【天皇賞秋】予想 過去20年で天皇賞秋を好走できた全馬共通点データから買える馬が今年は一目瞭然

◎完全バーチャル競馬場!

エリ女3連複56万新チャート機能



─────────────────────

読者さんから中身はどうなってんの?!

と検証依頼いただき中身をチェック!

そしたら結論収支MAX状態を教えてくれてます。
今週21日+地方も見てたらこんな感じ!

─────────────────────



─────────────────────

簡単に言うと・・・・

メルマガ受信=狙い目=収支MAX
これが買い時かなと!
答え合わせで的中実績みると・・

今週園田・浦和もいい感じ



─────────────────────


なんなんでしょうね!このシステム!

まず見てみてください。

使い方わからない場合はサポ―トに連絡

無料メルマガ登録はコチラ
FXみたいな感じで今これ面白いです!
リアルタイム掲示板で他会員の発言とか見れるので
なんかバーチャル競馬場!みたいな感じです。

過去10年の好走馬

 

馬名 人気
2020年 1着 アーモンドアイ 1人気
2着 フィエールマン 5人気
3着 クロノジェネシス 2人気
2019年 1着 アーモンドアイ 1人気
2着 ダノンプレミアム 3人気
3着 アエロリット 6人気
2018年 1着 レイデオロ 2人気
2着 サングレーザー 4人気
3着 キセキ 6人気
2017年 1着 キタサンブラック 1人気
2着 サトノクラウン 2人気
3着 レインボーライン 13人気
2016年 1着 モーリス 1人気
2着 リアルスティール 7人気
3着 ステファノス 6人気
2015年 1着 ラブリーデイ 1人気
2着 ステファノス 10人気
3着 イスラボニータ 6人気
2014年 1着 スピルバーグ 5人気
2着 ジェンティルドンナ 2人気
3着 イスラボニータ 1人気
2013年 1着 ジャスタウェイ 5人気
2着 ジェンティルドンナ 1人気
3着 エイシンフラッシュ 3人気
2012年 1着 エイシンフラッシュ 5人気
2着 フェノーメノ 1人気
3着 ルーラーシップ 2人気
2011年 1着 トーセンジョーダン 7人気
2着 ダークシャドウ 2人気
3着 ペルーサ 6人気

 

過去10年で上記30頭

さすがの顔ぶれですね、8番人気以降が好走したのが2回のみと比較的堅いレース

 

過去20年で6歳以上で好走した馬

 

2013年 3着 エイシンフラッシュ

2009年 1着 カンパニー

2007年 3着 カンパニー

2002年 2着 ナリタトップロード

 

過去20年で上記4頭

かなり少ないです。ちなみに凡走した馬の数20年で

100頭以上

現在は8年前まで遡らなければ好走馬はいませんし基本的にはかなり厳しいです。

 

好走した馬の前走

 

エイシンフラッシュ 毎日王冠4番人気1着

カンパニー 毎日王冠4番人気1着

カンパニー 関屋記念1番人気1着

ナリタトップロード 京都大賞典1番人気1着

 

もうほぼ結論になってしまうのですが、

見ての通り、全馬前走重賞で1着です。

G1を使っていないというのも1つのポイントですかね、人気もそれなりに支持されています。

 

さらにもう一つだけ付け加えるとしたらこれです。

 

エイシンフラッシュ 前走上がり3位

カンパニー 前走上がり1位

カンパニー 前走上がり1位

ナリタトップロード 前走上がり1位

 

2013年のエイシンフラッシュが好走するまでは前走G2~3を上がり最速で1着が条件でした。

なかなかここまでの条件になると該当馬は少なく、該当馬がいた場合、逆に買いだったりします。

 

今年の該当馬を見てみましょう。

 

カデナ

トーセンスーリヤ

サンレイポケット

ムイトオブリガード

ペルシアンナイト

ユーキャンスマイル

 

御存知の通り今年前走勝ち馬はワールドプレミアとヒシイグアスの2頭だけ、

6歳以上での勝ち馬はいません。

このままだと過去20年

100頭以上が馬群に沈んだパターンです。

 

保険をかけて更に細部まで見ていくと、

これまで好走してきた4頭は2007年こカンパニー(年内で1走しかしていなかった)を除けば、リピーターか同年のG1で3着以内の好走がありました。

今年は全馬複数走っていますし、過去に好走したリピーターもいません。

そうなると同年のG1好走はほしいところですがこちらも満たす馬は存在せず、6歳以上は問答無用の消しとなります。

 

過去20年で好走した5歳馬一覧

 

