【ニュージランドT】予想 混戦のG2戦も好走データから絶対に買いたいのは断然関西馬

◎注目のGI的中無料情報

今週末も……

◎天皇賞(秋)無料情報公開
菊花賞では3連複的中で22,860円獲得。
それどころか、今月は毎週のように獲得を達成してます!

───────────

10月の獲得額▽

03・04日週 計31,720円

10・11日週 計19,240円

17・18日週 計22,200円

24・25日週 計28,110円

───────────

16/9の的中で、的中率は56%!公開買い目全てが当たってるわけじゃありませんが、不的中分を差し引いてもプラス収支。無料情報なのに本当に心強いですね!

───────────

◎菊花賞は抜群の読み

菊花賞の公開買い目は以下の通り

───────────

1頭目:3

2頭目:6,9,10

3頭目:6,8,9,10,11

投資:600円×9点

結果→3-9-10

獲得→22,860円

───────────

実力馬多数。2頭目以降の着順予想は難しいところながら、ここは2頭目から9アリストテレス・10サトノフラッグ買い。もう完全に読み切ってました(笑)

重賞でもこの精度は流石!この勢いで天皇賞に挑戦、もう期待しかありません。

天皇賞無料情報はこちら

メールで簡単登録。買い目はレース前日公開。

今のうちに登録して週末に備えましょう◎

過去10年の好走馬

 

2019年

ワイドファラオ
メイショウショウブ
ヴィッテルスバッハ

2018年

カツジ
ケイアイノーテック
デルタバローズ

2017年

ジョーストリクトリ
メイソンジュニア
ボンセルヴィーソ

2016年

ダンツプリウス
ストーミーシー
エクラミレネール

2015年

ヤマカツエース
グランシルク
アルマワイオリ

2014年

ショウナンアチーヴ
ショウナンワダチ
ベルルミエール

2013年

エーシントップ
レッドアリオン
ストーミングスター

2012年

カレンブラックヒル
セイクレットレーヴ
ブライトライン

2010年

サンライズプリンス
ダイワバーバリアン
レト

 

10年で中山で行われた9年の27頭が上記になります。

 

好走馬の特徴その1

 

『前走重賞以外は1着が絶対条件』

 

上記の好走馬の内、

下記の9頭が前走重賞以外で好走しています。

 

ワイドファラオ 未勝利* 1着
ヴィッテルスバッハ 500万下* 1着
ケイアイノーテック 500万下* 1着
ストーミーシー 500万下* 2着
グランシルク 500万下* 1着
レッドアリオン フローラ500* 1着
ストーミングスター 500万下* 1着
カレンブラックヒル こぶし賞500* 1着
セイクレットレーヴ クロッカ 1着

 

ストーミーシー以外は全馬0.1秒以上の差をつけてこのNZTを好走

その成績を見ると、ここまでストーミシーは中山芝勝ちを含む、

中山コース連対率100%でした。

類似するコース適性が無い場合は前走勝ち馬であることが絶対条件になります。

 

今年の該当馬は、

 

カフェサンドリヨン 黄梅賞500* 2着
フルートフルデイズ 黄梅賞500* 5着
ソングオブザハート アネモネ(L) 5着
ソウルトレイン 白梅賞500* 1着 -0.1
コウソクスピード 500万下* 3着
オーロラフラッシュ 500万下* 1着 -0.0
ハーモニーマゼラン 500万下* 1着 -0.3
ルフトシュトローム 500万下* 1着 -0.2
シャチ 500万下* 1着 -0.0
グレイトホーン 黄梅賞500* 7着

 

カフェサンドリヨンは2着でストーミシーと被りますが、

前走敗退に中山コースでの勝利経験もなくNG

少し厳し目にみてオーロラフラッシュも前走のタイム差がなく、

中山コースでの1着経験が無いのでNG

シャチも同様にタイム差ゼロの中山コースでの着外が複数でNG

 

買えるのは3頭

 

ソウルトレイン

ハーモニーマゼラン

ルフトシュトローム

 

になります。

 

 

好走馬の特徴その2

 

『前走0.3秒以上敗退馬は過去に重賞連対か0.3秒以上の圧勝経験あり』

 

前走0.3秒以上負けから巻き返した馬は以下9頭

 

