土曜は新潟4R・札幌1Rを無料公開
午前のレースなので急いだほうが吉!

特に先週土日連勝のワイド買い目は必見!

いつも後半戦からの提供が多い無料情報なのですが、今週は早めのレースがセレクトされたので手短にオススメポイントをご紹介します!先週の公開予想画像をご覧いただければすぐわかるはず!

【25日的中無料買い目】

札幌10R/大倉山特別

03-04/ワイド2.3倍×4000円的中!

5000円投資→9200円獲得◎

回収率184%

【26日的中無料買い目】

札幌7R3歳以上1勝C
ワイド5.6倍×2000円的中!

5000円投資→11200円獲得◎

回収率224%

さらに先週土曜は3連複買い目も回収率181%的中させたおまけ付き!先ほど1日の厳選2鞍も公開されたのですが、冒頭でお伝えしたようにワイド→新潟4R、3連複→札幌1Rが選ばれてました!無料なので手に入れて損はないので早めに情報ゲットしておきましょう!

→先週ワイド2発的中の無料厳選買い目

こちらからどなたでもスマホ・PCで確認OK!日曜はクイーンSも3連複無料予想公開!

 
 

【ダービー】第四弾 枠順発表で明暗が別れる!?今年の1枠と8枠についての考察

日本ダービー 2020年 枠順確定

 

1枠1番 サトノインプレッサ
1枠2番 アルジャンナ
2枠3番 ワーケア
2枠4番 レクセランス
3枠5番 コントレイル
3枠6番 ヴェルトライゼンデ
4枠7番 ブラックホール
4枠8番 ビターエンダー
5枠9番 ダーリントンホール
5枠10番 コルテジア
6枠11番 ガロアクリーク
6枠12番 サリオス
7枠13番 ディープボンド
7枠14番 マイラプソディ
7枠15番 サトノフラッグ
8枠16番 マンオブスピリット
8枠17番 ヴァルコス
8枠18番 ウインカーネリアン

 

遂に枠順が決まりましたね!

この瞬間を心待ちにしていたのは昨日書いたダービー第三弾のこの記事

【ダービー】第三弾 過去24年で11頭が走って好走率100%の鉄板データに該当する1頭

お知らせ   ブログの視聴性を重視していますので、いつまでも昔の的中を最初に貼り付け続けていたり、 メルマガで広告のみの号外を出したりと頻繁にPRすることはこのブログでは一度も無いのですが、 ...

続きを見る

24年間のこの事実を知った上でどう買うのかは任せます。

 

さて、そんなダービーですが週中に書いた狙い馬が残念ながら8枠に入ってしまいました。

この8枠と言うのはただの重賞の8枠とは大違い、ダービーの大外枠はその長い歴史からも非常に厳しい道のりであることを

ここまでの歴史が物語っています。

 

本日はこの8枠についてと、ダービーで最も走る枠『1枠』についても触れていきたいと思います。

 

 

過去20年で8枠からダービーを好走した馬

 

2018年 ワグネリアン 1着
2017年 アドミラブル 3着
2007年 アサクサキングス 2着
2004年 ハイアーゲーム 3着
2003年 ザッツザプレンティ 3着
2001年 ジャングルポケット 1着

 

20年間で59頭がエントリーして6頭です。

 

面白いことにこの上記6頭にはある共通点があるんですね、

それは

 

ワグネリアン ノーザンファーム
アドミラブル ノーザンファーム
アサクサキングス 社台ファーム
ハイアーゲーム 社台ファーム
ザッツザプレンティ 社台ファーム
ジャングルポケット ノーザンファーム

 

全馬社台系なんですよね、

ここまでの20年間で8枠に入った非社台系は全滅しています。

 

しかも好走した全馬が前走5番人気以内と、

今年18番枠に入ってしまった、

 

ウインカーネリアン 前走17番人気 非社台系

 

絶望的と言えます。

 

残ったのは2頭

 

16番 マンオブスピリット

17番 ヴァルコス

 

これまで好走してきた8枠の猛者達と圧倒的に違うポイントがあります。

わかりやすく確認していきましょう。

 

ワグネリアン 東スポ杯G3 1着
アドミラブル 青葉賞G2 1着
アサクサキングス きさらぎ賞G3 1着
ハイアーゲーム 青葉賞G2 1着
ザッツザプレンティ ラジオたんぱG3 1着
ジャングルポケット 共同通信杯 1着

 

今年の2頭

 

マンオブスピリット 重賞未勝利

ヴァルコス 重賞未勝利

 

