【安田記念】予想 過去20年で気になる斤量別データ+5番人気以下から好走した全馬の共通点はコレ!

5月毎週無料予想+収支

G1含め選んだ無料公開

ちょーーいい感じでしたね!

━━━━━━━━━━━━━━

無料公開G1買い目
■日本ダービー →26,400円/489%

■NHKマイルC→10,620円/186%

■天皇賞春   →6,120円/128%

━━━━━━━━━━━━━━



━━━━━━━━━━━━━━

他無料公開買い目
■是政特別  →17,500円/350%

■京王杯SC→62,160円/1395%

■平安S  →7,450円/135%

■三方ヶ原S→9,600円/192%

━━━━━━━━━━━━━━



━━━━━━━━━━━━━━

そして重賞前12日無料公開は・・

【桑名ステークス】
無料開放を確認!


━━━━━━━━━━━━━━

気になる方はコチラ↓

桑名ステークス2021予想
↑からメール登録で即赤枠内チェックできます。
そのまま土曜夜エプソムカップも無料確認できるので
ここの無料予想は確実に覗いてみてください。

過去20年の好走馬

 

2020年

グランアレグリア
アーモンドアイ
インディチャンプ

2019年

インディチャンプ
アエロリット
アーモンドアイ

2018年

モズアスコット
アエロリット
スワーヴリチャード

2017年

サトノアラジン
ロゴタイプ
レッドファルクス

2016年

ロゴタイプ
モーリス
フィエロ

2015年

モーリス
ヴァンセンヌ
クラレント

2014年

ジャスタウェイ
グランプリボス
ショウナンマイティ

2013年

ロードカナロア
ショウナンマイティ
ダノンシャーク

2012年

ストロングリターン
グランプリボス
コスモセンサー

2011年

リアルインパクト
ストロングリターン
スマイルジャック

2010年

ショウワモダン
スーパーホーネット
スマイルジャック

2009年

ウオッカ
ディープスカイ
ファリダット

2008年

ウオッカ
アルマダ
エイシンドーバー

2007年

ダイワメジャー
コンゴウリキシオー
ジョリーダンス

2006年

ブリッシュラック
アサクサデンエン
ジョイフルウィナー

2005年

アサクサデンエン
スイープトウショウ
サイレントウィット

2004年

ツルマルボーイ
テレグノシス
バランスオブゲーム

2003年

アグネスデジタル
アドマイヤマックス
ローエングリン

2002年

アドマイヤコジーン
ダンツフレーム
ミレニアムバイオ

2001年

ブラックホーク
ブレイクタイム
メイショウオウドウ

 

 

過去20年で上記60頭

 

-PR-

【NEXTランク】限定推薦馬~前走不利からお金になる馬を狙い撃ち~ 中間馬券収支報告と攻略ポイント

2021年6月4日


NEXTランクの2月~5月成績と応用馬券術を簡単にまとめました。

「単勝オッズ3.0倍以上」の条件を追加すると

単勝回収率 140.2%
複勝回収率 128.6%

後半も爆発できるようにがんばります。

 

58キロ以上での実績について

 

過去20年の60頭を見るとこれまでに58キロ以上を背負って好走した経験のある馬がほとんどでした。

58キロ以上を背負う機会が非常に少ない3〜4歳馬に関してはかなり高い壁になってしまいますが、

全馬共通した条件を馬名の横に記載していきます。

 

A 58キロ以上で1着経験有りor58キロ以上でG13着以内経験有り
B 57キロ以上で1着かつ58キロで重賞連対経験あり
C 過去にマイルG1を3着以内に好走
D 前走時点で馬体重500キロ以上
E 55キロ以上で重賞を勝利(牝馬)

 

グランアレグリア C
アーモンドアイ C
インディチャンプ A
インディチャンプ 4歳

アエロリット E
アーモンドアイ E
モズアスコット 4歳
アエロリット E
スワーヴリチャード D
サトノアラジン D
ロゴタイプ A
レッドファルクス A
ロゴタイプ B
モーリス A
フィエロ B
モーリス D
ヴァンセンヌ A
クラレント A
ジャスタウェイ A
グランプリボス A
ショウナンマイティ A
ロードカナロア A
ショウナンマイティ A
ダノンシャーク ー
ストロングリターン A
グランプリボス C
コスモセンサー D
リアルインパクト C
ストロングリターン A
スマイルジャック A
ショウワモダン A
スーパーホーネット A
スマイルジャック A
ウオッカ E
ディープスカイ B
ファリダット 4歳馬
ウオッカ E
アルマダ 外国馬
エイシンドーバー B
ダイワメジャー A
コンゴウリキシオー A
ジョリーダンス  E
ブリッシュラック 外国馬
アサクサデンエン A
ジョイフルウィナー 外国馬
アサクサデンエン A
スイープトウショウ E
サイレントウィット 外国馬
ツルマルボーイ B
テレグノシス A
バランスオブゲーム A
アグネスデジタル A
アドマイヤマックス 4歳馬
ローエングリン A
アドマイヤコジーン C
ダンツフレーム 4歳馬
ミレニアムバイオ 4歳馬
ブラックホーク A
ブレイクタイム D
メイショウオウドウ C

