【日経賞】予想 過去の好走馬を徹底的に分析した結果わかった好走する3パターン

キター!弥生賞情報!

ディ―――プ記念!

無料開放との事!!

────────────────────

今年旋風&無双の無料予想

馬単使いで賢者クラス!



────────────────────

【無料予想戦績】

2/27春麗JS 馬連48.1倍/馬単99.1倍→147,200円
2/20京都牝馬S  馬連28.7倍/馬単49.3倍→78,000円
2/06中京7R  馬連81.8倍/馬単122倍→203,800円

ジャンプも重賞も平場も特別戦も好調なんです!

────────────────────





────────────────────

(検証)無料予想1月2月

36鞍公開19鞍的中
券種:馬単・馬連

獲得:1962500円
収支:+882500円


────────────────────

そして今週無料公開は↓↓

3/6 阪神6R 阪神8R

3/7 中山6R 中山11R弥生賞

気になる方は↓↓

弥生賞他無料公開買い目

前夜18時頃から公開されてきます。
毎週楽しみすぎます!
土曜無料予想からチェックしてみてください。

過去10年の好走馬

 

2019年

メイショウテッコン
エタリオウ
サクラアンプルール

2018年

ガンコ
チェスナットコート
サクラアンプルール

2017年

シャケトラ
ミライヘノツバサ
アドマイヤデウス

2016年

ゴールドアクター
サウンズオブアース
マリアライト

2015年

アドマイヤデウス
ウインバリアシオン
ホッコーブレーヴ

2014年

ウインバリアシオン
ホッコーブレーヴ
ラストインパクト

2013年

フェノーメノ
カポーティスター
ムスカテール

2012年

ネコパンチ
ウインバリアシオン
ルーラーシップ

2010年

マイネルキッツ
エアシェイディ
トーセンクラウン

 

※2011年阪神開催を除く

中山2500mのG2戦になります。

 

好走馬の特徴その1

 

『前走G1G2以外を使った馬は1着が必須条件』

 

これまでの好走馬の前走とその着順を見ていきたいと思います。

 

メイショウテッコン 日経新春HG2 9着
エタリオウ 菊花賞G1 2着
サクラアンプルール アメリカG2 5着
ガンコ 松籟SH1600 1着
チェスナットコート 早春SH1600 1着
サクラアンプルール 中山記念G2 4着
シャケトラ 日経新春HG2 2着
ミライヘノツバサ アメリカG2 3着
アドマイヤデウス 有馬記念G1 11着
ゴールドアクター 有馬記念G1 1着
サウンズオブアース 有馬記念G1 2着
マリアライト 有馬記念G1 4着
アドマイヤデウス 日経新春HG2 1着
ウインバリアシオン 有馬記念G1 12着
ホッコーブレーヴ ステイヤG2 5着
ウインバリアシオン 有馬記念G1 2着
ホッコーブレーヴ JCG1 12着
ラストインパクト 小倉大賞HG3 1着
フェノーメノ JCG1 5着
カポーティスター 京都記念G2 6着
ムスカテール 日経新春HG2 2着
ネコパンチ ダイヤモHG3 15着
ウインバリアシオン 京都記念G2 6着
ルーラーシップ アメリカG2 1着
マイネルキッツ アメリカG2 4着
エアシェイディ 有馬記念G1 3着
トーセンクラウン 中山記念G2 1着

 

青く塗ったのが前走連対できなかった馬です。

その全てがG1かG2で敗退していることがわかります。

 

しかし、2012年で行われた日経賞では雨の中、重馬場で逃げたネコパンチがそのままゴール

唯一の例外馬となっています。

好走27頭中26頭がこの条件をクリアしていますので最低ラインここはクリアして欲しいところです。

 

今年のメンバーで気になる馬は、

 

マイネルカレッツァ 条件戦6着

ポンデザール 愛知杯12着

ヤマカツライデン OP8着

アイスバブル OP6着

 

この4頭は流石におすすめできません。

 

 

好走馬の特徴その2

 

『前走大敗馬は共通して非根幹距離での快勝歴があった』

 

