【高松宮記念】過去20年で毎年必ず好走馬が出てくる前走斤量と実績の法則に該当馬あり

◎注目のGI的中無料情報

今週末も……

◎天皇賞(秋)無料情報公開
菊花賞では3連複的中で22,860円獲得。
それどころか、今月は毎週のように獲得を達成してます!

───────────

10月の獲得額▽

03・04日週 計31,720円

10・11日週 計19,240円

17・18日週 計22,200円

24・25日週 計28,110円

───────────

16/9の的中で、的中率は56%!公開買い目全てが当たってるわけじゃありませんが、不的中分を差し引いてもプラス収支。無料情報なのに本当に心強いですね!

───────────

◎菊花賞は抜群の読み

菊花賞の公開買い目は以下の通り

───────────

1頭目:3

2頭目:6,9,10

3頭目:6,8,9,10,11

投資:600円×9点

結果→3-9-10

獲得→22,860円

───────────

実力馬多数。2頭目以降の着順予想は難しいところながら、ここは2頭目から9アリストテレス・10サトノフラッグ買い。もう完全に読み切ってました(笑)

重賞でもこの精度は流石!この勢いで天皇賞に挑戦、もう期待しかありません。

天皇賞無料情報はこちら

メールで簡単登録。買い目はレース前日公開。

今のうちに登録して週末に備えましょう◎

過去20年の好走馬前走斤量

 

ミスターメロディ 56
セイウンコウセイ 58
ショウナンアンセム 56
ファインニードル 57
レッツゴードンキ 55
ナックビーナス 54
セイウンコウセイ 55
レッツゴードンキ 55
レッドファルクス 57
ビッグアーサー 57
ミッキーアイル 57
アルビアーノ 55
エアロヴェロシティ 57
ハクサンムーン 56
ミッキーアイル 58
コパノリチャード 57
スノードラゴン 56
ストレイトガール 55
ロードカナロア 58
ドリームバレンチノ 58
ハクサンムーン 56
カレンチャン 56
サンカルロ 57
ロードカナロア 57
キンシャサノキセキ 59
サンカルロ 57
アーバニティ 57
キンシャサノキセキ 58
ビービーガルダン 57
エーシンフォワード 56
ローレルゲレイロ 57
スリープレスナイト 55
ソルジャーズソング 56
ファイングレイン 56
キンシャサノキセキ 56
スズカフェニックス 59
スズカフェニックス 57
ペールギュント 57
プリサイスマシーン 58
オレハマッテルゼ 56
ラインクラフト 56
シーイズトウショウ 55
アドマイヤマックス 57
キーンランドスワン 56
プレシャスカフェ 58
サニングデール 57
デュランダル 57
キーンランドスワン 57
ビリーヴ 57
サニングデール 58
リキアイタイカン 57.5
ショウナンカンプ 56
アドマイヤコジーン 57
スティンガー 59
トロットスター 58
ブラックホーク 59
テネシーガール 55
キングヘイロー 57
ディヴァインライト 57
アグネスワールド 57

 

今日ずっとTARGETの20年分の好走馬を眺めてて気づいたことが有ります。

それはシンプルに、

 

『前走重い斤量を背負った馬の好走が非常に目立つ』

 

試しに前走57キロ以上の馬を赤く塗ってみました。
(牝馬は56キロ)

 

どうですか?

この20年間の好走馬60頭のうち、

赤く塗った馬は実に39頭です。

好走馬の全体の約3分の2がこの前走57キロ以上の馬(牝馬56キロ以上)

 

出走馬の多くは前走56キロ以下にも関わらずこの好走率となればここにフォーカスしない手はないでしょう。

本日はこの前走57キロ以上の馬にポイントを当てて書いていきたいと思います。

 

 

前走57キロ以上の馬の前走成績

 

前走57キロ以上(牝馬56キロ以上)の馬の前走にも非常に偏りがあったので紹介します。

まずは前走57キロ以上(牝馬56キロ以上)の馬前走成績をご覧ください。

 

セイウンコウセイ 58キロ シルクロHG3 15着
ファインニードル 57キロ シルクロHG3 1着
レッドファルクス 57キロ 香港SG1 12着
ビッグアーサー 57キロ シルクロHG3 5着
ミッキーアイル 57キロ 阪急杯G3 1着
エアロヴェロシティ 57キロ チェアG1 2着
ミッキーアイル 58キロ 阪急杯G3 2着
コパノリチャード 57キロ 阪急杯G3 1着
ロードカナロア 58キロ 阪急杯G3 1着
ドリームバレンチノ 58キロ シルクロHG3 1着
カレンチャン 56キロ オーシャG3 4着
サンカルロ 57キロ 阪急杯G3 3着
ロードカナロア 57キロ シルクロHG3 1着
キンシャサノキセキ 59キロ オーシャG3 2着
サンカルロ 57キロ 阪急杯G3 1着
アーバニティ 57キロ シルクロHG3 2着
キンシャサノキセキ 58キロ オーシャG3 1着
ビービーガルダン 57キロ 阪急杯G3 7着
ローレルゲレイロ 57キロ 阪急杯G3 2着
スズカフェニックス 59キロ 阪急杯G3 2着
スズカフェニックス 57キロ 阪急杯G3 3着
ペールギュント 57キロ 中山記念G2 13着
プリサイスマシーン 58キロ 阪急杯G3 1着
ラインクラフト 56キロ 阪神牝馬G2 4着
アドマイヤマックス 57キロ 阪急杯G3 4着
プレシャスカフェ 58キロ シルクロHG3 1着
サニングデール 57キロ 阪急杯G3 1着
デュランダル 57キロ マイルチG1 1着
キーンランドスワン 57キロ 阪急杯G3 5着
ビリーヴ 57キロ 阪急杯G3 9着
サニングデール 58キロ 阪急杯G3 2着
リキアイタイカン 58キロ シルクロHG3 5着
アドマイヤコジーン 57キロ 阪急杯G3 1着
スティンガー 59キロ 東京新聞G3 6着
トロットスター 58キロ シルクロG3 1着
ブラックホーク 59キロ 阪急杯G3 2着
キングヘイロー 57キロ フェブラG1 13着
ディヴァインライト 57キロ 阪急杯G3 2着
アグネスワールド 57キロ スプリンG1 2着

