【宝塚記念】過去22年で上がり最速を記録した馬の詳細データと今年最も注目したい末脚とは

直前!千直情報アリ!
アイビスSDはココで攻略!

無料公開の穴馬
走る稼ぐ0円

土曜日は越後S爆当たりです!

━━━━━━━━━━━━━━

・越後S:6-9-7人気的中→3連単329,260円

・中京記念 3連単25,030円・函館記念   3連単201,170円

・七夕賞  3連単64,440円・プロキオンS 3連単46,830円

・宝塚記念 3連単13,340円・安田記念  3連単110,420円

・優駿牝馬 3連単532,180円。。etcetc

━━━━━━━━━━━━━━



━━━━━━━━━━━━━━

選んだ穴馬がドンピシャ!

・福島TVOP14人気・安達太良S10人気

・阿武隈S  12人気・マカオJCT8人気

・CBC賞  6人気・さくらんぼ特別7人気

・パラダイスS10人気・TVh賞 6,7,9人気

・朱雀S   15人気・目黒記念 15人気

↑全部答えが書いてありました(無料)

━━━━━━━━━━━━━━

25日穴馬(無料公開中)

苗場特別  1頭

北海HC  2頭
UHB杯  1頭

アイビスSD 的中/回収S

━━━━━━━━━━━━━━

無料で即チェックおすすめ↓

アイビスSD選定馬情報

アイビスSDは的中セレクト・回収セレクトでベタ乗り!

昨年アイビスSD9番人気ビリーバーこんな馬が隠れているかもです!!

宝塚記念を上がり最速で好走した馬一覧

 

2020年 クロノジェネシス 1
2019年 リスグラシュー 2着
2018年 ミッキーロケット 1着(国内最速)
2018年 ワーザー 2着(国外最速)
2017年 サトノクラウン 1着
2017年 ゴールドアクター 2着
2016年 ドゥラメンテ 2着

2015年 デニムアンドルビー 2着
2014年 ゴールドシップ 1着
2013年 ゴールドシップ 1着
2012年 オルフェーヴル 1着
2011年 ブエナビスタ 2着
2010年 ナカヤマフェスタ 1着
2009年 ドリームジャーニー 1着
2008年 メイショウサムソン 2着
2007年 アドマイヤムーン 1着
2005年 ハーツクライ 2着
2003年 ツルマルボーイ 2着
2002年 ツルマルボーイ 2着
2001年 テイエムオペラオー 2着
2000年 テイエムオペラオー 1着
1999年 グラスワンダー 1着

 

京都開催を除く22年

まずは以下を見て下さい。

 

2020年 クロノジェネシス 京都記念 上がり1位1着
2019年 リスグラシュー 金鯱賞 上がり1位2着
2018年 ミッキーロケット 無し
2017年 サトノクラウン 無し
2017年 ゴールドアクター 無し (阪神コース初出走)
2016年 ドゥラメンテ ダービー 上がり2位1着

2015年 デニムアンドルビー 阪神大賞典 上がり2位2着
2014年 ゴールドシップ 阪神大賞典 上がり1位1着
2013年 ゴールドシップ 阪神大賞典 上がり2位1着
2012年 オルフェーヴル 阪神大賞典 上がり1位2着
2011年 ブエナビスタ ヴィクトリアマイル 上がり1位2着
2010年 ナカヤマフェスタ 無し
2009年 ドリームジャーニー 大阪杯 上がり2位1着
2008年 メイショウサムソン 天皇賞春 上がり2位2着
2007年 アドマイヤムーン 京都記念 上がり2位1着
2005年 ハーツクライ 大阪杯 上がり1位2着
2004年 ツルマルボーイ 金鯱賞 上がり1位2着
2002年 ツルマルボーイ 金鯱賞 上がり1位1着
2001年 テイエムオペラオー 無し
2000年 テイエムオペラオー 天皇賞春 上がり2位1着
1999年 グラスワンダー 安田記念 上がり2位2着

 

これは国内戦の前2走の上がりと重賞好走歴を記録したものです。

21頭中16頭に、

 

国内戦前2走以内に上がり2位以内で重賞連対経験

 

また、「無し」と書いた5頭

 

ミッキーロケット

ゴールドアクター

サトノクラウン

ナカヤマフェスタ

テイエムオペラオー

 

これらはゴールドアクターを除く全馬、

 

過去にG1で上がり最速で5着以内を経験
または
阪神コースでG2以上含む上がり最速率50%以上

 

上がり最速必須条件として、3つのポイントが挙げられます。

 

過去の上がり最速馬クリア条件

A 国内戦前2走以内に上がり2位以内で重賞連対経験
B 上記に該当しない場合は過去にG1で上がり最速5着以内を経験
C 上記に該当しない場合は
阪神コースでG2以上含む上がり最速率50%以上

 

そして、Bの項目は2002年のG1初挑戦となったツルマルボーイ以外は全馬該当

そのツルマルボーイは上がり馬らしく、

 