もちろん18番のウインカーネリアンも未勝利

しかも上記6頭はただの重賞勝ち馬じゃ無いんですよね、

来年以降も覚えて置いて損はありません。

 

『全馬0.3秒以上の圧勝』でした。

 

狙い馬が8枠に入ったら重賞圧勝履歴の有無をチェックしてみてください。

と言うわけで、今年狙っていた8枠の2頭は厳しそうです。

 

 

過去20年で1枠からダービーを好走した馬

 

2019年 ロジャーバローズ 1着
2016年 ディーマジェスティ 3着
2015年 サトノラーゼン 2着
2014年 ワンアンドオンリー 1着
2013年 キズナ 1着
2011年 ウインバリアシオン 2着
2010年 エイシンフラッシュ 1着
2009年 ロジユニヴァース 1着
2008年 ディープスカイ 1着
2006年 メイショウサムソン 1着
2000年 エアシャカール 2着

 

20年で29頭が走って上記11頭

とんでもない数字ですよね、8枠の半分でこの数字です。

 

一応社台系もみて見ましょう。

 

ロジャーバローズ 飛野牧場
ディーマジェスティ 服部牧場
サトノラーゼン ノーザンファーム
ワンアンドオンリー ノースヒルズ
キズナ ノースヒルズ
ウインバリアシオン ノーザンファーム
エイシンフラッシュ 社台ファーム
ロジユニヴァース ノーザンファーム
ディープスカイ 笠松牧場
メイショウサムソン 林孝輝
エアシャカール 社台ファーム

 

非社台でも好走できています。

むしろ非社台の方がチャンスが大きい形となっています。

 

今年の1枠は、

 

サトノインプレッサ

アルジャンナ

 

まず気になるのが1枠に限らずアルジャンナの1勝馬と言う点です。

1勝馬について調べてきましたが、好走できたポイントは2つ

 

・過去にG1を連対していた

・獲得賞金が2000万円以上

 

このアルジャンナは、G1初出走の1750万円の獲得賞金と程遠いものがあります。

3走前の瞬発力勝負ではコントレイルに置き去りにされ、

前走のスタミナ比べでは直線フラフラで持ったままのサトノインプレッサに完敗と、

個人的にもこれで走られたらなんとも言えない感じです。

 

変わってもう1頭の1枠馬、

 

サトノインプレッサ

 

こちらについては距離の問題がひっかります。

24年間のデータを調べましたが、ダービーまでに2000m以上のレースを経験したことがなかった馬は、

36頭いました。

 

『全滅です。』

 

1頭も好走馬がいません。

昨年のエメラルファイトも3番と内枠を引くも未経験の2000m以上で12着に惨敗しています。

 

昨年12番人気のロジャーバローズが好走したように、もしかしたら今年はお休みの1枠なのかもしれません。

以上、今年の1枠と8枠の調査結果の報告を終わります。

 

結果的に推せそうな馬は1頭もいませんが、

最後に、最近のダービーのトレンドを教えます。

 

2019年 2着 ダノンキングリー 3番人気1着 上がり1位
2017年 2着 スワーヴリチャード 2番人気1着 上がり1位
2016年 3着 ディーマジェスティ 6番人気1着 上がり1位
2015年 1着 ドゥラメンテ 1番人気 2着 上がり1位
2014年 2着 イスラボニータ 1番人気1着 上がり2位
2012年 1着 ディープブリランテ 1番人気2着 4角先頭(33秒台)

2014年 ベルキャニオン 3番人気2着 上がり1位
2011年 ナカヤマナイト 3番人気1着 上がり1位

 

過去10年で【2−3−1−2】

好走率75%

 

なんと今年は2頭も該当馬がいます。

そしてびっくりするほど人気が無いです。

枠順も最高なのでどちらか1頭でも好走する確率はかなり高いのではと見ています。

 

明日時間があれば好走パターンについて触れようかなとは思いますが、

ブログランキングに条件と激アツの2頭を公開しておきますので要チェック!

明日にはダービー第五弾の記事で消えてしまいますのでお見逃しなく。

下記バナークリックで「絶対的軸馬の法則」紹介文に記載してあります。↓
(注:ブログランキング紹介文の変更から反映までに30分程度時間差があります)

↓人気ブログランキングはコチラ↓


中央競馬ランキング

応援クリック感謝しますm(_ _)m

-重賞レース予想

© 2020 絶対的軸馬の法則|競馬予想ブログ|過去データ|独自データ