 

赤く塗った24頭が前走57キロ以上(牝馬56キロ以上)を背負って重賞を連対しています。

今年この条件を満たせそうな馬を探してみると、

 

モズアスコット

 

この馬1頭だけなんですよね、

ダイアトニックが前走57キロを背負って2着→降着3着なので扱いが難しいですが、

JRAの記録は3着ですのでここで取りたいと思います。

 

 

青く塗った馬の共通点とは?

 

逆に前走3着以下からこの高松宮記念を好走した馬をみてみましょう。

 

セイウンコウセイ 高松宮記念1着
レッドファルクス スプリンターズS1着
ビッグアーサー G1初挑戦
カレンチャン スプリンターズS1着
サンカルロ 高松宮記念2着 スプリンターズS3着
ビービーガルダン スプリンターズS2着
スズカフェニックス G1初挑戦
ペールギュント 朝日杯FS3着
ラインクラフト NHKマイル1着
アドマイヤマックス 安田記念2着 スプリンターズS3着
キーンランドスワン G1実績なし
ビリーヴ 57キロ スプリンターズS1着
リキアイタイカン マイルCS3着
スティンガー G11着 1200m戦初
キングヘイロー マイルCS2着 スプリンターズS3着

 

15頭中12頭にG1での好走実績が有りました。

そのほとんどは同距離G1であるスプリンターズSか高松宮記念でのもの。

実績のなかった3頭は、

ビッグアーサーは前々走重賞3着でデビュー戦以外は全て1番人気でした(当日も1番人気)

スズカフェニックスキーンランドスワンは共に前々走重賞1着でした。

 

今年の前走57キロ以上で3着以下の馬でこの実績を持ち合わせている馬を探してみましょう。

 

ステルヴィオ マイルCS1着 前々走8着

セイウンコウセイ 高松宮記念1着 前々走8着

タワーオブロンドン スプリンターズS1着 前々走1着

ダイアトニック G1実績なし 前々走2着

ミスターメロディ 高松宮記念1着 前々走4着

モズスーパーフレア スプリンターズS2着 前々走8着

 

過去の前走57キロ以上好走馬の全馬が2走以内に重賞3着以内の好走歴があった点は先に説明した通り、

ご覧の通りG1実績があっても近走の実績が足りない馬ばかり。

ダイアトニックもなんとかクリアも過去39頭の36頭がG1実績有りだったことを踏まえると、

 

タワーオブロンドン

 

この馬が唯一この組での完全一致馬でしょう。

 

 

上記条件を満たした馬の整理

 

『前走57キロ(牝馬は56キロ)以上を背負って重賞連対』

『前走57キロ(牝馬は56キロ)以上を背負った馬で2走内に重賞3着以内+G1好走実績』

 

上記データを元にこれまで好走馬をまとめると、

 

2019年 セイウンコウセイ
2018年 ファインニードル
2017年 レッドファルクス
2016年 ビッグアーサー
2016年 ミッキーアイル
2015年 エアロヴェロシティ
2015年 ミッキーアイル
2014年 コパノリチャード
2013年 ロードカナロア
2013年 ドリームバレンチノ
2012年 カレンチャン
2012年 サンカルロ
2012年 ロードカナロア
2011年 キンシャサノキセキ
2011年 サンカルロ
2011年 アーバニティ
2010年 キンシャサノキセキ
2010年 ビービーガルダン
2009年 ローレルゲレイロ
2008年 スズカフェニックス
2007年 スズカフェニックス
2007年 ペールギュント
2007年 プリサイスマシーン
2006年 ラインクラフト
2005年 アドマイヤマックス
2005年 プレシャスカフェ
2004年 サニングデール
2004年 デュランダル
2004年 キーンランドスワン
2003年 ビリーヴ
2003年 サニングデール
2003年 リキアイタイカン
2002年 アドマイヤコジーン
2002年 スティンガー
2001年 トロットスター
2001年 ブラックホーク
2000年 キングヘイロー
2000年 ディヴァインライト
2000年 アグネスワールド

 

もう何が言いたいかわかりますよね、

20年間1度も途切れずに毎年好走馬が出ているのです。

これはすごい発見です。

 

この事から今年のイチオシの馬は、

 

モズアスコット

タワーオブロンドン

 

この2頭です。

 

本日のブログランキングへは前走ダート戦を使ったモズアスコットについて書きます。

この20年間で前走フェブラリーSからこの高松宮記念を好走した馬は、

レッツゴードンキキングヘイローがいます。

この2頭は面白いくらいの共通点があるのでそれをブログランキングに書きました。

モズアスコットがその共通点をクリアしているか、買いなのか消しなのかは自分の目で確かめてみてください。

私はこれで今年の高松宮記念の◎は決定致しました。

これは絶対に確認した方が良いです。(明日には消えます)

下記バナークリックで「絶対的軸馬の法則」紹介文に記載してあります。↓
(注:ブログランキング紹介文の変更から反映までに30分程度時間差があります)

↓人気ブログランキングはコチラ↓


中央競馬ランキング

応援クリック感謝しますm(_ _)m

無料メルマガ&激走ランク新聞