【NHKマイルC】過去15年で二桁人気の激走は13頭!なぜ好走できたか全馬の共通点を公開

11月無料予想
ランキング上位

検証OK好調無料買い目情報

今週も重賞公開を確認!!

──────────────────
選ぶ、公開するレースが

いい感じなんです!



◎11/23 東スポ杯2歳S

馬連13.3/ワイド計18.8/3連複21.7倍

26,900円獲得/回収率179%

◎11/22 阪神05R

馬連21.6/ワイド計25.8/3連複59.3倍

53,350円獲得/回収率356%

◎11/21 東京08R秋陽JS
馬連14.1/ワイド計38.8/3連複81.3倍
67,100円獲得/回収率447%

──────────────────

負けてもダメージ少なめ

3連複外しても馬連で拾う功名さ!

勉強になります!

7人気外して12人気で拾う。。お見事!


──────────────────

チャレンジカップ無料公開

↑ ↑ ↑ スマホでも即チェック可!
まずこの買い方見てうまさ無料体感してみてください。

過去15年

 

2005年 デアリングハート 10番人気 2着

2009年 ジョーカプチーノ 10番人気 1着

2009年 グランプリエンゼル 13番人気 3着

2012年 クラレント 15番人気 3着

2013年 マイネルホウオウ 10番人気 1着

2014年 タガノブルグ 17番人気 2着

2014年 キングズオブザサン 12番人気 3着

2016年 レインボーライン 12番人気 3着

2017年 リエノテソーロ 13番人気 2着

2019年 ケイデンスコール 14番人気 2着

 

過去15年で13頭が走っています。

ここまでで一番荒れるG1がきたと言っても良いと思います。

 

しかし、

二桁人気で好走した上記13頭はなぜこんなに人気がなかったのか?

不思議なくらいに全馬素晴らしい実績を、このNHKマイルCに出走するまでに記録していました。

 

その理由をパターン化するなら次の3択

 

・前走の成績が悪い

ケイデンスコール
リエノテソーロ
レインボーライン
キングズオブザサン
マイネルホウオウ
クラレント
ダノンゴーゴー
ピンクカメオ
ムラマサノヨートー

 

・前走フロック視

デアリングハート
ジョーカプチーノ

 

・前走低クラス出走

タガノブルグ
グランプリエンゼル

 

基本的に実績があるのに前走で人気を落とすパターンがほとんど、

3歳のキャリアが浅い成長時期ですから前走の1回や2回で決めつけると痛い目に合います。

 

その証拠に実績面で好走馬を絞るなら、

 

【A】以下の3パターンのどれかに全馬例外無く該当

・マイルG1で3着以内の実績あった

・3勝以上

・重賞連対かつ2勝以上

 

 

【B】上記3パターン該当馬の全馬は連対率と非常に関係の深い下記データも全馬例外無く該当

・重賞3着以内2回含む連対率40%以上

・重賞勝利含む連対率40%以上

・OP以上勝利含む連対率50%以上

 

 

これで過去の10番人気以下から大波乱を演出した馬全てを買うことができたのです。

 

 

 

netkeiba予想オッズ

 



馬名 予想オッズ
1
レシステンシア 2.8
2
タイセイビジョン 3.7
3
サトノインプレッサ 3.8
4
ルフトシュトローム 5.2
5
サクセッション 16.0
6
ウイングレイテスト 28.8
7
シャインガーネット 29.3
8
ギルデッドミラー 29.8
9
ラウダシオン 37.2
10
ラインベック 39.1
11
プリンスリターン 40.9
12
ストーンリッジ 91.5
13
ボンオムトゥック 101.3
14
ハーモニーマゼラン 219.1
15
ニシノストーム 616.5
16
メイショウチタン 659.2
17
シャチ 745.8
18
ソウルトレイン 1001.6

 

 

まだ出馬表は出ていませんが、

予想オッズで見ると上位人気は条件クリア馬が多く安心できるかなと思います。

 

変わって今年激走を予告したい馬が2頭います。

先ほど説明した通り、

 

・前走フロック視

 

に該当し、今回人気がなさそうな2頭は

これまで2桁人気馬が激走してきた全馬クリアデータに一致します。

 

その馬名を人気ブログランキングへ公開しましたので要チェック!

下記バナークリックで「絶対的軸馬の法則」紹介文に記載してあります。↓
(注:ブログランキング紹介文の変更から反映までに30分程度時間差があります)

↓人気ブログランキングはコチラ↓


中央競馬ランキング

応援クリック感謝しますm(_ _)m

無料メルマガ&激走ランク新聞