「3点とられても4点とる!」

僕の崇拝するフライングダッチマンの言葉です。点数多くても大きく勝てればいいんです。この半年驚異の金額ガチで無料予想で出してくれてます!ココの予想というか買い方は意外やお金ちょいある人には投資としてアリかもしれません。上半期振り返ってみましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━

まず先週いい配当(土日6鞍ずつ計12鞍)

江の島 59770円パラダイス91800円

花のみち96240円アハルテケ31960円

モズベッロはね。。。予測できない。。

━━━━━━━━━━━━━━━━

そして超爆勝ち(全て100円換算)

三浦特別   325680円

麦秋     151920円

小金井特別  313570円

加古川特別  254690円

※この週1日で100万弱獲得。。証拠画像

利根川特別  305350円

大阪ハンブルグ272960円

伏竜     259140円
8~14万くらいは多発してるので割愛。

━━━━━━━━━━━━━━━━

気になる重賞戦績 (全部3連単です)

・函館スプリント64550円・マーメイド125270円・安田記念11240円・東京優駿5140円・ヴィクトリア7340円・京王杯15040円・NHKマイル152750円・京都新聞杯39450円・青葉賞14870円・マイラーズ13350円・アンタレス30410円・中山GJ2710円・アーリントン8210円・桜花賞47760円・ニュージーランドT34500円・大阪杯7810円・高松宮記念217720円・日経賞33160円・毎日杯2520円・スプリング37220円・阪神大賞典40140円・フラワーカップ340910円・金鯱賞14440円 ・・・愛知杯59万とかありましたが、もう書ききれない。。

━━━━━━━━━━━━━━━━

結論からするとココ8頭⇔BOXで収支合うはずです。後半レースが1日6鞍週末12鞍公開されるのでそこから選んで・・イメージ的には◎◎◎特別とか凄い稼げる予感しちゃってます!

荒れ模様の夏競馬無料予想はこちら
ココの本命馬・穴馬選ぶ力は本当にいい感じです。無料公開期待してみてください。

 
 

【ダービー】予想 今年のダービー馬は決まり!過去20年で好走した馬全部調査した最終結論

過去20年前走皐月賞だった馬一覧

 

2019年

ロジャーバローズ 京都新聞G2
ダノンキングリー 皐月賞G1
ヴェロックス 皐月賞G1

2018年

ワグネリアン 皐月賞G1
エポカドーロ 皐月賞G1
コズミックフォース プリンシ

2017年

レイデオロ 皐月賞G1
スワーヴリチャード 皐月賞G1
アドミラブル 青葉賞G2

2016年

マカヒキ 皐月賞G1
サトノダイヤモンド 皐月賞G1
ディーマジェスティ 皐月賞G1

2015年

ドゥラメンテ 皐月賞G1
サトノラーゼン 京都新聞G2
サトノクラウン 皐月賞G1

2014年

ワンアンドオンリー 皐月賞G1
イスラボニータ 皐月賞G1
マイネルフロスト 青葉賞G2

2013年

キズナ 京都新聞G2
エピファネイア 皐月賞G1
アポロソニック 青葉賞G2

2012年

ディープブリランテ 皐月賞G1
フェノーメノ 青葉賞G2
トーセンホマレボシ 京都新聞G2

2011年

オルフェーヴル 皐月賞G1
ウインバリアシオン 青葉賞G2
ベルシャザール 皐月賞G1

2010年

エイシンフラッシュ 皐月賞G1
ローズキングダム 皐月賞G1
ヴィクトワールピサ 皐月賞G1

2009年

ロジユニヴァース 皐月賞G1
リーチザクラウン 皐月賞G1
アントニオバローズ プリンシ

2008年

ディープスカイ NHKマG1
スマイルジャック 皐月賞G1
ブラックシェル NHKマG1

2007年

ウオッカ 桜花賞G1
アサクサキングス NHKマG1
アドマイヤオーラ 皐月賞G1

2006年

メイショウサムソン 皐月賞G1
アドマイヤメイン 青葉賞G2
ドリームパスポート 皐月賞G1

2005年

ディープインパクト 皐月賞G1
インティライミ 京都新聞G2
シックスセンス 皐月賞G1

2004年

キングカメハメハ NHKマG1
ハーツクライ 京都新聞G2
ハイアーゲーム 青葉賞G2

2003年

ネオユニヴァース 皐月賞G1
ゼンノロブロイ 青葉賞G2
ザッツザプレンティ 皐月賞G1

2002年

タニノギムレット NHKマG1
シンボリクリスエス 青葉賞G2
マチカネアカツキ プリンシ

2001年

ジャングルポケット 皐月賞G1
ダンツフレーム 皐月賞G1
ダンシングカラー ベンジャ

2000年

アグネスフライト 京都新聞G3
エアシャカール 皐月賞G1
アタラクシア 皐月賞G1

 