メイショウショウブ チューリG2 9着 1.1
カツジ きさらぎG3 5着 0.8
デルタバローズ 京成杯G3 13着 1.7
ジョーストリクトリ ファルコG3 6着 0.4
ショウナンアチーヴ ファルコG3 6着 0.4
ショウナンワダチ 共同通信G3 8着 0.8
サンライズプリンス スプリンG2 4着 0.4
ダイワバーバリアン 弥生賞G2 4着 0.5
レト アーリンG3 3着 0.3

 

これらの馬の戦歴を調べてみると、

面白いことにほとんどの馬に快勝履歴がありました。

 

メイショウショウブ 0.3秒以上の圧勝経験あり
カツジ 2走前に重賞連対
デルタバローズ 0.3秒以上の圧勝経験あり
ジョーストリクトリ 0.3秒以上の圧勝経験あり
ショウナンアチーヴ 0.3秒以上の圧勝経験あり
ショウナンワダチ 0.3秒以上の圧勝経験あり
サンライズプリンス  0.3秒以上の圧勝経験あり
ダイワバーバリアン 0.3秒以上の圧勝経験あり
レト アーリン 0.3秒以上の圧勝経験あり

 

唯一カツジが0.2秒しか快勝履歴がなかったのですが、

キャリア3戦という中で重賞連対を記録していました。

 

今年の該当馬をチェックしてみましょう。

 

カリオストロ 0.4
マイネルグリット 2.8
フルートフルデイズ 0.4
ペールエール 4.0
ソングオブザハート 0.3
コウソクスピード 0.5
アブソルティスモ 2.3
シーズンズギフト 0.4
グレイトホーン 1.5
ウイングレイテスト 0.9

 

上記10頭

出走馬の大体が当てはまります。

こららの馬の出走履歴を調べると、

 

カリオストロ 圧勝履歴あり
マイネルグリット 圧勝歴なし
フルートフルデイズ 圧勝歴なし
ペールエール 圧勝歴なし
ソングオブザハート 圧勝歴なし
コウソクスピード 圧勝歴なし
アブソルティスモ 圧勝歴なし
シーズンズギフト 圧勝歴なし
グレイトホーン 圧勝履歴あり
ウイングレイテスト 圧勝歴なし

 

びっくりするほど過去の戦歴が一致する馬がいません。

グレイトホーンに付きましては一応のクリアですが、

その1でNGに該当しているだけに厳しそうです。

カリオストロだけが一致

甘くみるなら、過去に重賞で好走歴のある

マイネルグリット、ペールエール、シーズンズギフト、ウイングレイテスト

このあたりですがこうなるとキリが無いので…

 

 

2020年 ニュージーランドTの推薦馬

 

・ソウルトレイン

・ハーモニーマゼラン

・ルフトシュトローム

・カリオストロ

◎人気ブログランキングへ公開

 

まずは好走馬の特徴その1で推薦したい3頭をピックアップ

これは特徴その2で前走重賞組があまりにもレベルが低いためこの結果になりました。

元々占有率が高い訳では無いので期待値でみると低いですが一応3頭そのまま推薦

あとは残ったカリオストロは唯一前走重賞を使った馬で過去に類似する馬

ブログランキングへ公開した馬は一応その2でNGにはなったのですが、

やはり見逃せないのがこのレースの関西馬の異常な強さなんですよね、

過去10年の占有率は

関東馬 1−4−5−78

関西馬 9−6−5−50

もうこれで関西馬を買わない理由が無いんです。

前走は大敗していますが、2走前の内容が非常によく見えました。

連対した2頭はこの馬よりも内にいましたし、上位が後方待機馬で並ぶ中

先行して外にいたこの馬だけが唯一残ってます。

中山が裏目に出る可能性もありますがその2走前で同じく先行していた馬が、

次走で複数好走していることで流れが厳しかった裏付けもしっかりできています。

下記バナークリックで「絶対的軸馬の法則」紹介文に記載してあります。↓
(注:ブログランキング紹介文の変更から反映までに30分程度時間差があります)

↓人気ブログランキングはコチラ↓


中央競馬ランキング

応援クリック感謝しますm(_ _)m

無料メルマガ&激走ランク新聞