「3点とられても4点とる!」

僕の崇拝するフライングダッチマンの言葉です。点数多くても大きく勝てればいいんです。この半年驚異の金額ガチで無料予想で出してくれてます!ココの予想というか買い方は意外やお金ちょいある人には投資としてアリかもしれません。上半期振り返ってみましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━

まず先週いい配当(土日6鞍ずつ計12鞍)

江の島 59770円パラダイス91800円

花のみち96240円アハルテケ31960円

モズベッロはね。。。予測できない。。

━━━━━━━━━━━━━━━━

そして超爆勝ち(全て100円換算)

三浦特別   325680円

麦秋     151920円

小金井特別  313570円

加古川特別  254690円

※この週1日で100万弱獲得。。証拠画像

利根川特別  305350円

大阪ハンブルグ272960円

伏竜     259140円
8~14万くらいは多発してるので割愛。

━━━━━━━━━━━━━━━━

気になる重賞戦績 (全部3連単です)

・函館スプリント64550円・マーメイド125270円・安田記念11240円・東京優駿5140円・ヴィクトリア7340円・京王杯15040円・NHKマイル152750円・京都新聞杯39450円・青葉賞14870円・マイラーズ13350円・アンタレス30410円・中山GJ2710円・アーリントン8210円・桜花賞47760円・ニュージーランドT34500円・大阪杯7810円・高松宮記念217720円・日経賞33160円・毎日杯2520円・スプリング37220円・阪神大賞典40140円・フラワーカップ340910円・金鯱賞14440円 ・・・愛知杯59万とかありましたが、もう書ききれない。。

━━━━━━━━━━━━━━━━

結論からするとココ8頭⇔BOXで収支合うはずです。後半レースが1日6鞍週末12鞍公開されるのでそこから選んで・・イメージ的には◎◎◎特別とか凄い稼げる予感しちゃってます!

荒れ模様の夏競馬無料予想はこちら
ココの本命馬・穴馬選ぶ力は本当にいい感じです。無料公開期待してみてください。

 
 

【宝塚記念】予想 過去21年の分析結果を大公開!今年の宝塚記念で買えるのはこの馬だ!

宝塚記念を4歳で好走した馬一覧

 

2016年 ドゥラメンテ
2016年 キタサンブラック
2015年 ショウナンパンドラ
2013年 ゴールドシップ
2013年 ジェンティルドンナ
2012年 オルフェーヴル
2012年 ショウナンマイティ
2011年 エイシンフラッシュ
2010年 ナカヤマフェスタ
2010年 ブエナビスタ
2009年 ディープスカイ
2007年 アドマイヤムーン
2007年 メイショウサムソン
2005年 スイープトウショウ
2005年 ハーツクライ
2004年 リンカーン
2003年 ヒシミラクル
2002年 ダンツフレーム
2002年 ツルマルボーイ
2000年 テイエムオペラオー
2000年 メイショウドトウ
1999年 グラスワンダー
1999年 スペシャルウィーク

 

ここまで好走した全23頭は下記3項目の何れかに該当

 

A G1連対
B 年内重賞2勝
C 年内連対率100%

 

2016年 ドゥラメンテ【A】
2016年 キタサンブラック【A】
2015年 ショウナンパンドラ【A】
2013年 ゴールドシップ【A】
2013年 ジェンティルドンナ【A】
2012年 オルフェーヴル【A】
2012年 ショウナンマイティ【C】
2011年 エイシンフラッシュ【A】
2010年 ナカヤマフェスタ【C】
2010年 ブエナビスタ【A】
2009年 ディープスカイ【A】
2007年 アドマイヤムーン【A】
2007年 メイショウサムソン【A】
2005年 スイープトウショウ【A】
2005年 ハーツクライ【A】
2004年 リンカーン【A】
2003年 ヒシミラクル【A】
2002年 ダンツフレーム【A】
2002年 ツルマルボーイ【B】
2000年 テイエムオペラオー【A】
2000年 メイショウドトウ【B】
1999年 グラスワンダー【A】
1999年 スペシャルウィーク【A】
1998年 サイレンススズカ【BC】
1998年 ステイゴールド【A】

 

内訳としては、

A 18頭
B 3頭
C 2頭

 

ほぼG1連対馬で構成されていることがわかります。

上記でG1連対経験がないのは、

 

トーセンカンビーナ

メイショウテンゲン

モズベッロ

レッドジェニアル

 

上記4頭は全馬前走3着以下なのでCの連対率の項目は該当しません。

Bの項目である今年の重賞成績に注目していきたいと思います。

 

トーセンカンビーナ 2戦0勝

メイショウテンゲン 3戦0勝

モズベッロ 3戦1勝

レッドジェニアル 3戦0勝

 

1頭もクリアなりませんでした。

こうなると今年の買える4歳馬は、

 

クロノジェネシス

サートゥルナーリア

 

【宝塚記念】第二弾 過去21年で宝塚記念を4歳で好走した馬の共通点全て教えます

宝塚記念を4歳で好走した馬一覧   2016年 ドゥラメンテ 2016年 キタサンブラック 2015年 ショウナンパンドラ 2013年 ゴールドシップ 2013年 ジェンティルドンナ 201 ...