 

好走馬34頭の前走の内容

 

2000年
エアシャカール 2番人気 1着 8番手 上がり1位
アタラクシア 4番人気 9着 3番手

2001年
ジャングルポケット 2番人気 3着 7番手 上がり2位
ダンツフレーム 3番人気 2着 7番手 上がり1位

2003年
ネオユニヴァース 1番人気 1着 8番手 上がり1位
ザッツザプレンティ 5番人気 8着 2番手

2005年
ディープインパクト 1番人気 1着 9番手 上がり1位
シックスセンス 12番人気 2着 13番手 上がり2位

2006年
メイショウサムソン 6番人気 1着 3番手
ドリームパスポート 10番人気 2着 9番手 上がり2位

2007年
アドマイヤオーラ 1番人気 4着 12番手 上がり1位

2008年
ブラックシェル 2番人気 5着 8番手 上がり3位
スマイルジャック 4番人気 9着 3番手

2009年
リーチザクラウン 2番人気 13着 3番手
ロジユニヴァース 1番人気 14着 5番手

2010年
エイシンフラッシュ 11番人気 3着 12番手 上がり3位
ローズキングダム 2番人気 4着 8番手
ヴィクトワールピサ 1番人気 1着 8番手 上がり3位

2011年
オルフェーヴル 4番人気 1着 11番手 上がり1位
ベルシャザール 3番人気 11着 2番手

2012年
ディープブリランテ 3番人気 3着 3番手

2013年
エピファネイア 2番人気 2着 3番手

2014年
イスラボニータ 2番人気 1着 4番手 上がり3位
ワンアンドオンリー 4番人気 4着 12番手 上がり1位

2015年
ドゥラメンテ 3番人気 1着 7番手 上がり1位
サトノクラウン 1番人気 6着 9番手 上がり2位

2016年
マカヒキ 3番人気 2着 13番手 上がり1位
サトノダイヤモンド 1番人気 3着 5番手 上がり3位
ディーマジェスティ 8番人気 1着 10番手 上がり2位

2017年
レイデオロ 5番人気 5着 14番手 上がり2位
スワーヴリチャード 2番人気 6着 10番手

2018年
ワグネリアン 1番人気 7着 12番手
エポカドーロ 7番人気 1着 4番手

2019年
ダノンキングリー 3番人気 3着 5番手
ヴェロックス 4番人気 2着 4番手 上がり2位

 

一番の好走パターンは、

『3着以内か3番人気以内』

34頭の好走馬のうち29頭がこの部類です。

 

例外の5頭を見てみましょう。

 

2000年
アタラクシア 4番人気 9着 3番手

2003年
ザッツザプレンティ 5番人気 8着 2番手

2008年
スマイルジャック 4番人気 9着 3番手

2014年
ワンアンドオンリー 4番人気 4着 12番手 上がり1位

2017年
レイデオロ 5番人気 5着 14番手 上がり2位

 

『上がり2位以内か4角3番手以内』

 

皐月賞で先行していたか、差して届かずの馬が例外候補

逆にここまでの20年、前走皐月賞だった馬で

4番人気4着以下かつ4角4番手以下で上がり3位以下は1度も馬券に絡んだことは無いと言うこと

 

ウインカーネリアン 17番人気 4着 2番手

ヴェルトライゼンデ 4番人気 8着 9番手 上がり4位以下

ガロアクリーク 8番人気 3着 9番手 上がり2位

コルテジア 13番人気 7着 12番手 上がり4位以下

コントレイル 1番人気 1着 7番手 上がり1位

サトノフラッグ 2番人気 5着 4番手 上がり4位以下

サリオス 3番人気 2着 4番手 上がり2位

ダーリントンホール 6番人気 6着 上がり4位以下

ブラックホール 12番人気 9着 17番手 上がり3位

マイラプソティ 7番人気 13着 9番手 上がり4位以下

レクセランス 9番人気 11着 13番手 上がり4位以下

 

前走皐月賞の馬を全部見てきましたが、

今年のダービーで前走皐月賞から好走できそうなのは6頭

 

