【エリザベス女王杯】第二弾 過去20年で前走秋華賞から好走した15頭の共通点を探る

━━━━━━━━━━━━

京┃成┃杯┃公┃開┃中┃

━┛━┛━┛━┛━┛━┛

梅花賞合わせて買い目無料公開中です↓↓

━━━━━━━━━━━━━━



━━━━━━━━━━━━━━

土曜は虹の松原S 3連単→3,187,650円

そして響灘特別 3連単→801,750円

先週はシンザン記念 3連単→591,050円

そして淀短距離S 3連単→363,520円

買い目画像↓↓



無料情報2020年最高値は↓↓

8/23小倉8R3連複→94,920円/回収率1758%

ここから重賞無料チェックしてください↓↓

→京成杯の無料情報

ワイドも同時無料公開中!

無料メルマガ登録した後ソッコー確認しましょう!

過去20年で前走が秋華賞だった馬

 

2017年 モズカッチャン 1着
2015年 タッチングスピーチ 3着
2014年 ヌーヴォレコルト 2着
2013年 メイショウマンボ 1着
2012年 ヴィルシーナ 2着
2011年 アヴェンチュラ 2着
2010年 アパパネ 3着
2009年 ブエナビスタ 3着
2008年 リトルアマポーラ 1着
2007年 ダイワスカーレット 1着
2006年 フサイチパンドラ 2着
2003年 アドマイヤグルーヴ 1着
2003年 スティルインラブ 2着
2002年 ファインモーション 1着
2001年 ローズバド 2着

 

過去20年で上記15頭

好走しなかったのは2000年、2004年、2005年、2016年、2018年、2019年

20年で14年は走ってますしここ2年連続で凡走しています、3年連続の凡走はここ20年でありませんので今年はチャンス十分かと思われます。

 

好走馬の前走着順

 

モズカッチャン 3着
タッチングスピーチ 6着
ヌーヴォレコルト 2着
メイショウマンボ 1着
ヴィルシーナ 2着
アヴェンチュラ 1着
アパパネ 1着
ブエナビスタ 3着
リトルアマポーラ 6着
ダイワスカーレット 1着
フサイチパンドラ 3着
アドマイヤグルーヴ 2着
スティルインラブ 1着
ファインモーション 1着
ローズバド 2着

 

タッチングスピーチリトルアマポーラの2頭以外は3着以内

この2頭を詳しく見てみると2つ共通点がありました。

 

タッチングスピーチ 6着0.3秒差 上がり2位

リトルアマポーラ 6着0.3秒差 上がり1位

 

共に掲示板外ではありましたが着差でみると非常におしいレースをしていました。

更に上がりに関しては共に2位以内、走る要素としてはしっかりと証明されていたと思います。

 

今年の登録馬を見てみましょう。

 

ウインマイティー 9着1.3秒差

ウインマリリン 15着2.5秒差

ソフトフルート 3着 上がり1位

リアアメリア 13着1.8秒差

 

正直これだけでもソフトフルートは買いなんですよね、

当日はそこまで人気はしないでしょうし過去の好走馬を見ても十分勝負になる馬だと思います。

今年の3歳牝馬は過去20年で一番レベルが低い(1頭を除き)と何度も書いてきましたが、完全別路線から来たこの馬を秋華賞で指名できなかった点は本当にもったいないことをしてしまったと感じています。

 

好走馬の前走人気

 

モズカッチャン 5人気
タッチングスピーチ 2人気
ヌーヴォレコルト 1人気
メイショウマンボ 3人気
ヴィルシーナ 2人気
アヴェンチュラ 2人気
アパパネ 1人気
ブエナビスタ 1人気
リトルアマポーラ 6人気
ダイワスカーレット 2人気
フサイチパンドラ 4人気
アドマイヤグルーヴ 1人気
スティルインラブ 2人気
ファインモーション 1人気
ローズバド 2人気

 

ほとんどの馬が2番人気以内に支持されています。

特に15頭中10頭が2番人気以内かつ2着以内(ブエナビスタ含む)なんですよね。

 

モズカッチャン 5人気
メイショウマンボ 3人気
リトルアマポーラ 6人気
フサイチパンドラ 4人気

 

