◎先週難解な2重賞的中!

まさかの紫苑S3連単147,440円


━━━━━━━━━━━━━━

無料公開予想↓

紫苑S    3連単147,440円

京成杯AH  3連単85,830円

12鞍無料公開→8鞍3連単!

━━━━━━━━━━━━━━

夏重賞無料公開↓

新潟記念   3連単32,940円

小倉二歳S  3連単6,280円

札幌二歳S  3連単17,670円

キーンランドC3連単95,670円

北九州記念  3連単93,990円

札幌記念   3連単10,860円

レパードS  3連単122,050円

━━━━━━━━━━━━━━

無料公開予想の大勝↓

横津岳特別  3連単468,680円

ポプラ特別  3連単614,600円

なんと藻岩山特別1,412,320円

一撃の大きさが違う無料予想。。

━━━━━━━━━━━━━━

この7~13人気ドンピシャ予想の特徴は・・・・

◎1日6鞍を前日公開(週末計12鞍)

◎基本後半レース+全重賞公開

◎無料公開(サイト内利益直結馬にて)

━━━━━━━━━━━━━━

春~夏~秋もおそらくココは頼りになるはず!

→ローズS・セントライト記念週

→無料予想はコチラから


人気薄は絶対チェック!BOX買いでもプラス!

秋競馬視界良好!前夜無料公開は要注目です!

 
 

【有馬記念】データ第六弾 中山改修工事後の5年間で好走した馬を徹底的考察

直近5年の好走馬

 

ブラストワンピース
レイデオロ
シュヴァルグラン
キタサンブラック
クイーンズリング
シュヴァルグラン
サトノダイヤモンド
キタサンブラック
ゴールドアクター
ゴールドアクター
サウンズオブアース
キタサンブラック
ジェンティルドンナ
トゥザワールド
ゴールドシップ

 

中山コースが改修された2014年から昨年までの好走馬です。

過去30年と違って、ローテーションなどのデータも今と重なる部分も多く

役割としてはよりデータの信憑性を高めるものとなります。

各年代と1頭1頭見ていきましょう。

 

2018年

 

ブラストワンピース

年齢:3歳馬
成績:4−0−0−2
中山実績:初出走
非根幹実績:無し
前走:菊花賞4着1番人気(0.4)
特記事項:古馬重賞勝ち、G1未勝利

レイデオロ

年齢:4歳馬
成績:7−1−1−2
中山実績:3−0−0−1
非根幹実績:オールカマー1着(上がり最速)
前走:天皇賞秋1着2番人気
特記事項:クラシック優勝

シュヴァルグラン

年齢:6歳馬
成績:7−6−6−8
中山実績:0−0−1−1
非根幹実績:阪神大賞典1着(上がり最速)、有馬記念3着
前走:ジャパンカップ3着5番人気(0.9)
特記事項:リピーター、G1馬

 

2017年

 

キタサンブラック

年齢:5歳馬
成績:11−2−4−2
中山実績:2−1−2−0
非根幹実績:菊花賞1着(上がり最速)、宝塚記念3着
前走:ジャパンカップ3着1番人気
特記事項:クラシック優勝、リピーター、中山コース100%

クイーンズリング

年齢:5歳牝馬
成績:6−2−0−10
中山実績:2−0−0−0
非根幹実績:エリザベス女王杯1着(上がり最速)
前走:エリザベス女王杯7着8番人気
特記事項:中山コース全勝、G1馬、中山コース100%

シュヴァルグラン

年齢:5歳馬
成績:7−5−5−5
中山実績:0−0−0−1
非根幹実績:阪神大賞典1着(上がり最速)
前走:ジャパンカップ1着5番人気
特記事項:G1馬

 

2016年

サトノダイヤモンド

年齢:3歳馬
成績:5−1−1−0
中山実績:1−0−0−0
非根幹実績:菊花賞1着(上がり最速)
前走:菊花賞1着1番人気
特記事項:クラシック優勝、中山コース100%

キタサンブラック

年齢:4歳馬
成績:8−1−3−1
中山実績:2−0−2−0
非根幹実績:菊花賞1着(上がり最速)
前走:ジャパンカップ1着1番人気
特記事項:クラシック優勝、中山コース100%

ゴールドアクター

年齢:5歳馬
成績:9−2−1−5
中山実績:4−1−0−1
非根幹実績:日経賞1着(上がり最速)、菊花賞3着
前走:ジャパンカップ4着3番人気
特記事項:リピーター、G1馬

 

2015年

ゴールドアクター

年齢:4歳馬
成績:6−2−1−3
中山実績:1−1−0−1
非根幹実績:菊花賞3着、アルゼンチン共和国杯1着(上がり2位)
前走:アルゼンチン共和国杯1着1番人気
特記事項:G1未勝利

サウンズオブアース

年齢:4歳馬
成績:2−5−1−6
中山実績:0−0−0−1
非根幹実績:菊花賞2着(上がり最速)
前走:ジャパンカップ5着5番人気
特記事項:G1未勝利

キタサンブラック

年齢:3歳馬
成績:5−0−1−1
中山実績:2−0−1−0
非根幹実績:菊花賞1着(上がり最速)
前走:菊花賞1着5番人気
特記事項:クラシック優勝、中山コース100%

 

2014年

ジェンティルドンナ

年齢:5歳牝馬
成績:9−4−1−4
中山実績:初出走
非根幹実績:宝塚記念3着
前走:ジャパンカップ4着1番人気
特記事項:クラシック優勝

トゥザワールド

年齢:3歳馬
成績:4−3−0−2
中山実績:1−1−0−0
非根幹実績:セントライト記念2着
前走:ジャパンカップ16着2番人気
特記事項:G1未勝利、中山コース100%

ゴールドシップ

年齢:5歳馬
成績:11−3−1−6
中山実績:2−0−1−0
非根幹実績:宝塚記念1着(上がり最速)
前走:凱旋門賞14着 前々走札幌記念2着1番人気
特記事項:クラシック優勝、リピーター、中山コース100%

 

 

どうです?

