「3点とられても4点とる!」

僕の崇拝するフライングダッチマンの言葉です。点数多くても大きく勝てればいいんです。この半年驚異の金額ガチで無料予想で出してくれてます!ココの予想というか買い方は意外やお金ちょいある人には投資としてアリかもしれません。上半期振り返ってみましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━

まず先週いい配当(土日6鞍ずつ計12鞍)

江の島 59770円パラダイス91800円

花のみち96240円アハルテケ31960円

モズベッロはね。。。予測できない。。

━━━━━━━━━━━━━━━━

そして超爆勝ち(全て100円換算)

三浦特別   325680円

麦秋     151920円

小金井特別  313570円

加古川特別  254690円

※この週1日で100万弱獲得。。証拠画像

利根川特別  305350円

大阪ハンブルグ272960円

伏竜     259140円
8~14万くらいは多発してるので割愛。

━━━━━━━━━━━━━━━━

気になる重賞戦績 (全部3連単です)

・函館スプリント64550円・マーメイド125270円・安田記念11240円・東京優駿5140円・ヴィクトリア7340円・京王杯15040円・NHKマイル152750円・京都新聞杯39450円・青葉賞14870円・マイラーズ13350円・アンタレス30410円・中山GJ2710円・アーリントン8210円・桜花賞47760円・ニュージーランドT34500円・大阪杯7810円・高松宮記念217720円・日経賞33160円・毎日杯2520円・スプリング37220円・阪神大賞典40140円・フラワーカップ340910円・金鯱賞14440円 ・・・愛知杯59万とかありましたが、もう書ききれない。。

━━━━━━━━━━━━━━━━

結論からするとココ8頭⇔BOXで収支合うはずです。後半レースが1日6鞍週末12鞍公開されるのでそこから選んで・・イメージ的には◎◎◎特別とか凄い稼げる予感しちゃってます!

荒れ模様の夏競馬無料予想はこちら
ココの本命馬・穴馬選ぶ力は本当にいい感じです。無料公開期待してみてください。

 
 

【宝塚記念】第一弾 過去21年で好走率ほぼ100%の上がり最速馬と今年狙いたい1頭

宝塚記念を上がり最速で好走した馬一覧

 

2019年 リスグラシュー 2着
2018年 ミッキーロケット 1着(国内最速)
2018年 ワーザー 2着(国外最速)
2017年 サトノクラウン 1着
2017年 ゴールドアクター 2着
2016年 ドゥラメンテ 2着

2015年 デニムアンドルビー 2着
2014年 ゴールドシップ 1着
2013年 ゴールドシップ 1着
2012年 オルフェーヴル 1着
2011年 ブエナビスタ 2着
2010年 ナカヤマフェスタ 1着
2009年 ドリームジャーニー 1着
2008年 メイショウサムソン 2着
2007年 アドマイヤムーン 1着
2005年 ハーツクライ 2着
2003年 ツルマルボーイ 2着
2002年 ツルマルボーイ 2着
2001年 テイエムオペラオー 2着
2000年 テイエムオペラオー 1着
1999年 グラスワンダー 1着

 

京都開催を除く21年

2004年はツルマルボーイが上がり最速でしたが馬券には届かず

それを除く全ての年で好走、昨年データですが◎に打った上がり最速馬のリスグラシューも好走したので

21年間、1頭1頭を全部調べました。

 

まずは以下を見て下さい。

 

2019年 リスグラシュー 金鯱賞 上がり1位2着
2018年 ミッキーロケット 無し
2017年 サトノクラウン 無し
2017年 ゴールドアクター 無し (阪神コース初出走)
2016年 ドゥラメンテ ダービー 上がり2位1着