この4頭のうちリトルアマポーラには先程の例外条件が当てはまり、

残りの3頭には「オークスで好走」と言う共通点がありました。

 

簡単にまとめると、この秋華賞組は3パターンに別れます。

 

A 秋華賞を2番人気以内で連対

B 秋華賞で3着以内かつオークスで2着以内

C 秋華賞を上がり2位以内かつ着差0.3秒以内

 

過去20年の好走馬全馬をこのグループに分類してみましょう。

 

B モズカッチャン 秋華賞3着 オークス2着
C タッチングスピーチ 秋華賞0.3秒差 上がり2位
A ヌーヴォレコルト 秋華賞1番人気2着
B メイショウマンボ 秋華賞1着 オークス1着
A ヴィルシーナ 秋華賞2番人気2着
A アヴェンチュラ 秋華賞2番人気1着
A アパパネ 秋華賞1番人気1着
B ブエナビスタ 秋華賞3着 オークス1着
C リトルアマポーラ 秋華賞0.3秒差 上がり1位
B ダイワスカーレット 秋華賞2番人気1着
B フサイチパンドラ 秋華賞3着 オークス2着
A アドマイヤグルーヴ 秋華賞1番人気2着
A スティルインラブ 秋華賞2番人気1着
A ファインモーション 秋華賞1番人気1着
A ローズバド 秋華賞2番人気2着

 

このパターン以外は過去20年で走っていません。

特にAに分類されている馬も重複しますが秋華賞とオークスのどちらも好走している馬は非常に好走率が高いですね。

今年はそのような馬もいないので改めてレベルの低さを感じます。

 

上記の通り秋華賞で馬券外だった馬は最低でも上がりを使っていますし、着差の開きもありません。

 

ウインマイティー 9着1.3秒差

ウインマリリン 15着2.5秒差

リアアメリア 13着1.8秒差

 

今年はこの3頭で上がりを使った馬もいませんし絶望的だと思います。

救いがあるとするならばこの3頭はオークスの2着、3着、4着馬です。

そのあたりがどう出るか、更に今年は京都ではなく阪神開催という点で例外のような走りに期待するしかありません。

 

ソフルート 3着上がり1位

 

そんな中ただ1頭の条件クリア馬にも油断できない項目が1つ

前走3番人気以下だった馬を全て見ましたが、

 

「オークスで連対しているか上がり最速」

 

これが過去の4頭が満たしていた条件です。

そもそも全馬オークスに出走があったのですが、この馬は前走の秋華賞がクラシック初参戦

こうなるとこの馬が走っても過去20年では1度もパターン化されない馬の誕生になります。

それくらい秋華賞のときから何度も書いているように今年の3歳牝馬は過去20年の中でも本当に1頭を除いて厳しい現状です。

これはクラシック路線では絶対的存在であった「社台勢」の不発が原因だと思います。

G1とは無縁だった牧場がバンバンG1を優勝しまくっている今年は夢があって素晴らしいことだと思います、競馬界の歴史が沢山塗り替えられる珍しい年だと感じました。

 

そして先週から阪神競馬場は時計が速いのも気になります。

馬場を硬く保つことで連続開催でも良い状態を長く続ける秘策だと思います。

このソフトフルートは時計の掛かる馬場で高パフォーマンスですし、今の馬場は雨でも降らないと相当厳しいかもしれません。

残念ながら今週の日曜日まで阪神競馬場はずっと晴れ、土曜日の馬場傾向を確認してからにはなりますが恐らくかなり速い時計が出ると思います。

なのでもしこの中で例外がでるとしたらブログランキングへ公開中だと思います。

他の3頭も時計が遅いときに好走が目立ちますし一番有利に働くと思います。

良馬場では2戦2勝、雨が降って3戦1勝2回着外なのもあって、やはり時計が速い方が良いと思います。

本日限定で公開中ですので是非チェックしてみてください。

下記バナークリックで「絶対的軸馬の法則」紹介文に記載してあります。↓
(注:ブログランキング紹介文の変更から反映までに30分程度時間差があります)

↓人気ブログランキングはコチラ↓


中央競馬ランキング

応援クリック感謝しますm(_ _)m

無料メルマガ&激走ランク新聞