【ジャパンカップ】予想 今年買える馬を一気に公開!混戦を制する馬をあぶり出す

11月無料予想
ランキング上位

検証OK好調無料買い目情報

今週も重賞公開を確認!!

──────────────────
選ぶ、公開するレースが

いい感じなんです!



◎11/23 東スポ杯2歳S

馬連13.3/ワイド計18.8/3連複21.7倍

26,900円獲得/回収率179%

◎11/22 阪神05R

馬連21.6/ワイド計25.8/3連複59.3倍

53,350円獲得/回収率356%

◎11/21 東京08R秋陽JS
馬連14.1/ワイド計38.8/3連複81.3倍
67,100円獲得/回収率447%

──────────────────

負けてもダメージ少なめ

3連複外しても馬連で拾う功名さ!

勉強になります!

7人気外して12人気で拾う。。お見事!


──────────────────

チャレンジカップ無料公開

↑ ↑ ↑ スマホでも即チェック可!
まずこの買い方見てうまさ無料体感してみてください。

今年は天皇賞3着以内も3番人気以内も外国馬も不在

 

馬券内に好走した馬の半数以上が前走天皇賞秋組

今年そのステップの馬を並べてみましょう。

 

ユーキャンスマイル 4着 7番人気

ワグネリアン 5着 4番人気

スワーヴリチャード 7着 5番人気

マカヒキ 10着 8番人気

 

逆に前走天皇賞では無い馬が好走したとき、

他からのG1ステップは何だったのか?

 

2018年 アーモンドアイ 秋華賞

2014年 ジャスタウェイ 凱旋門賞

2013年 デニムアンドルビー エリザベス女王杯

2012年 オルフェーヴル 凱旋門賞

2012年 ジェンティルドンナ 秋華賞

2010年 ヴィクトワールピサ 凱旋門賞

2010年 ローズキングダム 菊花賞

2009年 レッドディザイア 秋華賞

 

クラシックか凱旋門賞かの2択

デニムアンドルビーだけエリザベス女王杯だが前々走では秋華賞を使っていて、オークスでは3着だった。

前走天皇賞秋以外のG1から好走した8頭は、凱旋門賞4頭、3歳馬5頭(ヴィクトワールピサが重複)だった。

 

1つここで仮説を立てるとすれば、

今年の手薄な天皇賞組が凡走(好走してもだが)の余地があるならば、

今年は3歳馬が熱い

 

カレンブーケドール

 

の急浮上であります。

昨日この馬の適正について記事にしました。

正直実績面で言えば、走った場合、最弱の実績で好走となります。

実績面では足りていませんが、今年はそこを問う必要の無い年になるかもしれません。

 

そして前走凱旋門賞ではありませんが、大きなくくりで言えば

前走海外から参戦の

 

シュヴァルグラン

 

この馬も一級戦のジャパンカップを勝っている馬

凱旋門賞ではありませんが要注意だと思います。

長距離適性が示しているようにこの馬もタフな馬場でも走れそう。

 

 

そして前走G2以下からをみてみると、

 

2017年 レイデオロ 神戸新聞杯

2017年 シュヴァルグラン 京都大賞典

2016年 シュヴァルグラン アルゼンチン共和国杯

2016年 サウンズオブアース 京都大賞典

2016年 キタサンブラック 京都大賞典

 

京都大賞典組が目立ちます。

全体のくくりでみると、この中で最低人気と最低着順だったのが

2016年のサウンズオブアースで3番人気4着

という事は全馬3番人気以内かつ4着以内であったという事です。

更に、

全馬2400m以上のG1で3着以内の実績があった事も特徴的でした。

 

それでは今年のメンバーを整理しましょう。

 

ウインテンダネス アルゼンチン共和国杯 10着12番人気 G1無し

ムイトオブリガード アルゼンチン共和国杯 1着2番人気 G1無し

ダイワキャグニー オクトーバー L 1着 5番人気 G1無し

レイデオロ オールカマー 4着1番人気 ダービー1着

ルックトゥワイス アルゼンチン共和国杯 4着3番人気 G1無し

ダンビュライト 京都大賞典 2着6番人気 G1(皐月賞3着)

タイセイトレイル アルゼンチン共和国杯 2着5番人気 G1無し

エタリオウ 京都大賞典 5着2番人気 菊花賞2着

ジナンボー 新潟大賞典 2着6番人気 G1無し

 

前走の着順や人気を無視してもカチッとハマるのは2頭のみ、

G1の実績を下げてようやく3頭と例年に比べても低レベルすぎます。

ここまでくると何かが崩壊しそうでならないのですが…

一応、王道の天皇賞秋組以外から今年買えそうなのは、

 

カレンブーケドール

シュヴァルグラン 合致してはいないが穴

レイデオロ

エタリオウ

ダンビュライト 合致しては以内が穴

 

この5頭、

正直この5頭に4頭の天皇賞組をくっつければ当たりそうな感じもしています。

 

ここまでが今日の書きたかった頭の中を整理する記事

 

ここにこれまで書いた考察をミックスして答えに近づきたいと思います。

 

 

[st-card id=6574 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=”on”]

この記事からカレンブーケドールの可能性を感じ、最後にスワーヴリチャードが激アツだと伝えました。

マイナス要素で絞れば残る馬はいなくなるであろう今年のジャパンカップにこのプラス材料は非常に魅了的です。

 

[st-card id=6577 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=”on”]

今年注意したいのがこの記事ですかね、そもそも全馬の着順も悪ければ不在の多い年

ここが崩れるのは容易に想像できます、今年は厳しい条件で絞り込むと痛い目を見そうな予感がします。

 

[st-card id=6581 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=”on”]

G3の法則が崩れるのか本当にここが起点となって絞れるのかが個人的にはかなり注目しているところです。

もしこれが例年通りに執行されるのであれば、現在2番人気のユーキャンスマイルは消しとなります。

 

[st-card id=6609 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=”on”]

ここで今年はどんなに実績が無くても今年の3歳牝馬は買うと、納得して結論を出す事ができました。

例年通り、実績の足りないカレンブーケドールが凡走したらごめんなさい。しかし私は根拠を持ってこの馬を買う事に決めました。

 

ここまで色んな角度から今年のジャパンカップを見てきました。

予想の材料はたくさん提供したつもりです。

これをどのように料理して馬券に活用するかは今画面の向こう側で見ているあなた次第です。

 

2019年 ジャパンカップの予想

 

◎ ブログランキング

◯ ブログランキング

▲ ワグネリアン

 

軸馬レベル:B

ブログルールと推薦馬の説明についてはコチラ→初めての方は必ずお読みください。

~最強の法則補填馬~
(ブログ推薦馬とは別です)
注シュヴァルグラン
△レイデオロ
△ユーキャンスマイル
△エタリオウ

 

やはり週中で一番最初から推していたことを馬場や不確定要素によって変えて良かった試しがないので、

考えは変えずに行きます。

終わったときにしっかりと納得できる予想だと自分で納得できたので後は結果を待つのみです。

左に1頭右に1頭ですのでどちらのブログランキングもクリックで応援お願いします。

下記バナークリックで「絶対的軸馬の法則」紹介文に記載してあります。↓
(注:ブログランキング紹介文の変更から反映までに30分程度時間差があります)

↓人気ブログランキングはコチラ↓


中央競馬ランキング

応援クリック感謝しますm(_ _)m

無料メルマガ&激走ランク新聞