ウインカーネリアン 17番人気 4着 2番手

ガロアクリーク 8番人気 3着 9番手 上がり2位

コントレイル 1番人気 1着 7番手 上がり1位

サトノフラッグ 2番人気 5着 4番手 上がり4位以下

サリオス 3番人気 2着 4番手 上がり2位

 

しかし個人的に気になるポイントが2つ

この20年間の前走皐月賞組を見ていると、

 

・皐月賞で逃げた馬はダービーで一頭も馬券になっていない

・皐月賞を二桁人気+馬券外からダービーで馬券になった馬は一頭もいない

 

この2ポイントを含むと、

今年純粋に推せそうなのは4頭なんですよね。

 

ガロアクリーク

コントレイル

サトノフラッグ

サリオス

 

ダービーで最も馬券になっている前走皐月賞組ですから、

出走メンバーの中で一番好走しやすいのはこの4頭と言っても過言ではありません。

 

【ダービー】第一弾 前走皐月賞から好走した馬の共通点を過去20年データで振り返る

過去20年の好走馬前走一覧   2019年 ロジャーバローズ 京都新聞G2 ダノンキングリー 皐月賞G1 ヴェロックス 皐月賞G1 2018年 ワグネリアン 皐月賞G1 エポカドーロ 皐月賞 ...

続きを見る

 

 

過去20年前走皐月賞組以外の好走馬一覧

 

2019年

ロジャーバローズ 京都新聞G2
ダノンキングリー 皐月賞G1
ヴェロックス 皐月賞G1

2018年

ワグネリアン 皐月賞G1
エポカドーロ 皐月賞G1
コズミックフォース プリンシ

2017年

レイデオロ 皐月賞G1
スワーヴリチャード 皐月賞G1
アドミラブル 青葉賞G2

2016年

マカヒキ 皐月賞G1
サトノダイヤモンド 皐月賞G1
ディーマジェスティ 皐月賞G1

2015年

ドゥラメンテ 皐月賞G1
サトノラーゼン 京都新聞G2
サトノクラウン 皐月賞G1

2014年

ワンアンドオンリー 皐月賞G1
イスラボニータ 皐月賞G1
マイネルフロスト 青葉賞G2

2013年

キズナ 京都新聞G2
エピファネイア 皐月賞G1
アポロソニック 青葉賞G2

2012年

ディープブリランテ 皐月賞G1
フェノーメノ 青葉賞G2
トーセンホマレボシ 京都新聞G2

2011年

オルフェーヴル 皐月賞G1
ウインバリアシオン 青葉賞G2
ベルシャザール 皐月賞G1

2010年

エイシンフラッシュ 皐月賞G1
ローズキングダム 皐月賞G1
ヴィクトワールピサ 皐月賞G1

2009年

ロジユニヴァース 皐月賞G1
リーチザクラウン 皐月賞G1
アントニオバローズ プリンシ

2008年

ディープスカイ NHKマG1
スマイルジャック 皐月賞G1
ブラックシェル NHKマG1

2007年

ウオッカ 桜花賞G1
アサクサキングス NHKマG1
アドマイヤオーラ 皐月賞G1

2006年

メイショウサムソン 皐月賞G1
アドマイヤメイン 青葉賞G2
ドリームパスポート 皐月賞G1

2005年

ディープインパクト 皐月賞G1
インティライミ 京都新聞G2
シックスセンス 皐月賞G1

2004年

キングカメハメハ NHKマG1
ハーツクライ 京都新聞G2
ハイアーゲーム 青葉賞G2

2003年

ネオユニヴァース 皐月賞G1
ゼンノロブロイ 青葉賞G2
ザッツザプレンティ 皐月賞G1

2002年

タニノギムレット NHKマG1
シンボリクリスエス 青葉賞G2
マチカネアカツキ プリンシ

2001年

ジャングルポケット 皐月賞G1
ダンツフレーム 皐月賞G1
ダンシングカラー ベンジャ

2000年

アグネスフライト 京都新聞G3
エアシャカール 皐月賞G1
アタラクシア 皐月賞G1

 

 

26頭の好走内容

 

