【京都大賞典】予想 激アツの前走G1組でも今年一番狙いたいのは別路線組のアノ馬

◎注目のGI的中無料情報

今週末も……

◎天皇賞(秋)無料情報公開
菊花賞では3連複的中で22,860円獲得。
それどころか、今月は毎週のように獲得を達成してます!

───────────

10月の獲得額▽

03・04日週 計31,720円

10・11日週 計19,240円

17・18日週 計22,200円

24・25日週 計28,110円

───────────

16/9の的中で、的中率は56%!公開買い目全てが当たってるわけじゃありませんが、不的中分を差し引いてもプラス収支。無料情報なのに本当に心強いですね!

───────────

◎菊花賞は抜群の読み

菊花賞の公開買い目は以下の通り

───────────

1頭目:3

2頭目:6,9,10

3頭目:6,8,9,10,11

投資:600円×9点

結果→3-9-10

獲得→22,860円

───────────

実力馬多数。2頭目以降の着順予想は難しいところながら、ここは2頭目から9アリストテレス・10サトノフラッグ買い。もう完全に読み切ってました(笑)

重賞でもこの精度は流石!この勢いで天皇賞に挑戦、もう期待しかありません。

天皇賞無料情報はこちら

メールで簡単登録。買い目はレース前日公開。

今のうちに登録して週末に備えましょう◎

過去10年の好走馬

 

2019年 1着 ドレッドノータス 11人気
2着 ダンビュライト 6人気
3着 シルヴァンシャー 5人気
2018年 1着 サトノダイヤモンド 2人気
2着 レッドジェノヴァ 4人気
3着 アルバート 3人気
2017年 1着 スマートレイアー 4人気
2着 トーセンバジル 6人気
3着 シュヴァルグラン 1人気
2016年 1着 キタサンブラック 1人気
2着 アドマイヤデウス 6人気
3着 ラブリーデイ 2人気
2015年 1着 ラブリーデイ 1人気
2着 サウンズオブアース 2人気
3着 カレンミロティック 5人気
2014年 1着 ラストインパクト 3人気
2着 タマモベストプレイ 6人気
3着 トーセンラー 1人気
2013年 1着 ヒットザターゲット 11人気
2着 アンコイルド 7人気
3着 トーセンラー 2人気
2012年 1着 メイショウカンパク 5人気
2着 オウケンブルースリ 7人気
3着 ギュスターヴクライ 2人気
2011年 1着 ローズキングダム 1人気
2着 ビートブラック 4人気
3着 オウケンブルースリ 3人気
2010年 1着 メイショウベルーガ 2人気
2着 オウケンブルースリ 1人気
3着 プロヴィナージュ 4人気

 

上記30頭が過去10年の好走馬になります。

昨年のドレッドノータスにはびっくりしましたが30頭中22頭は5番人気以内と比較的波乱傾向は低いレース

1番人気2番人気が揃って馬券外になったのも去年が初(過去10年)

今年は17頭と頭数揃いましたから波乱の可能性も十分あると思います。

 

休み明けでも前走はG1組から買いたい

 

好走馬30頭のうち前走G1が17頭と占有率でトップに、好走率もトップとまずはこの組を語らずして的中はあり得ないかと。

本日はこの過去に好走した17頭について見ていきたいと思います。

ダンビュライト
サトノダイヤモンド
アルバート
シュヴァルグラン
キタサンブラック
アドマイヤデウス
ラブリーデイ
サウンズオブアース
カレンミロティック
トーセンラー
ヒットザターゲット
ギュスターヴクライ
ローズキングダム
ビートブラック
オウケンブルースリ

※リピーターの重複は割愛

この詳細は週中の記事を読んでください。

【京都大賞典】休み明けでも前走G1組の好走率は破格!絶対にこのステップを狙え

2020年10月9日

 

前走G1以外の馬のボーダーライン

 

前走1秒以上かつG3以下出走は過去に17頭いましたが全滅

そして前走3着以下かつ10週以上間隔の空いた馬も全滅

斤量増加に関しては全馬1キロ以内と今回NGの馬が沢山います。

 

アイスバブル 前走新潟記念1.5秒負け

ノーブルマーズ 前走OP1.4秒負け

リッジマン 前走ダイヤモンドS3.9秒負け

バイオスパーク G3以下の前走から12週の間隔

キングオブコージ 前走から3キロ増加

ドゥオーモ 前走から3キロ増加

ミスマンマミーア 前走から2キロ増加

 

このあたりは買い難いです。

 

2020年 京都大賞典の予想

 

◎人気ブログランキングへ公開中

○キセキ

▲シルヴァンシャー

☆ダンビュライト

△グローリーヴェイズ

△パフォーマプロミス

△カセドラルベル

 

このレースの傾向を見ると一番合っているであろうキセキ

前走G1組で過去の菊花賞の勝ち馬にこの馬場となればかなりの追い風だと思います。

シルヴァンシャーも前走G1に昨年の同レースではかなり強い競馬でしたからこの人気は美味しいかと。

しかし前走8.4秒負けから馬券はどうかなという感じなのですが、もし走れば最高着差からの巻き返しで京都大賞典の歴史に名前を残しそうですね。

ダンビュライトはそろそろ去勢の効果がでてくれないかなと言ったところ、キセキが6歳馬でこの馬も6歳とレース全体でみるとやはり4歳~5歳を狙いたいところなので少し評価を下げました。

あとの3頭はデータ残り。

◎はこのレースでは重要な要素になってくる京都外回り重賞実績もありますし京都は4回走って3回馬券に、外回りは得意中の得意で更には稍重以上は馬券内率100%と台風も味方しそう、まず抑えておいた方が良さそうです。

下記バナークリックで「絶対的軸馬の法則」紹介文に記載してあります。↓
(注:ブログランキング紹介文の変更から反映までに30分程度時間差があります)

↓人気ブログランキングはコチラ↓


中央競馬ランキング

応援クリック感謝しますm(_ _)m

無料メルマガ&激走ランク新聞