私が個人的に注目して書いたのは、

・中山コース実績
・非根幹距離実績

この2ポイント

単純にコース適性か距離適性の2つですよね

明らかに好走した馬はこの実績が際立っていませんか?

 

例えばキャリアの浅い3歳馬を除き、4歳以上からこの2ポイントを見ていくと

 

ブラストワンピース 3歳馬
レイデオロ 中山:3−0−0−1 オールカマー1着(上がり最速)
シュヴァルグラン 中山:0−0−1−1 阪神大賞典1着(上がり最速)、有馬記念3着

キタサンブラック 中山:2−1−2−0 菊花賞1着(上がり最速)、宝塚記念3着
クイーンズリング 中山:2−0−0−0 エリザベス女王杯1着(上がり最速)
シュヴァルグラン 中山:0−0−0−1 阪神大賞典1着(上がり最速)

サトノダイヤモンド 3歳馬
キタサンブラック 中山:2−0−2−0 菊花賞1着(上がり最速)
ゴールドアクター 中山:4−1−0−1 日経賞1着(上がり最速)、菊花賞3着

ゴールドアクター 中山実績:1−1−0−1 菊花賞3着、アルゼンチン共和国杯1着(上がり2位)
サウンズオブアース 中山:0−0−0−1 菊花賞2着(上がり最速)

キタサンブラック 3歳馬

ジェンティルドンナ 中山:初出走 宝塚記念3着
トゥザワールド 3歳馬
ゴールドシップ 中山:2−0−1−0 宝塚記念1着(上がり最速)

 

スマホの方見辛くなって申し訳ありません。

緑=3歳馬
赤=中山コース実績、非根幹実績有り
オレンジ=中山コース実績無し、初出走

 

見てわかる通り、中山コース実績のなかった馬は

「2000m以上の非根幹G1で好走かG2以上を勝利」しています。

 

そしてこれ以外にも気になるのが、

 

2018年
ブラストワンピース
レイデオロ
シュヴァルグラン

2017年
キタサンブラック
クイーンズリング
シュヴァルグラン

2016年
サトノダイヤモンド
キタサンブラック
ゴールドアクター

2015年
ゴールドアクター
サウンズオブアース
キタサンブラック

2014年
ジェンティルドンナ
トゥザワールド
ゴールドシップ

 

緑=未出走
青=着外有り
赤=2勝+着外無し
オレンジ=3勝以上

 

どうです?

中山コース適性の項目ですが、

全ての年で

「中山コース2勝以上(+着外無し)か3勝以上馬」

が馬券になっています。

 

早速今年の全馬を見てみましょう。

まずは、

「非根幹G1で好走かG2以上を勝利」

これはコース実績のある馬も全てこの実績が有りました。

4歳以上を見ていきましょう。

 

スカーレットカラー 無し

スワーヴリチャード 宝塚記念3着

エタリオウ 菊花賞2着

スティッフェリオ オールカマー1着

リスグラシュー 宝塚記念1着

レイデオロ 有馬記念2着

アーモンドアイ 無し

キセキ 宝塚記念2着

エリザベス女王杯 2着

アルアイン 無し

アエロリット 無し

シュヴァルグラン 3着

 

わかりますか?

ここに注目したのはアーモンドアイがその実績を持っていないからです。

もし飛ぶとしたらこれかなと思います。

 

ちなみに3歳馬ですがサートゥルナーリアもこの項目は持ち合わせていません。

今年ばかりは堅い、そう聞いたりしますが過去にこの実績を持ち合わせていない馬でのワンツーは有りませんから今年ももちろん

「荒れる」

そう読んでいます。

 

もう一つの項目ですが、

逆に中山が得意な馬はどうでしょうか?

 

「中山コース2勝以上(+着外無し)か3勝以上馬」

 

レイデオロ

サートゥルナーリア

 

なんと今年はこの2頭しかいないのです。

私の中でサートゥルナーリアがここにきて一気に急上昇してきています。

レイデオロも腐ってもリピーターですからね、全然あると思います。

 

本日はここまで、

いよいよ明日ですが今回は全頭書き出します。

明日の予想記事が一番の見所です。

 

アーモンドアイについて触れましたが、

過去30年で牝馬の好走は、

クイーンズリング
ジェンティルドンナ
ブエナビスタ
ブエナビスタ
ダイワスカーレット
ダイワスカーレット
トゥザヴィクトリー
エアグルーヴ
ヒシアマゾン 

 

これらの非根幹実績を全部調べました。

その結果をブログランキングへ書いておきます。

左に調べた結果右にアーモンドアイの可能性ですのでどちらのブログランキングもクリックで応援お願いします。

下記バナークリックで「絶対的軸馬の法則」紹介文に記載してあります。↓
(注:ブログランキング紹介文の変更から反映までに30分程度時間差があります)

↓人気ブログランキングはコチラ↓


中央競馬ランキング

応援クリック感謝しますm(_ _)m

-重賞レース予想

© 2020 絶対的軸馬の法則|競馬予想ブログ|過去データ|独自データ