 

注目はほとんどの好走馬が待ち合わせているAとBの58キロ以上での好走実績の有無

 

A 58キロ以上で1着経験有りor58キロ以上でG13着以内経験有り
B 57キロ以上で1着かつ58キロで重賞連対経験あり

 

これに上記外国馬+牝馬で好走馬60頭中43頭を占めます。

 

そこに例外候補であるBとCの項目、

こちらは全体の11頭です。

 

あとは4歳馬で実績のなかった馬が6頭、

それと何一つ当てはまらなかったダノンシャークになります。

 

牝馬と外国馬を除けば58キロ以上の実績なしに安田記念を好走した馬は17頭しかいなかったと言う事実

今回こちらの実績がないのが、

 

サリオス DC

ギベオン D

ダイワキャグニー

カラテ D

ラウダシオン DC

カデナ

ダノンキングリー

ケイデンスコール C

シュネルマイスター C

カテドラル

 

 

どれも過去のマイルG1好走馬だったり戦歴の浅い4歳馬だったりと完全に消せる訳では有りませんが、

全体の72%は実績があっただけにここでの馬連や三連複の組み合わせは非常に薄いでしょう。

 

その4歳馬ですが、これまでの安田記念で57キロ以上を背負って優勝経験がなかった馬は3頭います。

 

グランアレグリア

インディチャンプ

モズアスコット

ファリダット

 

上記馬は面白いことに全馬マイル戦で0.5秒以上の圧勝(3馬身〜5馬身)経験がありました。

 

サリオス 朝日杯0.4秒差1着

ギベオン

ダノンキングリー 1勝クラス0.6秒差1着

ケイデンスコール

カテドラル

 

サリオスは許容範囲でしょう、ダノンキングリーも問題なし

気になるのは5番人気に支持されているケイデンスコールがこの実績をクリアしていないのは注目です。

 

 

過去20年で5番人気以下から好走した馬一覧

 

モズアスコット
アエロリット
サトノアラジン
ロゴタイプ
ロゴタイプ
フィエロ
クラレント
グランプリボス
ショウナンマイティ
ダノンシャーク
グランプリボス
コスモセンサー
リアルインパクト
ストロングリターン
ショウワモダン
スーパーホーネット
スマイルジャック
ファリダット
アルマダ
エイシンドーバー
ジョリーダンス
アサクサデンエン
ジョイフルウィナー
アサクサデンエン
スイープトウショウ
サイレントウィット
ツルマルボーイ
バランスオブゲーム
アドマイヤマックス
アドマイヤコジーン
ブラックホーク
ブレイクタイム
メイショウオウドウ

 

20年の好走馬60頭の内、

半数以上の33頭が5番人気以下から好走しています。

どれだけ波乱要素が強いレースなのかよくわかります。

20年以上続いた連続5番人気以下の好走も2年前は4−3−1、昨年は3-1-2と落ち着き傾向

 

好走馬の前走に共通点有り

 

これは上記馬の前走の着順と馬券外の馬の上がりです。

 

モズアスコット 2着
アエロリット 4着
サトノアラジン 9着 上がり2位
ロゴタイプ 3着
ロゴタイプ 2着
フィエロ 4着 上がり3位
クラレント 10着
グランプリボス 9着
ショウナンマイティ 5着 上がり3位
ダノンシャーク 3着
グランプリボス 7着 上がり2位
コスモセンサー 3着
リアルインパクト 3着
ストロングリターン 1着
ショウワモダン 1着
スーパーホーネット 9着
スマイルジャック 5着
ファリダット 3着
アルマダ 外国馬
エイシンドーバー 3着
ジョリーダンス 5着 上がり1位
アサクサデンエン 海外
ジョイフルウィナー 外国馬
アサクサデンエン 1着
スイープトウショウ 5着 上がり1位
サイレントウィット 外国馬
ツルマルボーイ 6着 上がり1位
バランスオブゲーム 4着
アドマイヤマックス 3着
アドマイヤコジーン 2着
ブラックホーク 3着
ブレイクタイム 2着
メイショウオウドウ 2着

 

前走海外だった馬や外国馬は後に重要になってくる東京コース実績を参照することができませんのでここでは外して考えます。

 

