【マイルCS】予想 過去21年の年齢別好走データから買える馬が一目稜線!穴人気馬もバッサリ消し!

◎完全バーチャル競馬場!

エリ女3連複56万新チャート機能



─────────────────────

読者さんから中身はどうなってんの?!

と検証依頼いただき中身をチェック!

そしたら結論収支MAX状態を教えてくれてます。
今週21日+地方も見てたらこんな感じ!

─────────────────────



─────────────────────

簡単に言うと・・・・

メルマガ受信=狙い目=収支MAX
これが買い時かなと!
答え合わせで的中実績みると・・

今週園田・浦和もいい感じ



─────────────────────


なんなんでしょうね!このシステム!

まず見てみてください。

使い方わからない場合はサポ―トに連絡

無料メルマガ登録はコチラ
FXみたいな感じで今これ面白いです!
リアルタイム掲示板で他会員の発言とか見れるので
なんかバーチャル競馬場!みたいな感じです。

過去10年の好走馬

 

馬名 人気
2020年 1着 グランアレグリア 1人気
2着 インディチャンプ 3人気
3着 アドマイヤマーズ 5人気
2019年 1着 インディチャンプ 3人気
2着 ダノンプレミアム 1人気
3着 ペルシアンナイト 6人気
2018年 1着 ステルヴィオ 5人気
2着 ペルシアンナイト 3人気
3着 アルアイン 4人気
2017年 1着 ペルシアンナイト 4人気
2着 エアスピネル 2人気
3着 サングレーザー 7人気
2016年 1着 ミッキーアイル 3人気
2着 イスラボニータ 2人気
3着 ネオリアリズム 7人気
2015年 1着 モーリス 4人気
2着 フィエロ 2人気
3着 イスラボニータ 1人気
2014年 1着 ダノンシャーク 8人気
2着 フィエロ 3人気
3着 グランデッツァ 9人気
2013年 1着 トーセンラー 2人気
2着 ダイワマッジョーレ 3人気
3着 ダノンシャーク 1人気
2012年 1着 サダムパテック 4人気
2着 グランプリボス 1人気
3着 ドナウブルー 5人気
2011年 1着 エイシンアポロン 5人気
2着 フィフスペトル 11人気
3着 サプレザ 4人気

 

過去10年で上記30頭、昨年から阪神開催

 

過去21年でマイルCSを3歳で好走した馬

 

2018年 ステルヴィオ
2017年 ペルシアンナイト
2017年 サングレーザー
2010年 ゴールスキー
2005年 ラインクラフト
2004年 ダンスインザムード
2003年 ギャラントアロー
2000年 アグネスデジタル
2000年 ダイタクリーヴァ

 

21年で上記9頭のみ

実に77頭が3歳でマイルCSにチャレンジして好走できたのがわずか9頭となります。

 

好走馬の前走

 

ステルヴィオ 毎日王冠G2 3人気 2着
ペルシアンナイト 富士SG3 2人気 5着
サングレーザー スワンSG2 2人気 1着
ゴールスキー 清水SH1600 1人気 1着
ラインクラフト 秋華賞G1 1人気 2着
ダンスインザムード 天皇賞秋G1 13人気 2着
ギャラントアロー スワンSG2 11人気 1着
アグネスデジタル 武蔵野SG3 4人気 2着
ダイタクリーヴァ 富士SG3 4人気 3着

 

前走馬券外はペルシアンナイトのたった1頭

この馬を基準にすると1つ見えてくるものがあります。

それは前走の勝ち馬以外、全馬クラシック出走経験があることです。

 

ステルヴィオ クラシック出走経験あり
ペルシアンナイト クラシック出走経験あり
ラインクラフト クラシック出走経験あり
ダンスインザムード クラシック出走経験あり
アグネスデジタル 例外
ダイタクリーヴァ クラシック出走経験あり

 

アグネスデジタルを例外としたのはデビューからダート路線で勝ち上がってきた同馬にはクラシックとは程遠いローテーション、さらにマイルCSに参戦する直近の4走も全てダートだった為例外としました。

それ以外の前走2着以下だった馬は全馬例外なくクラシック出走経験あり

そこでさらに面白いものを見ました。

 

ステルヴィオ クラシック好走なし→朝日杯FS連対
ペルシアンナイト 皐月賞連対
ラインクラフト 桜花賞優勝
ダンスインザムード 桜花賞優勝
ダイタクリーヴァ 皐月賞連対