前2走とも上がり最速&前2走とも1着

 

ゴールドアクターは、

 

阪神コース未出走で前年の有馬記念を3着以内で好走

 

この2ポイントあたりは例外候補になりそうです。

 

そしてもう1つ共通点が、

それは全馬

 

4歳もしくは5歳だった

 

上がり最速馬が馬券にならなかった唯一の年、

2004年

2002年→ツルマルボーイ4歳上がり最速で好走
2003年→ツルマルボーイ5歳上がり最速で好走
2004年→ツルマルボーイ6歳上がり最速で凡走

その2004年の上がり2位で突っ込んできたのが、

 

4歳馬 リンカーン

 

このリンカーンは上記条件をクリアしていた馬でした。

 

今年のメンバーを見ていきましょう。

 

まずは、

国内戦前2走以内に上がり2位以内で重賞連対経験

 

レイパパレ

クロノジェネシス

カレンブーケドール

モズベッロ

 

上記に該当しない場合は過去にG1で上がり最速5着以内を経験

上記に該当しない場合は阪神コースでG2以上含む上がり最速率50%以上

 

メロディーレーン

カデナ

アリストテレス

キセキ

 

今年はこれだけの該当馬がいます。

更にここから選別していきたいと思います。

 

リスグラシュー ドバイシG1 2着
リスグラシュー QE2G1 3着

ワーザー ライオG3 6着
サトノクラウン 大阪杯G1 6着
ゴールドアクター 天皇賞春G1 7着
ドゥラメンテ DSCG1 2着
デニムアンドルビー 天皇賞春G1 10着
ゴールドシップ 天皇賞春G1 7着
ゴールドシップ 天皇賞春G1 5着
オルフェーヴル 天皇賞春G1 11着
ブエナビスタ ヴィクトG1 2着
ナカヤマフェスタ メトロポH 1着
ドリームジャーニー 天皇賞春G1 3着
メイショウサムソン 天皇賞春G1 2着
アドマイヤムーン クイーG1 3着
ディープインパクト 天皇賞春G1 1着
ハーツクライ 天皇賞春G1 5着
ツルマルボーイ 金鯱賞G2 2着
ツルマルボーイ 金鯱賞G2 1着
テイエムオペラオー 天皇賞春G1 1着
テイエムオペラオー 天皇賞春G1 1着
グラスワンダー 安田記念G1 2着

 

まずはナカヤマフェスタ以外は全馬前走G1でした、

2200mの非根幹G2での優勝経験あり。

 

更に前走馬券外だった馬は、

デニムアンドルビーを除き非根幹距離である2200mのG2もしくは非根幹G1の有馬記念2500mで優勝経験あり。

そのデニムアンドルビーは2200mG1エリザベス女王杯で上がり最速経験あり。

 

メロディーレーン

カデナ

キセキ

 

この3頭が脱落

 

私が個人的に注目しているのは上がりのタイムです。

 

デニムアンドルビー 34.0
ドリームジャーニー 34.3
ブエナビスタ 34.5
ツルマルボーイ 34.5
オルフェーヴル 34.7
ディープインパクト 34.9
テイエムオペラオー 35.0
グラスワンダー 35.1
リスグラシュー 35.2
ゴールドシップ 35.2
ゴールドシップ 35.2
ハーツクライ 35.2
ワーザー 35.3
サトノクラウン 35.4
ゴールドアクター 35.4
ツルマルボーイ 35.6
テイエムオペラオー 35.7
ナカヤマフェスタ 35.8
ドゥラメンテ 36.1
アドマイヤムーン 36.2
クロノジェネシス 36.3
メイショウサムソン 36.9

 

一番速いのでデニムアンドルビーの34秒

一度も33秒台はいないんですよね、全体の平均は35.2

中央値もゴールドシップの35.2です。

 

東京や京都でのヨーイドンの33秒瞬発力勝負よりは、

中山のコーナーを回りながら上がりを使ったり阪神のパワーが求められる坂などで実績のある馬が好走傾向です。

 

となるとやはり上がり35秒以上のときの成績が飛び抜けているクロノジェネシスが一番の注目馬でしょう。

 

クロノジェネシス(国内全重賞レース)

〜33秒台 2着 1着 3着 5着 3着
34秒前半 1着 2着
34秒後半
35秒以上 3着 1着 1着 1着 2着

 

そしてこの馬に注目するのがもう一つあります、

母数は少ないのですが連対率100%のデータの該当しています。

その条件と過去の好走数を明記しておきますのでブログランキング紹介文を要チェック!

下記バナークリックで「絶対的軸馬の法則」紹介文に記載してあります。↓
(注:ブログランキング紹介文の変更から反映までに30分程度時間差があります)

↓人気ブログランキングはコチラ↓


中央競馬ランキング

応援クリック感謝しますm(_ _)m

無料メルマガ&激走ランク新聞