有馬記念同様に非根幹実績の重要性は何度も唱えて来ました。

この日経賞ももちろんですがその重要性と好走率は見事にリンクしていると思います。

中山コースの鬼、非根幹距離の鬼、そんなスペシャリストが人気薄で度々波乱を演出してきたこのレース

 

過去に前走大敗→巻き返しに成功した馬は3頭います。

 

2014年 ウインバリアシオン 1.4秒

2013年 カポーティスター 1.1秒

2012年 ネコパンチ 2.1秒

 

この3頭の戦歴に共通しているのは、

非根幹距離に強かった実績があります。

 

ウインバリアシオン 1800m戦0.5秒差圧勝(生涯最高着差)

カポーティスター 2300m戦0.9秒差圧勝(生涯最高着差)

ネコパンチ 2500m戦&2600m戦0.5秒差圧勝(生涯最高着差)

 

特にネコパンチは未勝利を抜け出した1200m戦を除けば自身が勝ったレースは全て

非根幹距離ですし大差勝ちの全てが非根幹距離に偏っています。

そしてこのレースを12番人気で0.6秒差をつけて優勝するのですから驚きました。

 

今年はこの前走大敗馬が非常に多いんですよね。

 

サトノクロニクル

ポンデザール

ヤマカツライデン

エタリオウ

ガンコ

スティッフェリオ

 

14頭の出走に対して6頭が前走1秒以上の敗退馬

ここからコース適性を見ていきましょう。

 

サトノクロニクル

中山コース 0−1−1−2
非根幹距離 圧勝歴なし(重賞連対はあり)

 

ポンデザール

中山コース 出走歴なし
非根幹距離 2600m0.6秒差の圧勝歴あり

 

ヤマカツライデン

中山コース 0−0−0−1
非根幹距離 芝レースでは実績なし

 

エタリオウ

中山コース 0−1−0−1
非根幹距離 圧勝歴なし(重賞連対あり

 

ガンコ

中山コース 1−0−0−1
非根幹距離 芝コースでは実績なし(重賞連対あり

 

スティッフェリオ

中山コース 1−0−0−4
非根幹距離 0.3秒差あり(重賞連対あり

 

あまり結論が出ない話になって申し訳ないのですが、

強調できるのは赤く塗った部分かなと思います。

エタリオウガンコは共にリピーターですので適性はあると思います。

しかし共に好走した年は前走連対と臨戦過程が非常に充実していたのでそれと比べるとかなり劣ります。

スティッフェリオはオールカマー勝ち馬で適性は示していると思います。

ポンデザールも過去の好走馬に類似します。

 

しかしこの組は1年に2頭以上好走していませんし、馬場改正後は1頭も好走馬がいません。

ですのでここから推薦したくないのが正直なところです。

 

 

好走馬の特徴その3

 

『好走馬のほとんどが上がり3位以内で好走』

 

まずは好走した馬で上がり3位以内を使っていた馬を見ていきましょう。

 

メイショウテッコン 3
エタリオウ –
サクラアンプルール 1
ガンコ –
チェスナットコート 2
サクラアンプルール 1
シャケトラ 1
ミライヘノツバサ –
アドマイヤデウス –
ゴールドアクター 1
サウンズオブアース 2
マリアライト 2
アドマイヤデウス 2
ウインバリアシオン –
ホッコーブレーヴ 3
ウインバリアシオン 1
ホッコーブレーヴ 2
ラストインパクト –
フェノーメノ 1
カポーティスター 3
ムスカテール 2
ネコパンチ –
ウインバリアシオン 1
ルーラーシップ 2
マイネルキッツ 1
エアシェイディ 2
トーセンクラウン –

 

好走馬27頭中19頭が上がり3位以内で好走しています。

年号別でみると必ずこの中から好走馬は出てきています。

 

特に馬場改修工事が行われた2014年(開催は2015年〜)からは前走上がり3位以内だった馬が必ず馬券になっています。

 

芝1800m以上の非根幹距離における上がり3位以内率

 

エタリオウ 4戦3回

ガンコ 2戦2回

チェスナットコート 11戦10回

シャケトラ 3戦3回

サウンズオブアース 11戦8回

アドマイヤデウス 6戦5回

ホッコーブレーヴ 17戦13回

 

ほとんどの非根幹距離で上がり3位以内を記録していました。

今年のメンバーで類似する馬を探して見ます。

 