2020年 アーモンドアイ 1着
2020年 フィエールマン 2着
2019年 アエロリット 3着

2017年 キタサンブラック 1着
2017年 サトノクラウン 2着
2016年 モーリス 1着
2016年 ステファノス 3着
2015年 ラブリーデイ 1着
2014年 スピルバーグ 1着
2014年 ジェンティルドンナ 2着
2012年 エイシンフラッシュ 1着
2012年 ルーラーシップ 3着
2011年 トーセンジョーダン 1着
2010年 アーネストリー 3着
2009年 スクリーンヒーロー 2着
2009年 ウオッカ 3着
2006年 ダイワメジャー 1着
2006年 スウィフトカレント 2着
2005年 ヘヴンリーロマンス 1着
2005年 ゼンノロブロイ 2着
2003年 ツルマルボーイ 2着
2003年 テンザンセイザ 3着
2001年 テイエムオペラオー 2着
2001年 メイショウドトウ 3着

 

過去20年で上記24頭

占有率で見ると4歳馬の次に良く走る5歳馬

 

好走馬の前走

 

アーモンドアイ 安田記念 1人気2着
フィエールマン 天皇賞春 1番人気1着
アエロリット 毎日王冠G2 2人気 2着

キタサンブラック 宝塚記念G1 1人気 9着
サトノクラウン 宝塚記念G1 3人気 1着
モーリス 札幌記念G2 1人気 2着
ステファノス 毎日王冠G2 2人気 5着
ラブリーデイ 京都大賞G2 1人気 1着
スピルバーグ 毎日王冠G2 5人気 3着
ジェンティルドンナ 宝塚記念G1 3人気 9着
エイシンフラッシュ 毎日王冠G2 2人気 9着
ルーラーシップ 宝塚記念G1 2人気 2着
トーセンジョーダン 札幌記念G2 1人気 1着
アーネストリー 札幌記念G2 1人気 1着
スクリーンヒーロー 宝塚記念G1 6人気 5着
ウオッカ 毎日王冠G2 1人気 2着
ダイワメジャー 毎日王冠G2 3人気 1着
スウィフトカレント オールカG2 3人気 4着
ヘヴンリーロマンス 札幌記念G2 9人気 1着
ゼンノロブロイ インタG1 2着
ツルマルボーイ 宝塚記念G1 8人気 2着
テンザンセイザ 毎日王冠G2 8人気 5着
テイエムオペラオー 京都大賞G2 1人気 2着
メイショウドトウ 宝塚記念G1 2人気 1着

 

これ凄く面白くて過去20年の好走馬全部が前走「G1かG2」なんです。

この天皇賞秋での5歳馬は本当に特徴的でもっとも安定感のある組でもあります。

前走ですが、

過去20年で全馬2桁着順 ナシ

過去20年で全馬2桁人気 ナシ

過去20年でG3以下出走 ナシ

 

今年の5歳馬を見てみましょう。

 

モズベッロ 前走G2 6人気13着

ワールドプレミア 前走G1 3人気1着

グランアレグリア 前走G1 1人気2着

カイザーミノル 前走G2 12人気5着

ラストドラフト 前走G2 11人気13着

カレンブーケドール 前走G1 3人気4着

ヒシイグアス 前走G2 1人気1着

 

ここで少しきになるのがヒシイグアスの前走が2月という点

5歳馬で前走安田記念より前のローテから走ったのは昨年のフィエールマンが初の出来事

そのフィエールマンはG1すでに3勝、ワールドプレミアも2勝してますから遜色ないと思います。

長期休み明けからの好走はこの「G1実績」が必須で

5歳の枠を取って全体でみてもフィエールマン、ペルーサ、ダイワスカーレットくらいで

フィエールマンは先に書いたように3勝、ペルーサは前年の連対馬、ダイワスカーレットもクラシック優勝馬と

どの方面からみても確実に実績不足に映ります。

なのでこの組から買えるのは赤く塗った3頭とします。

 

過去20年で好走した4歳馬一覧

 

2020年 3着 クロノジェネシス
2019年 1着 アーモンドアイ

2019年 2着 ダノンプレミアム
2018年 1着 レイデオロ
2018年 2着 サングレーザー
2018年 3着 キセキ
2017年 3着 レインボーライン
2016年 2着 リアルスティール
2015年 2着 ステファノス
2015年 3着 イスラボニータ
2013年 1着 ジャスタウェイ
2013年 2着 ジェンティルドンナ
2011年 2着 ダークシャドウ
2011年 3着 ペルーサ
2010年 1着 ブエナビスタ
2008年 1着 ウオッカ
2008年 2着 ダイワスカーレット
2007年 1着 メイショウサムソン
2007年 2着 アグネスアーク
2005年 3着 ダンスインザムード
2004年 1着 ゼンノロブロイ
2004年 3着 アドマイヤグルーヴ
2003年 1着 シンボリクリスエス
2001年 3着 サンライズペガサス
2001年 1着 アグネスデジタル
2000年 1着 テイエムオペラオー

 

20年で上記26頭

天皇賞秋では一番走る年代です。

後数ヶ月で5歳馬になるグループです、他は5歳馬があと数ヶ月で6歳馬とそのあたりも関係してくるかもしれません。

 

好走馬の前走

 