続きを見る

 

 

宝塚記念を過去に5歳で好走した馬一覧

 

2019年 リスグラシュー
2019年 キセキ
2019年 スワーヴリチャード
2018年 ミッキーロケット
2018年 ノーブルマーズ
2017年 サトノクラウン
2017年 ミッキークイーン
2016年 マリアライト

2015年 ラブリーデイ
2015年 デニムアンドルビー
2014年 ゴールドシップ
2014年 ヴィルシーナ
2013年 ダノンバラード
2012年 ルーラーシップ
2011年 ブエナビスタ
2010年 アーネストリー
2009年 ドリームジャーニー
2008年 メイショウサムソン
2005年 ゼンノロブロイ
2004年 シルクフェイマス
2003年 ツルマルボーイ
2001年 メイショウドトウ
2001年 テイエムオペラオー
2001年 ホットシークレット
2000年 ジョービッグバン
1999年 ステイゴールド

 

ここまで好走してきた5歳馬の重賞成績に注目してみましょう。

 

A 重賞を3勝以上
B G2以上を2勝以上
C G1を勝利

 

マーキングしていきます。

 

2019年 リスグラシュー A
2019年 キセキ C
2019年 スワーヴリチャード A
2018年 ミッキーロケット 
2018年 ノーブルマーズ 
2017年 ミッキークイーン C
2017年 サトノクラウン A
2016年 マリアライト C

2015年 ラブリーデイ A
2015年 デニムアンドルビー B
2014年 ゴールドシップ C
2014年 ヴィルシーナ C
2013年 ダノンバラード 
2012年 ルーラーシップ A
2011年 ブエナビスタ C
2010年 アーネストリー 
2009年 ドリームジャーニー C
2008年 メイショウサムソン C
2005年 ゼンノロブロイ  C
2004年 シルクフェイマス B
2003年 ツルマルボーイ 
2001年 メイショウドトウ A
2001年 テイエムオペラオー C
2001年 ホットシークレット B
2000年 ジョービッグバン A
1999年 ステイゴールド 

 

ここで実績の足りなかった4頭を見ていきましょう。

 

ミッキーロケット

ノーブルマーズ

ダノンバラード

アーネストリー

ツルマルボーイ

ステイゴールド

 

上記4頭には、

とてつもなくシンプルな共通点がありました。

それは、

 

阪神G1連対

阪神好走率100%

阪神コース複勝率&上がり3位以内率50%以上

 

コース実績がありました。

ではここから今年の5歳馬についてみていきましょう。

 

アドマイヤアルバ ー

アフリカンゴールド ー

グローリーヴェイズ  A

トーセンスーリヤ ー

ブラストワンピース A

ラッキーライラック A

ワグネリアン A

 

今年はこの7頭

そしてすんなりクリアは赤く塗った4頭です。

実績のなかった3頭をみていきましょう。

 

アドマイヤアルバ

阪神コース 1−1−1−4 G1実績なし

 

アフリカンゴールド

阪神コース 1−0−0−2 G1実績なし

 

トーセンスーリヤ

阪神コース 0−0−0−3 G1実績なし

 

今年これらの馬に波乱を求めるのはあまりおすすめできません。

 

今年純粋に買えるのは、

 

グローリーヴェイズ 

ブラストワンピース

ラッキーライラック

ワグネリアン

 

【宝塚記念】第三弾 過去21年で宝塚記念を5歳馬で好走した馬の共通点全て教えます

宝塚記念を過去に5歳で好走した馬一覧   2019年 リスグラシュー 2019年 キセキ 2019年 スワーヴリチャード 2018年 ミッキーロケット 2018年 ノーブルマーズ 2017年 ...