ロジャーバローズ 京都新聞G2 2人気 2着
コズミックフォース プリンシ 1人気 1着
アドミラブル 青葉賞G2 1人気 1着
サトノラーゼン 京都新聞G2 2人気 1着
マイネルフロスト 青葉賞G2 3人気 6着
キズナ 京都新聞G2 1人気 1着
アポロソニック 青葉賞G2 9人気 2着
フェノーメノ 青葉賞G2 1人気 1着
トーセンホマレボシ 京都新聞G2 5人気 1着
ウインバリアシオン 青葉賞G2 6人気 1着
アントニオバローズ プリンシ 1人気 2着
ディープスカイ NHKマG1 1人気 1着
ブラックシェル NHKマG1 3人気 2着
ウオッカ 桜花賞G1 1人気 2着
アサクサキングス NHKマG1 3人気 11着
アドマイヤメイン 青葉賞G2 1人気 1着
インティライミ 京都新聞G2 1人気 1着
キングカメハメハ NHKマG1 1人気 1着
ハーツクライ 京都新聞G2 2人気 1着
ハイアーゲーム 青葉賞G2 2人気 1着
ゼンノロブロイ 青葉賞G2 1人気 1着
タニノギムレット NHKマG1 1人気 3着
シンボリクリスエス 青葉賞G2 1人気 1着
マチカネアカツキ プリンシ 4人気 2着
ダンシングカラー ベンジャ 1人気 1着
アグネスフライト 京都新聞G3 2人気 1着

 

『全馬例外なく3番人気以内か連対』

 

まずはこれが一目瞭然ですね、

そして26頭中19頭の大半がその両方を満たす馬でした。

例外的なその7頭を見ていきましょう。

 

マイネルフロスト 青葉賞G2 3人気 6着

3勝 東京コース0.3秒以上勝ち 

 

アポロソニック 青葉賞G2 9人気 2着

2勝 東京芝コース連対率100% 

 

トーセンホマレボシ 京都新聞G2 5人気 1着

3勝 東京コース初出走 左回り勝率100%

 

ウインバリアシオン 青葉賞G2 6人気 1着

3勝 東京コース勝率100%

 

アサクサキングス NHKマG1 3人気 11着

3勝 東京芝3戦2勝 0.3秒以上圧勝ち

 

タニノギムレット NHKマG1 1人気 3着

4勝 東京コース複勝率100%

 

マチカネアカツキ プリンシ 4人気 2着

2勝 連対率100% 東京コース連対率100%

 

少し例外的なのはアポロソニックですかね、

デビューからダート戦を使われていて芝は3戦しか走っていないためデータ不足です。

そして内枠に入れたのも好走した要因だったと思います。

 

・3勝以上かつ東京コース実績

 

このあたりは欲しいところです。

 

今年の前走別路線組を見ていきましょう。

 

アルジャンナ 毎日杯G3 1人気 2着
サトノインプレッサ NHKマG1 3人気 13着
ディープボンド 京都新聞G2 4人気 1着
ビターエンダー プリンシ(L) 2人気 1着
マンオブスピリット 京都新聞G2 3人気 2着
ワーケア 弥生賞G2 1人気 2着
ヴァルコス 青葉賞G2 4人気 2着

 

純粋な通過は

 

アルジャンナ 毎日杯G3 1人気 2着

ビターエンダー プリンシ(L) 2人気 1着

マンオブスピリット 京都新聞G2 3人気 2着

ワーケア 弥生賞G2 1人気 2着

 

の4頭

 

再審査の3頭は、

 

サトノインプレッサ NHKマG1 3人気 13着

3勝 東京、左回り未出走

 

ディープボンド 京都新聞G2 4人気 1着

2勝 東京、左回り未出走

 

ヴァルコス 青葉賞G2 4人気 2着

2勝 東京コース連対率50%

 

なんとも言えない感じですが、

先に説明したアポロソニックのダートから芝転向パターン以外は全馬3勝以上か連対率100%だったのを見ると、

全馬厳しそうです、おまけに東京コースでの実績も過去の好走馬と見比べて見てください。

圧倒的に不足しています。

 

アルジャンナ

ビターエンダー

マンオブスピリット

ワーケア

 

やはり先の純粋なクリア馬の4頭

別路線組からは以上です。

 

【ダービー】第二弾 前走皐月賞以外から好走した馬の共通点を過去20年データで振り返る

過去20年の好走馬前走一覧   2019年 ロジャーバローズ 京都新聞G2 ダノンキングリー 皐月賞G1 ヴェロックス 皐月賞G1 2018年 ワグネリアン 皐月賞G1 エポカドーロ 皐月賞 ...

