【秋華賞】第二弾 過去20年で前走掲示板に載れなかった馬はわずか7頭!その共通点とは

◎注目のGI的中無料情報

今週末も……

◎天皇賞(秋)無料情報公開
菊花賞では3連複的中で22,860円獲得。
それどころか、今月は毎週のように獲得を達成してます!

───────────

10月の獲得額▽

03・04日週 計31,720円

10・11日週 計19,240円

17・18日週 計22,200円

24・25日週 計28,110円

───────────

16/9の的中で、的中率は56%!公開買い目全てが当たってるわけじゃありませんが、不的中分を差し引いてもプラス収支。無料情報なのに本当に心強いですね!

───────────

◎菊花賞は抜群の読み

菊花賞の公開買い目は以下の通り

───────────

1頭目:3

2頭目:6,9,10

3頭目:6,8,9,10,11

投資:600円×9点

結果→3-9-10

獲得→22,860円

───────────

実力馬多数。2頭目以降の着順予想は難しいところながら、ここは2頭目から9アリストテレス・10サトノフラッグ買い。もう完全に読み切ってました(笑)

重賞でもこの精度は流石!この勢いで天皇賞に挑戦、もう期待しかありません。

天皇賞無料情報はこちら

メールで簡単登録。買い目はレース前日公開。

今のうちに登録して週末に備えましょう◎

過去20年の好走馬で前走掲示板外だった馬

 

2017年 3着 モズカッチャン

2013年 3着 リラコサージュ

2008年 1着 ブラックエンブレム

2008年 3着 プロヴィナージュ

2007年 3着 ウオッカ

2004年 3着 ウイングレット

2000年 2着 ヤマカツスズラン

 

前走で6着以下を記録していた馬の好走は20年でわずか7頭です。

連対馬に限れば、たったの2頭

今年は登録段階ではありますが6頭該当馬がいます。

中には穴人気するであろう馬も含まれていますから本日はこの好走パターンを探って行きたいと思います。

 

7頭の前走を分析

 

モズカッチャン ローズS 2番人気7着 0.7秒差

リラコサージュ ローズS 12番人気18着 2.9秒差

ブラックエンブレム ローズS 4番人気15着 2.1秒差

プロヴィナージュ シリウスS 11番人気16着 2.8秒差

ウオッカ 宝塚記念 1番人気8着 1.6秒差

ウイングレット クイーンS 4番人気8着 0.8秒差

ヤマカツスズラン ローズS 5番人気14着 2.5秒差

 

これを見る限り前走の着順や人気、着差などは全く気にする必要はなさそうです。

ほとんどの馬がローズSとなっています。

一番特殊なのがプロヴィナージュ前走ダート重賞です。

この馬はここまで9戦を消化しますが、そのうち8戦がダート

実際の秋華賞は3コーナーで先頭、逃げ残りました。

このパターンは相当な例外で、この馬に基準を合わせていたらとんでもないことになるので除外して考察していきます。

ちなみに出走できるかわかりませんが前走ダートを使ってきたダンツエリーゼが今年の該当馬

プロヴィナージュはその時点でG2以上に連対経験がありましたし、ダートで1.3秒、0.6秒と圧勝経験もありました。

それと比べると重賞で好走もなく大差勝ちもなし、なにより未勝利を抜け出すのに5戦も足踏みした同馬はこのプロヴィナージュと同じ期待が持てるかと言われるとまず無理でしょう。

そのプロヴィナージュを除けば全馬2走前にはオークス(ウオッカはダービー)に出走していました。

それまでの戦歴を見ると

 

モズカッチャン G1連対 重賞優勝

リラコサージュ G33着タイム差なし OP優勝

ブラックエンブレム G3優勝

ウオッカ G1優勝

ウイングレット G2連対タイム差なし OP優勝

ヤマカツスズラン G1優勝

 

重賞での好走が全馬にあり。

今年の該当馬を見ていきましょう。

 

アブレイズ 前走ローズS12着 G3優勝

ウインマイティー 前走紫苑S6着 OP勝ち G13着

サンクテュエール 前走オークス13着 G3優勝

フィオリキアリ 前走ローズS8着 実績なし

ホウオウピースフル 前走紫苑S13着 G2連対タイム差なし

ミヤマザクラ 前走オークス7着 G3優勝

 

フィオリキアリ以外は実績あり、この時点で同馬はかなり厳しく見えます。

一番気になるのが前走どこを使ったか

過去の7頭を見ると例外なく全馬オークスの後に1戦使っています。

裏返せば、

オークスから直行組はオークス好走馬以外は秋華賞で必ず凡走しているということです。

過去20年調べましたが前走から直行した(オークス)馬は以下

 

クロノジェネシス オークス3着→秋華賞1着

アーモンドアイ オークス1着→秋華賞1着

カワカミプリンセス オークス1着→秋華賞1着

テイエムオーシャン オークス3着→秋華賞1着

 

過去20年の歴史でオークスから直行し秋華賞を好走した馬は4頭

オークス馬券外→秋華賞直行→過去に1頭も好走馬なし

 

こうなると、

サンクテュエール 前走オークス13着→直行

ミヤマザクラ 前走オークス7着→直行

この2頭が走れば秋華賞の歴史が動きます。

私は根拠を持ってこの2頭を今年完全に消したいと思います。

 

残るは3頭ですが、

 

アブレイズ 前走ローズS12着 G3優勝

ウインマイティー 前走紫苑S6着 OP勝ち G13着

ホウオウピースフル 前走紫苑S13着 G2連対タイム差なし

 

少し気になるのはホウオウピースフルの前走ローズS以外での二桁着順と、過去の馬は最低でもOP以上に勝鞍があった点を比べると条件戦しか勝利のないこの馬はかなり過去の馬とズレます。

ウインマイティーは実績は完璧でしょう、オークス好走馬ですし前走ローズSではなかったにしろ上がり最速が評価できます。

アブレイズが前走ローズSで一見ドンピシャなイメージですがこの馬は致命的な記録を持っています。

その理由とこの組の結論をブログランキングに公開しておきます。かなり重要なことですので要チェックです。

下記バナークリックで「絶対的軸馬の法則」紹介文に記載してあります。↓
(注:ブログランキング紹介文の変更から反映までに30分程度時間差があります)

↓人気ブログランキングはコチラ↓


中央競馬ランキング

応援クリック感謝しますm(_ _)m

無料メルマガ&激走ランク新聞