続きを見る

 

過去21年で宝塚記念を好走した6歳以上馬

 

2018年 ワーザー
2017年 ゴールドアクター
2014年 カレンミロティック
2011年 アーネストリー
2009年 サクラメガワンダー
2008年 エイシンデピュティ
2008年 インティライミ
2007年 ポップロック
2006年 ナリタセンチュリー
2006年 バランスオブゲーム
2004年 タップダンスシチー
2003年 タップダンスシチー

 

21年で上記12頭

6歳以上となると4歳や5歳に比べ、

コース実績、重賞実績が豊富になります。

この辺りで共通点がないか調べていきたいと思います。

 

前走の順調度

 

ワーザー ライオG3 6着 ー
ゴールドアクター 天皇賞春G1 7着 5人気
カレンミロティック 鳴尾記念G3 4着 2人気
アーネストリー 金鯱賞G2 3着 3人気
サクラメガワンダー 金鯱賞G2 1着 1人気
エイシンデピュティ 金鯱賞G2 1着 2人気
インティライミ 金鯱賞G2 7着 4人気
ポップロック 目黒記念HG2 1着 1人気
ナリタセンチュリー 天皇賞春G1 12着 10人気
バランスオブゲーム 安田記念G1 17着 9人気
タップダンスシチー 金鯱賞G2 1着 1人気
タップダンスシチー 金鯱賞G2 1着 4人気

 

ほとんどの馬が4番人気以内かつ4着以内

それらを満たしていない青く塗った4頭をみていきましょう。

 

ゴールドアクター

オールカマー優勝

 

インティライミ

京都大賞典優勝

 

ナリタセンチュリー

京都記念優勝

バランスオブゲーム

中山記念優勝

 

全馬例外なく前年〜今年のどこかのG2以上を優勝していました。

 

今年この項目に当てはまらないのが、

 

2017年まで遡らないと勝ち鞍のないペルシアンナイトキセキ

G3優勝しかないカデナも黄色信号です。

 

 

金鯱賞との深い繋がり

 

ゴールドアクター 天皇賞春G1 7着
カレンミロティック 鳴尾記念G3 4着
アーネストリー 金鯱賞G2 3着
サクラメガワンダー 金鯱賞G2 1着
エイシンデピュティ 金鯱賞G2 1着
インティライミ 金鯱賞G2 7着
ポップロック 目黒記念HG2 1着
ナリタセンチュリー 天皇賞春G1 12着
バランスオブゲーム 安田記念G1 17着
タップダンスシチー 金鯱賞G2 1着
タップダンスシチー 金鯱賞G2 1着

 

金鯱賞の好走馬がほとんどで、今は開催時期が違うことを含めれば

単純に前走好走馬が注目になります。

カレンミロティックは4着ではありますが勝ち馬とはタイム差なしの接戦でした。

それらを含めると実に12頭中8頭が前走好走馬でした。

 

3走内に非根幹G1好走か2走内にG2以上勝ちを含めるとカレンミロティック以外の11頭が該当

 

ペルシアンナイト

ダンビュライト

キセキ

カデナ

 

ここでもやはりペルシアンナイトとキセキはNG

ダンビュライトも3走前の2着が最高で黄色信号

カデナはやはりG3と言う部分が過去に例がないので微妙

 

 

前走人気のない馬は消し?

 

ゴールドアクター 天皇賞春G1 5人気
カレンミロティック 鳴尾記念G3 2人気
アーネストリー 金鯱賞G2 3人気
サクラメガワンダー 金鯱賞G2 1人気
エイシンデピュティ 金鯱賞G2 2人気
インティライミ 金鯱賞G2 4人気
ポップロック 目黒記念HG2 1人気
ナリタセンチュリー 天皇賞春G1 10人気
バランスオブゲーム 安田記念G1 9人気
タップダンスシチー 金鯱賞G2 1人気
タップダンスシチー 金鯱賞G2 4人気

 

結局前走人気してた馬が走ってる傾向もあるので

前走5番人気以下の共通点を調べました。

 

『2200mか2500mのG2以上で連対』

 

これが最低条件です。

 

ペルシアンナイト ×

ダンビュライト ○

スティッフェリオ ○

キセキ ○

カデナ ×

 

こうなると今年買えそうな6歳以上は、

ここまで無傷のスティッフェリオが一番自然な流れだと思います。

ペルシアンナイトはどの部分からみても買えそうなところはありません。

 

【宝塚記念】第五弾 過去21年で宝塚記念を6歳以上で好走した馬の共通点全て教えます

過去21年で宝塚記念を好走した6歳以上馬   2018年 ワーザー 2017年 ゴールドアクター 2014年 カレンミロティック 2011年 アーネストリー 2009年 サクラメガワンダー ...

続きを見る

 

 

2020年 宝塚記念の推薦馬

 

クロノジェネシス

ラッキーライラック

グローリーヴェイズ 

ワグネリアン

◎人気ブログランキングへ公開中

 

まずは牝馬の2頭、

これは週中に徹底解析した牝馬データ

【宝塚記念】第四弾 牡馬より走る牝馬を徹底分析!過去30年で好走した共通点を探る

宝塚記念を好走した牝馬一覧   過去30年 1993年 イクノディクタス 2着 1996年 ダンスパートナー 3着 1997年 ダンスパートナー 3着  1998年 エアグルーヴ 3着 20 ...