 

クラシック出走も好走がなかったステルヴィオにはそれ以前にマイルG1にて連対があり、

ほかの馬達は偶然にもクラシックの中でも一番短い距離に連対がありました。

この21年の歴史で77頭が走ってわずかに生き残ったこの9頭に揃った偶然だと言えるでしょうか…

とても面白いデータだと思います。

 

今年の3歳馬は

 

ホウオウアマゾン

シュネルマイスター

グレナディアガーズ

ダノンザキッド

リプレーザ

 

上から整理整頓していくと

 

前走勝ち馬

シュネルマイスター

 

前走2着以下

ホウオウアマゾン クラシック経験なし(朝日杯、NHKマイル好走なし)

グレナディアガーズ クラシック経験なし(朝日杯優勝+NHKマイル3着)

ダノンザキッド クラシック出走(皐月賞馬券外)

リプレーザ クラシック出走なし(その他出走なし)

 

ここまでのマイルCSの長い歴史で、青く塗った3頭は完全に消しと判断します。

今年買える3歳馬はシュネルマイスターグレナディアガーズの2頭のみ

 

過去21年4歳で好走した馬

 

2020年 グランアレグリア
2020年 アドマイヤマーズ
2019年 インディチャンプ

2019年 ダノンプレミアム
2018年 ペルシアンナイト
2018年 アルアイン
2017年 エアスピネル
2015年 モーリス
2015年 イスラボニータ
2013年 ダイワマッジョーレ
2012年 サダムパテック
2012年 グランプリボス
2012年 ドナウブルー
2011年 エイシンアポロン
2010年 ダノンヨーヨー
2009年 マイネルファルケ
2009年 サプレザ
2007年 スーパーホーネット
2006年 シンボリグラン
2005年 ハットトリック
2005年 ダイワメジャー
2003年 デュランダル
2003年 ファインモーション
2002年 リキアイタイカン
2001年 ゼンノエルシド
2001年 エイシンプレストン

 

全体の好走馬の3分の1以上を占める26頭が過去20年の好走馬です。

到底この4歳馬を無視した馬券は考えられません。

 

好走馬の前走

 

グランアレグリア スプリG1 1人気 1着
アドマイヤマーズ スワンS 2人気 3着
インディチャンプ 毎日王冠G2 3人気 3着

ダノンプレミアム 天皇賞秋G1 3人気 2着
ペルシアンナイト 富士SG3 4人気 5着
アルアイン 天皇賞秋G1 5人気 4着
エアスピネル 富士SG3 1人気 1着
モーリス 安田記念G1 1人気 1着
イスラボニータ 天皇賞秋G1 6人気 3着
ダイワマッジョーレ スワンSG2 4人気 2着
サダムパテック 天皇賞秋G1 10人気 8着
グランプリボス スワンSG2 3人気 1着
ドナウブルー 府中牝馬G2 1人気 3着
エイシンアポロン 富士SG3 1人気 1着
ダノンヨーヨー 富士SG3 2人気 1着
マイネルファルケ 富士SG3 5人気 9着
サプレザ サンチG1 人気不明 1着
スーパーホーネット スワンSG2 3人気 1着
シンボリグラン スワンSG2 8人気 2着
ハットトリック 天皇賞秋G1 11人気 7着
ダイワメジャー 毎日王冠G2 1人気 5着
デュランダル スプリンG1 5人気 1着
ファインモーション 毎日王冠G2 1人気 7着
リキアイタイカン スワンSG2 9人気 2着
ゼンノエルシド スプリンG1 1人気 10着
エイシンプレストン 毎日王冠G2 5人気 1着

 

一番走るのはやはり前走5番人気以内かつ馬券内の馬

青く塗った馬券外だった馬は、

 

ペルシアンナイト 皐月賞2着
アルアイン 皐月賞1着
サダムパテック 皐月賞2着
マイネルファルケ 不明
ハットトリック マイル戦5勝
ダイワメジャー 皐月賞1着
ファインモーション 秋華賞1着
ゼンノエルシド スプリンターズS1番人気

 

面白いことに皐月賞(クラシック連対馬)が8分の5頭と最多

マイル巧者だったハットトリックや前走G1を1番人気していたゼンノエルシドはわかり易いですが、

マイネルファルケだけはもう降参です、マイル実績もなくクラシックも無縁で正直好走理由がわかりません。

後に同馬は障害馬としてデビューしているあたりを考えても、当日は逃げて残った形なのでよほど展開が向いた以外に理解できる要素はないです。

 

