【菊花賞】第四弾 過去20年前走神戸新聞杯だった馬の好走条件とコントレイル未達成の条件とは

5月毎週無料予想+収支

G1含め選んだ無料公開

ちょーーいい感じでしたね!

━━━━━━━━━━━━━━

無料公開G1買い目
■日本ダービー →26,400円/489%

■NHKマイルC→10,620円/186%

■天皇賞春   →6,120円/128%

━━━━━━━━━━━━━━



━━━━━━━━━━━━━━

他無料公開買い目
■是政特別  →17,500円/350%

■京王杯SC→62,160円/1395%

■平安S  →7,450円/135%

■三方ヶ原S→9,600円/192%

━━━━━━━━━━━━━━



━━━━━━━━━━━━━━

そして重賞前12日無料公開は・・

【桑名ステークス】
無料開放を確認!


━━━━━━━━━━━━━━

気になる方はコチラ↓

桑名ステークス2021予想
↑からメール登録で即赤枠内チェックできます。
そのまま土曜夜エプソムカップも無料確認できるので
ここの無料予想は確実に覗いてみてください。

前走神戸新聞杯から好走した馬一覧

 

2019年 ワールドプレミア 1着
2019年 ヴェロックス 3着
2018年 エタリオウ 2着
2017年 キセキ 1着
2016年 サトノダイヤモンド 1着
2016年 エアスピネル 3着
2015年 リアルスティール 2着
2015年 リアファル 3着
2014年 トーホウジャッカル 1着
2014年 サウンズオブアース 2着
2013年 エピファネイア 1着
2013年 サトノノブレス 2着
2012年 ゴールドシップ 1着
2012年 ユウキソルジャー 3着
2011年 オルフェーヴル 1着
2011年 ウインバリアシオン 2着
2010年 ビッグウィーク 1着
2010年 ローズキングダム 2着
2009年 セイウンワンダー 3着
2008年 オウケンブルースリ 1着
2008年 フローテーション 2着
2008年 ナムラクレセント 3着
2007年 アサクサキングス 1着
2006年 ソングオブウインド 1着
2006年 ドリームパスポート 2着
2006年 アドマイヤメイン 3着
2005年 ディープインパクト 1着
2005年 アドマイヤジャパン 2着
2005年 ローゼンクロイツ 3着
2003年 ザッツザプレンティ 1着
2003年 リンカーン 2着
2003年 ネオユニヴァース 3着
2002年 ヒシミラクル 1着
2002年 メガスターダム 3着
2001年 エアエミネム 3着
2000年 エアシャカール 1着
2000年 エリモブライアン 3着

 

過去20年の好走馬60頭のうち実に半数以上の37頭が過去の好走馬です。

デルタブルースが優勝した2004年が唯一好走できなかった年で、逆にこの神戸新聞杯組だけでワン・ツー・スリーした年は、

2008年、2005年、2003年と3回もあります。

今日はこの最も走る前走神戸新聞杯組をみていきましょう。

 

好走馬の前走

 

ワールドプレミア 3着 3人気
ヴェロックス 2着 2人気
エタリオウ 2着 3人気
キセキ 2着 2人気
サトノダイヤモンド 1着 1人気
エアスピネル 5着 2人気
リアルスティール 2着 1人気
リアファル 1着 3人気
トーホウジャッカル 3着 9人気
サウンズオブアース 2着 8人気
エピファネイア 1着 1人気
サトノノブレス 3着 2人気
ゴールドシップ 1着 1人気
ユウキソルジャー 4着 9人気
オルフェーヴル 1着 1人気
ウインバリアシオン 2着 2人気
ビッグウィーク 3着 5人気
ローズキングダム 1着 2人気
セイウンワンダー 3着 5人気
オウケンブルースリ 3着 2人気
フローテーション 12着 14人気
ナムラクレセント 6着 7人気
アサクサキングス 2着 5人気
ソングオブウインド 3着 6人気
ドリームパスポート 1着 3人気
アドマイヤメイン 7着 2人気
ディープインパクト 1着 1人気
アドマイヤジャパン 5着 3人気
ローゼンクロイツ 3着 6人気
ザッツザプレンティ 5着 4人気
リンカーン 4着 5人気
ネオユニヴァース 3着 2人気
ヒシミラクル 6着 7人気
メガスターダム 5着 4人気
エアエミネム 1着 1人気
エアシャカール 3着 1人気
エリモブライアン 7着 6人気

 

赤く塗ったのは3番人気以内+3着以内で19頭とこの組のほとんどがこのパターン

緑色は3番人気以内or3着以内で10頭

青はどちらにも当てはまらなかった馬で8頭

 

基本的には前走3番人気以内か3着以内で全体の37頭中29頭になります。

過去10年でみるとこれ以外のパターンで馬券内に突入したのは2012年3着のユウキソルジャーだけです。

例外パターンを探してみましょう。

 

