【エリザベス女王杯】第四弾 前走G3以下だった馬はわずか3頭だけ!今年の好走馬を考察

JC2020予想/3強に食い込む2頭公開

ここのG1、重賞情報が見解付きでよくきてる事実!



─────────────────────

・マイルCSも3頭ドンピシャ!

・エリザベス女王杯,サラキア5人気 3頭入線

・難解だったアルゼンチン共和国杯

 オーソリティ3人気,ラストドラフト6人気

・天皇賞秋 フィエールマン5人気 3頭入線

・菊花賞  サトノフラッグ5人気 3頭入線

・毎日王冠も・・3頭入線

 ダイワキャグニー4人気,サンレイポケット5人気

─────────────────────





─────────────────────

毎週見解通り!ここの推奨馬答えが出てましたね!

結論:有馬までココは毎週チェックを!

ジャパンC見解はコチラ

↑からメール登録し各情報くまなく覗いてみてください。

おすすめは・・

◎今週の注目レース(JC2020公開中)

◎的中コロシアム(10週連続期待無料情報)

平場情報も22日阪神2R157%的中で9週連続まーーた的中!!

元厩務員や商社の方など本格派馬券師なので毎週注目です!

前走G3以下から好走した馬

 

2013年 2着ラキシス

2012年 3着ピクシープリンセス

2007年 2着フサイチパンドラ

 

2011年からそれまで府中牝馬SはG3でしたがG2に昇格しています。

開催時期もコースも距離も変わらないのでこちらはG2としてカウントします。

 

今年この前走G3以下に該当するのは、

 

ウラヌスチャーム

エスポワール

カーロバンビーナ

サトノガーネット

リュヌルージュ

ロザグラウカ

 

特に注意が必要なのは今年から設立された新潟牝馬S組でしょう。

 

まずは好走馬の前走をみていきましょう。

 

好走馬の前走

 

ラキシス 2勝クラス

ピクシープリンセス 2勝クラス

フサイチパンドラ エルムSダートG3

 

こう見ると前走OPの新潟牝馬Sもチャンスがありそうな感じです。

まずは例外的なダートを使ってきたフサイチパンドラについてですが、

この馬がなぜダートを使ったのか到底理解できないローテーションなのですがご存知の通りこの馬はオークス2着、秋華賞3着、そしてエリザベス女王杯の過去の優勝馬でもあります。

当然のことながら当日は3番人気に支持され連対と走る理由の塊のような馬でした。

このパターンは今後出てこないでしょう、それくらい前走ダートが謎でした。

 

条件戦を使ってきた2頭を見ていきます。

 

ラキシス 1番人気1着 上がり2位0.1秒

ピクシープリンセス 1番人気1着 上がり1位0.7秒

 

当たり前ですが前走は1着、人気も共に1番人気

上がりを使っていた点がポイントになりそう。

 

その他に気になったのは

 

ラキシス 5戦

ピクシープリンセス 7戦

 

そのキャリアの浅さ、3歳馬と4歳馬だったところもポイントになるでしょう。

そして共に馬券外に飛んだレースは2戦のみとそれなりの安定感をキープ

このあたりで今年の該当馬を見ていきましょう。

 

ウラヌスチャーム 新潟牝馬S 3番人気1着

エスポワール 新潟牝馬S 1番人気1着

カーロバンビーナ 新潟牝馬S 13番人気5着

サトノガーネット 新潟記念G3 8番人気4着

リュヌルージュ 七夕賞G3 5番人気8着

ロザグラウカ 新潟牝馬S 11番人気7着

 

前走着順と人気を見る限り上の2頭はまだチャンスがありそう。

青い馬から見ていくと、カーロバンビーナは前走の人気も着順もNG、さらには今回で26戦消化していてかなりズレる印象です。

サトノガーネットに関しても前走NGに23戦消化、上がり最速だったくらいは評価できますが…

リュヌルージュは前走NGにローテーションがまず4ヶ月の休み明けと大幅な減点です、この出走間隔については最終日に触れる予定ですが完全に消し対象です。

ロザグラウカは前走OP戦で2桁人気はもう走ったら事故レベルだと思います、問答無用の消し。

 

残ったのは前走1着だったウラヌスチャームと1番人気だったエスポワールです。

前走2着のエスポワールに対して1.2秒の着差をつけて圧勝したウラヌスチャームの方が上がり最速1着も合わさって良く見えるのですが、過去好走馬との類似という点でみると、

 

ウラヌスチャーム 5歳牝 23戦 13回着外

エスポワール 4歳牝 11戦 2回着外

 

私はエスポワールを取りたいです。

やはり5歳以上でこのパターンで好走馬が未だに1頭も出ていないこと(全馬凡走)

過去の好走馬は比較的安定した戦績だったこともあってフレッシュさを重視したいと思います。

ということで、この前走G3以下組で推せる馬は、

 

エスポワール

 

ただ1頭となりました。

月曜日から少しづつ考察してきてこれで目標だった7頭に絞られました。

当日の最終結論をお楽しみに!

その前に1つ、面白いデータがありましてこのエリザベス女王杯

前走1番人気だった馬は過去10年で1度も勝利できていません。

17年前の2003年のアドマイヤグルーヴの優勝以来、前走1番人気だった馬は全敗しています。

今年は人気どころだとラッキーライラックラヴズオンリーユーが前走1番人気ですね。

もし勝てば18年ぶりの快挙となります。

そして前走1着だった馬も人気の割に凡走傾向で20年の60頭で15頭しかいません。

前走1番人気でもない1着でもない馬が直近5年で3つある席の2つを埋める形になっています。

基本的に前走1着や1番人気は相当人気を吸う傾向にありますので馬券的にもここを狙いたいところ、

残った7頭で例年通りほぼ間違いなく好走してくる穴馬が2頭だけ存在します。

この2頭は人気が無いのに毎年3つある席の2つを埋めているパターンですので絶対買い目に入れておいて損はありません。

本日限定でブログランキングへ公開しますので要チェックです!

下記バナークリックで「絶対的軸馬の法則」紹介文に記載してあります。↓
(注:ブログランキング紹介文の変更から反映までに30分程度時間差があります)

↓人気ブログランキングはコチラ↓


中央競馬ランキング

応援クリック感謝しますm(_ _)m

無料メルマガ&激走ランク新聞