被る馬もいますが、前走6番人気以下だった馬も5頭います。

 

イスラボニータ 皐月賞1着
サダムパテック 皐月賞2着
シンボリグラン 高松宮記念1番人気
ハットトリック マイル5勝
リキアイタイカン 前走上がり最速で連対

 

ここでも皐月賞が1つの基準で、クラシックに無縁の馬は別の場所で実績がありました。

それの代表的なのがゼンノエルシドシンボリグランの同年のマイル以下G1にて1番人気に支持された経験があった馬

この2つの条件から漏れる4歳馬は過去20年でたった3頭しかいません。

それがハットトリックマイネルファルケリキアイタイカンです。

そしてこれらの馬はもっとも新しいハットトリックで15年前の話

ここ最近ではほとんどの4歳馬が上記2つをクリアして好走しています。

更に言うならば同年のマイル以下G1についてはゼンノエルシドとシンボリグランも14年以上前の話

基本的には皐月賞が基準になることは間違いないと思います。

 

今年の4歳馬は

 

サリオス

ダーリントンホール

ロータスランド

 

今年は全馬が前走馬券外の馬

この中で皐月賞の実績があるのはサリオスのみ

ダーリントンホールは前走11番人気で馬券外、過去にG1の実績もなくマイルで3着以内もなし

ロータスランドは前走G1以外で2桁着順とこれまでの20年で1頭も好走馬が出てきてないパターン

4歳馬で今年買えるのは

 

サリオス

 

この馬のみ

 

過去21年でマイルCSを好走した5歳馬

 

2020年 インディチャンプ
2019年 ペルシアンナイト

2016年 ミッキーアイル
2016年 イスラボニータ
2016年 ネオリアリズム
2014年 フィエロ
2014年 グランデッツァ
2013年 トーセンラー
2013年 ダノンシャーク
2011年 フィフスペトル
2010年 エーシンフォワード
2008年 ブルーメンブラット
2008年 スーパーホーネット
2008年 ファイングレイン
2007年 スズカフェニックス
2006年 ダイワメジャー
2006年 ダンスインザムード
2004年 デュランダル
2004年 テレグノシス
2002年 エイシンプレストン
2001年 タイキトレジャー
2000年 メイショウオウドウ

 

21年で上記22頭

全体のおよそ3分の1で4歳馬同様に非常にこの部類は走ります。

 

好走馬の前走

 

インディチャンプ 安田記念G1 2人気 3着
ペルシアンナイト 毎日王冠G2 4人気 4着

ミッキーアイル スプリンG1 2人気 2着
イスラボニータ 富士SG3 4人気 2着
ネオリアリズム 札幌記念G2 5人気 1着
フィエロ スワンSG2 2人気 3着
グランデッツァ 毎日王冠G2 2人気 5着
トーセンラー 京都大賞G2 2人気 3着
ダノンシャーク 富士SG3 1人気 1着
フィフスペトル スプリンG1 6人気 6着
エーシンフォワード スワンSG2 1人気 8着
ブルーメンブラット 府中牝馬G3 4人気 1着
スーパーホーネット 毎日王冠G2 2人気 1着
ファイングレイン スワンSG2 7人気 5着
スズカフェニックス スプリンG1 2人気 9着
ダイワメジャー 天皇賞秋G1 4人気 1着
ダンスインザムード 天皇賞秋G1 5人気 6着
デュランダル スプリンG1 2人気 2着
テレグノシス 天皇賞秋G1 2人気 11着
エイシンプレストン 天皇賞秋G1 5人気 8着
タイキトレジャー スワンSG2 4人気 2着
メイショウオウドウ 天皇賞秋G1 9人気 10着

 

実に22頭中16頭が前走2番人気以内か2着以内でした。

そこから外れる6頭

 

ペルシアンナイト 毎日王冠G2 4人気 4着
フィフスペトル スプリンG1 6人気 6着
ファイングレイン スワンSG2 7人気 5着
ダンスインザムード 天皇賞秋G1 5人気 6着
エイシンプレストン 天皇賞秋G1 5人気 8着
メイショウオウドウ 天皇賞秋G1 9人気 10着

 

ペルシアンナイト 皐月賞2着
フィフスペトル 朝日杯FS2着
ファイングレイン 高松宮記念1着 NHKマイル2着
ダンスインザムード 桜花賞1着
エイシンプレストン 朝日杯FS1着
メイショウオウドウ なし