2015年 デニムアンドルビー 阪神大賞典 上がり2位2着
2014年 ゴールドシップ 阪神大賞典 上がり1位1着
2013年 ゴールドシップ 阪神大賞典 上がり2位1着
2012年 オルフェーヴル 阪神大賞典 上がり1位2着
2011年 ブエナビスタ ヴィクトリアマイル 上がり1位2着
2010年 ナカヤマフェスタ 無し
2009年 ドリームジャーニー 大阪杯 上がり2位1着
2008年 メイショウサムソン 天皇賞春 上がり2位2着
2007年 アドマイヤムーン 京都記念 上がり2位1着
2005年 ハーツクライ 大阪杯 上がり1位2着
2004年 ツルマルボーイ 金鯱賞 上がり1位2着
2002年 ツルマルボーイ 金鯱賞 上がり1位1着
2001年 テイエムオペラオー 無し
2000年 テイエムオペラオー 天皇賞春 上がり2位1着
1999年 グラスワンダー 安田記念 上がり2位2着

 

これは国内戦の前2走の上がりと重賞好走歴を記録したものです。

20頭中16頭に、

 

国内戦前2走以内に上がり2位以内で重賞連対経験

 

また、「無し」と書いた5頭

 

ミッキーロケット

ゴールドアクター

サトノクラウン

ナカヤマフェスタ

テイエムオペラオー

 

これらはゴールドアクターを除く全馬、

 

過去にG1で上がり最速で5着以内を経験
または
阪神コースでG2以上含む上がり最速率50%以上

 

上がり最速必須条件として、3つのポイントが挙げられます。

 

過去の上がり最速馬クリア条件

A 国内戦前2走以内に上がり2位以内で重賞連対経験
B 上記に該当しない場合は過去にG1で上がり最速5着以内を経験
C 上記に該当しない場合は
阪神コースでG2以上含む上がり最速率50%以上

 

そして、Bの項目は2002年のG1初挑戦となったツルマルボーイ以外は全馬該当

そのツルマルボーイは上がり馬らしく、

 

前2走とも上がり最速&前2走とも1着

 

ゴールドアクターは、

 

阪神コース未出走で前年の有馬記念を3着以内で好走

 

この2ポイントあたりは例外候補になりそうです。

 

そしてもう1つ共通点が、

それは全馬

 

4歳もしくは5歳だった

 

上がり最速馬が馬券にならなかった唯一の年、

2004年

2002年→ツルマルボーイ4歳上がり最速で好走
2003年→ツルマルボーイ5歳上がり最速で好走
2004年→ツルマルボーイ6歳上がり最速で凡走

その2004年の上がり2位で突っ込んできたのが、

 

4歳馬 リンカーン

 

このリンカーンは上記条件をクリアしていた馬でした。

 

今年のメンバーを見ていきましょう。

 

まずは、

国内戦前2走以内に上がり2位以内で重賞連対経験

 

クロノジェネシス

グローリーヴェイズ 

サートゥルナーリア

トーセンカンビーナ

トーセンスーリア

ブラストワンピース

モズベッロ

ラッキーライラック

 

上記に該当しない場合は過去にG1で上がり最速5着以内を経験

上記に該当しない場合は阪神コースでG2以上含む上がり最速率50%以上

 

メイショウテンゲン

 

まだ登録段階ですが、今年はこれだけの該当馬がいます。

更にここから選別していきたいと思います。

 

リスグラシュー QE2G1 3着
ワーザー ライオG3 6着
サトノクラウン 大阪杯G1 6着
ゴールドアクター 天皇賞春G1 7着
ドゥラメンテ DSCG1 2着
デニムアンドルビー 天皇賞春G1 10着
ゴールドシップ 天皇賞春G1 7着
ゴールドシップ 天皇賞春G1 5着
オルフェーヴル 天皇賞春G1 11着
ブエナビスタ ヴィクトG1 2着
ナカヤマフェスタ メトロポH 1着
ドリームジャーニー 天皇賞春G1 3着
メイショウサムソン 天皇賞春G1 2着
アドマイヤムーン クイーG1 3着
ディープインパクト 天皇賞春G1 1着
ハーツクライ 天皇賞春G1 5着
ツルマルボーイ 金鯱賞G2 2着
ツルマルボーイ 金鯱賞G2 1着
テイエムオペラオー 天皇賞春G1 1着
テイエムオペラオー 天皇賞春G1 1着
グラスワンダー 安田記念G1 2着

 

まずはナカヤマフェスタ以外は全馬前走G1でした、

2200mの非根幹G2での優勝経験あり。

 

前走G3のトーセンスーリアがここで脱落

 