ユウキソルジャー 京都2戦2勝
フローテーション 京都1戦1勝
ナムラクレセント 非根幹距離0.6秒圧勝
ザッツザプレンティ 京都重賞含む連対率100%
リンカーン 京都3戦連対率100%
ヒシミラクル 非根幹距離0.8秒圧勝
メガスターダム 京都4戦3連対
エリモブライアン 京都重賞含む4戦2連対

 

京都コースへの適正が目立ちました、特に京都のコーナーは坂があり得意不得意が結構出ます。

この京都コースといえば2011年の3着馬であるトーセンラーを思い出します。この馬が京都に出走するときは名前だけで買っていた思い出があるくらい京都専用馬でした。

 

今年の神戸新聞杯で前走3着以内でも3番人気以内でもない馬をみていくと、

 

マンオブスピリット 4戦3連対重賞含む

ディープボンド 4戦2連対重賞連対含む

レクランサス 京都2戦2勝

ターキッシュパレス 実績なし

ビターエンダー 実績なし

 

こんなに実績のある馬がいるとは思いませんでしたのでイメージより消せませんでした。

ターキッシュパレスとビターエンダーはまず無理です。

どちらにせよこのパターンは過去10年ではたった1頭(3着)なので紐程度に考えましょう。

 

注目はなんと言ってもやはり今年のこの3頭でしょう。

 

コントレイル 1番人気1着

ヴェルドライゼンデ 3番人気2着

ロバートソンキー 14番人気3着

 

実に37頭中29頭がこのパターン

前走神戸新聞杯に限らず全体の60頭でみても約半分がこれなんです。

そう考えるとこの3頭は間違いなく走ると思います、もちろんコントレイルがいますので当たり前ですが他の2頭も要注意です。

しかしここで1つだけ気になっている部分を書くとするならば、昨日も関東馬について書きましたが

この神戸新聞杯組の歴史は、

 

2019年 ワールドプレミア 関西馬
2019年 ヴェロックス 関西馬
2018年 エタリオウ 関西馬
2017年 キセキ 関西馬
2016年 サトノダイヤモンド 関西馬
2016年 エアスピネル 関西馬
2015年 リアルスティール 関西馬
2015年 リアファル 関西馬
2014年 トーホウジャッカル 関西馬
2014年 サウンズオブアース 関西馬
2013年 エピファネイア 関西馬
2013年 サトノノブレス 関西馬
2012年 ゴールドシップ 関西馬
2012年 ユウキソルジャー 関西馬
2011年 オルフェーヴル 関西馬
2011年 ウインバリアシオン 関西馬
2010年 ビッグウィーク 関西馬
2010年 ローズキングダム 関西馬
2009年 セイウンワンダー 関西馬
2008年 オウケンブルースリ 関西馬
2008年 フローテーション 関西馬
2008年 ナムラクレセント 関西馬
2007年 アサクサキングス 関西馬
2006年 ソングオブウインド 関西馬
2006年 ドリームパスポート 関西馬
2006年 アドマイヤメイン 関西馬
2005年 ディープインパクト 関西馬
2005年 アドマイヤジャパン 関西馬
2005年 ローゼンクロイツ 関西馬
2003年 ザッツザプレンティ 関西馬
2003年 リンカーン 関西馬
2003年 ネオユニヴァース 関西馬
2002年 ヒシミラクル 関西馬
2002年 メガスターダム 関西馬
2001年 エアエミネム 関西馬
2000年 エアシャカール 関西馬
2000年 エリモブライアン 関西馬

 

ずっとこうなんです。

こうなると1頭ここで消えてしまいます。

 

コントレイル 関西馬

ヴェルドライゼンデ 関西馬

ロバートソンキー 関東馬

 

オークスではレース前から色々な意味で歴史的瞬間(デアリングタクトの三冠と最低実績馬の好走)になると思うと書きました。牡馬側は今回そんなことはありません。これまでの好走馬にしっかり類似していますし実績等も満たしている馬が多いです。

セントライト記念で買える馬は記事にした通りバビットですし神戸新聞杯組はコントレイルを除けばヴェルドライゼンデがやはり1番手といえます。

これは予想オッズでみると2番人気3番人気です。

なので今年は1着2着までは非常に落ち着いたレースになると思っています。

もし波乱があるとしたら3着にこの京都実績がある神戸新聞杯組か前走条件戦などの完全な別路線組でしょう。

 

コントレイルに対抗するならばこの馬が持ち合わせていない唯一の条件で攻めるしかありません。

10年連続で好走馬がでているパターン

条件は3つ、この全てを満たす馬が10年連続で好走しています。

コントレイルは2つしか満たしていないので今年の該当馬は期待できそうです。

今年はこれに該当する馬はたったの2頭しかいません。

その目で条件を確かめて、今年の該当馬を考察してみてください。

その条件をブログランキングに本日限定で公開しますので要チェック!

下記バナークリックで「絶対的軸馬の法則」紹介文に記載してあります。↓
(注:ブログランキング紹介文の変更から反映までに30分程度時間差があります)

↓人気ブログランキングはコチラ↓


中央競馬ランキング

応援クリック感謝しますm(_ _)m

無料メルマガ&激走ランク新聞