【秋華賞】第三弾 過去20年で前走二桁人気から好走した馬はわずか5頭!その共通点とは

◎注目のGI的中無料情報

今週末も……

◎天皇賞(秋)無料情報公開
菊花賞では3連複的中で22,860円獲得。
それどころか、今月は毎週のように獲得を達成してます!

───────────

10月の獲得額▽

03・04日週 計31,720円

10・11日週 計19,240円

17・18日週 計22,200円

24・25日週 計28,110円

───────────

16/9の的中で、的中率は56%!公開買い目全てが当たってるわけじゃありませんが、不的中分を差し引いてもプラス収支。無料情報なのに本当に心強いですね!

───────────

◎菊花賞は抜群の読み

菊花賞の公開買い目は以下の通り

───────────

1頭目:3

2頭目:6,9,10

3頭目:6,8,9,10,11

投資:600円×9点

結果→3-9-10

獲得→22,860円

───────────

実力馬多数。2頭目以降の着順予想は難しいところながら、ここは2頭目から9アリストテレス・10サトノフラッグ買い。もう完全に読み切ってました(笑)

重賞でもこの精度は流石!この勢いで天皇賞に挑戦、もう期待しかありません。

天皇賞無料情報はこちら

メールで簡単登録。買い目はレース前日公開。

今のうちに登録して週末に備えましょう◎

過去20年で前走2桁人気から激走した馬

 

2014年 3着 タガノエトワール

2013年 3着 リラコサージュ

2008年 3着 プロヴィナージュ

2002年 3着 シアリアスバイオ

2000年 3着 トーワトレジャー

 

20年の歴史でたったの5頭なんです。

間隔的に今年このパターンで激走があっても不思議ではないと思っています。

第二弾でも触れましたが2008年のダート主戦だったプロヴィナージュだけは除外して考察します。

 

上記5頭の前走

 

タガノエトワール ローズS 15番人気2着 上がり最速

リラコサージュ ローズS 12番人気18着 

シアリアスバイオ 紫苑S 11番人気2着 上がり最速

トーワトレジャー ローズS 11番人気3着 上がり2位

 

ここでもやはり前走ローズSは強いですね。

リラコサージュを除けば前走3着以内で上がり2位以内

そしてよく出来てるなーと思ったのが、この前走好走した3頭はそれまで最高でも1勝クラスの馬でした。

それまで実績のなかった馬は前走で当たり前に人気がありません、しかしそこで激走し本番でも好走というパターン

この中で唯一OP以上の勝鞍があり、重賞でタイム差なしの3着と実績をすでに持ち合わせていたのがリラコサージュです。

ちなみにダート主戦のプロヴィナージュも重賞連対馬でした。

 

これは非常に興味深い共通点で、今年の穴馬はこの組から出てくるのではないかと予想しています。

これまでの歴史で連対した馬がいないのでかなり厳しいパターンには変わりありませんが少しの可能性でも残っているのであればしっかりと考察していきたいと思います。

 

そして今年の該当馬が個人的には結構魅力的なんです。

 

オーマイダーリン ローズS 11番人気3着

パラスアテナ 紫苑S 10番人気2着

ムジカ ローズS 14番人気2着

 

全馬過去のローテーションと重なります。

ここからは個人的な見解にもなりますが各馬の解説をしていきます。

 

まずはオーマイダーリンですが、前走で初めて重賞を好走と言った点では過去の好走馬と同じです。

しかし前走の位置取りから決して先行したとは言えない位置で上がりが4位以下なのは大きくマイナスです。

そしてこの馬には致命的なデータが存在します。

後々触れますがこの馬の勝率は22.2%です。

ある角度から見るとこのパターンは過去に数多くの馬が出走し秋華賞の歴史上1頭も好走できていないパターンです。

 

パラスアテナは前走紫苑Sです。上がりも使えていませんのであまり推せる部分がありません。

かと言って過去の好走馬から大きくズレているわけでもないのでバッサリ切ることも難しい馬で、今後の考察でさらなる査定が必要な馬です。

 

最後にムジカですがもし出走叶うなら面白い存在になりそうです。

こちらもオーマイダーリンと同様に勝率の面でかなり厳しい状況ですが同時に例外パターンにも該当するので可能性はゼロではありません。

何より数々の例外馬を送り出してきた前走ローズSというのが一番のポイント、そこで上がり2位となれば走っても何一つ文句は言えません。

 

これまでの秋華賞の歴史で勝率25%未満の馬は58頭が走って昨年のシゲルピンクダイヤがやっと長い歴史で3着に好走しました。

数字にすると0-0-1-57

 

そのシゲルピンクダイヤの戦歴が前走ローズS上がり2位です。

この馬はそれまでにG1連対などの実績もありました。

この凡走した57頭には多数の人気馬が含まれますが4着や5着と言ったおしい部類の馬をみると、前走ローズS組が圧倒的に多いんですよね。

今回この25%未満する馬は他にもいますが、この例外候補を含めてもムジカはその資格はあると思っています。

現在netkeibaの予想オッズでは11番人気

過去の好走馬、そして激走する間隔からも今年の穴はこの馬を推薦したいです。

 

本日のブログランキングは同じ角度から見たときに今年好走することが絶望的な馬、結構狙っている人も多そうな2頭をピックアップして馬名を書いておきました。

この2頭どちらかを買おうと思っている人はムジカより断然人気するでしょうが、好走期待値は圧倒的にこちらにあると思いますので、私はこの2頭をリスクを背負っても買うならより人気の無いムジカを推薦したいです。

下記バナークリックで「絶対的軸馬の法則」紹介文に記載してあります。↓
(注:ブログランキング紹介文の変更から反映までに30分程度時間差があります)

↓人気ブログランキングはコチラ↓


中央競馬ランキング

応援クリック感謝しますm(_ _)m

無料メルマガ&激走ランク新聞