更に前走馬券外だった馬は、

デニムアンドルビーを除き非根幹距離である2200mのG2もしくは非根幹G1の有馬記念2500mで優勝経験あり。

そのデニムアンドルビーは2200mG1エリザベス女王杯で上がり最速経験あり。

 

ここで実績不足の

 

トーセンカンビーナ

メイショウテンゲン

モズベッロ

 

ここまでが脱落

 

ここまでで今年の上がり最速馬は5頭に絞られました。

そして昨年もここから2頭以上好走馬が出ているように好走馬の大半がここをクリアしています。

 

クロノジェネシス

グローリーヴェイズ 

サートゥルナーリア

ブラストワンピース

ラッキーライラック

 

ここは大注目です。

 

私が個人的に注目しているのは上がりのタイムです。

 

デニムアンドルビー 34.0
ドリームジャーニー 34.3
ブエナビスタ 34.5
ツルマルボーイ 34.5
オルフェーヴル 34.7
ディープインパクト 34.9
テイエムオペラオー 35.0
グラスワンダー 35.1
リスグラシュー 35.2
ゴールドシップ 35.2
ゴールドシップ 35.2
ハーツクライ 35.2
ワーザー 35.3
サトノクラウン 35.4
ゴールドアクター 35.4
ツルマルボーイ 35.6
テイエムオペラオー 35.7
ナカヤマフェスタ 35.8
ドゥラメンテ 36.1
アドマイヤムーン 36.2
メイショウサムソン 36.9

 

一番速いのでデニムアンドルビーの34秒

一度も33秒台はいないんですよね、全体の平均は35.2

中央値もゴールドシップの35.2です。

昨年のリスグラシューもちょうど中央値、平均の35.2秒でした。

 

東京や京都でのヨーイドンの33秒瞬発力勝負よりは、

中山のコーナーを回りながら上がりを使ったり阪神のパワーが求められる坂などで実績のある馬が好走傾向です。

 

〜33秒台 34秒前半 34秒後半 35秒以上

重賞以上の出走、この4パターンで5頭をみてみた結果

 

クロノジェネシス

〜33秒台 2着 1着 3着 5着 
34秒前半 1着 2着
34秒後半
35秒以上 3着 1着 1着

 

グローリーヴェイズ 

〜33秒台 5着
34秒前半 4着 2着
34秒後半 
35秒以上 2着 1着 6着

 

サートゥルナーリア

〜33秒台 1着 1着
34秒前半 1着 4着 
34秒後半 6着
35秒以上 1着 

 

ブラストワンピース

〜33秒台 1着 1着 
34秒前半 4着 7着
34秒後半 5着 1着
35秒以上 1着 6着 8着 1着

 

ラッキーライラック

〜33秒台 1着 1着 3着 8着 4着 1着 1着
34秒前半 3着 2着
34秒後半 1着 2着 9着 2着
35秒以上 

 

 

ブラストワンピースサートゥルナーリアはパワーを求められるより33秒台の瞬発戦で負けなしですからこちらの方が良さそうです。

ラッキーライラックも強い競馬の時は瞬発力戦が多く見えます。

この中でこの阪神2200mと言う非根幹G1で圧倒的なパフォーマンスを発揮しそうな馬がこの傾向から掴めました。

ちなみに昨年の上がり最速馬、リスグラシューは上がり34秒後半以上のレースでは1度も馬券外に飛んだことはなく、

逆に凡走したレースは全部33〜34秒前半のレースでした。

2200mの宝塚記念を0.5秒差圧勝、その後の非根幹G1の有馬記念を0.8秒圧勝も裏付けがしっかりされています。

そこから過去の競争データを元に絶対に買っておいた方が良い1頭をブログランキングへ公開します。

明日には第二弾で消えるので要チェック!

下記バナークリックで「絶対的軸馬の法則」紹介文に記載してあります。↓
(注:ブログランキング紹介文の変更から反映までに30分程度時間差があります)

↓人気ブログランキングはコチラ↓


中央競馬ランキング

応援クリック感謝しますm(_ _)m

-重賞レース予想

Copyright© 絶対的軸馬の法則|競馬予想ブログ|過去データ|独自データ , 2020 All Rights Reserved.