小倉記念6年連続指数上位的中!からの今週は関屋記念週!
過去5年相性よかった指数が先週の小倉記念もやってくれました!

小倉記念2019ーーーーー

1着メールドグラース指数2位

2着カデナ     指数4位

3着ノーブルマーズ 指数6位

ーーーーーーーーーーーー
当日お昼に配信されてきた実際の画像です。

いつもこれ見て最終的に重賞の馬券を決めていきます。

16年小倉記念 1着クランモンタナ指数8位以外、14~18年まで全て指数上位6頭内で決着。

19年の今年もしっかりやってくれましたね!調べておいてよかったです。

次週気になるレースはコラボ指数と過去の相性見ておくとOKかも?!
そして関屋記念のコラボ指数さんは準備開始してますよ~!



2014年から全てのレースの相性が無料で見れるのお得なんです。
当日お昼に会員内北条のブログにて赤枠内に指数+最終見解5頭が出てきますので要チェックです。
→関屋記念含めた過去の相性見る(CLICK)
→当日関屋記念全指数を見る(CLICK)
無料メルマガ登録のみで見れるのでお早目にエントリーしておきましょう。(無料)

【有馬記念】第三弾 4歳で好走してきた馬の共通点を過去20年のデータから考察する

投稿日:

有馬記念を4歳で好走した馬一覧

 

2016年
キタサンブラック

2015年
ゴールドアクター
サウンズオブアース

2013年
ゴールドシップ

2012年
オーシャンブルー

2011年
エイシンフラッシュ
トゥザグローリー

2010年
ブエナビスタ

2008年
ダイワスカーレット

2007年
マツリダゴッホ

2006年
ディープインパクト

2005年
ハーツクライ

2004年
ゼンノロブロイ

2003年
シンボリクリスエス

2002年
コイントス

2000年
テイエムオペラオー
メイショウドトウ

1999年
グラスワンダー
スペシャルウィーク

1998年
メジロブライト
ステイゴールド

1997年
エアグルーヴ

 

 

上記22頭

数で言えば最多の部類になります。

 

 

着順と人気を見てみましょう。

 

------
人 着
------
2 2
8 1
5 2
2 3
10 2
7 2
9 3
1 2
1 1
9 1
1 1
4 1
1 1
1 1
8 3
1 1
2 2
1 1
2 2
3 2
11 3
2 3
------

 

 

人気問わず連対馬が物凄い多いです。

年齢別に見た感じでは1番注意を払いたいところですね。

 

 

過去の好走馬の共通点を探る

 

 

まずは気になったのが前走G1以外のステップの4歳馬

 

ゴールドアクター
オーシャンブルー
コイントス
グラスワンダー

 

上記4頭ですが、前走だけでも共通点が明確です。

 

 

・G2以上に出走

・前走連対

・1番人気もしくは1着

・上がり3ハロン2位以内

 

 

上記4項目全てに該当していました。

 

今年のメンバーは全馬前走JCからなので必要のないデータではありますが、来年に必ず活かせると思うので書いておきました。

 

 

今年の出走馬で4歳馬は、

 

シャケトラ

レインボーライン

 

上記2頭とかなり少ないですがどちらもJCローテなのでここに限定して少し調べてみたいと思います。

 

 

好走馬の数が多いので逆パターンで選別したいと思います。

 

まずはシャケトラから

 

この馬は何と言っても直近の成績が悪いのが気掛かりです。

4戦連続で馬券外です。

過去にこのようなパターンで好走した馬はいるのか?

 

JCで馬券にならなかった有馬記念好走馬をまずは洗い出します。

 

 

サウンズオブアース
ゴールドシップ
エイシンフラッシュ
トゥザグローリー
ステイゴールド

 

 

この中で今回のシャケトラと同じ状況だったのが、

 

トゥザグローリー

 

ジャパンカップ←天皇賞秋←宝塚記念←天皇賞春

 

このステップで天皇賞秋以外全て二桁着順となっています。

偶然にも今回のシャケトラとまったく同じローテです。

 

しかもこの4連戦惨敗前の日経賞を勝っているところまで全く同じです(笑)

 

こう見ると特に気にする必要はないかなと思ったりもするんですが、

トゥザグローリーの場合、有馬記念を既に好走済でリピーターになるんですよね。

3歳時に14番人気ながらも3着に好走しています。

 

それと比較すると少しシャケトラは劣るかな…とも思うのですがそこまで縛りをきつくすると

もはやその馬とほぼ同じ戦績の馬が現れない限りデータクリアなどなりませんので少し甘めに見たいと思います。

 

判断に迷う部分もありますが、気になっていた4連続馬券外ステップは、

データ上好走馬はトゥザグローリーの例がありますので完全に消しとはいきませんね、

明日の枠順等で判断したいと思います。

 

 

 

次にレインボーライン

 

この馬も前走馬券外なのでカテゴリ的には上記シャケトラと同じ部類になります。

 

個人的に気になっているのは中山適正と距離実績です。

この馬の中山好走歴が無いのと2000~2400mの間で連対歴が無いのがパット見できになりました。

そこで過去の同じカテゴリの馬を見ていきたいと思います。

 

 

中山適正

サウンズオブアース  (0-0-0-1)日経賞0.3秒差4着
ゴールドシップ  (2-0-0-0)
エイシンフラッシュ  (1-0-1-1)
トゥザグローリー  (初出走)
ステイゴールド (0-0-0-1)日経賞0.5秒差4着

 

 

距離実績(2000-2400m)

サウンズオブアース  2勝
ゴールドシップ  3勝
エイシンフラッシュ  4勝
トゥザグローリー  3勝
ステイゴールド 2勝

 

 

上記を見ると中山実績はそこまで気にしなくても良さそうですが、

距離実績がまるで無いのが気になります。

戦歴のほとんどが2着のステイゴールドでさえクリアしていたのでこれは大幅な減点材料だと思います。

 

ちなみにシャケトラを一応見てみましょう。

 

中山実績 (1-0-0-0)

距離実績 3勝

 

まったく問題ありません。

 

明日に枠順発表があるので煮詰めていくのは発表後にもう一度したいと思います。

本日はここまで、

 

年末の超多忙な時期に寝る間を惜しんでなんとか本日の日付でアップできる様に頑張ってます、

誤字脱字があったりと見苦しい点などあるかもしれませんが何卒ご理解の程よろしくお願いします。。。

 

 

最後に現時点では結論が出ています(注:もう一度言いますが現時点です)ので、

この2頭をどう判断したのか、ブログランキングに書いておきました。

明日に消えるのでお早めにご確認ください。

また応援の1クリックもよろしくお願いします。

左に1頭右に1頭ですのでどちらのブログランキングもクリックで応援お願いします。

下記バナークリックで「絶対的軸馬の法則」紹介文に記載してあります。↓
(注:ブログランキング紹介文の変更から反映までに30分程度時間差があります)

↓人気ブログランキングはコチラ↓

 

応援クリック感謝しますm(_ _)m

-重賞レース予想

Copyright© 絶対的軸馬の法則|競馬予想ブログ|過去データ|独自データ , 2019 All Rights Reserved.