【小倉2歳S】予想 今年の好走馬は4頭に絞れた!データも後押しする推薦馬とは?

「最近出てきた新サイトの情報がコアすぎる事実!」

──────────────────

情報収集において厩舎から情報を得ることが出来るかどうかはまさに生命線です。また一般公開される厩舎情報だけではなく調教師、助手、厩務員等の関係者から直接情報を聞き出せる馬券師だからこその買い目をお届けいたします。特に出走レースの前に行う「追い切り」の後に独自取材を行い
厩舎サイドのレースに賭ける思惑を読み取る事が出来ます。

──────────────────

◎一般紙面情報でない独自取材情報

◎厩舎サイド「真の評価」

◎調整を行う厩舎だけが持っている極秘情報

コレ↑メルマガ見てるだけでビシバシ伝わります

──────────────────

個人的に難しかったな~

というレースを的中してましたね!

13日中山2R 3連単500円12点305800円

クローバー賞3連単600円09点60780円

都井岬特別 3連単500円12点350450円

──────────────────

指数、新馬戦特化、展開適性情報、30万以上レース選定、元騎手、調教師チーム、AI などなど多方面から分析してるプランがあるのでここは本格派の方はかなり必見かもしれません。そして朗報は・・
オールカマー無料公開
無料メルマガ購読はコチラ

まずは週末無料情報+厩舎レポート情報へ!!各情報まずは一度覗いてみてください。

過去10年

 

2019年

マイネルグリット
トリプルエース
ラウダシオン

2018年

ファンタジスト
アズマヘリテージ
ミヤジシルフィード

2017年

アサクサゲンキ
アイアンクロー
バーニングペスカ

2016年

レーヌミノル
ダイイチターミナル
カシノマスト

2015年

シュウジ
サイモンゼーレ
レッドラウダ

2014年

オーミアリス
レオパルディナ
スノーエンジェル

2013年

ホウライアキコ
ベルカント
ラブリープラネット

2012年

マイネルエテルネル
クラウンレガーロ
ラヴァーズポイント

2011年

エピセアローム
マコトリヴァーサル
ハギノコメント

2010年

ブラウンワイルド
シゲルキョクチョウ
スギノエンデバー

 

過去10年で上記30頭

 

今年の小倉2歳ステークスの考察

 

『前走人気は絶対視』

 

過去の好走馬全馬の人気を見てみましょう。

 

マイネルグリット 1着 1人気
トリプルエース 1着 4人気
ラウダシオン 1着 1人気
ファンタジスト 1着 2人気
アズマヘリテージ 1着 3人気
ミヤジシルフィード 1着 1人気
アサクサゲンキ 1着 1人気
アイアンクロー 3着 1人気
バーニングペスカ 1着 2人気
レーヌミノル 1着 1人気
ダイイチターミナル 1着 1人気
カシノマスト 1着 1人気
シュウジ 1着 1人気
サイモンゼーレ 1着 1人気
レッドラウダ 1着 1人気
オーミアリス 1着 4人気
レオパルディナ 1着 3人気
スノーエンジェル 1着 1人気
ホウライアキコ 1着 3人気
ベルカント 1着 1人気
ラブリープラネット 1着 1人気
マイネルエテルネル 1着 1人気
クラウンレガーロ 1着 1人気
ラヴァーズポイント 1着 3人気
エピセアローム 1着 1人気
マコトリヴァーサル 1着 1人気
ハギノコメント 1着 4人気
ブラウンワイルド 2着 1人気
シゲルキョクチョウ 1着 3人気
スギノエンデバー 1着 1人気

 

全馬4番人気以内でした。

しかも好走馬30頭中28頭が前走勝ち馬

それ以外だった2頭は

 

アイアンクロー 3着 1人気

ブラウンワイルド 2着 1人気

 

どちらも1番人気で敗退しています。

 

この10年以上続く法則で測るならば、

前走馬券外に飛んだ3頭

 

ラマルセイエーズ 4着7番人気

フォドラ 4着5番人気

カシノレオ 4着3番人気

 

これらは問答無用で消し

さらには、

 

アールラプチャー 前走5番人気

フリード 前走7番人気

 

この2頭も過去10年で好走例が1度もありません。

 

 

前走ダートだったリサコーハクも少し気になります。

 

同じパターンで2011年3着のハギノコメントがいます。

30頭中29頭が前走芝ですからそこも買いづらいのはもちろんなのですが、

連闘と言う点も厳しいと思います。

 

この連闘ですが、今年は半数近くの4頭が連闘になります。

過去の好走馬は2頭います。

 

2016年3着のカシノマストと2012年のクラウンレガーロです。

どちらも前走圧勝で0.4秒差と1.2秒差、ゴール前では全く追っていませんので余力はかなりあったと思います。

 

今年の連闘馬はこの圧勝歴がなく更には他の要素も厳しそうなので結果的に4頭に絞られました。

 

 

2020年 小倉2歳Sの推薦馬

 

セレッソフレイム

ルクシオン

メイケイエール

◎人気ブログランキングへ公開中

 

ヨカヨカが短距離最強で間違いないと思います、それを物差しにするとこのセレッソフレイムもここでは上位

かなりのチャンスがあるとみています。

そのヨカヨカと激闘を繰り広げたのがテイエムサツマドンです。

この馬に勝ったり負けたりの好勝負を演じていたのはアイアンムスメ

それを新馬戦で相手にしなかったルクシオンも人気はないですがかなり良いものを持っていると思います。

メイケイエールも前走圧勝で別路線なので比較はできませんが相当な能力の持ち主

やはり上昇度と縦の比例で見ると◎はもう仕方ないと考えています。

前走で1番人気かつ、0.5秒差以上の着差で勝利、上がり3F2位以内で今回3番人気以内は勝ち馬の半数がここから

5−1−1−2とデータも後押し

下記バナークリックで「絶対的軸馬の法則」紹介文に記載してあります。↓
(注:ブログランキング紹介文の変更から反映までに30分程度時間差があります)

↓人気ブログランキングはコチラ↓


中央競馬ランキング

応援クリック感謝しますm(_ _)m

無料メルマガ&激走ランク新聞