外国馬、海外馬遠征馬を除く上記30頭24頭が

 

『前走3着以内or上がり3位以内』

 

未達だった6頭は

 

アエロリット 東京マイルG1勝ち
クラレント 東京マイル重勝2勝 左回り重勝5勝 

グランプリボス 東京14、16重賞勝ち
スーパーホーネット 東京14、18重賞勝ち
スマイルジャック 東京マイル重賞勝ち 東京G1連対
ツルマルボーイ 東京18重賞勝ち 左回り重賞3勝

 

東京コース実績は必須

 

今年この条件を見渡すと…

 

ケイデンスコール

トーラスジェミニ

カデナ

 

この辺りは実績寂しく手が出ません。

 

5番人気以下好走馬の更なる激走ポイントは?

 

今回はマイル実績に注目してみました。

 

モズアスコット 2 マイル戦連対率100%
アエロリット 1 マイルG1勝ち マイル重賞連対3回
サトノアラジン 2 マイルG1好走なし(0.2秒差2回)
ロゴタイプ 3 マイルG1勝ち
ロゴタイプ 2 マイルG1勝ち
フィエロ 4
クラレント 5
グランプリボス 2 マイルG1勝ち
ショウナンマイティ 初
ダノンシャーク 2 マイル重賞連対3回
グランプリボス 5
コスモセンサー 5
リアルインパクト 0 マイルG1好走2回
ストロングリターン 3
ショウワモダン 4
スーパーホーネット 3
スマイルジャック 4
ファリダット 1
エイシンドーバー 2 東京マイルG1で上がり最速
ジョリーダンス 2 東京マイルG1で上がり最速
アサクサデンエン 5
アサクサデンエン 4
スイープトウショウ 0 マイルG1好走なし(0.2秒差1回)上がり2位以内率100%
ツルマルボーイ 0
バランスオブゲーム 0
アドマイヤマックス 1 新馬戦のみ(上がり最速0.7秒差圧勝)
アドマイヤコジーン 3 マイルG1馬
ブラックホーク 5
ブレイクタイム 0
メイショウオウドウ 0 マイルG13着上がり最速

 

赤=マイル戦3勝以上 13頭

オレンジ=マイル戦2勝以上+α 7頭

青=それ以外 10頭

 

ほとんどの馬がマイル実績が有りました、

昔はこの実績がなくとも好走できていましたが、過去16年に限れば

18頭が実績有り4頭に実績なしとその重要性は非常に高まっています。

 

早速今年の出走メンバーをみていきましょう。

 

ケイデンスコール 4勝

ダノンプレミアム 3勝

ラウダシオン 1勝 NHKマイル優勝

ダノンキングリー 2勝 条件戦以下

カテドラル 0勝

カラテ 4勝

ギベオン 0勝

ダイワキャグニー 1勝

トーラスジェミニ 3勝

カデナ 0勝

 

この実績を見る限りで5番人気以下から買えそうなのは、

 

ケイデンスコール 東京実績NG

ダノンプレミアム

ラウダシオン

カラテ

トーラスジェミニ 東京実績NG

 

今年5番人気以下から推薦したいのは赤く塗った3頭です。

 

2021年 安田記念の予想

 

◎グランアレグリア

◯人気ブログランキングへ公開中

▲ラウダシオン

☆カラテ

△サリオス

△シュネルマイスター

△ダノンプレミアム

 

まず◎はグランアレグリアで問題ないでしょう、アーモンドアイが現役引退した今のマイル路線に敵なしと思っています。

ラウダシオンとカラテに関しては上で書いた通りの穴馬データにピッタリはまりました。

ラウダシオンはNHKマイル優勝馬ですしカラテは馬場が渋った方がチャンスは確実に増えるので騎手ともに楽しみです。

サリオスはデータ残りも馬場は絶対に良馬場希望、マイナス要因でしかありませんのですこし下げました。

シュネルマイスターは思っている以上に人気なので抑えまで、8枠の成績が安田記念だと極端に悪いのが少し気がかり

ダノンプレミアムも穴馬データ該当馬ですが前年の天皇賞出走馬が、そこで連対できなかった場合、かなりの高確率で馬券外に飛んでいますので半信半疑、人気ないぶん抑え

グランアレグリアの対抗に◯ですが、このコース、距離に限れば逆転の目すら見えていると思います。

下記バナークリックで「絶対的軸馬の法則」紹介文に記載してあります。↓
(注:ブログランキング紹介文の変更から反映までに30分程度時間差があります)

↓人気ブログランキングはコチラ↓


中央競馬ランキング

応援クリック感謝しますm(_ _)m

無料メルマガ&激走ランク新聞