ドリームパスポート 皐月賞 10番人気 2着
ハーツクライ 京都新聞杯 2番人気 1着
シンボリクリスエス 青葉賞 1番人気 1着
マチカネアカツキ プリンシパル 4人気 2着
ダンツフレーム 皐月賞 3番人気 2着
イイデセゾン 京都4歳特別 1番人気 7着
ホワイトストーン NHKマイル 2番人気 3着

 

赤で表記
前走G1で3番人気以内か連対→8頭

オレンジで表記
ダービートライアルを3番人気以内で1着→5頭

 

16頭のうち13頭がこのパターンで激走

問題は青く塗った残りの3頭です。

 

1991年3着 イイデセゾン 京都4歳特別1番人気7着

この馬は東京コースに出走があり、その重賞を勝っています。

これにより東京コースは1戦1勝、そして何よりも皐月賞3着の馬なんですよね、

ここまで古いと今とローテーションがだいぶ違うので例外で間違い無いでしょう。

走った理由もしっかりしています。

 

2002年3着 マチカネアカツキ プリンシパル4番人気2着

この馬はなんと言ってもダービーまでの戦績が1度も馬券外に飛んだことが無い上に、

全て連対、もちろん東京コースも複数走って連対率100%になります。

プリンシパルSは2着と言えど0.2秒差だったこともあり、東京コース実績共に走る理由はあったと思います。

 

2014年3着 マイネルフロスト 青葉賞3番人気6着

正直なところ走った理由が一番わからないのがこの馬です。

青葉賞6着と言えど0.2秒差だった点が唯一の救いどころ、もう一つは東京コースに実績のある馬がこのグループはよく走ります。

この馬は新馬戦で東京コースを使って2馬身の圧勝だった経歴がありました。

 

ここまで整理すると、

・前走G1で3番人気以内か連対

・ダービートライアルを3番人気以内で1着

 

この条件を持ち合わせていない乗り替わりは連対はできません。

さらに緩和するならば例外候補である、

 

・前走ダービートライアルを0.2秒差以内

・皐月賞で3着以内

 

今年の乗り替わりを見ていきましょう。

 

タイムトゥヘヴン

レッドジェネシス

ディープモンスター

バジオウ

グラティアス

ヨーホーレイク

ラーゴム

シャフリヤール

グレートマジシャン

アドマイヤハダル

 

・前走G1で3番人気以内か連対

アドマイヤハダル

 

・ダービートライアルを3番人気以内で1着

レッドジェネシス

バジオウ

 

・前走ダービートライアルを0.2秒差以内

なし

 

・皐月賞で3着以内

なし

 

一つも条件を満たさなかった8頭

タイムトゥヘヴン

ディープモンスター

グラティアス

ヨーホーレイク

ラーゴム

シャフリヤール

グレートマジシャン

 

流石にこれを見ると手が出ません。

 

今日は最後にもう少し踏み込んだお話をしようと思います。

 

2018年 3着 コズミックフォース プリンシパル 1番人気 1着 東京2-0-1-0
2015年 2着 サトノラーゼン 京都新聞杯 2番人気 1着 複勝率100%
2014年 3着 マイネルフロスト 青葉賞 3番人気 6着 青葉賞0.2秒差
2011年 3着 ベルシャザール 皐月賞 3番人気 11着 4角2番手
2010年 2着 ローズキングダム 皐月賞 2番人気 4着 皐月賞0.2秒差 東京重賞勝ち
2008年 3着 ブラックシェル NHKマイル 3番人気 2着 東京G1連対
2007年 2着 アサクサキングス NHKマイルマイル 3番人気 11着 東京2-0-0-1
2007年 3着 アドマイヤオーラ 皐月賞 1番人気 4着 皐月賞0.2秒差上がり最速
2006年 2着 アドマイヤメイン 青葉賞 1番人気 1着 東京1-0-0-0
2006年 3着 ドリームパスポート 皐月賞 10番人気 2着 皐月賞上がり2位
2004年 2着 ハーツクライ 京都新聞杯 2番人気 1着 上がり最速
2002年 2着 シンボリクリスエス 青葉賞 1番人気 1着 東京2-1-1-0
2002年 3着 マチカネアカツキ プリンシパル 4人気 2着 東京0-2-0-0重賞連対 0.2秒差連対率100%
2001年 2着 ダンツフレーム 皐月賞 3番人気 2着 上がり最速
1991年 3着 イイデセゾン 京都4歳特別 1番人気 7着 東京1-0-0-0重賞勝ち皐月賞3着
1990年 3着 ホワイトストーン NHKマイル 2番人気 3着 東京1-0-1-0G13着

 

半数が東京コースで実績がありました、

具体的には、

 

・東京コースで2勝以上

・東京コース複勝率100%

・東京コース重賞勝ちかG13着以内

 

ここら辺です。

オレンジに塗った2007年と2006年に注目してみてください。

東京コース実績のなかった乗り替わりの馬がこの30年間で2頭以上揃って好走したことはありません。

必ず東京コース実績のある馬が上位にきています。

 

2021年 ダービーの予想

 

◎エフフォーリア

☆人気ブログランキングへ公開中

△グラティアス

△ヴィクティファルス

△ステラヴェローチェ

△タイトルホルダー

 

今回は非常に特殊な印の付け方になってしまい申し訳ないのですが、

まずはエフフォーリアを中心とした予想になります。

金曜日段階では恐らく鉄板だと感じていましたが、昨日の東京芝コースを見てびっくりしました。

芝コースの半数以上が7枠~8枠、1~2枠に入った馬は1頭も好走できずの圧倒的外有利

おまけに好走馬15頭中11頭が差し~追い込み(JRAVAN基準)でとてもCコース変わりの初週とは思えない偏りでした。

こうなるとエフフォーリアの絶好枠が真逆の最悪枠に変わってしまったのですが逆に誰を狙うかと言われても迷いがあったので変えませんでした。

その変わり相手には全馬5番人気以下の穴馬を抽出、ワイド主体で馬券を買うことにしました。

グラティアスは前走の皐月賞を見るとわかりますが、相当な不利を受けていますし、ポイントは既に東京芝コースで勝鞍があることです。

これは過去の穴馬、乗り替わり馬にとって東京実績というのはかなりのポイントになって来ます。

ヴィクティファルスも前走の皐月賞を除けば昨年のヴェルトライゼンデと重なる部分もあります。

ステラヴェローチェは雨と言われていますが、レコード決着でも好走している馬で、そこまで馬場がどうこうよりも展開1つだと思います。

最後に昨日相当前が厳しいレースばかりだったので迷いましたが、脚質以外は全て推せるタイトルホルダー

今回複勝もこの馬だけ抑えようと考えている☆特注馬が居ますが、前走を見てもかなり強い競馬をしていましたし、終了後に必ずダービーで買おうと決めていた馬で、データ度外視ですがこの人気なら楽しみの方が多いです。

下記バナークリックで「絶対的軸馬の法則」紹介文に記載してあります。↓
(注:ブログランキング紹介文の変更から反映までに30分程度時間差があります)

↓人気ブログランキングはコチラ↓


中央競馬ランキング

応援クリック感謝しますm(_ _)m

無料メルマガ&激走ランク新聞