ニュータイプな予想さん!

ここは最近発見した予想さんで結構当たってるんです。無料予想も配信しているのですが回収率950%の当たりも・・・!↓

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

6-12-14の結果で3連複57.0倍◎45600円の払戻です!

軸馬6レシステンシアは当日6人気。無料予想でここまで結果が出せれば文句なしですよね!?

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

またここでは多種多様なプランがありこちらも当たっていますね!
中でも『フェニックス』というプランが凄かったのでご紹介します。



11/09東京09R3連単2318.7倍◎19322.5%!

11/09福島11R3連単1887.5倍◎10486.1%!

11/10東京07R3連単1279.9倍◎10665.8%!

11/10東京12R3連単1237.3倍◎15466.2%!

いずれも1000倍以上で回収率も驚異の10000%超という素晴らしい結果!

9日福島11Rでは10人気ジェミニズを10日東京7Rではこちらも10人気ベルウッドカザンなど2ケタ人気の穴馬を含んでの的中は見事と言わざるを得ません!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

無料予想は土日計4レース配信。その内1鞍は11/17の秋明菊賞の無料予想が配信されます!今週はマイルCS(G1)と東京スポーツ杯2歳S(G3)の2重賞が開催されますがこちらの無料予想が出てくる可能性があるので要チェックです!

今週の無料予想4鞍を受け取るにはコチラ!

無料メルマガ登録→返信メール内リンククリックでOK!

【エリザベス女王杯】前走ステップ別に各馬の好走ゾーンを調べてみる

投稿日:

前走ステップ別データ(過去10年)

 

秋華賞(2-3-3-21)

オールカマー(2-1-0-3)

京都大賞典(1-2-0-12)

府中牝馬S(3-3-3-57)

宝塚記念(0-0-1-2-0)

ヴィクトリアM(0-0-1-0)

オークス(0-0-0-1)

海外(2-0-0-3)

OP(0-0-0-9)

条件(0-1-1-25)

 

当たり前ですが前走重賞クラスでないとかなり厳しい道のりです…

今年は、

 

オールカマー

宝塚記念

ヴィクトリアM

海外

 

毎年好走率の高い上記4ステップからの参戦はありません。

ですので残った、

 

秋華賞(2-3-3-21)

京都大賞典(1-2-0-12)

府中牝馬S(3-3-3-57)

オークス(0-0-0-1)

OP(0-0-0-9)

条件(0-1-1-25)

 

ここから好走馬が出てくることになります。

本日は各ステップ毎に過去の好走馬と類似している部分があるか見ていきたいと思います。

 

 

前走秋華賞

クロノジェネシス

シャドウディーヴァ

 

このステップからは(2-3-3-21)となっています。

ざっと調べましたが、好走した8頭は下記のどちらかを満たしていた馬でした。

 

・3着以内

・上がり3ハロン3位以内

 

つまり凡走したら「差して届かなかった」裏付けが必要だと言うことです。

秋華賞凡走→エリザベス女王杯で巻き返した馬の全ては秋華賞で差して届かなかった馬です。

クロノジェネシス上がり2位で差し切って優勝、文句無しで今年のエリザベス女王杯を好走する資格はあるでしょう。

問題は敗退したシャドウディーヴァです。

この馬は4着の上がり4位というなんとも言えない結果なのですが、脚質的には追い込んでいますしそれでいて前にいたカレンブーケドールよりも上がりが遅いのは割引です。

それよりも前走13番人気だった点が引っかかります。

前走牝馬限定戦だけで絞ってみると過去に20頭走って前走10番人気以下の馬は全滅していました。

上記からも軽視予定です。

 

 

前走京都大賞典

ウラヌスチャーム

 

このステップからは(1-2-0-12)となっています。

好走馬は直近ではいません、昔にさかのぼって

 

2010年 2着メイショウベルーガ

2009年 1着クィーンスプマンテ

2009年 2着テイエムプリキュア

 

上記3頭となっています。

メイショウベルーガは2番人気でしたが、ご存知の通り他の2頭が大穴でしたので着順や人気で判断するのはかなり厳しいです。

エリザベス女王杯を好走するまでにどんな戦績だったか、その特徴を少しでも探れたらと思います。

ざっと見た感覚では3頭全馬に2400m以上の長距離で勝鞍があった点その年の重賞を好走していたか既に2勝しているかの条件がありました。

 

ウラヌスチャーム

2400m勝鞍有り2走前重賞0.2秒差4着3走前重賞タイム差無し2着

今季1勝ではありますが重賞もタイム差なしで好走していますし直近1頭も来てないから消しとはいきません。

想定オッズも低いですし前走除けば上がり3位以内でまとめていますしありよりの有りだと思います。

 

 

前走府中牝馬S

クロコスミア

サトノガーネット

スカーレットカラー

フロンテアクイーン

ラッキーライラック

レッドランディーニ

 

このステップからは(3-3-3-57)となっております。

流石に数が多いだけあって好走馬たくさんですが凡走馬もたくさん…

最初の秋華賞ステップで触れたように牝馬限定戦なのでここで10番人気以下の

 

サトノガーネット

レッドランディーニ

 