続きを見る

からも申し分ない2頭だと思います。

牝馬の大型馬は凡走傾向で、

過去30年

471キロ以上 0−1−1−8

好走したのはブエナビスタエアグルーヴのみの超一流牝馬のみ、

2番人気に支持されたラキシスや、あのウオッカですら馬券外に飛んだ嫌なパターン

もう片方は、

過去30年

470キロ以下 3−3−6−19

凡走はもちろんありますが、過去の好走牝馬の9割がこのパターンで好走しています。

ラッキーライラックの傷を無理やり探す形にはなりますがクロノジェネシスを上に取りたいと思います。

 

また、この2頭は上がり最速データの時にも分析しましたが、

【宝塚記念】第一弾 過去21年で好走率ほぼ100%の上がり最速馬と今年狙いたい1頭

宝塚記念を上がり最速で好走した馬一覧   2019年 リスグラシュー 2着 2018年 ミッキーロケット 1着(国内最速) 2018年 ワーザー 2着(国外最速) 2017年 サトノクラウン ...

続きを見る

 

私が個人的に注目しているのは上がりのタイムです。

 

デニムアンドルビー 34.0
ドリームジャーニー 34.3
ブエナビスタ 34.5
ツルマルボーイ 34.5
オルフェーヴル 34.7
ディープインパクト 34.9
テイエムオペラオー 35.0
グラスワンダー 35.1
リスグラシュー 35.2
ゴールドシップ 35.2
ゴールドシップ 35.2
ハーツクライ 35.2
ワーザー 35.3
サトノクラウン 35.4
ゴールドアクター 35.4
ツルマルボーイ 35.6
テイエムオペラオー 35.7
ナカヤマフェスタ 35.8
ドゥラメンテ 36.1
アドマイヤムーン 36.2
メイショウサムソン 36.9

 

一番速いのでデニムアンドルビーの34秒

一度も33秒台はいないんですよね、全体の平均は35.2

中央値もゴールドシップの35.2です。

昨年のリスグラシューもちょうど中央値、平均の35.2秒でした。

 

東京や京都でのヨーイドンの33秒瞬発力勝負よりは、

中山のコーナーを回りながら上がりを使ったり阪神のパワーが求められる坂などで実績のある馬が好走傾向です。

 

〜33秒台 34秒前半 34秒後半 35秒以上

重賞以上の出走、この4パターンで5頭をみてみた結果

 

クロノジェネシス

〜33秒台 2着 1着 3着 5着 
34秒前半 1着 2着
34秒後半
35秒以上 3着 1着 1着

ラッキーライラック

〜33秒台 1着 1着 3着 8着 4着 1着 1着
34秒前半 3着 2着
34秒後半 1着 2着 9着 2着
35秒以上 

 

間違いなく今回はクロノジェネシスの方が適性は高いんですよね、

ラッキーライラックが好走したのをみると内を完璧に回ってきてラストの瞬発力勝負でスッと前に出る形です。

今回はそうはならないでしょうから前走と同じ競馬ができるかと言われると疑問です。

 

グローリーヴェイズ は当初軽視予定ではありましたが、

やはりこの枠順は有利だと思います。

陣営が心配している阪神競馬場ですが、この馬の戦績をみると35秒近くかかる上がりで高いパフォーマンスを発揮しているので、

実質かなり合うと思います。コーナーを4回周りますから長距離で実績があるのも良いです。

各馬が外に入った分、かなりのアドバンテージが見込めると思いました。

 

ワグネリアンも素晴らしい枠に入りました。

古馬になってから脚元もしっかりしてきて、ジャパンCの36秒掛かるグチャグチャな馬場でも最後良い脚を見せていました。

何より先行できるのが今回の魅力だと思います。

 

そして◎は人気ブログランキング

やはり2走前のレースがこの宝塚記念とリンクする理由がだんだんと理解できました。

枠順だったりコーナーの数だったり非根幹距離実績のある馬がよく走るのも納得です。

過去の好走馬のローテーション、実績を加味して今回はこの馬に◎を打ちました。

相手は推薦した4頭だと思いますので上半期ラスト、しっかりと結果を出して後半に備えたいと思います。

下記バナークリックで「絶対的軸馬の法則」紹介文に記載してあります。↓
(注:ブログランキング紹介文の変更から反映までに30分程度時間差があります)

↓人気ブログランキングはコチラ↓


中央競馬ランキング

応援クリック感謝しますm(_ _)m

-重賞レース予想

Copyright© 絶対的軸馬の法則|競馬予想ブログ|過去データ|独自データ , 2020 All Rights Reserved.