続きを見る

 

 

1枠と8枠についての考察

 

今年の1枠と8枠について掘り下げて考察した週中の記事、

ダービー第五弾にて、

 

1枠1番サトノインプレッサ
1枠2番アルジャンナ

8枠16番マンオブスピリット
8枠17番ヴァルコス
8枠18番ウインカーネリアン

 

これらの馬について調査しました、

その結論は下記からご覧ください。

 

【ダービー】第四弾 枠順発表で明暗が別れる!?今年の1枠と8枠についての考察

日本ダービー 2020年 枠順確定   1枠1番 サトノインプレッサ 1枠2番 アルジャンナ 2枠3番 ワーケア 2枠4番 レクセランス 3枠5番 コントレイル 3枠6番 ヴェルトライゼンデ ...

続きを見る

 

 

乗り替わりについての考察

 

過去30年まで遡って、乗り替わりで好走した馬を考察しています。

全体の成績が、

 

【0−8−8−148】

勝率0% 連対率5.4% 複勝率9.8%

 

かなり険しい道のりですが、

サトノフラッグ含む6頭いる乗り替わりについて調べました。

詳しくは週中の記事をご覧ください。

 

【ダービー】第五弾 過去30年で164頭!乗り替わりでダービーに挑戦した馬を調べました

前走から乗り替わりでダービーを好走した馬   2018年 3着 コズミックフォース 2015年 2着 サトノラーゼン 2014年 3着 マイネルフロスト 2011年 3着 ベルシャザール 2 ...

続きを見る

 

 

2020年 ダービーの推薦馬

 

ビターエンダー

ダーリントンホール

ガロアクリーク

サトノフラッグ

◎人気ブログランキングへ公開中

 

まずはビターエンダー、別路線組+東京実績+先行馬と言うことで

昨日の東京競馬場の前の止まらなさ、時計の速さは異常でしたので展開も向きそうと判断しました。

現在11番人気と全く人気がありませんし、前々での粘りこみを期待したいと思います。

同じくダーリントンホール

ビターエンダーと同じく共同通信杯を連対しています。

この共同通信杯は東京の1800m重賞ですが、繋がりはかなり深いです。

最近のダービーのトレンドになりつつあると思います。

 

2019年 2着 ダノンキングリー 3番人気1着 上がり1位
2017年 2着 スワーヴリチャード 2番人気1着 上がり1位
2016年 3着 ディーマジェスティ 6番人気1着 上がり1位
2015年 1着 ドゥラメンテ 1番人気 2着 上がり1位
2014年 2着 イスラボニータ 1番人気1着 上がり2位
2012年 1着 ディープブリランテ 1番人気2着 4角先頭(33秒台)

2014年 ベルキャニオン 3番人気2着 上がり1位
2011年 ナカヤマナイト 3番人気1着 上がり1位

 

過去10年で【2−3−1−2】

好走率75%

 

これは共同通信杯で4角先頭か上がり2位以内で連対した馬の成績です。

今年はダーリントンホールとビターエンダーの激走に期待したいと思います。

 

次に皐月賞組のガロアクリークサトノフラッグ

ガロアクリークは新馬戦のスローからの瞬発力勝負を快勝、スプリングSでも中山で33秒台の脚で

ヴェルトライゼンデを差し切っているように東京でさらに良さそうかなと思いました。

皐月賞3着がフラッグ視され9番人気ですが、むしろ更に動けそうな気もしてます。

サトノフラッグは皐月賞を叩き台に使ったかのような間隔で、

距離も2000mと2400mだったら圧倒的に後者の方が良さそうです。

キレる脚が使えないことはすでに証明してしまっているので道中で前の位置にいて欲しいと思います。

 

最後に今年のダービーの◎ですが、週中の記事で書いた通りです。

【ダービー】第三弾 過去24年で11頭が走って好走率100%の鉄板データに該当する1頭

お知らせ   ブログの視聴性を重視していますので、いつまでも昔の的中を最初に貼り付け続けていたり、 メルマガで広告のみの号外を出したりと頻繁にPRすることはこのブログでは一度も無いのですが、 ...

続きを見る

目黒記念の◎も合わせてブログランキングへ公開中ですのでチェックしてみてください。

下記バナークリックで「絶対的軸馬の法則」紹介文に記載してあります。↓
(注:ブログランキング紹介文の変更から反映までに30分程度時間差があります)

↓人気ブログランキングはコチラ↓


中央競馬ランキング

応援クリック感謝しますm(_ _)m

-重賞レース予想

Copyright© 絶対的軸馬の法則|競馬予想ブログ|過去データ|独自データ , 2020 All Rights Reserved.