これらは残念ですが勝ち馬だったとしても消しです。過去に好走例がありません。

残ったところで目立つのが6歳馬の2頭でしょうか…

6歳馬の全体を見ると(0-1-0-21)好走率およそ5%

ここでも再三の登場ですがこのデータを破ったのは2009年テイエムプリキュアです。笑

意外と買える要素があってこの馬、じつはその年の京都2400mG2である日経新春杯を3馬身差圧勝していたんですよね…(完全に今更ですが)

 

クロコスミアは再三のリピーターですが東京マイル3着が最高順位…

フロンテアクイーンは中山牝馬Sを勝っていますがそちらも1800m

この馬は2000m以上で見ると5回走って3着1回だけ(しかも1秒以上はなされた3着)

間違いなく距離延長はマイナス材料なんですよね。

牝馬限定戦だけしか好走できてない部分もありますし過去9年3~5歳馬でワン・ツー・スリーしているエリザベス女王杯には非常に買いにくい2頭と言えるでしょう。

 

 

前走OP・条件戦

アルメリアブルーム

ゴージャスランチ

サラキア

ブライトムーン

ポンデザール

ミスマンマミーア

レイホーロマンス

 

このステップからはOPが(0-0-0-9)

条件戦が(0-1-1-25)となっております。

 

この組はG3以下全体で(0-1-1-60)ですので相当な茨の道です。

まずは好走した2頭をしっかり見ていきましょう。

 

2012年 3着ピクシープリンセス

2013年 2着ラキシス

 

両馬の共通点は4ポイント

前走1番人気1着、上がり2位以内、キャリア8戦以内、京都2200m以上を勝っている

 

アルメリアブルーム 前走6番人気 キャリア26戦はちょっと…

ゴージャスランチ 前走2番人気 京都で勝鞍無し キャリア15戦

サラキア 前走3番人気&敗退 京都勝鞍無し 上がり4位以下 キャリア12戦

ブライトムーン 前走2番人気&敗退 京都勝鞍無し MAX2000m キャリア19戦

ポンデザール 前走2番人気 京都勝鞍無し

ミスマンマミーア 前走7番人気&敗退 京都勝鞍無し キャリア10戦(地方含むと22戦)

レイホーロマンス 前走11番人気10着 京都勝鞍無し キャリア26戦

 

まあ言いたいことはたくさんありますが見てください。

感じたことはみなさんあると思います。

そして戦績をじっくり眺めてきた私の感想はと言うと…

 

「これで走られたらなんでもありになってしまう…汗」

 

明らかに足りなさすぎますね、G1のレベルじゃない

100歩譲って1頭だけ例外になりそうなのはいますが私はそれ以外は1円も買いたくありません。

以上。

 

 

その他ステップ

ラヴズオンリーユー

センテリュオ

 

ラヴズオンリーユーのオークスは母数が少なすぎてこれで良し悪しは判断できないのでここでは語れません。

もちろん最強牝馬の一角にいるとは思っています…

問題はセンテリュオの取捨なんですよね。

 

前走G3なので道のりは険しいことに変わりはないのですが、

鞍上…そう

ルメールさんが乗ることだけが引っかかるんです。

というのも、

2016年の12番人気シングウィズジョイを2着に導いたのも外国人騎手

それまで前走条件戦からの馬は1度も好走例がなかったピクシープリンセスを3着に導いたのも外国人騎手

なんなら直近4年の好走馬12頭のうち半数の6頭は外国人騎手

10年で7年は何かしらで好走している外国人ジョッキー…

 

今回の前走G3でもまた例外をぶち抜くんでは無いかとソワソワしています。

牝馬限定戦じゃなくて牡馬混合戦ってのも大きくて、

今年は出走はありませんが、これまでオールカマー組、宝塚記念組の好走率の高さは混合戦だったからだと思います。

 

京都にも勝鞍があります、2200mでの勝鞍もあります、前走除けば直近5走は全部上がり3位以内

このコース断トツでトップの成績を誇る京都大得意ディープインパクト産駒…

オッズ次第ではありますが正直無くもないと思っております。

 

ここまで長文書いて来ましたが明日は全馬のラップ分析を行う予定です。

ずっとブログを読んで頂いている方には懐かしいでしょうが…

2年前のNHKマイルCの1番人気カラクレナイの飛びを自信満々に予言→的中させた理論です。

【今週の結果】連戦連勝!予言通り決まったNHKマイルCと騎手批判は良くない件

レース後お礼のコメントが何通かきた   その中から1つ許可を頂いたので(修正有りならとのこと) ススズさん 「当日は予想アップされるまで待ちました。ランキングを確認して軸はボンセルヴィーソで ...

続きを見る

レースの質、その馬にあった展開になるのか1頭1頭分析していきたいと思います。

ブログランキングへは前走条件戦で触れた唯一の例外候補1頭を紹介いたします。

今回から、記事UPした日限定でその後再度公開されることはありませんので要注意です。

無料メルマガ会員の方には過去のランキング掲載分を見逃しても最終で告知いたしますのでご安心ください。

左に理由、右に馬名ですので要チェック!

左に1頭右に1頭ですのでどちらのブログランキングもクリックで応援お願いします。

下記バナークリックで「絶対的軸馬の法則」紹介文に記載してあります。↓
(注:ブログランキング紹介文の変更から反映までに30分程度時間差があります)

↓人気ブログランキングはコチラ↓

 

応援クリック感謝しますm(_ _)m

-重賞レース予想

Copyright© 絶対的軸馬の法則|競馬予想ブログ|過去データ|独自データ , 2019 All Rights Reserved.