 

21年前に重馬場で開催されたマイルCSで3着になったメイショウオウドウを除けば、綺麗にG1実績があることが分かります。

前走の着順としてはスワンS1を1番人気だったエーシンフォワード(同年の高松宮記念3着)以外はG2以下で全馬掲示板だったことも見て分かります。

 

今年の該当馬を見てみましょう。

 

クリノガウディー

ケイデンスコール

カテドラル

グランアレグリア

サウンドカナロア

 

まずは前走2着以内or2番人気以内から外れている3頭のG1実績をみていくと

 

クリノガウディー

ケイデンスコール

サウンドカナロア

 

クリノガウディーは降着があり判断が微妙なところですが記録上は4着なので含めず

この中で実績があるのはケイデンスコールのみ

 

今年買える5歳馬はグランアレグリアカテドラルケイデンスコールの3頭

 

過去21年でマイルCSを好走した6歳以上馬

 

2015年 フィエロ
2014年 ダノンシャーク
2011年 サプレザ
2009年 カンパニー
2007年 ダイワメジャー
2002年 トウカイポイント

 

これまでの好走馬は上記6頭

ここ最近はほとんど3歳~5歳馬の決着で出番がありません。

最後に走ったのが6年前のフィエロで基本的に出走登録も少なくデータ上サンプル不足です。

この6頭全てに共通していた点は以下の2つ

 

・2走以内に重賞で好走していた

・前走0.5秒以内か3番人気以内

 

あとは6頭中4頭が当日5番人気以内と支持されていました、

ある程度人気なら信頼度は高そうです。

 

今年これを満たす6歳以上馬はインディチャンプのみ

 

これで出走16頭世代別の査定は終わりかなり絞れたので印を付けて行きたいと思います。

 

2021年 マイルCSの予想

 

◎人気ブログランキングへ公開中

○グレナディアガーズ

▲シュネルマイスター

☆カテドラル

△インディチャンプ

△サリオス

 

3歳馬の2頭ですが、今年この世代のレベルが高いことはすでに証明済

3歳世代の取捨でもこの2頭のみ買いと出ていますが、上下をつけるとするなら下記データ

過去10年

関西馬 7-8-7
関東馬 3-3-2
海外馬 0-0-1

占有率的に関西馬を上に取りたく、今年は上位人気が関東馬

さらに関西圏への出走が未だにないシュネルマイスターのパターンは0-0-2-7と凡走傾向

グレナディアガーズは朝日杯にNHKマイルとクラシック以外での実績がピカイチで間違いなく買いの馬

シュネルマイスターは飛ぶならここかなという感じ

同じ関西馬でカテドラルは特注、というのも前走の勝負どころで思いっきり前が壁でラスト1Fだけで競馬していたようなもの

その一瞬の抜け出しは評価できますし、もしスムーズなら2着以下には3馬身ほどあったのではないでしょうか

データ的に前走京王杯AHは相性良くないのですが人気がないので抑えたいです。

ここまで評価下げたサリオスとインディチャンプですが、このレースそもそも休み明けの馬は人気で飛び傾向です。

この21年で見ても前走から10週以上間隔のあった馬は

2020年 インディチャンプ 前走安田記念2番人気3着
2016年 ネオリアリズム 前走札幌記念5番人気1着
2015年 モーリス 前走安田記念1番人気1着

基本的に前走で実績があった馬しか好走していません。

今年のサリオスは5ヶ月半の休み明けで前走8着、4走前まで遡らないと好走歴がなくしかも関東馬

インディチャンプは前走4着ですが陣営も目標が香港とのことで前哨戦を使わずに参戦

ちなみにこの馬の重賞成績は2ヶ月以上間隔があると0-1-2-4と勝ちきれず叩いた方が良いタイプ

唯一の連対が昨年のこのレースなので走っても良さそうですが積極的に推薦するかと言われるとこの評価です。

◎はすいません割愛させていただきますが、マイルでは不動の軸だと思います。

馬券は◎から○のワイド本線に少しだけカテドラルを抑えた馬券も買いたいと思います。

下記バナークリックで「絶対的軸馬の法則」紹介文に記載してあります。↓
(注:ブログランキング紹介文の変更から反映までに30分程度時間差があります)

↓人気ブログランキングはコチラ↓


中央競馬ランキング

応援クリック感謝しますm(_ _)m

無料メルマガ&激走ランク新聞