まずは前走上がり3位以内の馬

 

モズベッロ

サンアップルトン

ミッキースワロー

 

これらの非根幹距離のレースを調べると、

 

モズベッロ 7戦4回

サンアップルトン 7戦6回

ミッキースワロー 11戦8回

 

サンアップルトンとミッキースワローが非常にいい感じですね。

 

 

好走馬の特徴その4

 

『中山のコース適性はやはり重要』

 

上記の続きになるのですが、

馬場改修工事が行われた2014年、日経賞だと2015年〜昨年までのデータを見てみると

 

2019年

メイショウテッコン 中山初 非根幹距離0.5秒差圧勝 非根幹重賞勝ち
エタリオウ 前走上がり3位以内(非根幹距離上がり4分の3)
サクラアンプルール リピーター 非根幹重賞勝ち 中山非根幹重賞連対

2018年

ガンコ 前走上がり3位以内(非根幹距離上がり2分の2)
チェスナットコート 前走上がり3位以内(非根幹距離上がり11分の10)
サクラアンプルール 中山コース7分の5 非根幹重賞勝ち 中山非根幹重賞連対

2017年

シャケトラ 前走上がり3位以内(非根幹距離上がり3分の3)
ミライヘノツバサ 中山コース8分の7 中山非根幹重賞3着
アドマイヤデウス リピーター 中山非根幹G2勝ち

2016年

ゴールドアクター 中山コース4分の3 非根幹G1勝ち3着1回 非根幹G2勝ち
サウンズオブアース 前走上がり3位以内(非根幹距離上がり11分の8)
マリアライト 中山コース5分の3 非根幹G1勝ち

2015年

アドマイヤデウス 前走上がり3位以内(非根幹距離上がり6分の5)
ウインバリアシオン リピーター 非根幹G1連対
ホッコーブレーヴ 前走上がり3位以内(非根幹距離上がり17分の13)

 

前走上がり3位以内→非根幹距離上がり3位内率高の馬がオレンジ

リピーターが緑、中山コースで明確な実績があった馬が赤

それ以外は青で塗っています。

 

こう見ると全馬に走る理由がちゃんとあるように見えませんか?

ちょっと長く書きすぎたのでこれらを踏まえて今年の推薦馬を決めていきたいと思います。

 

 

2020年 日経賞の推薦馬

 

モズベッロ

サンアップルトン

人気ブログランキングに公開中

ウインクシード

エタリオウ

 

基本的に馬場改修工事からの5年は以下の3パターンに該当して好走しています。

 

・前走上がり3位以内(非根幹距離で上がり実績があると更に良い)

・中山コースに出走履歴がある場合好走率が5割を超えている(非根幹重賞実績があると更に良い)

・中山コース初出走で非根幹距離で圧勝経験+非根幹距離重賞勝ち馬

 

上の2つだけでもで15頭中14頭なのでまずはここに該当する馬をピックアップ

 

まず最初に推薦したいのはモズベッロサンアップルトンのダブル4歳馬

過去10年で4歳馬の好走率はトップの5−6−2−18

それに先に検証したように前走上がり3位以内かつ非根幹距離にも上がり実績があります。

特に関西馬のモズベッロはおすすめしたいですね。

次に穴で推薦したいのがウインクシード

中山の成績が2−4−1−2とこれまでの好走馬に類似します。

脚質が前に行ける点も良い材料だと思います。

最後にこのレース切っても切れないリピーターですよね、エタリオウです。

もう一方にガンコもいますが昨年の好走馬ですしエタリオウを取ります。

やはり4歳馬がこのレース魅力的ですが、最後にこの馬をチョイスして終わりたいと思います。

この馬は単純に上がり、コース実績、重賞実績の全てを兼ね備えている馬です。

馬名はブログランキへ公開中です。参考になった方も応援のクリックお願いします。

下記バナークリックで「絶対的軸馬の法則」紹介文に記載してあります。↓
(注:ブログランキング紹介文の変更から反映までに30分程度時間差があります)

↓人気ブログランキングはコチラ↓


中央競馬ランキング

応援クリック感謝しますm(_ _)m

無料メルマガ&激走ランク新聞