クロノジェネシス 宝塚記念G1 2人気 1着
アーモンドアイ 安田記念G1 1人気 3着
ダノンプレミアム 安田記念G1 2人気 16着
レイデオロ オールカG2 1人気 1着
サングレーザー 札幌記念G2 2人気 1着
キセキ 毎日王冠G2 6人気 3着
レインボーライン 宝塚記念G1 7人気 5着
リアルスティール 安田記念G1 2人気 11着
ステファノス 毎日王冠G2 6人気 7着
イスラボニータ 毎日王冠G2 7人気 3着
ジャスタウェイ 毎日王冠G2 6人気 2着
ジェンティルドンナ 宝塚記念G1 1人気 3着
ダークシャドウ 毎日王冠G2 1人気 1着
ペルーサ 天皇賞春G1 4人気 8着
ブエナビスタ 宝塚記念G1 1人気 2着
ウオッカ 毎日王冠G2 1人気 2着
ダイワスカーレット 産経大阪G2 1人気 1着
メイショウサムソン 宝塚記念G1 2人気 2着
アグネスアーク 毎日王冠G2 5人気 2着
ダンスインザムード 府中牝馬G3 2人気 8着
ゼンノロブロイ 京都大賞G2 1人気 2着
アドマイヤグルーヴ 京都大賞G2 2人気 4着
シンボリクリスエス 宝塚記念G1 1人気 5着
サンライズペガサス 毎日王冠G2 1人気 4着
アグネスデジタル マイルG1 1人気 1着
テイエムオペラオー 京都大賞G2 1人気 1着

 

前走2番人気以内が最も多く赤く塗った20頭

次に馬券内だった緑の4頭

それ以外の青く塗った3頭

 

赤の今年の該当4歳馬は、

 

コントレイル

 

この馬のみとなり、ここまでの好走馬からすると大チャンスの1頭

 

緑の該当は

 

ポタジェ

 

こちらも前走馬券内で問題なし

 

青く塗った3頭を見ていきましょう。

 

レインボーライン 菊花賞連対
ステファノス 同年海外G1連対
ペルーサ 前年の天皇賞秋連対

 

G1実績は必須

そして全馬に東京重賞勝ちかG1好走の実績がありました。

 

本来ならここで何頭か消えるのですが、今年の4歳馬がこの2頭しかいませんので削れるのはここまで

 

2021年 天皇賞秋の予想

 

◎人気ブログランキングへ公開中

○エフフォーリア

▲コントレイル

☆ポタジェ

 

まず第一に今年は人気のない穴馬が突っ込んでくるような波乱の展開は考えにくいです。

ただでさえ3強といわれ穴馬の席は通常よりも狭いと思います。

そんな中で一番大切なのは少ない点数でどれだけ取れるかだと思うので究極にしぼりました。

まずこのレースは関東馬が圧倒的に強いです。

 

過去10年

関東馬 5-4-4-47
関西馬 5-6-6-85

 

倍近く走っていますが好走馬に大差なく、好走率では大きく関西馬を上回ります。

この点も含め現在1番人気の1コントレイルは1段評価下げ、更には直前の雨予報が入ってきたこともあり

1枠を引いてしまったこの馬にとっては飛ぶ条件が揃ったかなという印象

もちろん天皇賞で1番人気が飛ぶということは過去20年でたったの4回、好走率にすると80%ですので本来好走して当たり前だと思います。

ましてや無敗の3冠馬、当然これまでの1番人気よりも1枚も2枚も上の馬だと思います。

このコントレイルに少し不安要素を感じるなら代わりに突っ込んでくるのは3歳馬のエフフォーリアでしょう。

3歳馬はこの馬だけ、4歳馬もコントレイルとポタジェだけ、ちなみに天皇賞秋で3~4歳馬が馬券にならなかった年は一度もありません。

ポタジェは重賞未勝利で本来手が出にくいですが4歳馬のアドバンテージ、キレ負けしているので少しでも渋った方が良さそうなタイプ

馬名は書きませんがここまでの考察で残った2頭については目標が先で陣営も公言しているとおり前哨戦との位置付け、かなり余裕があるとのことで絞るために思い切って消しました。

今回の◎は雨予報前から決まっていましたが距離よりもラップで分析するとこの東京2000mに一番ハマるのはこの馬だと思っています。

データ面でも同年のG1で勝っていた◯◯に限定すればここ10年で2-1-1-0とまず馬券外は考えにくいです。

先に行った関東馬というのもあって今年の◎と◯のどちらかが優勝馬だと思います。

キーワードはブログランキング紹介文に書いておきますので応援の1クリック宜しくお願いします。

下記バナークリックで「絶対的軸馬の法則」紹介文に記載してあります。↓
(注:ブログランキング紹介文の変更から反映までに30分程度時間差があります)

↓人気ブログランキングはコチラ↓


中央競馬ランキング

応援クリック感謝しますm(_ _)m

無料メルマガ&激走ランク新聞